赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「全裸のアタッカー」第3話 Vリーグ  

  それから数日後にVリーグが始まった。
初日はスーパーチェーンの大手ダイユーで「ファイト!」円陣を組み気合いを入れる日川電気だ。
「ピー!」主審が笛を吹き、試合が始まった。
「そうれ!」日川の応援団がサーブする事に歓声を上げていく。
だが、スパイクが決まらない。
オレンジのユニフォームが壁を作り、ことごとくブロックされていた。
「信子、このままじゃだめだわ。時間差を使わないと」
「わかったわ、おとりは私よ」エースの歌子がおとりをかって出た。
「いい、行くわよ!」康子は時間差の攻撃のサインを出した。
「ピー!」主審の笛でダイユーがサーブし、それを美雪が拾い信子がトスする。
「行くわよ!」歌子がジャンプした。
だがトスが流れて「そ、そんな!」ダイユーのブロックを通って新人の真理がスパイクする。
ボールは「ボーン!」と音を立ててコートの床を叩いた。
「そんな馬鹿な!」全くの新人にかき回されたブロックだ。
「何やっているんだ、ど素人に!」ダイユーの監督が怒鳴っている。
だが、この時間差が面白いように決まって「ピー!」第1セットを日川電気が取った。
 
 「考えたな、2セット目は厳しいぞ、真理もマークされるからな」監督は指示して行くがそれ
は気休めに過ぎなかった。
第2セットが始まるとダイユーは一気に攻勢に出て「ダイユー、ダイユー!」館内に応援団の大
合唱が響いている。
日川は必死にブロックしていくが実力の差がもろに出ている。
必死に康子がサーブを拾い、信子がトスして歌子がスパイクするが、相手もそれを打ち返してじ
りじりと点差が開いていき、ダイユーが2セット目を取った。
その後は、試合にならなず、一気に進んでもうマッチポイントだ。
「そうれ!」ダイユーの応援団の大合唱の声にサーブが日川のコートに落ちた。
「ピー!」主審が笛を吹き、ダイユーの勝利を宣言する。
「1セットしか取れなかったか…」日川の幹部達は考え巡らせていた。
 
 試合で負けたのを知った取締会は早速会議が行われた。
「バレーボール部は廃部にした方がいい。4億の金は無駄だ」
「いや、残した方がいい。日成自動車を見ろ。カルロスは野球部とサッカーを残して企業イメー
ジを高めたぞ」
「そんなのは日川と関係ない。ここは電気の日川だ、自動車じゃない!」激論が交わされている。
バレーボール部の運営には年間4億円が掛かるがそれが無駄か、有効かの判断は企業側が判断す
るしかなかったからだ。
取締会ではVリーグの成績を見て決めることに決まったが、日川はなかなか勝てなかった。
実業団チームでもなかなか勝てず、オリンピックや国際大会に選手を送り込んだのが信じられな
いくらいだ。
 
 Vリーグも前半が終わると、国際大会が行われ、日川からは5人が全日本に選ばれた。
「いいか、ここは全日本だ。甘えは許さないからな!」全日本の監督は金ヶ崎製薬の黒岩だ。
黒岩は歌子達日川の選手を食い入るように見て「いい体だ。バレーにはもってこいだな」黒岩は
歌子の全身を撫でていく。
「セクハラです。やめて下さい」「セクハラ…。これがか、こんなのは何でもない。セクハラは
こう言うことだ!」事もあろうか歌子のユニフォームを捲って手を入れた。
「や、やめて下さい!」歌子は叫ぶが、容赦なくブラジャーを捲って乳房を掴んだ。
「わかったか、これがセクハラだ!」
「は、はい。わかりました…」大粒の涙を流しながら黒岩に両乳房を揉まれて、歌子が済むと今
度は信子の番になった。
「許して下さい!」叫ぶが、信子も両乳房を掴まれ「わかったな、これが全日本のやり方だ」黒
岩は全日本監督の肩書きをいいことに康子の乳房も掴んで揉んだ。
(いや、こんなのいやー!)涙を流しながらも、全日本のチームに残りたい一心で黒岩のされる
がままにさせた。
その後、新人で選ばれた真理と美雪も乳房が掴まれ「ゆ、許して!」生まれて初めて異性に乳房
を掴まれた美雪と真理は泣き崩れた。
「根性ないな、これで全日本も選手か!」黒岩はやっと手を退け「いいな、こんな事で泣くよう
だったら全日本から去れ!」日川の部員を前に言い放つ黒川だ。
(負けないわ、あんなやつに、絶対負けない!)黒岩への憎悪を募らせる歌子達日川の選手だ。
 
 そして、国際大会が始まった。
初回は中国で、全日本は金ヶ崎の部員を主体に挑むが、中国に圧倒されている。
「大林、三谷、それに福田。お前達の出番だ!」メンバーチェンジが行われ、今度は金ヶ崎に変
わって日川が主体になっている。
(時間差よ!)康子のサインで信子はトスを流し、歌子と見せて美雪がスパイクしていく。
「ビシー!」ボールが中国のコートに叩き付けられた。
こうして、第1セットは日本が取った。
「でかしたぞ。でも次はそうはいかないからな」黒岩は2セットは金ヶ崎選手を主体に挑んだ。
だが、強敵の中国にことごとくブロックされスパイクが決められていく。
メンバー交代などをしたが流れを変えれず、結局負けてしまった。
「強いわ、さすが中国ね」初めて全日本のユニホームを着た美雪と真理は実力の違いにため息を
ついている。
 
 国際試合が終わるとVリーグが再開された。
日川電気は相変わらず勝ち星に恵まれず、3勝しか上げられずに実業団リーグへ転落する恐れさ
えでてきた。
この結果は取締会でも当然議題に上がって「名誉の撤退といくしかないか」「バレー部は我が社
の顔だ。顔を潰して社員の志気が上がるはずかない」意見はまっぷたつに分かれた。
「今度のリーグ戦でだめなら廃部だ。選手にも伝えておけ」社長が決断し、それはすぐに部員に
も伝わった。
「次のリーグで勝てばいいのね」康子は部員に気合いを入れていくが志気は高まらない。
(見つからなかったら、引退しかないのね…)部員達は諦めて練習している。
練習に気が入らないので結果はすぐにでた。
7月のVリーグが始まったが、やはり日川は勝てない。
歌子や真理が必死に頑張るがだめで、1勝もできず史上最悪の結果となった。
「廃部ね、これで終わりだわ」試合会場から去る日川部員は皆が俯いていた。 
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/47-fb7206df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top