FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「辱めの女子大生」第11話 二組の旅立ち(最終話)

第11話 二組の旅立ち

 翌日も庄司が訪れ、和美と瑞穂は再び縛り上げられていく。
「イヤ。お父さんとは、イヤー!」「許して。和美とは、許してあげて!」昨日と同じく、和美は父親である、庄司の肉竿で突かれていく。
瑞穂も中山の肉竿で突かれ、2人の膣奥には精液が送り込まれた。

 それが済むと、手形を受け取り庄司が帰っていく。
しかし、今日は昨日と違っている。
「今日から、お風呂はダメよ。そのままだからね」
「イヤ、イヤです、赤ちゃんが、お父さんの赤ちゃんが!」泣き出す和美だが、容赦はしなかった。

 翌日も「いや、いやー!」悲鳴を上げる和美と瑞穂の淫裂深く、精液が噴射された。
こうして、1週間が過ぎ、和美と瑞穂は帰った。

 「伸吾さん、これからどうするの?」
「俺か、親父の後を注ぐ修行をするよ」
「それはわかっている。代償に女性を抱くの?」
「イヤか、俺が女を抱くのは?」

 「当然です。女は私独りにして下さい」
「だったら、素っ裸で迎えられるか。俺のために?」
「ヌードで済むなら、やります。それにエッチな姿にもなります…」
「わかった。それなら、もう女は求めない」中山は仕事で会社に向かった。

 昼過ぎになると「さてと、あれはどこで売っているのかしら?」家事を済ますと、町に出て、何かを探している。
「あそこで、聞いてみるか!」恥ずかしさを堪えて、ポルノショップに入っていく。
「こんなのが、欲しいのですが…」

 「ああ、これですか。セットにしますか、単品にしますか?」
「セットで下さい。このカタログ全てです」
「わかりました。暫くお待ち下さい」店員はショーウインドーから取り出し、袋に詰め込んでいく。
「お待たせしました」店員が渡すと、代金を払い、別宅に戻ってきた。

 「これで、喜んで貰えるかしら?」袋を開けて中身を確かめていく。
「でも、恥ずかしいわ。これを着込むなんて!」顔を赤らめ時計を見ると、もう、中山の帰る時間が迫っている。
「時間がないわ、急がないと!」着ている服を脱いで全裸になった。
「これを着るんだ」買い込んだのを身につけていく。

 暫くして「只今!」中山が帰ってきた。
「た、助けてください!」由紀はわざと悲鳴を上げ、中山が駆け寄ると「ゆ、由紀!」由紀は体に鎖を巻き付け、両手に手錠を付けている。
さらに、乳房の飛び出たレザーのブラジャーを着け、下半身もレザーのベルトを巻き付け、股間が丸出しになっていた。

 「由紀、やらせろ。思いっきりやらせろ!」
「いや、いやー!」(オチンチンが膨らんでいる、カチカチだ!)中山は一気に服を脱ぎ、絨毯に由紀を押し倒して、乳房を鷲掴みしていく。
「許して、もう許して!」わざと手錠を見せた。
「由紀、由紀!」中山の肉竿が由紀の淫裂を貫きだした。

 (オチンチンが入って、膣を擦っていく…)中山は腰を動かしていく。
「だめ。いやです。やめて!」乳首も吸われながら悲鳴を上げた。
由紀の悲鳴で、中山は一気にクライマックスを迎え「うー!」(暖かいわ、暖かい。子宮の中が暖かい…)精液が膣奥に漂っている。

 「よかったよ、由紀…」放出を終えると肉竿が抜かれた。
「お願い、お風呂に行かせて!」
「ダメだ、今日からはそのままだ」
「イヤよ、できるわ。間違いなく出来るわよ!」泣き顔になっている。

 「それでいいんだ。由紀!」立ち上がろうとする由紀を押し倒し、乳房に顔を埋めていく。
「一番危ない日よ。赤ちゃんが、赤ちゃんができちゃう!」悲鳴を上げるが、それでも膣の中を洗うことを許されなかった。

 それは次の日も行われている。
「許して、もう許して!」由紀が買った鎖を乳房に巻き付け、後ろ手にされて手錠が掛けられている。
                 2f4bebe9.jpg

「ヒー!」頭を絨毯につけ、背後から中山の肉竿で突き刺されていく。

 「ダメ、お腹の中はダメ。危険日よ!」叫ぶが、腰を振り続けている。
「由紀、いいよ、気持ちいいよ!」今日も由紀の膣奥に噴射した。
(できるわ。間違いなく、できる!)由紀の淫裂から、ポタポタと精液が流れていく。
それが、毎日のように繰り返された。

 それから半年後、中山と由紀の結婚式が行われ、財界、政界から御曹司の結婚を祝い、祝福が相次いでいる。
ウエディングドレスを着込んだ由紀は、お腹が膨らみが目立っている。
2人が結婚式を終え、新婚旅行に飛び立つと同時に、あの榊原家でも旅立ちがあった。

 庄司は中山の融資を受けて、会社は危機を乗り切り、経営は安定している。
しかし、和美と瑞穂が妊娠していた。
「そ、そんなー!」それを知った、和美と瑞穂は泣き出し、悩んだ末に、中絶をして芽生えた命を絶った。
それは許される範囲である。

 家族は成田から飛行機に乗り込み、聞き慣れない国に旅たとうとしている。
由紀と中山の乗ったジェット機は、家族や友人の盛大な見送りを受けて、飛び立っていく。
それとは、正反対に和美の家族が乗ったジェット機は、誰の見送りもなく離陸した。
飛び立つ飛行機の窓から見ている和美は(戻らない…。もう、日本には戻らない…)心に誓っていた。

                                   ー完ー
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/432-0fbccdd3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん