FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第33話 警察署での噂

第33話 警察署での噂

 翌日、警察署に向かう早苗の足が重かった。
「どうしたらいいの。フルヌードを見られたのよ」3人に言うが「気にしなくていいわよ。今更、何言ってるのよ」励ますが、効き目はない。
「ほら、元気出して!」引かれるように署に入り、同僚と挨拶を交わすが、顔を上げられずに下を向いたままだ。

 「緒方、来てくれ!」課長に呼ばれ、労いの言葉を掛けられても、まともに顔を見る事が出来ない。
そんな、早苗の気持ちを知ってか「自信持て。お前のお陰で、捕まえる事が出来たんだから!」そう言って励ます。
「わかっては、います…。ですから、ヌードの事は、誰にも言わないで下さい…」小さな声で言う。

 「そんな事知らないな。お前はちゃんと、制服着てたし…」気遣っている。
「ありがとうございます」頭を下げて、自分の席に戻った。
しかし、元気がない早苗に「緒方に後藤。パトロールしてこい!」気晴らししてくるよう言う。
「わかりました。行って来ます!」2人はパトカーに乗って走り出すと、町中へと向かった。

 商店街を走り、見覚えのある建物の前まで来ると、正樹がいて、正樹も気付いたのか手を振って合図した。

「どうしよう、約束したよね」「そうよね、早く済ました方が楽だし」パトカーを駐車場に停めて、正樹の元へと歩いていく。
「丁度よかった。今、準備が終わったんだ。行こう!」建物の中に入ると、この前とは違い、壁には淡いピンクの布が掛けられてある。

 「これならいいだろう。始めるよ」正樹はカメラを構えると「胸を広げて!」叫んだ。
(撮られたくないけど…)2人はボタンを外して、シャツを開くと白いブラジャーが現れた。
「今日は白ですか。それならスカートも脱ぎましょう」正樹は、撮りながら指示し、言われた通りにすると、やはり白のパンティが露わになった。

 「パンツを、膝まで下げて!」(性器を撮る気だ…)顔を強ばらせたまま、パンティを膝まで下げると、絨毛に覆われた淫裂が現れた。
「大部生えましたね。剃った方がいいですよ。次はブラジャーを持ち上げて!」言われるままにして、乳房を露わにしていき、次々と指示に従うと、ネクタイと帽子だけになってしまった。

 「いいですね。足を台に乗せて!」
(イヤよ。見えてしまう…)イヤだが、言われるまま片足を乗せると、下から撮りだす。
(間違いなく、性器を撮られた…)顔も赤らむが、なおも撮り「早苗さん、久しぶりにやりたいんです」カメラを置くと、早苗に抱きついた。

 「ダメ、今は勤務中ですから…」拒んでも、正樹はズボンを引き下げて、淫裂に肉竿を押し込み、ピストンしていく。
「やめて…。勤務中です…」途切れ、途切れに言うが、リズミカルにピストンする肉竿に、淫裂が反応して淫汁が流れている。

 「クシュ、クシュ!」肉竿が刺さるたび、音がでていくが「でる~!」正樹も声を出した。
「ダメ、外よ、抜いて!」
「中に出すよ。できたら、産んでもいいから!」外に出す気は全くなく、膣の中で噴射した。
「イヤよ。産むなんてイヤ!」泣き出すが、白い液が漏れ出てきた。

 「僕が、責任取るから安心して」ズボンを履きながら言う。
「勝手な事、言わないで。産む身にもなってよ。生活だって大変なのよ!」泣き顔で淫裂を拭き、服を着終えると、またパトロールを始めた。

 翌日、早苗は課長から、1週間の休暇を与えられた。
「よかった。これで息抜きができる…」ヌードの事を、忘れるようにとの配慮だが、反対に悪い事になってしまった。
誰かが、喋ってしまい、犯人を捕まえた時は、全裸にされ、縛られていたという噂が広まった。

 「そんな事なかった。私、見てたから!」有紀がいくら言っても、相手にされず「早苗さん、レ○プされたんだって!」
「輪姦されたんだって。4人にやられたらしわ」
「膣に射精されたんだって。しかも4人よ。それで、妊娠したんだって!」
「中絶するらしいわよ、それで休暇を取ったみたい」こういう風に、聞くに堪えない噂が、署内で広まってしまった。
有紀や幹子達が、いくら否定しても、噂はだんだん酷くなっている。

 そんな事など、知るよしもない早苗はアパートでくつろいでいた。
そんな早苗に「暇なら手伝え!」と神田は、早苗を昼過ぎからバーの準備を手伝わせいたが「ここにいたんだ。会いたかった!」正樹が来た。

 「何か、用なの?」
「用があるから来たんだよ。見て欲しいのがあって!」神田に断りを入れて、早苗と一緒に2階に上がった。

 「見て欲しいのって、何よ?」
「これだよ。綺麗だろう」この前撮った写真で、ネクタイと帽子だけ身につけ、乳房と淫裂を晒していた。
「イヤよ。見たくもない!」写真を放り投げたが「綺麗じゃないか、何が不満だ?」と尋ねる。

 「ヌードがイヤなの。これ以上、裸にはなりたくないの…」
「なんだ、そんな事か。僕だって、早苗を他の人には晒したくないさ。僕の早苗だし!」そう言うと抱きついた。

 「やめて、声を出すわよ!」
「出してもいいよ。僕の子を産むんだから!」早苗のスカートを脱がして、パンティを引き下げた。
「やめて。その気はないって、言ったでしょう!」逃れようとするが、正樹はズボンを脱ぎ、肉竿を早苗の胎内に押し込んだ。

 「ひ~!」乱暴に入る肉竿に悲鳴を上げるが「我慢して、産むまでは我慢して!」ピストンが始まった。
「ダメ、抜いて、あ、あ、あ~!」嫌がってい膣も、次第に濡れだし、肉竿は滑りよくピストンしている。
「イヤ、産みたくない…」拒んでいた早苗も、喘ぎ声をあげて、膣奥に射精した。

 「出したよ。早苗さん…」肉竿を抜くと、精液が流れ出た。
「あれ、切れているのよ。本当に、できるかも知れないのよ!」泣きそうな顔で、淫裂を拭くが「だから、産むんだって、言ったろう」
「そんなの、身勝手よ。私だって、考えがあるのよ、神田さんだって承知しないわ!」
「友和には、俺からい言うよ」正樹は、ズボンを履くと下におりて、話し出した。
「悪い人では、なさそうだけど…。妊娠はしたくないし…」脱がされた下着とスカートを履くと、下に降りた。

 「早苗、話は聞いた。姉貴の所へ行こう!」早苗を連れて一緒に病院へと向かった。
聖子は、診察を終えて帰る所で「一体どうしたの?」「姉貴、実は早苗と、正樹なんだが…」事情を説明していく。
「早苗はどうなの?」
「産んでもいいですが、まだ早いです…。それに、もっと仕事がしたいし…」

 「あれ、飲んでいたでしょう?」
「切れ目ですから、わからないです…」
「そうなんだ。とにかく、消毒しないと。脱いで!」早苗はスカート、パンティと脱ぎ、下半身を剥き出しにして、聖子に膣を洗浄されていく。

 「これで安心よ。でも、産むのは早いわよね。これ飲んで!」処方箋を渡すと神田と早苗は診察室から出た。
「早苗は、もう使えないわね、残りの3人でやるしかないか…」聖子は思案している。

 そして、休暇が開けた早苗は、警察署でいつものように勤務していたが、周りの目が違っているのに気付いた。
(白い目で見ている…。ヌードを知っているんだ…)平静を装っても、ヒソヒソ話す会話が聞こえてくる。

 「4人に輪姦されて、妊娠ししたそうよ」「休暇中に、中絶したんだって」小さな声で噂が話されている。
(嘘よ。ヌードにされたけど、レ○プも、妊娠もしてないわよ!)泣き出したいが、堪えて勤務を済ませ、アパートに戻ると、人目をはばからず、泣き出した。

 「もうイヤ、警察なんてイヤ!」それは、神田にも聞こえ「何かあったのか?」幹子に尋ねた。
「警察署では、早苗さんの噂が広がって…」署での噂話を教えた。
「酷いな。捜査に協力したのに、それはないよな…」神田も納得したのか、早苗の部屋に入り「やめろよ。警察やめて正樹の子を産め。それまでは、店を手伝ってくれ!」思わぬ事を言いだした。

 「ホントに、いいんですか?」
「いいさ。正樹には連絡するよ」神田が正樹に電話すると、1時間ほどして、アパートに来た。
「友和、いいんだな?」
「聞く、相手が違うぞ。早苗に聞け!」正樹は、早苗の部屋に飛び込み「産んでくれるよな?」
「はい、正樹さんの子を産みます…。でも、少し時間を下さい…」

 「産んでくれるなら、いくらでも待つよ。それから、お願いなんだけど…」
「何か、あるの?」
「僕以外の男には、裸を見せない事。それに、セックスもしない事を誓って!」
「はい、正樹さん以外の男には、裸を見せず、セックスもしません!」
「ありがとう、早苗!」「正樹さん!」2人は抱き合って誓った。

 翌日の早苗は、晴れ晴れしていて、警察署に行くと、課長に辞表を提出した。
「残念だったな。噂は収まると思ったけどな…」無念さが込み上げていたが「私は、あの噂で警察がイヤになりました。口では綺麗事を言いながら、裏ではあざ笑っていますから!」皆に、聞こえるように言った。
「すまない。かばいきれなくて…」課長は、それ以上言えなかった。

 辞表を出すと、アパートに戻り、部屋の整理を始めた 。
「正樹さんに、嫌われないようにしないと」部屋の隅々まで掃除している。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/349-31c40467

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん