fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第28話 ショー

第 28話 ショー

 神田の部屋に入った聖子は「また、勝手な事したのよ」愚痴っている。
「どうせ、女相手だろう。気にするな」
「そうは、行かないわ。どっちが上か、教えないとだめよ」
「そんな事、やらなくたって、わかっているさ」
「甘い顔しちゃダメなのよ。懲らしめるから手伝ってよ」

 「あまり、乗り気じゃないな…」
「いやなんだ。手伝ったら、オ○ンコさせようかと思ったのに残念ね」聖子は、神田の急所を突いた。
「やるよ。手伝うから、オ○ンコさせて!」聖子の服を、脱がしだす。
「本当に、手伝うわよね?」

 「手伝うよ。約束する」ブラジャーも脱がせて、乳房を撫でだした。
「それなら、姉さんがしてあげる。でも、コンドーム付きだからね」そう言うと、自分から脱ぎだし、パンティも脱いだ。
神田も脱ぎ、膨らんだ肉竿にコンドームを着けて、ゼリーを塗り終わると「行くわね」聖子が跨り、肉竿を淫裂に入れていく。
「気持ちいい。姉貴とのオ○ンコが、一番いい…」

 「そんな事、言わないで。姉弟なんだから…」聖子は、神田の肩に手を乗せ、腰を動かし出した。
「クチャ、クチャ!」淫裂から音が鳴り、淫汁も流れ出した。
「オッパイも吸わせて!」不自由な姿勢で乳房を掴み、乳首を吸うと「あ~!」喘ぐ声をあげる。

 「姉貴も、気持ちいいだろう?」
「そうなの。友和とオ○ンコすると、膣も締まって、気持ちいいの…」それは本心からで、流れ出た淫汁がシーツを濡らしていた。
「あ、あ、あ~!」喘ぎながら腰を振って行くと「でる、でる~!」射精が行われたが、コンドームを着けていたから、妊娠の心配はない。

 2人は、営みが終わると服を着て、連絡を取っていく。
「そう、4人だ。1人5万で、2人なら10万だ。期待してくれ」電話を切ると「準備させないと」神田は部屋から4人の共同部屋に向かった。
神田が入ると、4人いて「丁度よかった。あの、ベルトに着替えてくれ」指示する。
(セックスだわ。男とやらせる気だ…)(また、売春させる気だ…)項垂れてしまったが「急ぐんだ!」急かされて自分の部屋の戻ると、急いで服を脱ぎ、全裸になるとあのベルトを体に巻き付けた。

 「オッパイが、痛いのに…」高校生や頼子達に乳房を揉まれて痛いのに、ベルトが締めるから、なお痛い。
その後に、淫裂を隠すベルトを着込むと、普通の服を着て部屋から出た。
「マスクは、あるよな?」
「はい、持ってます…」皆が返事すると「出かけるぞ!」4人は神田の運転する車に乗ってアパートを出た。

 神田は、2人が見覚えのある店で車を停めて降ろした。
「ここは、確か…」「そうだ、前にホステスをしたバーだよ」神田を先頭に店に入るとまだ客はいない。
「待っていたわ。来て!」4人は清子に連れられて、奥の部屋に入ったが「これを着けてやって」レザーのブラジャーを渡す。
(よかった、オッパイが痛いし…)4人は服を脱ぎ、ベルトを外してからブラジャーを着け、またベルトを締めた。
「顔は忘れないで」マスクを被ると、店に出るが「いいか、今日は特別な事をやるから覚悟しておけよ」神田が言うからには(特別な事って何かしら?)不安になってきた。

 4人が店に出てから暫くすると、客もまばらだが入ってきた。
「わかっているよね?」清子に言われ、隣に座って話し相手をしていると、ポツポツではあるが、客で席も埋まりだし、それに連れ4人は忙しく席を回って客と話している。
今回は、ブラジャーを着けているから乳房を触られる事はないが、股間のベルトをずらして、淫裂を覗く者はいた。

 4人が客の相手をしてから3時間程経つと、10時を過ぎ、客のボルテージも酔ったせいか、高まっている。
「お待たせしました。今日は特別なショーを行います」清子の声で、4人はステージに並ばされる。
「これより、この4人へのレイプショーを始めます」それには(イヤよ、レイプはもうしない約束よ!)マスクを被っているからわからないが、顔色が真っ青になっている。

 「参加料は、お1人5万です」そう言うと「俺にやらせろ!」名乗りを上げる者が現れた。
「俺もだ!」次々と名乗り出て、10人近くになっている。
「それでは、始めて下さい!」清子の声に、男達が一斉に襲いかかっていく。
「イヤ、やめて~!」「助けて~!」悲鳴を上げるが、やめる事はない。
ベルトが外され、ブラジャーも外されて、乳房が飛び出した。

 「マスクだけは、ダメです。いいですね?」
「わかってる。顔よりオ○ンコを見たいし!」顔には興味を示さず、股間のベルトを外していく。
「いや~!」悲鳴を上げるが、4人にはその方が都合よかった。

 早苗は、淫裂のベルトが外され、全裸になるとステージの小さなテーブルに、仰向けに寝かされ、手を押さえられた。
「放して、お願いです!」叫んでも、客には淫裂が丸見えになっている。
「いいね。このオ○ンコとやるぞ!」ズボンを引き下げ、肉竿を淫裂に突き刺していく。
「イヤ~!」悲鳴が一段と大きくなるが、気にもせず根本まで押し込み、ピストンを始めた。
「う、う、う!」屈辱に泣き出すが、肉竿が停まる気配は全くない。

 同じように、3人も「ダメ、やめて~!」悲鳴を上げながら仰向けにされて、淫裂を肉竿で突かれだした。
「イヤよ、レイプはイヤ…」嗚咽をあげ、泣き出したが肉竿は停まらず、絶頂を迎えてやっと停まった。
「イヤ、お腹にださないで~!」自由が効かないから、叫ぶしかないが、膣奥には暖かい液体が漂っていく。

 「出したぞ!」客が満足そうに肉竿を抜くと、淫裂から白い液体が流れている。
「本当に、出したんだ!」「中出しだ!」歓声が、また上がった。
「今度は俺だ!」一人が済むと、新たに襲いかかるが「俯せにしろ!」早苗はテーブルに腹を付けて足を開かされた。
「イヤ。後ろからはイヤ~!」「俺はこれが好きなんだ!」また肉竿が押し込まれた。
(輪姦よ、これは輪姦だわ…)手を数人で押さえられているから、何もできない。

 早苗は、腰を両手で押さえられ、肉竿のピストンに耐えた。
「いや~!」また悲鳴が上がり、有紀の淫裂からも、白い液体が流れていく。
「う、う、う!」泣き出すが「交代だ!」新たな男に、肉竿を押し込まれている。
4人は、代わる代わる肉竿で突かれ、精液を垂らしているが「もう、許して…。お願いです…」泣き声も力がなかった。

 「そうね。もういいでしょう」やっと、4人は手を放されると、並んで立たされた。
「ほら、頭を下げて!」4人は、自分を犯した客に向かって頭を下げ、礼をした。
(悔しい。犯したやつに頭を下げるなんて…)涙が停まらない。
「もういいわよ。服は忘れないで!」淫裂を押さえ、脱がされたベルトを持って、奥の部屋に戻ると、声をあげて泣き出した。
「そんなに、泣かなくていいでしょう。はい、オ○ンコ代よ」清子はアッケラカンと言うが(何言ってるのよ。売春させられた身にもなってよ!)涙が停まらなかった。

 「これは、俺が預かるよ。全部で80万はあるだろうな?」
「あるわよ、一人5万で4人ずつ相手させたから20万、それが4人で80万よ」
「わかった、信用するよ」神田が受け取ると「これはお礼よ。馬鹿受けだったし…」2万程を渡す。
「ありがとう、これは治療費に使うよ」
「そうね、オ○ンコにタップリ出されたしね。妊娠だけはさせないでよ」

 「勿論さ。明日、姉貴の所へ行くよ。ほら、オ○ンコ拭けよ」タオルが差し出され淫裂を拭き、そのまま服を着た。
「表だと、まずいでしょう。裏から出て」
「わかった、そうするよ」5人は裏口から出て、客とは顔を合わせないようにして、車に乗りアパートに戻った。

 戻ると、4人は部屋に入り、シャワーを浴びていく。
「またレイプされた。しかも人前で…」悔しさが込み上げて、涙が停まらない。
「う、う、う!」4人の泣き声は、神田の部屋まで届いており「ちょっと、やりすぎたみたいだな。でも、姉貴とオ○ンコやりたかったし…」自分でも反省している。

 翌日、日曜日だが、4人は神田の車に乗って聖子の病院へと向かった。
「今日は当番だから、9時からいるぞ」神田が話しかけても、皆黙ったままで、病院についても、4人は黙ったまま話さない。
(もう、口は聞かないからね)それは、4人ができるただ1つの抵抗だ。
「ま、仕方ないな」自分にも負い目があるから、神田は責めはしない。

 「ほら、入って!」病院に入ると、聖子が待っていた。
「急患がいないから、暇なのよ。丁度よかったわ。来て」診察室に連れて行き「脱いで、治療しないとダメよ」言われるまま、下半身を聖子に晒して淫裂を消毒して貰う。
「これで安心よ。万が一があるから、薬局で貰って」処方箋を書き渡した。
「後は俺がやるよ」神田はそれを持って、会計を済ませ、薬局で薬を貰ってきた。
「まだ11時半か。早いけど行こう」また、車に乗って繁華街に入ると、レストランで停めた。

 「おごるから、行こう」レストランに入っても4、人は口を聞いてくれない。
「何する?」聞いても、メニューを指さすだけだ。
「何か言ってくれよ。俺が悪かった、謝る!」頭を下げた。
「やっと謝ったわね。私は一番高いのを選ぶからね」「私も高いのが欲しい」4人がやっと口を開いたから、ホッとする神田だ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター