FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「ある人妻の体験」第8話 折檻

第8話 折檻

 「それでは、始めますか?」真也は恵子の両手を後ろ回し、部屋にあるロープで縛り付けていく。
それを、見習うかのように、俊夫も美智を後ろ手にしてロープで縛り上げると「いや、許して!」「お願い許して!」両手の自由を奪われた美智と恵子は悲鳴をあげた。

 「次へ、行きますよ!」真也と俊夫は、恵子を抱き上げて部屋の中に置かれた、三角木馬に乗せた。
「ひー。許してー!」恵子の淫裂に、三角形の尖った木材が食い込んでいく。
「こっちもだ!」今度は、美智が恵子と向かい合って乗せられ「いや。許してー!」美智の淫裂にも、三角の木材が食い込んでいく。

 「俺がいない間に、何回セックスしたんだ?」真也は恵子に尋ねたが、俯いたまま答えない。
「言わないなら、こうだ!」真也は恵子の右乳首にクリップを付けた。
「ヒ~。痛いから取って!」痛さに悲鳴を上げるが「もう、一個だ!」左乳首にもクリップを付けた。

 「二人とセックスしました…。あなた、もうしませんから、許して下さい!」
それを聞いた俊夫も「お前は、何回した?」と美智の右乳首にクリップを付けた。
「痛い~。二人としました…。もう、しませんから許して!」
「二人か。それじゃ、こっちもだ!」俊夫は左乳首にもクリップを付け「ぎゃー!」美智の悲鳴が部屋に響いていく。
クリップ


 やがて、三角木馬がクリトリスを突き刺して、美智と恵子は淫裂が裂ける痛さを感じていく。
「あなた、許して下さい…」恵子と美智は泣きだした。

 (もういいか。許してやるか…)「これからは、どんなこともすると誓うか?」
「はい、誓います」恵子が誓うと「私も何でもします。誓います!」美智も誓った。
「いいか。誓いを忘れるなよ!」真也と俊夫は(うまくいきましたね)(これで、お互いに、楽しめますよ)美智と恵子を三角木馬から降ろしたが恵子と美智の股間を赤い筋が走っている。

 「さてと、今度は、相手をして貰うよ」
「お願いです。その前に、乳首のクリップを外して下さい…」美智と恵子の乳首からクリップが外されたが、両手のロープは解かれない。

 美智と恵子は、両手を縛られたまま、ベッドの端に足を垂らして、仰向けに、並んで寝かされた。
「いきますか?」「いきましょう」真也と俊夫は衣服を脱ぎだし、そして、全裸になると、股間の肉竿がそそり立っている。

 真也と俊夫が、自分の妻の淫裂に肉竿を挿入すると「あ、あー!」「あ、あん!」久しぶりの、夫の肉竿に肉竿に悶えていく。
「どうだ、気持ちいいか?」「いいわ、あなた…」二人の淫裂からは、淫汁が流れて「クシュ、クシュ!」と音が出ている。

 やがて、ピストンが激しくなり「あん、あん!」美智と恵子も登りつめていく。
夫の二人は、乳房を掴んで、激しく腰を動かし続け(いいわ、あなた。今日ならきっと、妊娠できるわ…)まだ、子供のない二人は、今日が一番の危険日だった。

 そして、真也と俊夫は淫裂深く射精をし(あなた、出したのね。暖かい…)淫裂から白い精液がこぼれていく。
「口で、綺麗にするんだ!」美智と恵子はベッドから起こされ、床に座らされると、美智と恵子は口を肉竿に近づけた。

 「こら、相手が違うぞ!」
「?」美智と恵子は、意味がわからなかったが、俊夫と真也が入れ替わった。
「あなた、許して!」「ひどいわ。これもバツなの?」恵子と美智の顔が、引き吊っている。

 夫の前で、他人の肉竿を、口に咥えた姿を見せなければならない。
「ほら、やるんだ!」真也と俊夫は、頭を押さえて口に肉竿を押しつけた。
(あなた、許して~!)美智と恵子は夫以外の肉竿を口の中に迎えている。

 「いくぞ!」二人は口を淫裂代わりにし、肉竿のピストンを始めた。
(いやー。やめて!)しかし、肉竿の動きが激しくなっていく。
「でる、でそうです!」「私もです!」二人は登りつめていく。
(出さないで。お願いです!)肉竿を咥えながら、そう願う美智と恵子だ。

 やがて、口の中に暖かい液体が漂いだし(出された…)(射精された…)涎のように、口から白い液体が垂れている。
夫の前で、口に射精されたショックで、放心状態になっている二人だ。

 (可愛そうだが、バツを受けて貰わないと…)
今までの鬱憤を晴らすかのように、真也と俊夫は「いつまでそうしてるんだ。今度は四つん這いになるんだ!」

 「いや、許して。もう絶対にしませんから!」泣きながら拒んだ。
しかし、容赦なく、後ろ手に縛られたまま、お尻を突き出した格好をさせられた美智と恵子は、淫裂からも、精液が垂れている。

 「それでは、奥さんをいただきます!」「いや、こちらこそ!」俊夫と真也は薬を飲んだせいか、肉竿がまだ勃起している。
「あなた。許して!」「いやー!」美智と恵子は、隣に住む友人の夫に抱かれるのは屈辱で、フェラどころか、肉体までも汚されようとしている。

 真也と俊夫は、腰を両手で押さえ、淫裂に肉竿を挿入していく。
「あなた。ご免なさい!」「やめて。もう、しません!」二人は悲鳴をあげるが、肉竿は根本まで入り込んでしまい、ピストンが始まった。

 「こんなにオ○ンコ締まりが良くて、荻島さんは、毎晩楽しいでしょう?」
「そちらこそ。広末さんの奥さん、凄いですね。チンポの締め付けが凄いですよ」
お互いに、妻に聞こえるようにわざと大きな声で言い、美智は大粒の涙を流し、恵子は堪えきれずに、声をあげて泣きだした。

 「おや、仕方ありませんね。交代しますか…」
「そうですね。こんなに泣かれちゃ、いやですから」
真也と俊夫は、相手を変えて、自分の妻の腰を押さえて、肉竿を挿入すると「あ、あ、あ~!」美智と恵子は、夫の肉竿が入り込むと安心したのか、悶え声をあげている。

 真也と俊夫は、激しく肉竿をピストンすると「いくわ。いく!」「あなた、いかせて!」それに合わせて「いく、いく!」真也と俊夫は痙攣が始まった。
美智と恵子は、膣の中に再び暖かい液体を迎えて(あなた、許して下さい。もう二度としません…)あれが、夫の仕組んだ事と知らず泣いている。
そして、この夜に、美智と恵子の体内に新しい命が宿った。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/441-1f26580d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん