赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「全裸のアタッカー」第1話 女子寮  

  「いいな、今度こそ優勝しないと廃部だぞ!」体育館に監督の声が響いている。
「はい、必ず優勝して名門チームを守ります」キャプテンの声が響き、その声に部員達も頷いた。
「そうだ、その心がけだ!」監督とコーチはボールを選手達にトスしていく。
「えい!」選手達は次々とジャンプし、ネットの上から投げかけられたボールをコートめがけて
スパイクしていく。
選手達は日川電気のバレーボール部員だ。
この5月から始まった選手権大会に優勝をかけて練習している。
選手権は俗に「Vリーグ」とも呼ばれており、日川電気は過去、オリンピックや国際大会に代表
を送り輝かしい実績を持っていた。
しかし、前監督が会社との折り合いが悪く、解任されたのをきっかけにして次第に弱体化して優
勝はおろか、選手権に出るのが精一杯だ。
「いいな、絶対優勝だ!」会社の幹部達が檄を飛ばすが部員達の志気は低く、優勝は無理だと皆
が思っていた。
(どうせ、今度で終わりだろうし、次の会社を捜さないと)部員達はそんな考えで話を聞いている。 
 
 それは、日川電気は最近の経営が思わしくなくバレーボール部の廃部をトップで囁かれていたからだ。
かって、電気業界はNEDや南芝などがバレーボールで企業イメージを上げていたが不況の今、
次々と廃部されていく。
「今度は内の番よ」そんな噂が部員の間に囁かれている。
「まだ廃部が決まった訳じゃないわよ」キャプテンの康子が部員を注意して「すみませんでした」
「わかればいいの、とにかく勝たないことには始まらないわ」再び練習に集中していく部員だった。
「ビシー!」ボールの叩かれた音が体育館に響いていき、練習は3時間ほどで終わった。
「シャワーを浴びましょうよ」康子の言葉で部員達は一斉にシャワー室に走ってく。
「ふー、こんなに汗をかいて」汗で濡れたユニフォームが脱がされ下着姿になっている。
部員達は激しく動くので背中でクロスしたスポーツブラジャーをしており、そのブラジャーも脱
いで上半身を丸出しにしている。
「歌子、相変わらずオッパイが膨らまないね」
「大きなお世話よ。信子だって、こんなに小さいじゃないのよ」歌子は信子の乳房を両手で掴んだ。
「あ、あ、あー!」思わぬ行為に信子は目を閉じて歌子のされるがままだ。
「信子、早く私のと比較してよ」
「わ、わかったわ」信子も歌子の乳房を掴んだ。
「あ、あ、あー!」狭いシャワー室に2人の喘ぎ声が響いてしまった。
 
 「だめよ、信子に歌子。やるんだったら夜しなさい、今はシャワーよ」康子は言いながらパン
ティを脱いでいく。
「キャプテン、ヘアが黒くて、多いんですね」
「ええ、多くて困っているの、水着だと、きっとはみでちゃうわ」
「手入れし手上げましょうか?」
「ええ、お願いするわ」康子は足を開き立ったままだ。
「危ないですから動かないで下さいね」康子の絨毛にカミソリが当てられ「ジョリ、ジョリ!」
群からはみ出た絨毛が綺麗に剃られていく。
「凄いわ、性器ギリギリに剃るのね」康子を取り囲む部員達は膣の中が熱くなり蜜が溢れていた。
(ち、膣が濡れていく!)恥ずかしそうにシャワーで膣を洗っていく。
皆が一緒にシャワーを浴びると当然に肌と肌が触れ合っている。
「あ、あー!」部員達はわざと乳房とお尻を触っていた。
「今夜いいかしら?」
「いいわよ。私、激しいからね」
「私も激しくするから」部員達は次々と夜の相手が決まっていく。

 シャワーを浴びると用意しておいた下着を着ていくと「あら、エッチ系ね、黒だなんて」
「いいでしょう、オッパイがうっすら透けて」
「ねえ、これどこで買ったのよ、教えて」
「いいわよ、その代わりさせてね」黒いブラジャーをした歌子は康子の乳房を掴んだ。
「だめ、そんな事されたら、燃えちゃうわよ」歌子は両乳首を摘んでいた。
「歌子、私とも忘れないでよ」信子も心配になり歌子の股間を触っていく。
「わかったわよ。夜よ、そこは夜にしましょう」歌子は康子の乳首を放して信子の手を押さえた。
「わかったから、信子!」やっと信子の手が股間から退けられた。
「ほら、パンティを履かないと。いつまで丸だししてるのよ」見ていた部員から声があがる。
「わかったわよ」歌子達もパンティを履き、スカートを履いていくとそれは普通の女性の姿だ。 

