fc2ブログ

「全裸のアタッカー」第1話 女子寮

おことわり
  得点ルールが現在とは違ってますので、ご承知下さい。
登場人物(主な登場人物)
   
  大林歌子:元日川電気エースアタッカー  山田孝夫:キャニオン オーナー
  三谷信子:  〃    セッター    河合淑子:  〃   監督
  福田康子:  〃    キャプテン   桜井雪江:  〃  キャプテン
  中島美雪:  〃     新人     岡林真理:  〃  新人

第1話 女子寮

 「いいな、今度こそ優勝しないと廃部だぞ!」体育館に監督の声が響いている。
「はい、必ず優勝して名門チームを守ります」キャプテンの声が響き、その声に部員達も頷いた。
「そうだ、その心がけだ!」監督とコーチはボールを選手達にトスしていく。
「えい!」選手達は次々とジャンプし、ネットの上から投げかけられたボールをコートめがけてスパイクしていく。

 選手達は日川電気のバレーボール部員だ。
この5月から始まった、選手権大会に優勝をかけて練習していた。
選手権は俗に「Vリーグ」とも呼ばれており、日川電気は過去、オリンピックや国際大会に代表を送り、輝かしい実績を持っている。
しかし、前監督が会社との折り合いが悪く、解任されたのをきっかけにして、次第に弱体化して優勝はおろか、選手権に出るのが精一杯だ。

 「いいな、絶対優勝だ!」会社の幹部達が檄を飛ばすが、部員達の志気は低く、優勝は無理だと皆が思っていた。
(どうせ、今度で終わりだろうし、次の会社を捜さないと…)部員達は、そんな考えで話を聞いている。 
 
 それは、日川電気は最近の経営が思わしくなく、バレーボール部の廃部をトップで囁かれていたからだ。
かって、電気業界は、NEDや南芝などが、バレーボールで企業イメージを上げいたが、不況の今、次々と廃部されていた。

 「今度は、内の番よ」そんな噂が、部員の間に囁かれている。
「まだ、廃部が決まった訳じゃないわよ」キャプテンの康子が部員を注意して「すみませんでした」「わかればいいの。とにかく、勝たないことには始まらないわ」
再び練習に集中していく部員だった。

 「ビシー!」ボールの叩かれた音が体育館に響き、練習は3時間ほどで終わった。
「シャワーを浴びましょうよ!」康子の言葉で、部員達は一斉にシャワー室に走ってく。
「ふー。こんなに汗をかいて…」汗で濡れたユニフォームが脱がされ、下着姿になっている。
部員は、激しく動くので、背中でクロスした、スポーツブラジャーをしており、そのブラジャーも脱いで、上半身を丸出しにしている。

 「歌子、相変わらずオッパイが、膨らまないね」
「大きなお世話よ。信子だって、こんなに小さいじゃないのよ!」歌子は、信子の乳房を両手で掴んだ。
「あ、あ、あー!」思わぬ行為に、信子は目を閉じて、歌子のされるがままだ。
「信子、早く私のと、比較してよ!」
「わ、わかったわ」信子も、歌子の乳房を掴んだ。
「あ、あ、あー!」狭いシャワー室に、2人の喘ぎ声が響いてしまった。
 
 「だめよ、信子に歌子。やるんだったら、夜にしなさい。今はシャワーよ」康子は言いながら、パンティを脱いでいく。
「キャプテン、ヘアが黒くて、多いんですね」
「そうなの。多くて困っているの。水着だと、きっと、はみでちゃうわ」
「手入れ、して上げましょうか?」

 「ぜひ、お願いするわ」康子は足を開き、立ったままだ。
「危ないですから、動かないで下さいね」康子の絨毛に、カミソリが当てられ「ジョリ、ジョリ!」群からはみ出た絨毛が、綺麗に剃られていく。
「凄いわ、性器ギリギリに剃るのね…」康子を取り囲む部員達は、膣の中が熱くなり蜜が溢れていた。
(膣が、濡れていく!)恥ずかしそうに、シャワーで膣を洗っていく。

 皆が、一緒にシャワーを浴びると、当然に肌と肌が、触れ合っている。
「あ、あー!」部員達は、わざと乳房とお尻を触っていた。
「今夜、いいかしら?」
「いいわよ。私、激しいからね」
「私も、激しくするから」部員達は、次々と夜の相手が決まっていく。
 
 シャワーを浴びると、用意して下着を着るが「あら、エッチ系ね、黒だなんて」「これ、いいでしょう。オッパイが、うっすら透けて」
「ねえ、これどこで買ったのよ。教えて!」
「いいわよ。その代わり、させてね」黒いブラジャーをした歌子は、康子の乳房を掴んだ。

