赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「全裸のアタッカー」第4話 移籍  

  翌日、テレビやスポーツ紙は一斉に日川バレーボール部の廃部を報じている。
それはベッドでテレビを見ていた信子と歌子の目にもとまって「歌子、どうしようかしら」
「信子、心配ないわよ、何とかなるわよ」歌子は信子の乳房を触りながら言う。
「そうよね、なんとかなるわよね」歌子も信子の乳房を掴み返していく。
「あ、あ、あー!」喘ぎ声が寮に響いている。
同じように「美雪、いいでしょう。して欲しいの、いっぱいして!」やはりテレビの報道を見た
康子も美雪の愛撫で不安を消そうと美雪を抱きしめた。
「キャプテン、一緒にいたい、いつまでも!」美雪は乳房を揉んだ後に股間に顔を埋めて淫裂を
愛撫していく。
「いいわ、そこよ、そこー!」腰を浮かせ悶え声をあげる康子だ。
同様に他の部員も不安を消そうと悶え声を寮に響かせていた。
 
 その翌日、部員は会社の総務部に呼ばれた。
「残念だがバレーボール部を廃部する事にした」淡々とした口調で話しだす。
「数人には引き合いが来ているが、もし、引き合いがない部員は引退して欲しい」それを項垂れ
て聞いている歌子達だ。
(この不景気だし、自分から売り込みに行っも無駄だから引退しかないか…)控え選手達の多く
は引退を決意したが、一部の選手は売り込みをすることにした。
しかし、歌子や康子達の元全日本のメンバーは廃部になっても引き合いが来るだろうと安心して
いた。
その一方で、引退を決意した部員が寮から次々と去っていく。
「元気でね!」残った部員と別れを名残惜しそうに去っていく。
そんな中で、歌子、信子、康子と新人の真理と美雪の5人をバレーボール協会の幹部が訪れた。
「何か御用で…」恐る恐る尋ねる歌子に「今度の廃部は協会も頭を痛めている。そこで協会で選
手を抱えることにした」
「抱えるって、どう言う事でしょう?」
「相撲協会だよ。各部屋があって総当たりだろう、あれで行くんだ」
「と、おっしゃると企業とは縁を切るのですか?」
「そうだ、これからは協会が独自に行うことにしたんだ」幹部の言葉に信じられないと言った顔
の5人だ。
「給料はどうなってますか」若い美雪が尋ねると「プロ契約だ。年俸制で行く。初めは年俸1千
万で寮に入って貰う」顔を見合わせる歌子達だ。
(いい話だわ、どうせどこも移籍に応じてくれないし)5人は契約することにした。
「いい話だ。これはいい条件だな」側にいた監督も進めている。
「分かりました、いつから始まるのですか、新リーグは?」
「半年後を予定している。今は選手を集めていて最中だ。やっと、4チームが作れるようになっ
たが、もっといないとな」
「分かりました、どうせ引退を覚悟したんだからもう一度やり直します」承知した5人だ。
「早速だが、キャニオンの寮に入って体調を整えておいてくれ」幹部は言い残して帰った。 
 
 そして、数日が過ぎた日曜日に引っ越し業者が訪れ荷物を運び出している。
「これでお別れね」「そうね」5人は用意された車に分乗して協会が用意した寮に向かう。
寮は2階建てで、やはり個室である。
「ここね!」車から降りた5人は寮に入り「こんにちわ」5人は管理人に挨拶をした。
「新入りですね。いいですか、これが鍵ですよ」5人は鍵を受け取り自分の部屋に向かう。
「こんにちは」見知らぬ女性に挨拶すると「あら、新入りね。私はキャニオンのマネージャーを
任された新井由美よ、よろしくね」名乗る。
「大林です!」5人が挨拶をすると「夜にミーティングをするから遅れないでね」マネージャー
の由美は「それから、全日本経験でも、ここでは新人だからね」釘を刺した。
「わかってます…」言い返す事のできない5人だ。
「その覚悟が出来ているならいいわ。逃げられたら困るし」意味ありげなことを言って去った。
「いやね、何よ、あの言い方は」
「言わないの、それより荷物を整理しないと」
「そうですね、キャプテン」
「美雪、キャプテンはだめよ。康子と読んで」
「わかりましたキャプテン」
「康子よ。わかってるの?」
「すみませんでした、康子さん」
「それでいいわ」5人は自分の部屋に運ばれた荷物を整理していく。
 
 荷物を整理していると「あら、新人じゃないの」ドアが開き声が掛けられた。
「はい、大林歌子です、よろしくお願いします」
「歌子か、私はキャニオンのキャプテン、桜井雪江よ。ここでは新人は先輩の言うことは何でも
聞かないといけないの」
「心得てます」
「本気かしら。かつて全日本のエリートがそんな嘘をつくなんて」
「ほ、ほんとです」
「だったら、早速確かめさせて。出しなさいよ、あなたのオッパイを」雪江は歌子に思わぬ事を
言い出した。
「そ、そんな!」慌てる歌子に「ほら、やる気もないくせに」雪江はしてやったりの顔だ。
「こ、こうすればいいんですね」歌子は着ていたシャツを捲り上げて、真っ白なブラジャーを見
せた。
(恥ずかしいわ、こんな事をするなんて!)さらにブラジャーの下を掴み引き上げていく。
「そうよ、それでいいのよ」歌子の小振りの乳房が露になっている。
(可愛い子だわ、オッパイも可愛いし…)雪江は我慢できず歌子の乳房を掴んだ。
「そ、そんなことはいけません!」
「いいじゃないのよ、先輩がやりたいのだから」雪江は両乳房を揉んでいく。
(信子、許してね、こんな事されて!)目を閉じブラジャーを持ち上げている歌子だった。
 
 それと同様に信子もブラジャーを捲り上げ乳房を晒していた。
「こ、これでいいでしょう?」
「だめよ、吸って欲しいでしょう、ここを!」意地悪く乳首を指で摘み転がしていく。
(許して歌子。オッパイを吸われてしまう…)「す、吸って下さい、私のオッパイを!」目を閉
じて顔を背ける信子だ。
「そんなに吸って欲しいなら、してあげる」信子は乳首を吸われて「あ、あ、あー!」喘ぎ声を
上げている。
康子も乳房を丸出しにして触られていたが美雪と真理はそうではなかった。
「許して下さい。これで!」パンティを膝まで下げて股間を丸出しにしている。
「もっと見せなさいよ、あなたのオ○ンコを!」
「は、恥ずかしくてできません…」泣きながら言う美雪と真理だ。
「ここでは新人だよね!」
「わ、わかりました。こうですね…」目を閉じ指で淫裂を広げていく。
(見られている、性器の中を!)閉じた目から涙を流している美雪と真理だった。
「綺麗ね、まだ使ってないみたいだわ。私の指で初体験しようか?」
「いや、それだけは許して下さい!」
「冗談よ、バージンは奪わないわよ」ニヤニヤしながら淫裂を見つめる寮の部員だった。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/48-e93f1c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top