赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「性母マリア伝説」第5話 成功への道  

  シャワーを浴びた明美が戻ってきた。
「ぼく、もうだめ。休ませて!」
「じゃ、マリアさんと楽しんでいい?」
「いいよ。見させて!」明美は仰向けになって「ハー、ハー!」と息をしているマリアに覆いか
ぶさりて乳房を掴んだ。
「明美さん!」マリアは拒まなかった。
明美は自分の乳房をマリアの口元に近づけ「小さいオッパイだけど・・」言う。
「小さく何かないわよ。自信を持って!」マリアは明美の小振りな乳房を揉みながら乳首を吸う。
「あ、あん。マリアさん!」悶え声をあげながらも明美はマリアの乳房を揉んでいる。
その後も、竜一と明美の2人は夜遅くまでマリア像が置かれたミサ室で愛し合った。
 
 翌朝、マリアは明美の料理を作る音で目が覚めた。
マリアは急いで衣服を着込んで音のするチッキンに向かっかう。
「おはようございます」
「おはよう。でもお客がこんな事しきゃだめよ」
「でも、やらせて下さい。お願いです」
「仕方ないわね。でも旦那様はどうしたの?」
「疲れて寝てます」
「あれからも愛し合ったの?」
「はい、2回も!」顔を赤らめて答える明美だ。
「幸せでしょう?」「はい!」素直に返事をする明美に「あら、ごちそうさま!」マリアも嬉し
かった。
それは、自分が助けた竜一幸せを掴んだからだ。
「おはよう」竜一も起きてきた。
「ほら、旦那の世話をしないとだめよ」マリアは明美を竜一の所に追いやり料理を作っていく。
できた料理をマリアはテーブルに運んでいく。
「できたわよ」明美と竜一が現れ「それじゃ、頂きましょう」3人は朝食を食べていく。
「マリアさん。子供ができたらまた来て良いですか?」
「勿論歓迎よ。必ずきてね」それは本心からだ。
朝食を食べ終えると明美と竜一は修道院から出て行き、修道院に1人残されたマリアは普段の生
活に戻っている。
 
 一方の明美と竜一は新婚生活を始めた。
毎晩2人は愛し合い「明美!」「あなた!」口付けから始まって乳房を揉んでいく。
「あ、あん、あん!」明美は喘ぎ声をあげ、堅くなった肉竿を明美の淫裂に挿入していく。
「いいわ、あなた」明美は足を開いて竜一を迎え入れ「いくよ」ピストンが始まった。
その時に修道院の事を思い出した。
(予知してみよう!)竜一はこれから何をしたらいいか考え(情報関係の仕事で成功する!)と
心に言い聞かせた。
すると「あん、あん、あん!」明美が体を反らせながら悶え、淫裂から淫汁が溢れてシーツまで
濡らしていく。
 
 「そうか、情報処理か。でもどんな仕事があるのかな?」いろいろ考えた。
(ゲームソフトで成功!)そのとたんに、肉竿がちぎれるくらい淫裂が締まっていく。
「い、痛い!」悲鳴をあげ(インターネットで成功する!)一瞬にして淫裂が緩んで再び明美が
淫汁を出していく。
(そうか、インターネットか。そう言えばアメリカではインターネットで株の売買をやっている
そうだが、ひょうとしたら?)竜一はふと考えた。
そして(インターネットで株の売買をする会社を作って成功する!)と心に言い聞かせた。
「あ、あ、ああー!」明美は体をエビのように反らせ、激しく腰を動かして自分から肉竿を欲し
がってきた。
淫裂から淫汁がオシッコのように流れてシーツがビッショリ濡れている。
「そうか、株をインターネットで売買するのか!」竜一はピストンを早めていく。
明美の淫裂もそれを欲しがっている。
「もう、限界だ。でる、でる!」
「だめ、もっと、もっとして!」明美の淫汁で竜一の肉竿はベットリと濡れている。
 
 (仕事のことを忘れよう!)それと同時に射精をしていく。
明美の動きもおさまり、2人は沈黙していたが、明美が泣き出した。
「どうしたんだ?」
「私が嫌いになったでしょう。私、淫乱よ。それに、こんなにシーツを濡らしているし」
「それでか?」
「そればかりか、体が勝手に動くの。竜一さんのチンポが膣に入ったら突然に動くの」
「それは、僕のチンポが明美との相性が最高に良い証拠だよ。淫乱じゃないよ」竜一は明美を抱
きしめる。
「本当に、淫乱じゃないわよね」
「ああ、淫乱じゃないよ」竜一は本当のことを言おうかと迷ったが明美言わない事にした。
 
 その次の日から竜一は証券業務について勉強を始めた。
インターネットは本来からの仕事だからすんなりと入れたが、証券の取り扱いがわからなかった
からだ。
大手の証券会社を回っている内に会社に不満を持って退社した青年と出会い、竜一はその青年と
話をしている内に意気投合して役員として迎えて会社を設立した。
会社は倒産した証券会社の支店を買い取り、そこの大型コンピューターを使って営業を始めた。
この事は新聞、テレビ、雑誌が取り上げて良い宣伝になり、また、インターネットでも宣伝した
せいで会員の申し込みが殺到し、株の売買量は準大手証券にもひけを取らない。
2人が始めた会社は見る見るうちに大きくなって売買手数料が数億円までにもなっている。
しかし、竜一はおごることなく次の事業を考えていく。
そして、今夜も明美を相手に抱き合っている。
ピストンをしながら竜一が思い込むと「あん、あん、あん!」明美の淫裂は淫汁を出したり、肉
竿を絞めたりと繰り返していた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/41-fd94a134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top