 「だめ。そんな事されたら、燃えちゃうわよ」歌子は両乳首を摘んでいた。
「歌子、私とも忘れないでよ」信子も心配になり、歌子の股間を触っていく。
「わかったわよ。夜よ、そこは夜にしましょう」歌子は康子の乳首を放して、信子の手を押さえた。
「わかったわ、信子!」やっと信子の手が、股間から退けられた。

 「ほら、パンティを履かないと。いつまで、丸だししてるのよ!」見ていた部員から声があがる。
「わかったわよ」歌子達もパンティを履き、スカートを履いていくと、それは普通の女性の姿だ。 

 シャワーを浴びると、体育館から寮に向かう。
寮は女子バレーボール部員用に作られたもので、一般社員用とは違って、個室の上に、設備が整っていた。
「とにかく、ご飯よ。お腹空いたし」部員は、一旦自分の部屋に戻り、濡れたユニホームを洗濯してから、食事をすませていく。

 「信子、お風呂に入ろうよ!」食事をすませた歌子は信子を誘う。
「いいわよ、いこうか!」2人はホールから出て浴室に向かう。
それに刺激されたか「キャプテン、背中を流させて!」美雪が言い出す。

 「美雪、どういう風の回しなの。珍しいわね」
「いいでしょう、キャプテン!」美雪は康子の体をさすっていく。
「わかったわよ。一緒に入るから」
「よかった!」康子と美雪も、ホールから出て浴室に向かった。
 
 そのころ、歌子と信子は、先に浴室に入っており「あん、あん!」脱衣場に入ると、浴槽から悶え声が聞こえてきた。
(歌子さんと信子さんだわ!)顔を赤らめながら、着ている服を脱いでいくと「キャプテン、私にさせて!」ブラジャーを外そうとした康子の手が、美雪によって押さえられた。

 「恥ずかしいわよ。そんなこと!」
「やらせて下さい、お願いですから!」美雪は、自分の胸を押しつけ、康子の背中のホックを外した。
それと同時に、小振りな乳房がカップから飛び出し「キャプテンのオッパイが、可愛い!」ブラジャーを、肩からずらして脱がせていく。
(恥ずかしいわよ。こんな事は…)康子の顔が上気し、呼吸も速まっていた。

 (キャプテン、興奮している…。だったら、こうよ…)美雪は、ブラジャーを脱衣かごに入れると、恥ずかしそうに両手で乳房を隠している、康子のパンティに手を掛けた。
「恥ずかしいわよ。性器をまともに見られると!」
「平気ですよ。私だって、同じ持ち物ですから」ゴムを両手で掴み、下げていく。
(見えてきた。キャプテンの性器が!)康子の股間を覆っていた布が、裏返しになり、真っ黒な絨毛に覆われた股間が、美雪に見られている。

 「恥ずかしいわ。そこは見ないで!」目を閉じ、乳房を覆っていた手で、股間を隠していく。
(乳首が立っている…。堅そうな乳首!)美雪はパンティを足首まで下げ「脱いで下さい」なおも言う。
「わかったわよ」康子は、股間を手のひらで覆いながら、足を上げていく。

 (残念だわ。膣の中が見れると思ったのに!)美雪は、温もりの残った康子のパンティを脱衣かごに入れ、いきなり、無防備の両乳房を掴み乳首を吸った。
「だめ、だめよ。そんなこと、だめよ!」呼吸が激しくなり(感じていく。気持いい!)唇がパクパク動いている。
(性器も、触らないと…)右手が、康子の手入れされた絨毛を撫でながら、淫裂を捜している。

 「だめ。指を入れたら、破けてしまうからだめよ…」目を閉じ、うわずった声だ。
だが(入れて欲しいの。指でして欲しい!)康子は、男性とは未経験だった。
だから、バージンを指で失いたくなかったが、美雪の指を望んでいる。
そんな、思いを知ってか、知らずか、美雪は指を淫裂に入れていく。
「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげる康子だ。

 (だめだわ。このままだと、変になってしまう。後でしないと…)康子は「後でしましょう。風呂からあがってからに、しましょう」やっと言えた。
「わかりました。キャプテン、私のストリップを見て下さいね」美雪は、焦らすかのように、ゆっくり服を脱ぎだした。

 下着姿になると、パンティのゴムを指で伸ばし、康子に見えるようにして、ゆっくり下げていく。
(少ないのね。ヘアが!)美雪の股間が、康子の目に入っている。
「私の性器を見て下さい。キャプテン!」美雪はパンティを足首まで下げると、両手で淫裂を広げた。
「み、見えるわ、ピンクで綺麗な性器よ…」顔が、更に上気していく康子だ。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター