fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第31話 新商売

第31話 新商売

 そして、いよいよ開店の日となった。
夕方の6時に店を開ける準備を始めると「今日は私が手伝います」幹子が入ってきた。
「悪いわね。早速だけど、着替ないと」晴美と幹子は2階の部屋に入り服を脱ぎだす。
下着姿になると、幹子は慣れているからすぐに婦警の姿になったが「これどうするの?」戸惑う晴美だ。

 「初めてだからね」幹子が手伝い、どうにか婦警らしくなっている。
晴美は幹子の婦警姿を見て「本物だから似合うけど、まずいかもよ…」手伝っていたのがばれたら、首は間違いない。
「そうね、確かにまずいわね…」
「そうよ。これを被ればいいわよ」めがねと、茶色のカツラを渡し、それを着けて鏡を見ると「これなら、わからない…」安心している。

 2人が制服を着込むと、店に出て準備を始めていると「あら、かわいいわね」清子が入ってきた。
「いらっしゃいませ。今日から始めました」神田が丁寧に挨拶していると「あら、清子さんも来たんだ!」聖子も現れた。
「当然よ、後釜が気になってるし…」2人は席に座り、慣れない手つきで幹子が飲み物を運んでいく。

 店はまだ知名度が低いから、客足はイマイチだったが、婦警の制服には興味があるようで、幹子が座ると「本物の婦警じゃないよね?」そう言いながら乳房を触られる。
「本物よ、逮捕しちゃうから!」そう言って、その手を掴むと「面白いや、逮捕してよ」スカートの中に手が入った。

 「そこはダメ。今夜、使うからダメ!」その手も押さえた。
「面白いや、俺も逮捕してくれ!」幹子は、次々と制服の上から、乳房とパンティ越しに淫裂も撫でられた。
それには「思ったより、受けてるみたいだ…」神田はニンマリしている。

 そして、10時になると晴美は帰って、幹子と神田2人だけで店を切り盛りし、12時に閉店した。
「幹子、片付けは明日、俺がやるからから2階で休め。俺も疲れたしな」2階は泊まれるようになっていて、シャワー設備もある。
「神田さんも休まないと」

 「そうだな、休むか…」2人が2階に上がると「幹子やらせてくれ!」制服姿の幹子に襲いかかった。
「ダメ、脱いでからにしましょう。制服ではやりたくないの!」婦警としての、執着がある。
「イヤでもやるよ!」強引にボタンを外して、乳房を吸い出す。
「やめて、脱ぐから待って!」神田は聞き入れようとはせず、スカートを剥ぎ取るように脱がすと、パンティを引き裂き、肉竿を押し込んだ。

 「う~!」膣の痛みに呻き声をあげたが、肉竿はピストンしていく。
「やめて、これはレ○プよ。約束が違う!」しかし、動きは停まらず乳房を掴んだままピストンを速めて爆発した。
「イヤよ。レ○プして射精なんて!」泣き出すが、抜こうとはせず、全部出し切ってから抜いた。
「酷いわ、約束が違う…」泣きながら服を脱ぎ、シャワーを浴びて淫裂を洗っていく。

 「飲んでいるからいいけど、出来たらどうしよう?」不安になりながら丁寧に洗うとタオルを巻き付けて戻ってきた。
「幹子、素っ裸を見せろ!」タオルが外され、全裸を晒すと押し倒され乳房を揉み出す。
「もう、レ○プはしないで…」
「わかっているけど、抑えが効かないんだ…」
「やられる身にもなってよ。優しくならいつでもいいのに」
「でも、激しかったろう、ビンビンだったし…」
(それはわかってる、凄くよかったけど、レ○プだからイヤなの)幹子は黙ったままだ。

 翌朝、幹子は店で簡単な朝食を作り、食べているが「幹子、この代わりあるのか?」神田が破ったパンティを持ってきた。
「ちょっと、恥ずかしいから仕舞ってよ」
「履いてないんだろう?」
「履いてるわよ。スペアは持ってきたわよ」機嫌悪く食事を摂って、警察署へ向かい、神田も、幹子が作った食事を摂り、店の後片付けをし開店に備えていく。

 それを繰り返していくと、次第に客も増えて、ホステスを雇う必要になり、ホスト仲間の姉が、職を探しているのを知って採用した。
「信吾の友達なんですってね。郁恵というの、よろしくね」
「水商売は大変ですから、頑張ってくださいよ」
「バイトでやっていたから平気よ。触られるだけでしょう?」
「当然です、セックスは絶対ダメですからね」

 「わかっているわよ。でも、あなたとならいいんでしょう?」神田の股間を撫でると膨らんだ。
「そ、それは構いませんが…」
「だったら、就職祝いにやろうよ。私、バツイチだから溜まっているの」郁恵は積極的に誘い「わかった。2階でやろう」2人は2階に上がって裸になっていく。

 「どう、まだ若いでしょう?」全裸になると乳房が上を向き、絨毛がびっしり恥丘を覆っている。
「いい体だ。オッパイも良さそうだし…」神田は真っ先に乳房に顔を埋めて揉みながら乳首を吸うと「あ~!」喘ぎながら腰を押しつけてくる。
それに応じて、淫裂に肉竿を入れると、すんなり入った。

 「して、激しくして!」肉竿を入れ、ピストンを始めると「あ、あ、あ~!」声をあげ腰を動かし出した。
(凄いや。チンポをグイグイと締めてくる…)肉竿も刺激を受け、ピストンも早くなると「いいわ、凄くいい!」声をあげながら背中を浮かせた。
「郁恵さん、気持ちいです、このまま出したい…」

 「ダメ、オ○ンコには絶対ダメ。その代わり、お口でする!」その言葉で肉竿を抜き、郁恵の口に押し込んだ。
「ウグ、ウグ!」不自由な姿勢だが、唇で擦っていくと「出る~!」先端から噴射した。
「気持ちよかった、郁恵さんのオ○ンコ最高にいいよ」満足そうに横になっている。
郁恵も液体を飲み込んでから「久しぶりによかったわ、あなたのチンポが今までで一番よかった」郁恵も満足顔だ。

 郁恵を雇うと、皆と顔合わせをし「鈴木郁恵さんだ。信吾の姉さんだ」紹介していく。
早苗達4人も紹介したが、婦警だとは、発覚を恐れて言っはいない。
紹介が済むと、店の準備を始めるが、今日は休日前なので4人が手伝い、店も賑やかになっている。
4人は乳房を触れると「逮捕しちゃうわよ!」と連発して客に受けていた。
勿論、郁恵も婦警姿になって「逮捕しちゃうわよ!」と言いながら、乳房や股間を触られていた。

 婦警の4人と郁恵は、代わる代わる席を変えていくが(あの人、確か…)早苗は仕事で、見覚えのある男を見つけた。
同じく有紀も(あの人は前科があったはずだわ…)やはり、気になっていた。

 そして、12時に店を閉めると「神田さん、ヤクザがいたわよ」早苗が言うと「やっぱり、あいつだったんだ!」有紀も言う。
「何だ、知ってるのか?」
「知ってるわよ。いずれ、みかじめ代を求めてくると思う…」

 「困ったな、どうしよう。俺、弱いからな…」
「何言っているのよ、男でしょう。婦警が4人もいるんだから、任せなさいよ!」
「期待してる…」そう言って、5人は神田の車でアパートに戻った。

 神田は、いつもなら当番と抱き合うが、今日は何も言わず「私が当番です」幹子が名乗って一緒に部屋に入って抱き合った。
だが「神田さん、いつもと違うのね」肉竿を擦っても堅くならない。
「幹子、ごめんな。今日はその気になれないんだ、一緒に寝るだけにしよう」
「それでいいなら、構わないけど…」
(きっと、ヤクザの事が気になっているんだわ、何とかしないと…)幹子も気づいた。

 それから数日過ぎ、神田が開店の準備をしてると「顔、貸してくれよ」人相の悪い男が現れた。
「ちょっと待って。すぐに行くから!」携帯で連絡を取ってから、外に出ると3人の男がいる。

 「私に、何か用でもありますか?」
「あるから呼んだんだ。誰に断って店だしたんだ!」神田に執拗に食い下がっている。
「ですから、それは…」やはり、相手がヤクザだから迂闊な事は出来ない。
「落とし前は、わかっているだろうな?」
「そう言われても…」怯えているが「あんた達、何やっているのよ!」制服姿の早苗達が、やっと現れた。

 「また石井か、そんなに刑務所に入りたいの?」有紀も言いだす。
「お前、警察呼んだのか?」ヤクザは怒ったようだが「呼んでません。幹子は僕の婚約者ですから…」真っ赤な嘘を言ったが「婦警が、婚約者だと?」驚いたヤクザに「そうよ、婦警がバーテンと夫婦になっちゃいけないの?」幹子も口を合わせた。
ヤクザは、バツが悪そうに「だったら、仲良くやれよ!」そう言い残して帰った。

 「幹子、ありがとう。死ぬかと思った!」
「何、言っているのよ。男でしょう?」(うれしいわ。嘘でも婚約者なんて言って貰えて…)内心はうれしかった。

 「早苗さん、これで大丈夫なの?」
「大丈夫よ。あいつは馬鹿じゃないから、警察が付いていると知ったから、手は出さないはずよ」
「早苗、見直したよ」神田は早苗にも、抱きついてしまった。
「恥ずかしいわよ。見られてるのよ」突き放すが、早苗もうれしかった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター