赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「性母マリア伝説」第7話 二つの修道院  

  それから1年後、竜一の仕事も順調に進んでいく。
会社も大きくなって行き、竜一が1人で動かせるような事には行かなくなっていった。
「潮時だな!」竜一は明美と相談し「あなたが望むならやめてもいいわよ。私、あなたに付いて
行く」
「ありがとう。実はもう決めたんだが・・」竜一は明美にこれからのことを話していく。
「賛成。私も気になっていたし」
「本当か、じゃ、いいんだね」竜一は明美に抱きついた。

 翌日、竜一は会社の重役を前に引退を発表した。
それは新聞各社の記者も駆け付けて質問責めにあい、竜一はこれまでの経過を記者達に説明して
いた。
そして「ここまでこれたのはあの修道院で結婚式を挙げたからです。それ依頼、運が開け、つき
捲り現在に至りました」
「それで、北海道にお住まいになるんですか?」
「はい、あの近くの農園を買いましたのでそこで過ごします」この話はマスコミを通じて一斉に
報道された。
竜一夫婦はマスコミも取材や会社の関係者など気にせずに、早速引っ越した。
「ここが、新しい住まいね」子供を連れた明美は改修したばかりの家の前に立った。
「そうだ。ここから再出発だ」一通り、荷物を整理してから家族は修道院に向かった。
そこはこの前と何も変わっていなかった。
「マリアさん!」竜一が声を掛けると「あら、お久しぶりね」マリアが子供を抱いて出てきた。
 
 「これが子供なの?」「そうよ。私とマリア様の子よ!」「お名前は?」明美が連れている2
才の子が言う。
「エミリというの」
「ふーん。エミちゃんだ」
「そうよ。エミリの友達になってね」マリアが笑顔で言う。
「出生届けはどうなさったんですか?」
「私の養子としたの。可愛そうだけど捨て子として届けて養子として育てているの」
「1人で大丈夫ですか?」
「平気よ。皆がそうしてきたんだから」明るい顔でマリアが答えた。

 竜一達が話していると、1台の車が停まって若い2人が降りてきた。
「やっぱりここだ。ほら榊原さんもいるし!」
「あなた達、何者なの?」明美が聞き返すと「実はここで結婚式を挙げたいんです。榊原さんは
ここで結婚式を挙げて幸せを掴んだでしょう」
「ええ、そうだけど、それはあなた達の考えしだいよ」
「わかってます。でも、ここからスタートしたいんです」
「でも、本当に質素ですよ。いいんですか?」子供を抱いたマリアが答えた。
「いいです。ここであげたいんです。ここが出発点ですから」
「じゃ、中に入って!」マリアと若いアベックが修道院の中に入っていく。
その間、子供を明美が預かっていたが、また1台車が停まってアベックが降りてきた。
「ここだわ。この修道院よ」
「あなた達はどうしてここに?」
「ここで結婚式を挙げたいのよ。榊原さんでしょう?」
「ええ、そうだけど」
「じゃあ、私達の気持ちもわかって!」
「でも、あなた達の気持ち次第ですよ」
「それはわかってます」明美は前と同じ事を言う。
 
 このようにして修道院には結婚式を挙げたいアベックが押し寄せ、それを町が見逃す訳がない。
観光協会は寄付を申し入れて修道院を建て直すように薦める。
「このままでいいのよ!」マリアは断ったが教会上層部の決断で、改修が決まってしまった。
落胆するマリアと明美だった。
「マリアさん。私、悔しい!」「私だって悔しい!」明美とマリアが泣き出した。
(マリアさん、明美さん、泣かなくても良いわよ。また別なところに引っ越しましょう…)あの
声がまたした。
その声に「お願いです。私の農場に引っ越してきて下さい!」明美は叫んだ。
「そうだよ。僕の農場に修道院を作れば良いんじゃないか」竜一にも聞こえて言う。
(ありがとう。そうさせてもらうわ。マリアさん決まりましたね…)
(ええ、私もそのほうがいいと思う)マリアにも聞こえた。
 
 翌日から、広い農場の片隅で修道院の建設が始まった。
小さな町に観光協会と竜一の二つの修道院が作られていく。
その間、マリアは竜一の家ですごしている。
そして、竜一の寄進した修道院が落成した日の夜、あの時のように3人はマリア像の前で全裸に
なって抱き合っていく。
「あん、あん!」マリアの上に明美が覆い被さってマリアの乳房を揉みながら乳首を吸っている。
竜一はその明美の腰をしっかり押さえながら淫裂に肉竿を挿入してピストンをしていく。
(良いわ、感じるわ。あなた!)明美の淫裂からは淫汁がビッショリと垂れていた。
(竜一さん、修道院ありがとう。お礼として明美さんに能力を授けます…)また、あの声がする。
(能力って何ですか?)竜一は不思議に思って思いこむ。
(それは、あなた達が窮地に立ったときにわかります…)と返ってきた。
 
 翌朝から修道院でマリアが切り盛りし明美も手伝いをしている。
その一方で観光協会と上部で建てた修道院も落成して結婚式が行われていた。
それは派手に行われ、教会の一部から批判が上がったが、金が欲しい教会上部は黙認している。
マリアの修道院は質素で本来の修行を目的とするためには最適だが、あまり訪れる人はいない。
しかし、竜一と明美の夫婦は毎月一回、マリア像の前で全裸になって抱き合っている。
マリアが仰向けになり、明美が上に乗り、その明美を竜一が後ろから肉竿を淫裂に挿入していく。
明美の垂れ下がった乳房をマリアが揉み、それは繰り返し行われた。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/43-0860e52f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top