赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「性母マリア伝説」第4話 全裸の結婚式    

  「結婚式の前にシャワーを浴びた方がいいわね。汚れた体じゃあはずかしいよ」
「そうよね。私も浴びようかしら」マリアの言葉に明美も賛成した。
「僕も浴びるよ」「じゃあ、3人で浴びましょう」3人は浴室に入っていく。
3人は石鹸で体を洗っていくと「明美、あれをしてくれないか」竜一が意味ありげに言う。
「恥ずかしい。見られたら笑われるし!」
「大丈夫だよ。僕もするから」
「そこまで言うなら、あなたのためにする…」明美は石鹸を泡立てて自分の絨毛に塗っていく。
マリアは怪訝な顔で見ているが、明美は恥ずかしそうな顔でカミソリを持って絨毛を剃りだした。
「明美さん!」マリアが叫ぶが「竜一さんが望むならこれくらい平気です」カミソリを持った手
が動いていく。
それに連れて。明美の恥丘の黒みが減っていき、絨毛に隠されていた明美の淫裂が現れてきた。
まだセックスの経験のない淫裂はピンクをしている。
 
 (恥ずかしい、見ないで!)明美は震える手で自分の絨毛の全てを剃った。
「綺麗だわ。明美さん!」ピンクの淫裂から飛び出している2枚の肉襞を掴んでマリアが言う。
「恥ずかしい」顔を赤らめると「大丈夫よ。私も剃るから!」マリアも明美同様に絨毛を剃って
いく。
マリアの淫裂も明美と同じくピンク色の肉襞2枚がはみ出している。
「マリアさんも綺麗よ」明美は肉襞を掴んで言う。
「ありがとう。明美さん!」2人はお互いの淫裂をなであっていく。
「僕のも剃ってくれよ」「いいわよ」明美は大きき勃起した竜一の肉竿を掴んで絨毛に石鹸を塗
り、カミソリで剃っていく。
「あら、男のチンポってこんな色なの?」初めて見る肉竿に明美が食い入るように見ている。
「私、こわいわ。こんな太いのが私のアソコに入るなんて!」
「大丈夫よ、明美さん。私だって平気だったんだから」
「そうよね、女は皆がそうしてるもんね!」明美はマリアと話しながら竜一の絨毛を剃った。
3人の股間は子供のようにピンクの地肌になっている。
「それじゃ、戻りましょう」3人はタオルで体を拭くとミサ室に戻ってきた。
 
 そして、結婚式が始まった。
3人は緊張した顔つきで立ち、マリアと明美の乳房が小刻みに震え乳首が大きく勃起していた。
また、竜一の肉竿も大きく勃起しており「竜一さん、あなたは明美さんを妻として愛を誓います
か?」
「はい、誓います」竜一はマリアの持った聖書に手を掛けて宣言する。
そのあと明美も聖書に手を掛けて竜一との愛を誓った。
「それではマリア様の前で愛を誓って下さい」マリアの言葉に明美と竜一はキスをしながら抱
き合っていく。
「明美!」「竜一さん!」2人は名前を呼び合いながら床に腰を降ろして、竜一は明美の乳房を
揉みながら乳首を吸う。
「あ、あー!」喘ぎ声をあげる明美は両手を竜一の背中に伸ばす。
(羨ましいわ。私もして欲しい!)マリアは立って見ている。
竜一は明美の淫裂に肉竿を入れようとしたが「こわい!」明美は脅えている。
「大丈夫よ。こわくないわよ」マリアはしゃがんで明美に口付けをする。
「マリアさん」明美はマリアの垂れ下がった乳房を掴んで揉んでいく。
(いいわ、気持ちいい。マリア様、私をお許し下さい!)乳房を揉まれながら口付けしている。
 
 竜一は一気に腰を突きだして肉竿で明美の膣深くまで突いたが、明美の淫裂から処女喪失の印
が流れ出した。
「痛くない!」明美は喪失したにも関わらず痛みを感じなかった。
(明美さん、マリアさんの膣をなでてあげて…)
「何か言った?」明美はマリアに尋ねた。
「何も言わないわよ!」明美は不思議だった。
(もしかして?)竜一から聞いた話を思い出し、手を伸ばしてマリアの淫裂を撫でていく。
「明美さん!」マリアの淫裂から淫汁が流れている。
明美は指をマリアの膣の中に入れていく。
「い、いいわ。感じるわ!」
「私も気持ちいいわ。竜一さん、もっと突いて!」
「僕も気持ちいいんだ。不思議なくらいに燃えているんだ」ピストンが速まっていく。
明美は処女を失ったばかりだったが淫裂から淫汁が流れている。
マリアも明美の指で膣から淫汁を垂らしている。
 
 (竜一さん、明美さんは良い子よ。幸せになってね…)竜一には聞き覚えのある声だった。
(はい、必ず幸せにしてあげます!)心で誰かに誓った。
(安心したわ。私から結婚祝いに明美さんに予知能力を授けます。でも悪いことに使ったら不幸
になりますからね…)竜一には能力の使い方を体験していた。
マリアの淫裂で充分味わされたからだ。
(試して良いですか?)
(いいわよ…)竜一は心の中で思った。
(僕たちは不幸になる!)そのとたん、明美の淫裂が竜一の肉竿をちぎれるくらい締め付けた。
「い、痛い!」悲鳴をあげながらも(必ず幸せになれる!)すると一瞬に明美の淫裂が緩んで淫
汁がドンドン流れてくる。
(ありがとうございます。ところであなたは誰ですか?)
(それは言えません。ただあなた達の幸せを願うものです…)
(わかりました。これ以上詮索しません!)竜一はピストンを激しくしていく。
 
 「でそうだ。でる、でる!」竜一は頂点に登りつめていた。
そして、動きを止めて腰を明美に密着させると同時に明美の淫裂から白い精液が流れ出た。
「竜一さん、暖かい。これが精液なのね」膣の中に暖かい液体を感じている。
「シャワーを浴びてきたら?」
「その方が良い見たいね。あなた、マリアさんにもしてあげて。寂しそうよ」
「わかった、マリアさん、いくよ!」
「ええ、して、一杯して!」マリアは四つん這いになってお尻を差し出した。
竜一はタオルで汚れた肉竿を拭いてマリアの腰を両手で押さえながら淫裂に挿入していく。
「あん、あん!」髪の毛を振り乱しながら悶えていく。
(出してもいいのかな?)
(だめよ。中に出してはだめ。出していいのは明美さんだけよ。忘れないでね…)
(わかりました。絶対に明美以外の女性には射精はしません)竜一はピストンを早めていく。
(だめだ。このままだとでちゃう)竜一は一旦肉竿を抜いた。
それと同時に白い液をマリアの背中に噴射していく。
マリアも淫裂から淫汁を太股まで垂らしていた。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/40-e9feb54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top