fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第 27話 本番モデル

第27話 本番モデル

 「わかったようね、早くやってよ!」
(悔しいけれど、やるしかない…)4人は並んだ男の前に膝を付き、肉竿を掴むと口に入れて、唇で擦りだした。
「ウグ、ウグ!」鼻息が響いていく中、女子高生は顔を赤らめ潤んだ目をしながら、スケッチを始めた。
「ウグ、ウグ!」「シュル、シュル!」鼻息と鉛筆の走る音が、静まりかえった部屋に響いていく。

 4人がフェラを始めて、5分が過ぎようとしていると「慶子、限界だ、我慢できないよ!」「俺もだよ。カチカチで、痛い位だ!」
その声に「わかったわよ。ここに並んで寝て!」厚い布地を2枚並べて敷き、4人を仰向けに寝かせたが、肉竿は口で擦られたから勃起しており、女学生は恥ずかしそうに見ている。

 「お姉さんは、そこに跨るのよ!」
「跨るって、セックスしろというの?」
「そうよ。許可は取って合るわ、特別料金も払ったし」
(そんな~。また、売春しろだなんて。それに、子供が相手なんて…!)顔が強ばったが(やるしかないわ、やらなかったら…)早苗が純一に跨り、肉竿を掴んで淫裂に迎え入れると、それに倣って幹子達も跨り、淫裂に肉竿を迎え入れた。


 「跨ったのはいいけど、こっちを向いてやるの。それじゃ、顔がかけないし…」向きを変え、女子高生と向き合うと「膣に、オチンチンが入ってる!」顔を赤らめて見ている。
(こんな事までさせるなんて…)(子供に、こんなのを見せるなんて…)罪悪感を覚える4人だ。

 4人並んで騎乗位になっていると「迫力ないわね、腰を使ってみて!」慶子が言うが(セックスをさせる気だわ…)項垂れて、ゆっくり腰を上下に振りだした。
「膣が広がった!」「裂けないんだ!」始めてみる光景に驚くが「スケッチよ、描かないと後で、楽しませないわよ」一斉に鉛筆が動き出した。

 「シュル、シュル!」鉛筆の音と「ピシャ、ピシャ!」股間のぶつかる音が響いているが「もっと、早くして!」腰の動きを速めるように催促する。
「無理よ。膣まだ濡れてないから、痛いのよ!」
「そうね。あれ使ってないし…」慶子はチューブを渡して肉竿に塗らせ「やってみて!」
また腰を振らせた。

 「痛くないはずよ、激しくやって。兄さんも手伝うのよ」
「わかってるよ」早苗達は、両手で腰を押さえられ、動きを速めさせられた。
(痛くはないけど…)まだ、快感は沸いてこないが、痛みはない。
それでも腰を動かしていくと、淫裂の中が濡れてきた。

 (やっと感じてきた。でも、子供の前だし…)声を出したいが、堪えていると、同じように高校生達も快感を感じている。
「見てるだけで、気持ちいい…。セックスって、オナニーより気持ちいいかも…」声をあげ、虚ろな顔になっている。

 4人は(もうすぐでそうね。膣はイヤだし…)放出間近を感じながら、腰を振っていくと「出た!」腰を押さえて離さない。
「ダメ、お腹はダメ!」膣奥に異物を感じた。
「俺もダメ!」そう言って腰を離さないから「離して、中はイヤ!」次々と淫裂の中へ噴射をしていく。

 「射精だわ、これが射精なんだ!」女生徒は、スケッチをやめて結合部を食い入るように見つめた。
「何だ、終わったんだ。仕方ないわね」放出を済ますと、男子生徒から降りて淫裂を拭こうとした。

 「待って、この際だから見せて!」
「そうよ、射精されたらどうなるか見たいわ」
「こんなの、見なくていいの。大人になればいずれわかるから」手で押さえて隠した。
「ダメ、見せるのよ。見せないと、言いつけるわよ!」そう言われれば「見るだけよ、触っちゃダメだからね」4人は手を退けて、淫裂を晒した。

 「見て、これが膣よね。ここから出たんだよね?」
「よく見えないわ、手で広げて見せてよ」
「ちょっとだけよ。恥ずかしい部分だから…」指で、淫裂を開くと膣穴から白い液体が涎のように流れ出てくる。
「精液よ、あそこから出てる!」
「膣穴よね。妊娠しないのかしら?」女子高生達は射精された淫裂を見ながら話し合うが「もう、いいでしょう。綺麗にしたいの」手を退けて、淫裂を拭きだした。

 「お姉さん、拭くだけじゃダメよ。はい、お薬よ!」慶子はどこから手に入れたのか避妊薬を渡した。
それには、不審に思い慶子に「あなた、セックスやったの?」尋ねた。
「やってないわよ、まだ処女よ。何なら確かめてみる?」
「わかったわ、見なくていいわ。それより、服着ていいでしょう?」
「ダメ、これからよ。ほら、兄さん達は出てってよ!」服を着終えた男性は、皆追い出されて女性だけになった。

 「邪魔が消えたわよ。みんな、準備はいいわね。行くわよ!」慶子が服を脱ぎ出すと皆が一斉に脱ぎだした。
呆気に取られている4人を尻目にパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になっている。
「これで、お姉さんと同じよ。意味わかるでしょう?」
「わかるけど、どうすればいいの。数が合わないし…」
「それは任せて、いい、始めるからね!」早苗達に、女子高生がだ抱きついていくが、3人掛かりだ。

 「お姉さん、オッパイいいでしょう?」甘えるように乳首を吸い、唇も重ね、淫裂を撫でていく。
(レズはイヤだけど、気持ちよくなってきた…)それは早苗を始め、皆が4人がそうで、淫裂から淫汁も流れていく。
「お姉さん、私のオッパイも吸って…」差し出された乳房を、揉みながら乳首を吸うと「あ、あ、あ~!」大人顔負けの喘ぐ声をあげた。

 「私のも、吸って!」代わる代わる乳房を差し出してから「ここもいいでしょう?」淫裂を顔に押しつけた。
「指は、膣に入れないからね」処女膜を傷つけたくないから、クリトリスを中心に舌と指で愛撫していくと「いいわ、オナニーより気持ちいい…」快感に声をあげていく。
そして「行く、行く~!」動きを停めると「今度は、私として」相手が入れ替わり、また同じ事をさせられた。

 4人は、高校生の相手を終えると、高校から出て、繁華街を歩いていくと「あら、珍しいのね。こんな所で合うなんて!」頼子と出会った。
「たまには、町の中も歩いた方がいいと思って…」
「暇なのね。それなら、付き合ってくれないかしら。ただとは言わないわよ」
(ダンスで世話になったし、これからの事もあるし…)「いいですよ。お付き合いします」
「ありがとう、付いて来て!」頼子は商店街を歩いて、衣料店に入っていく。

 4人も、後を追って入ると、30代後半と思われる女性が店番をしており、頼子はその人と、なにやら話してから「2階を使っていいそうよ」4人を2階へ連れて行く。
ドアを開けて、中に入ると16畳くらいの広さで、畳が敷かれてある。
「ちょっと待ってね。今、呼ぶから!」頼子が電話を掛けていると、店番していた女性がお茶を運んできた。

 「気を遣わなくていいわよ。店もあるんだから」
「そんな心配しないで。亭主に任せたから。それより、綺麗に揃ってるわね。私はこの子が好みよ」早苗が気に入ったようだ。
「ダメよ、相談して決めないと。今すぐ来るから待って!」頼子がいう通りに、5分程すると、30歳代の女性が2人「遅くなりました」と言いながら入ってきた。

 「待っていたわよ。いい子でしょう?」
「本当ね、これなら楽しめるわ。私はこの子がいい」幹子を指名する。
「私は、一番若い子がいい」有紀が指名され、克子は頼子に決まった。
「決まったから、始めましょう」頼子は、克子に唇を重ねると服を脱がしていく。
(オッパイはイヤよ。やったばかりで、痛いし…)そう言いたいが、ブラジャーも脱がされ、乳房を撫でられていく。

 克子も、唇を重ねたまま頼子の服を脱がし、ブラジャーを捲り上げて、乳房を撫でだした。
「そうよ、そうして…」頼子は潤んだ目をしながら、克子の上半身を裸にすると、自分も脱いで、乳房を晒した。
同じように、早苗や幹子達も、上半身が裸になって乳房を撫でられている。

 その後、下半身も露わにして、淫裂を撫で合いながら、膣穴に指を入れて、動かしていく。
「あ、あ、あ~!」「いいわ、いいわ!」喘ぐ声が部屋に広がり、8人の女性は淫裂を濡らしていた。

 早苗達は3時近くまで相手をすると「これ、少ないけど」頼子が封筒を渡す。
それを受け取り、服を着てアパートに戻ると、聖子が待っており「出かけていたんだ!」声を掛けてきた。
「はい、神田さんから言われまして。それに、頼子さんからも言われて…」そう言って封筒を渡した。

 聖子は中を見て「少ないわね。もっと貰わないとダメよ。これだと、あなたの取り分ないわよ」嫌みを言うと「ダンスを教えてくる人ですから、無理は言えません…」言い訳をする。
「その言い方、気に入らないわね。まあ、今回は目をつぶるけど、勝手な事はやらないで。必ず、私か友和に言うのよ」機嫌悪そうに友和の部屋に入った。

 「困ったわ、怒らせたみたい…」
「早苗さんのせいじゃないわ。頼子さんだから、仕方がなかったのよ」皆が慰めるが、不安の早苗だ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター