「全裸の銀盤女王」 第1話 選挙の落選

 テレビの選挙開票速報を見ている女性がいた。
「そんな、嘘でしょう。あれだけ頑張ったのに…」思ったように票が伸びず、声を上げてしまった。
「渡井さん、最後まで分かりませんよ。諦めちゃダメですよ」選挙事務所の責任者が慰めた。

 しかし、票は伸びず、差が開くばかりで、事務所の中も1人、また1人と消えて女性しかいなくな
った。
「だまされた。当選すると言われたから立ったのに…」女性の目からは、涙が流れていく。

 泣いているのは、元フィギアスケートのメダリストで、渡井由美という。
由美は、新しくできた政党からの出馬要請を受けて立候補した。
政党は、由美の知名度を利用して、躍進しようとしたが、そんなに有権者は、甘くなかった。
政策もなく、ただ手を挙げただけでは、当選するはずもない。

 「どうしたらいいのよ。生活だって大変なのに…」途方に暮れる由美だ。
落ち込む由美に、追い打ちを掛けるかのように、マスコミ各社が、取材に訪れている。
「由美さん、コメントしてください!」逃げようとするが、マイクが向けられて「今は、何も言いた
くありません…」ただ、それだけ言って取材から逃れた。

 選挙事務所を出て、自宅に戻ったが、そこでも冷たい仕打ちが待っていた。
「渡井さん、当てがあるんですか?」玄関前には、金を借りた高橋がいる。
「必ずお返しします。ですから、今夜の所は…」
「わかっているなら、それでいいです。明日は、ここに来て貰えませんか?」地図を渡した。

 「わかりました。明日、伺います…」
「必ず来て下さい。来なかったら、大変な事になりますからね」高橋は念を押すと帰っていく。
「3億なんて、とても無理よ。どうやって、返したらいいのよ」選挙に立候補したのが悔やまれた。
 
 翌日、マスコミの取材から逃れた由美は、言われた場所に向かっている。
「ここだわ、ここにいるんだ…」有名企業が入居しているビルの前に来た。
そのビルに入り、エレベーターで高橋の元へと向かった。
エレベーターを降りると受付があり、そこで手続きをしていると、すぐに高橋が現れた。

 「これは、渡井さん。良くおいでになりました」低姿勢で案内し、その後ろを歩いていくと、応接
室に入っていく。
高橋は由美が入るなり「渡井さん、わかっていますよね?」尋ねる。
「はい、わかっています。でも、今は持ち合わせがありませんから…」呟くような声だ。

 「当然でしょうね。いくらメダリストでも、3億も持っているわけがないし。そこで、物は相談で
して…」
「相談と、おっしゃられますと?」
「3億を、帳消しにしてもいいんですよ。渡井さん次第ですが…」
「私、次第ですか?」

 「そうです、渡井さん次第です!」それだけ言うと、由美の首から手を入れた。
「な、何をするの、声を上げます!」
「ですから、渡井さん次第だと言ったでしょう?」高橋は手をゆるめず、なおも忍ばせて、ブラジャ
ーの中に手を入れた。
「柔らかいですね。それに、そんなには、大きくないですね…」

 「やめて、警察に訴えますよ!」
「かまいません。それより、利息と合わせて、3億3千万になりますが、当てがありますか?」それ
には黙ったままだ。
「ある訳けないですよね。ですから、これからは私の言う事を聞いて欲しいのですよ」

 「か、体が欲しいの。私の体が?」
「はい、その通りです。言うがままになる由美が。もし、承知するなら、帳消しだけでなく、専用の
リンクを作ってあげますよ」
「専用のリンクですか?」
「そうです、1年を通して出来るリンクです。日本初です」乳房を掴んだ手が、乳首を掴んだ。
                 tumblr_osp1j6HLlN1wosjpuo3_540.jpg

 「ダメ、そこは!」
「でも、やって欲しいんでしょう。こんなに、コリコリしてますよ」乳首を指先で転がしだした。
それには「うっ!」呻き声を上げて、体を反らせる。
「悪い話じゃないでしょう」
「約束できますか。それに、誰にも言わないって!」
「約束します。私は、約束を破った事は、一度もありませんよ!」首から手を抜いた。

 「セックスも、するんでしょう?」
「はい、勿論です。子供が出来たら、僕の子として育てます」ニヤリと笑い、スカートの中に手を入
れた。
「ダメ、そんなのダメ!」
「イヤですか、この条件が?」
「この手です。ダメなのは、この手です!」
「少し、楽しませてくださいよ。後始末で金もかかるんでしょう?」そう言われれば由美の力が抜け
た。
「そうですよ、それでいいんです…」高橋の指が、パンティを寄せて、直に淫裂を触りだした。

 「早い話が、それって、プロポーズですか?」
「いいえ、プロポーズは対等の時です。私はあなたをお金で買うんです。それに、あなたは、今まで
の事が出来ますよ」指を淫裂に入れた。
「私を買うなんて…」太股を震わせながら言う。
「悪い話ではないでしょう。住まいも一緒だし、生活に事欠く事もないし」
「か、考えさせてください…」

 「そうですね、じっくり考えた方がいいでしょう」やっと、スカートから手を退けた。
「いいですか、この事は秘密ですよ」
「わかっています…」由美は高橋に見送られて、ビルから出ると、選挙事務所に向かい、最後の挨拶
をすませた。
 
 その夜、由美は悩んでいた。
「お金で、私を買うなんて失礼よ。堂々とプロポーズすればいいのに。断りたいけど、返す当てもな
ければ、出演依頼も来なくなったし…」
立候補した事で、テレビ局も出演を差し控えている。
「このままでは飢え死にかも。それよりは、我慢して一緒になった方がいいのかな…」いろいろ思案
したが、なかなか結論がでない。

 その翌日、事務所の家賃請求書が届いた。
「100万か。今のままでは無理だわ。ここは、高橋さんの言う通りにした方がいいかも…」由美は
決断して、高橋の元へと向かった。
「考えが、まとまりましたか?」
「はい、高橋さんのお世話になるつもりです…」

 「そうですか、それが賢明です。早速、契約しましょう」
「契約ですか?」
「はい、後でもめるのはイヤですから。行きましょう」
「行くって、どこへ?」
「行けばわかります」由美は飲み込めないまま、高橋と一緒にビルを出て、千葉にある別荘へと向か
った
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。ネットでは官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
14位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索