 シャワーを浴びると体育館から寮に向かう。
寮は女子バレーボール部員用に作られたもので一般社員用とは違って個室の上に設備が整っていた。
「とにかく、ご飯よ。お腹空いたし」部員は一旦自分の部屋に戻り、濡れたユニホームを洗濯し
てから食事をすませていく。
「信子、お風呂に入ろうよ」食事をすませた歌子は信子を誘う。
「いいわよ、いこうか!」2人はホールから出て浴室に向かう。
それに刺激されたか「キャプテン、背中を流させて!」美雪が言い出す。
「美雪、どういう風の回しなの。珍しいわね」
「いいでしょう、キャプテン」美雪は康子の体をさすっていく。
「わかったわよ。一緒に入るから」
「よかった!」康子と美雪もホールから出て浴室に向かった。
 
 そのころ、康子と美雪は浴室に入っていて「あん、あん!」脱衣場に入ると浴槽から悶え声が
聞こえてきた。
(歌子さんと信子さんだわ)顔を赤らめながら着ている服を脱いでいくと「キャプテン、私にさ
せて!」ブラジャーを外そうとした康子の手が美雪によって押さえられた。
「恥ずかしいわよ、そんなこと」
「やらせて下さい、お願いですから!」美雪は自分の胸を押しつけ背中のホックを外した。
それと同時に小振りな乳房がカップから飛び出し「キャプテンのオッパイが可愛い!」ブラジャ
ーを肩からずらして脱がせていく。
(恥ずかしいわよ、こんな事は…)顔が上気し、呼吸も速まっていた。
(キャプテン、興奮している。だったらこうよ)美雪はブラジャーを脱衣かごに入れると恥ずか
しそうに腕をクロスして乳房を隠している康子のパンティに手を掛けた。
「恥ずかしいのよ。性器をまともに見られると」
「平気ですよ、私だって同じ持ち物ですから」ゴムを両手で掴み下げていく。
(見えてきた、キャプテンの性器が!)康子の股間を覆っていた布が裏返しになり、真っ黒な絨
毛に覆われた股間が美雪に見られている。
「恥ずかしいわ、見ないで、そこを!」目を閉じ、乳房を覆っていた手で股間を隠していく。
(乳首が立っているわ。堅そうな乳首!)

 美雪はパンティを足首まで下げ「脱いで下さい」「わかったわよ」康子は股間を手のひらで覆
いながら足を上げていく。
(残念だわ、膣の中が見れると思ったのに!)美雪は温もりの残った康子のパンティを脱衣かご
に入れ、いきなり無防備の両乳房を掴み乳首を吸った。
「だめ、だめよ。そんなことだめよ!」呼吸が激しくなっていく。
(か、感じていく。気持いい!)唇がパクパク動いている。
(性器も触らないといけない…)右手が康子の手入れされた絨毛を撫でながら淫裂を捜している。
「だめ、指を入れたら破けてしまうからだめよ」目を閉じ、うわずった声だ。
だが(入れて欲しいの、指でして欲しい!)康子は男性とは未経験だった。
だからバージンを指で失いたくなかったが美雪の指を望んでいる。
そんな思いを知ってか、知らずか美雪は指を淫裂に入れていく。
「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげる康子だ。
(だめだわ、このままだと変になってしまう。後でしないと…)康子は「後でしましょう、お風
呂からあがってからにしましょう」やっと言えた。
「わかりました。キャプテン、私のストリップを見て下さいね」美雪は焦らすかのようにゆっく
り服を脱ぎだした。
下着姿になるとパンティのゴムを指で伸ばし、康子に見えるようにしてゆっくり下げていく。
(少ないのね、ヘアが!)美雪の股間が康子の目に入っている。
「私の性器を見て下さい、キャプテン!」美雪はパンティを足首まで下げると両手で淫裂を広げていく。
「み、見えるわ、ピンクで綺麗な性器よ…」顔が更に上気していく康子だ。

アダルトブログランキングへadaltplog

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/45-e8db0ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top