fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第32話 張り込み捜査

第32話 張り込み捜査

 ヤクザの事件が収まると、神田は落ち着きを取り戻して、元気になっていた。
休日には、まだ昼だというのに早苗と幹子の2人を、同時に抱いている。
「神田さん、もうダメ…。膣が痛くなってきた…」
「早苗は、まだ、大丈夫だよな?」
「軽くよ。限界間近だし…」

 「わかった。もうすぐ出そうだから、我慢して!」早苗を四つん這いにして、肉竿をピストンしていくと、「う~!」呻き声をあげて「出したよ。出したからね」膣の中に噴射された。
「これで、スッキリした!」満足そうな神田だが「もうダメ…」射精された早苗は、淫裂から流れ出る精液を、拭こうともせず、動こうともしない。

 2人は、暫く休んでから、やっと起きあがりシャワーを浴びるが「神田さん、元気になったのはいいけど、体が持たないわね…」
「そうよね。2人に射精するんだから、並じゃないわよ」2人は感心しなが、らシャワーで体を洗い、浴室から出ると「今日の手伝いは誰なんだ?」聞かれた。

 「有紀ですが、何か?」
「何でもないよ。ただ、気になってな。それより、正樹が、また撮りたいって、言ってたぞ!」
「イヤよ。縛って、レ○プするから…」
「それは、どうだかわからないが、婦警を撮りたいと言っていた。とにかく、あって見ろよ」神田は店の準備で出かけたが「早苗さん、どうする?」「会ってから、決めようよ」4人はとりあえず合う事にした。

 正樹は、夕方近くになってアパートに現れ、皆に説明したが「制服を着てのヌードはやめて下さい!」やはりプライドがある。
「そうは、行かないんだ。やらないなら、責任取らないからね」
「わかりました。ヌードになりますから、見つからない場所にして下さい…」
「わかってる。場所は考えるから」渋々だが、4人は承知した。

 翌日、いつものように仕事をしていると、刑事課の課長から4人が呼ばれた。
「実は、頼みたい事があって…」捜査協力の依頼だ。
「場所が、場所だけに男は入れないから、君たちにお願いしたいんだ…」課長は詳しく話してから「やってくれるか?」と尋ねる。
「はい、警官ですからやります」4人は、刑事課の捜査に協力する事になった。
「早速だけど、午後からやってくれ。報告は毎朝頼むよ」
「わかりました」4人は午後になると、私服に着替えて町に出た。

 4人は、主婦売○の捜査を依頼され「とにかく、エステとバーよ。二手に別れましょう」二手に分かれ、別々に捜査する事にした。
幹子と克子はバー周辺を歩き回り、早苗と有紀はエステを調べていく。

 バーを調べていくと、昼間だというのに、主婦が入っていく店があった。
「おかしいわ。行ってみましょう」2人は話をしながら脇を通ると中から「許して…」女性の声がする。
(何かある!)周りを見ると、男が見張っているようにも見える。
「行こう!」悟られないように通り過ぎ「あそこの店、怪しいわよ」「そう思う、とにかく、明日報告ね」そう言いながら歩くと「神田さんだ」神田が店の掃除をしていた。

 「そうだ。あの店と近いから、使えないかしら?」
「良い考えね。課長と相談しよう」署に戻ると事情を話し、神田の店でホステスをする許可を貰った。
「これで、堂々とやれるわね」許可を貰った2人は、夕方から店で働きだした。

 一方、エステに入った早苗と有紀は、マッサージを受けながらエステ嬢と話していると「いい体ですね。このままでは、もったいないわ」と言いながら、アルバイトを勧められる。
「面白そうね。やってみようかしら」話に乗って聞くと、バーのホステスだった。
(もしかして?)勘が働き「やってみようかしら。どうせ暇だし…」エステ嬢から店の名前を聞いて出かけた。

 「あら、神田さんの近くよ」神田が準備をしていて「どうしたんだ、お前達も来るなんて!」
「幹子達も来たんだ!」
「そうなんだ。何か、あったのか?」
「何にもないわ、偶然よ」そう言いながらも、署に戻ると課長に報告して、ホステスの許可を貰った。

 そして、夕方になると4人は別れて、神田の店と、怪しい店に入っていく。
「あれ、今日は2人なの?」郁恵と晴美が声を掛けると「事情がありまして…」それだけしか言わずに、婦警のコスチュームを着たが「短いわよ、見えそう!」「イヤだ、イヤらしく見える!」スカートの丈が短くなり、胸のボタンも少ないから、手が入りやすくなっている。
「これ、私のアイデアなの。これなら受けるし」郁恵は得意げだが、不満げな2人だ。

 同じように、早苗と有紀も着替えていて「いやらしいわ。これじゃ、娼婦と同じみたい!」黒い下着を着込み、半分飛び出た乳房にため息を付いている。

 不満を持つ4人だが、8時近くになると店も混み始め、4人も忙しく席を回っていく。
「ダメ。オッパイ触ったから逮捕よ!」胸に手を入れられ、直に乳房が掴まれて、手を押さえて言う。
「逮捕して。ここにもやるから!」短いスカートに手を入れ、パンティの上から淫裂を触っていく。
「そこはダメよ。オ○ンコは、重罪だから逮捕しちゃう!」手を押さえて言うが、客には受けていて「こっちに、来て!」催促も掛かっている。

 同じように、早苗と有紀も客に乳房を掴まれ揉まれていた。
「やめて、お願いです!」腕を掴んで言うと「いいじゃないか。減るもんじゃないし」執拗にパンティの上から、淫裂を触られた。
「イヤ、やめて!」席を立ち、別な席に向かうが(見張っている!)バーテンやボーイが、2人の様子を見つめていた。

 4人は、乳房を触られながら客の相手をしているが「いい乳してるね。今夜、オ○ンコしない?」幹子を誘う客がいた。
「セックスは、飽きたからしたくないの…」そう言って、手を押さえると「5万払う、それならどう?」執拗に迫ってくる。

 「その気になれないの。諦めて!」
「仕方ないな。あっちの店で、やってくるか…」客は立ち上がって、レジに向かう。
(あっちの店って、もしかして…)克子に合図を送ると、克子は客の後を追い、早苗の店に入るのを確認した。

 その後も、4人はホステスをしていたが(課長が来た!)周りに気付かれないように笑顔で席に座り、話し出すと「いい乳してるね!」手を入れて、乳房を掴んだ。
(やめて。セクハラよ!)「オッパイ触ったから、逮捕よ!」いつものように、手を押さえて言う。

 「面白い店だな。だったら、ここはどうなんだ?」パンティ越しだが、淫裂を触られていく。
(イヤ、性器はイヤ!)顔を赤らめながら「オ○ンコは重罪よ。逮捕するわ!」手を押さえた。

 この日は、課長だけでなく刑事が数人来て、幹子や克子の乳房と淫裂を触わり、同じように、早苗と有紀も、同僚の刑事に乳房と淫裂を触られていた。
(やめてよ。仲間でしょう?)言う訳には行かないから「やめてよ!」としか言わなかった。

 それから数日後に、早苗と有紀が客の相手をしていると、項垂れた女性2人が入って来た。
(ホステスではなさそうね?)見ないふりしていると、通路を通って、奥のドアを開けて入って行く。
(あそこは、マスターの住まいだけど…)気づかれないように振る舞っていると「俺と楽しまないか。5万出すよ」口が掛かった。

 「その気になれないの。そのうちね」乳房を触られながら言うと「おばさんと、やるしかないな…」男はカウンターへ向かい、なにやら話して、支配人と一緒に女性が入った部屋に入り、支配人だけが出てくる。
(間違いないわ。あそこで売○してる!)核心を得たが、危険だから飛び込む事は出来ず、張り込みを続けている。

 同じように、克子も淫裂を撫でられながら「やろうよ。5万出すから!」誘われたが「イヤよ。それは、やらない主義なの」断ると男は店を出て、早苗の店に入っていく。
(やっぱり、あそこで…)確信したが見張るだけにした。

 この事は、刑事課に報告されて、タイミングを狙うかのように、刑事が店に張り込んでいる。

 そんな状況にもかかわらず、4人はいつものようにホステスをしていたが「ちょっと来てくれ!」早苗が支配人に呼ばれて、奥へ入ると、全裸になった女性がいた。
「何か、用ですか?」
「お客が、オ○ンコやりたいそうだ。相手してやれ!」
「イヤよ。どうしてセックスなのよ!」拒むと「イヤでもやって貰う!」手を押さえられ、服が脱がされた。


 「やめて、何するのよ!」叫んでも、やめようとはしない。
「おとなしくしろ!」両手を縛り、露わになった乳房が揺れていく。
「やめて。お願いです!」
「オ○ンコするだけだ。我慢しろ!」パンティも下げられ、淫裂も露わになった。
「やめて、来ないで!」怯えていると「思った通りだな。こいつは使えるぞ。タップリ楽しませて貰おう!」男が入ってきて、ズボンを引き下げていく。

 「やめて。レ○プはイヤ!」逃げまどっていると「動くな!」張り込んでいた刑事が一斉に雪崩れ込んできた。
「助かった!」そう思ったが「見ないで。お願い見ないで!」全裸を見られてしまい、叫んでいる。

 「緒方、お手柄だぞ!」課長や刑事達は、褒めながらも早苗の全裸を、味わうかのように見つめて、手を解こうとはしない。
そこに「もういいでしょ、見ないでよ!」有紀が入ってきて、腕を解くと服を着させていく。
「そうだな。捕まえたしな」バツが悪そうに出て行き、2人だけになったが「有紀、見られたのよ。オッパイもヘアも…」同僚に全裸を見られて、早苗は動揺している。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター