fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第26話 パーティ 

第26話 パーティ 

 翌日も、勤務を終えると清子がおり、店を手伝わされた。
昨日のように全裸になり、レザーベルトを巻き付けて、乳首クリップを着けて店に出ていた。
暫くすると「やばいわ、同僚よ!」焦る早苗達だが「顔が隠れているから平気よ」清子に言われながら相手をしていく。

 「いいね、オッパイが好きだよ」「俺もこれが好きなんだ」満足そうに乳房を掴んで揉んでいく。
(普段は真面目なのに…)人柄を知っていただけに、失望も大きかった。
「ここはどうかな?」やはり、ベルトがずらされて、淫裂を覗いた。

 「やめて。警察に突き出すわよ!」
「出してもいいよ、俺、警官だよ」今度は別な子のベルトを外してまた淫裂を覗いた。
「本当に、警察呼ぶわよ!」怒っても、効き目はない。
(どうして男って、性器とセックスばかりしか頭にないのかしら?)嘆く4人だ。

 4人のお陰で、清子の店は客が溢れていくが、警察署でも話題になっていた。
「風俗まがいだから、取り締まった方がいいんじゃないかな?」そう言う話が出ていた。
それは4人の耳にも入り「危なくなってきたわよ。やめた方がいいみたい…」神田に知らせた。

 「そうだな。もう、やめた方がいいな」清子と連絡を取り合い、4人の全裸ホステスはやめる事にした。
変わって、募集したホステスに、ブラジャーを着けてからレザーベルトを着けさ、そのお陰で、ホステスをせずに済みようになりなった。

 4人は勤務を終え、アパートに帰ると「あれに急いで着替えろ。これから行くぞ」意味がわからないまま、全裸になってレザーベルトを巻き付け、服を着ると神田の車に乗って走りだした。
「どこへ行くんですか?」
「行けばわかるわよ」意味ありげに言うと、車は繁華街に入り、小さなビルに停まった。

 車を降りて、中に入ると床一面にマットが敷かれてある。
そこを歩いて、ドアを開けると、高級そうなマットが一面に敷かれてあった。
「呼んでくるから、待っていろ!」神田が一旦外に出てから戻ると、見知らぬ数人と聖子が入ってきた。
「揃ったようね。早速、始めましょうよ」聖子の合図で、男達が4人に襲いかかった。

 

 「やめて、乱暴はしないで!」「乱暴はしないよ、オ○ンコするだけだから」着ている服が、脱がされていくと、ベルトで絞られた乳房が飛び出す。
「凄いや、こんなの着てたのか。早く下も見せろ!」早苗達4人は服を脱がされ、ベルトを巻き付けた姿にされた。

 「オッパイはいいとしても、これは邪魔だな、外せ!」淫裂を押さえたベルトが外されて、ピンクの淫裂が晒された。
「あまり、使ってなさそうだな、今日は、タップリ使わせて貰うからな」
「イヤ。セックスは、イヤ!」拒んでも、両手首を後ろ手にして、鎖で繋がれた。
「解いて、痛いのはイヤ!」前にやられたから、痛さは知っている。

 「痛くはないぞ。気持ちよくやるだけだから」マットの上に仰向けに寝かされ、足を開かされた。
「やめて、神田さん助けて!」助けを求めても「我慢しろ。俺も、この人とやるんだから」聖子が連れてきた女を押さえて、乱暴に服を剥ぎ取りだした。
「やめて、友和さん。お願いだから、こんな事しないで!」叫んでも、女性の服が脱がされ、下着だけにされた。

 「聖子さん、やめさせて。義理の母を犯すつもりよ!」
「そうみたいね。でも、血が繋がってないから、やらせてあげなさいよ」聖子が言い放つと「そんな~!」言葉が出なくなった。
「やっと、わかったようだね。これは要らないし」パンティ、ブラジャーと脱がすと4人と同じく、後ろ手にして手首を鎖で繋いだ。

 「正気になって、友和さん!」叫んでも、神田は聞き入れる様子はなく、服を脱いで全裸になると晴美に抱きついた。
「行くぞ!」声と共に、淫裂を突き刺すと「あ、あ、あ~!」喘ぐ声を挙げた。
(神田さんが、母を犯している!)4人はそれを見ながら、男に乳房を揉まれ、淫裂を肉竿で突かれて「イヤ~!」悲鳴をあげていた。

 神田を始めとする男達は、ピストンの動きを速めて登り詰めたか、一斉に噴射した。
「ダメ、友和さん。お腹はダメ!」叫んでも、神田は肉竿を抜かず、晴美の胎内で噴射した。
「射精だなんて…」呆然としている晴美だが、早苗達も「お腹はイヤ~!」悲鳴を上げても、淫裂に射精された。

5人は射精を終えて、静かになっているが「友和さん。よかったわ、凄くよかった!」不自由な姿勢で、晴美が自分の乳房を口に押しつける。
「母さん、俺もよかった。もう1回やりたいから、口でやってくれるかい?」
「いいわよ、友和さんの頼みだから。その前に解いて」手首の鎖を解くと、晴美は神田の股間に顔を埋めて、萎縮している肉竿を唇で擦りだした。

 「ウグ、ウグ!」静まりかえった部屋に、鼻息が響いていくと男達は「俺もやりたくなった!」
「俺も、もう1回だ!」相手を変えて体を起こし、肉竿を口の中に押し込んだ。
「やれ、やるんだ!」頭を押さえて腰を振りだす。
そして、再び、淫裂を突かれていくが「母さん、後ろからさせて!」
「いいわよ、縛ってから、やってね」また、後ろ手に鎖が繋がれて、頭で体を押さ支えたまま、淫裂を突かれて、射精された。

 男達の射精が終わると腕も解かれ自由になって4人は服を着ていき、晴美も鎖が外され服を着だした。
皆が服を着終えると、4人は車で送られたが、神田と聖子は晴美と一緒に車に乗って出かけた。
「母さん、今日は楽しかったよ。2回も出しちゃった」
「私もよかったわ。これからは。聖子さんとはやらないでね」
「あら、晴美さん、知っていたの?」
「うす、うす知っていたわ。でも、言えなかった…」

「母さん。俺たち血が繋がっていないから、やっても構わないと思うけどな」
「そう言う問題じゃないの。聖子さんはお嫁にいく身だから、変な噂を立てちゃダメ。だからセックスもしちゃダメよ」
「だったら、母さんとならいいのかい?」
「私ならいいわ。週1回程度なら、相手できるし…」
「仕方ないわね。私も友和とは、もうやらない事に決めた」
「そうして、友和の性欲は私が処理するから」晴美は2人に言い聞かせていたが、神田と聖子が、裏で稼いでいた事は気が付いていない。

 それから暫く平穏な日が続き、警察署でも清子の店の事は話題から消えて、暑い夏が来た。
夏に入ると、学校は夏休みとなって行き交う学生姿も、めっきり少なくなっている。
そんな中、休日だというのに、4人はアパートを出て、慶子が通う高校へと向かっていた。

 まだ9時だというのに、歩いて高校の近くまで来ると人の女学生が集まっていて「こっちよ!」声を掛けてくる。
その声に向かって歩くと「無理言ってすみません、行きましょう」慶子が頭を下げて校舎へと連れて行くが、夏休みと言う事で部活をやっている生徒はおらず、校庭にも人はいない。

 校庭を横切り、こぢんまりした建物に入ると「ここは、アジトなのよ。誰にも邪魔されないし」そう説明してからドアに鍵を掛けた。
「慶子、そろそろ準備しないと」
「そうね、はじめないと。お姉さん達、ヌードになってよ」

 「ヌードになるって、私達だけなの?」
「始めはそうよ。モデルをやってから楽しむの」
「ヌードモデルも、させる気なの?」
「そうよ、言ったはずよ。ほら、急いで脱いでよ!」唖然とする4人だが、女学生達はスケッチブックを取りだし、準備していく。

 「やるしかないわね…」あきらめて4人は脱ぎだした。
シャツ、スカート脱いで下着姿になると「ドン、ドン!」ドアがノックされ「間に合ったみたいね」慶子は「兄さんなの?」と声を掛け、確認してから中に入れる。
「遅くなってごめん。間に合ったみたいだな」純一と、あの時の高校生が3人いた。

「これで揃ったわね。兄さん達も準備して!」純一達も服を脱ぎ出すと(まさか、セックスをする気では?)不安を覚えながらもブラジャー、パンティと脱いで全裸になって
いく。
「お姉さん達は脱いだわよ。兄さんも急いで!」その言葉で男子の4人も全裸となると「モデルの準備はできたし。お姉さん達は、オチンチンなめてね」言った。

 「そんな事出来ない!」両手で、乳房と淫裂を押さえて言うと「神田さんの許可は取ってあるわよ。イヤなら、言いつけるわよ。そうしたら、面白い事になるけど、いいのね!」
(脅迫よ。子供が大人を脅迫するなんて…)皆の顔色が青くなった。






スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター