赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「性母マリア伝説」第3話 再会  

 2人はシャワーを浴びていく。
「マリアさん!」竜一はマリアの乳房を揉んでいくと「だ、ダメよ。もうだめ!」マリアは拒む。
「でも、欲しい!」「だめ、ここでは絶対にだめ!」マリアは竜一の手を叩いた。
「わかりました。もうしません」すまなそうに言うとマリアは淫裂を丁寧に洗っていく。
マリアは「背中を洗ってあげるね」竜一の背中を石鹸で洗っていく。
「マリアさん、本当に処女を奪ってすみません…」
「いいのよ。気にしなくても」笑顔でマリアが答えた。

 2人はシャワーを浴びると再び衣服を脱いだミサ室に戻ってきた。
竜一は衣服を着込むと「僕はもう死ぬようなことしません。でも、マリアさんが妊娠していたら
僕の妻になって下さいね」念を押す。
「いいわよ。あなたの赤ちゃんができたらだけど!」笑いながらマリアが言う。
「僕、自信がでてきました」
「そうよ、そのいきよ。自信を持って!」コーヒーを入れながらマリアが言う。
2人は向かい合って話をしながらコーヒーを飲んでいく。
「それじゃ、また来ます。妊娠しているか確かめさせて下さい」
「ええ、またいらして。待ってるわ」竜一はコーヒーを飲み終えると修道院から出ていった。
元通りの静けさが戻ると「いい人だった。きっと幸せになれる人だわ」マリアはそう思った。
そして、家事をしていき、いつものように1人での生活が戻った。
 
 しかし、その夜はなかなか眠れなかった。
昼間の事が思い出され、なかなか眠れずにいる。
マリアの右手がいつしかパンティの中に入り、左手もブラジャーも持ち上げて乳房を掴んだ。
そして淫裂と乳房を弄くっている。
「お許し下さい。こんなマリアをお許し下さい…」マリアはブラジャーのホックを外し、パンテ
ィも脱いで全裸になってしまった。
そして、指で淫裂を撫でだし「い、いいわ…。気持ちいいわ…」淫汁が流れてくる。
また、もう片手が乳房を揉んでいき、淫裂の指はいつしか、膣の中に入っていく。
「あんー!」自分の指に喘ぎ声をあげ、乳首を摘んだりして快楽にひたっていく。
それは一晩続くられた。
 
 それから、半年後、竜一が再びマリアの修道院を訪れた。
しかし、1人ではなく「マリアさん、紹介するよ。舛田明美さんです」女性と一緒だ。
「初めまして、舛田明美です」
「神山マリアです。竜一さん、結婚なさったの?」
「ち、違います。まだ婚約中です」マリアの言葉に顔を赤らめる明美だった。
「そうですよ。まだ結婚もしてませんよ」
「そうなんだ。がっかりしたわ」マリはの顔が落胆した顔になっている。
「それより、マリアさんのお腹を見させて下さい。お願いします」
明美の言葉に驚くマリアだ。
「僕が全て話しました。マリアさんとセックスをしたことも…」
「そうなんだ。いいわよ」マリアは修道着を脱いで下着姿になった。
「ほら、あなたの子供はできてないわ。安心して明美さんと結婚なさったら」マリアの言葉に顔
を赤らめる明美だ。
「マリアさん。そこでお願いなんですが聞いてもらえますか」
「私ができることだったら!」
「実は、ここで結婚式を挙げたいのです」
思わぬ言葉に驚きを隠せないマリアだったが「いいけど、何もして上げれないわよ」
「ありがとうございます。それに、マリアさんに僕たちの愛の誓いを見て欲しいのです」
「明美さんはそれでいいの?」マリアが聞く。
「ええ、竜一さんが望むならかまいません。私からもお願いします。立ち合って下さい」顔を赤
らめ、俯く明美だった。
「わかったわ。喜んで立ち合う」下着姿のマリアが笑顔で答えた。
 
 「それじゃ、準備をしなくきゃ」マリアは修道着を着込んでいく。
「あのー、私も手伝います」
「僕も!」「悪いわね。じゃあ、手伝って!」マリアはミサ室に2人を連れていく。
「テーブルここに運んで、リビングにあるから」マリアは2人にいろいろと指示していく。
そしてどうにかミサ室も結婚式の準備もできあがった。
「あら、だいぶ綺麗になったわね。これなら大丈夫だわ」マリアは聖書と十字架を持ってきた。
「もう一つお願いがあるんですが聞いて下さい」
「いいわよ。何なの?」
「結婚式は隠さずにしたいのです」意味ありげに竜一が言う。
明美は真っ赤な顔で俯いて黙ったままで、マリアは意味が分からなかった。
「ここなら、隠し事はできないわよ」
「違うんです。つまり、裸で結婚式をあげたいのです。マリア様に僕たちの全てを見て欲しいの
です」
思わぬ言葉にうろたえるマリアだ。
(どうしよう。マリア様どうしらいいの?)マリアはマリア像に膝まつき十字を切った。
しばらくして立ち上がったマリアが「いいわ、ヌードの結婚式ね。私もヌードになるわ」
「ありがとうございます」竜一はマリアの手を掴んだが「あら、相手が違うでしょう。新婦は明
美さんでしょう」
「いけない、つい嬉しくて!」竜一は明美の手を掴んで嬉しそうな顔をしていた。
  

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/39-b1686a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top