赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「全裸のアタッカー」第5話 部員のいじめ  

  辱めを受けた5人はやっと整理が終わり、1階のロビーでくつろいでいた。
「9時に大広間集合よ、それまでにお風呂と食事をすませておいて」雪江が声を掛けてきた。
「わかりました」5人は早速、浴室に入ると「あら、新人だわ」歌子達を興味深く見つめている。
(見ないで、そんなに!)顔を赤らめ服を脱いでいくと「見て、あの子のオッパイを」美雪の大
きな乳房が注目を集めている。
(いやらしいわ、私のオッパイを見て!)豊満な乳房を揺らせながらパンティを脱いでいく。
「オッパイが大きい代わりに少ないのね。ヘアが!」わざと聞こえるように言う。
(く、悔しいわ、こんな事言われて!)唇を噛み、全裸になった美雪が浴室に入ると「多いわ、
多すぎよヘアが!」今度は康子が狙われた。
(ヘアが、多いが少なかろうが、あなたには関係ないわよ)康子も急いで全裸になり浴室に入っ
た。
(急がないと!)残った信子達も急いでパンティを脱いで全裸になり浴室に入っていく。
外からは「今夜は楽しめそうね」「そうよね、早く9時にならないかしら」その声が浴室の5人
にも聞こえ「楽しむって何をさせる気かしら?」不安な顔になっていく5人だ。
歌子達は体を温め丁寧に石鹸で洗い終えて「上がろうよ、ご飯を食べないと」「そうね、上がり
ましょう」浴槽から上がり体を拭いて、衣服を着込み、食事をすませた。
 
 食事を取り終えると9時近く「行かないと」「そうね!」5人は広間に入ると(こんなにいる
んだ!)中は部員が15人ほどいた。
「新人はこっちよ!」大広間は絨毯が敷かれていて部員の皆が並んで座っており、その前に並ば
された。
「揃ったかしら?」キャプテンの雪江が声を掛けると「揃ったみたいです」返事が返ってくる。
「今日から新しく5人が仲間になりました、自己紹介してもらいましょう」雪江の言葉に5人は
簡単に自己紹介をしていく。
「自己紹介はすんだわね、今度はこっちからよ」今度は結成されたばかりのキャニオンの部員が
自己紹介していくが、それを頷いて見ている5人だ。
挨拶が終わると小さな缶ビールが配られて「乾杯!」「乾杯!」缶ビールで乾杯が行われていく。
「キャプテン、新人の踊りを見ないと収まらないわね」
「そうね、ここでは新人は踊ることになっているのよ」
「踊ればいいって、何でもいいのかしら?」
「ただの踊りじゃないのよ、服を脱いでいく踊りよ」雪江がニヤニヤしながら言った。
「そ、それって、ストリップですか!」体が振るえている歌子達だ。
「そうとも言うわ、ストリップと。やらないならバツとして皆で素っ裸にしてからバージンを奪
うからね」
「いや、バージンを失いたくない!」泣き顔で叫ぶ美雪と真理だ。
「だったらやるわよね、裸の踊りを」その言葉に5人は頷いた。
「決まったわね、音楽を掛けて」雪江の指示で部員が音楽を掛けたると、5人は立ち上がり手足
を動かしだした。
(早く見せてよ。あなたのヘア丸出しの踊りを!)部員達は食い入るように新部員の5人を見つ
めている。
(やるしかない!)顔を赤らめながらシャツを脱ぎだした。
「可愛いわ、あの子がいいわね」「私はあの子としたいわ」上半身ブラジャーだけだけの姿で踊
り続ける5人だ。
(次はブラだわ)部員達は背中に手を回す5人を食い入るように見つめている。
(オッパイを丸出しにするんだ…。)ホックを外して両手を下げるとブラジャーが手首に絡まり
乳房が揺れ動いている。
「大きい、あの子のオッパイがいいわ」一番豊かな美雪の乳房に注目が集まった。
(そんな目で見ないで、お願いよ!)恥ずかしさで目が真っ赤になっている。
 
 ブラジャーを脱ぎ終えるとスカートを脱ぎだした。
「何だ、普通のパンツか」「がっかりね」5人はパンティ1枚だけで踊っている。
(何を履こうと勝手でしょう!)恥ずかしそうにパンティを下げていくと「ヘアよ、あれが全日
本のヘアヌードよ」部員は新部員への嫉妬もあった。
いきなり元全日本のメンバーが入部したから無理もなかった。
「早く脱いで、ヘア丸出しになりなさいよ」
「そうよ、出し惜しみしないで見せなさいよ、恥ずかしい姿を!」
(言わないで、そんな言い方しないで…)辱めの言葉を受けながらパンティを脱いでいく。
「見て、ヘアよ。ヘアヌードよ」これから試合の出番が減る憂さを控えに回る部員は5人にぶつ
けていた。
(仕方ない、ここでは新人だから…)乳房を揺らせ、股間を晒して踊り続けた。
5人が10分程踊ると「もういいわよ。今度はご挨拶よ」また指示される。
「挨拶ってどうするのですか…」
「簡単よ、女性が一番恥ずかしい部分を広げて中を見せて回るのよ」
「そ、それは許して下さい。それは出来ません…」歌子が泣いた。
「元全日本を鼻に掛けて生意気よ。やらないならやって上げる」不満は爆発寸前だ。
「ほら、あなた達のおかげで控えに回されそうな子よ」雪江は説明していく。
(憂さを辱めで晴らす気ね。しかたがないわ、やるしかない!)康子は絨毛をかき分け「こうす
ればいいんですね…」淫裂の中を晒した。
「そう、それでいいのよ。でも部員の前でするのよ」
「わかりました」康子は部員の前で淫裂を晒していく。
 
 「いいわね、このオッパイも、オ○ンコも!」部員達は康子の乳房を掴み揉んでいく。
「だめ、そこはだめです!」
「いいじゃないのよ、減るもんじゃないし」敏感なクリトリスが触られて「あ、あ、あー!」声
を上げた。
(だめ、そんなことをされたら感じてしまう…。)体が小刻みに振るえている。
(私もやらないといけないんだ…)歌子と信子も淫裂を広げて部員の前に進み出た。
「お願い、性器は触らないで下さい。オッパイだけにして下さい」叫ぶが無駄だった。
「あ、あ、あ~!」「いや、いや~!」クリトリスを掴まれ、乳房も揉まれ喘ぎ声を上げている。
「わ、私もああされるんだ…」美雪と真理も振るえながら部員の前に進み出ていく。
「大きいわ、この子が可愛い」美雪の乳房が吸われた。
「だめ、だめです!」目を閉じて体を震わせていた。
 
 辱めはそれで終わりでなかった。
「して。今度はあなた達がするのよ」部員達は服を脱ぎだした。
(ノーパンだわ。パンティを履いてない!)真っ黒な股間を露にしている。
「ほら、しなさいよ」康子は抱きかかえられ股間に顔を埋めさせられた。
「舌でするのよ、わかっているよね」喘ぎながら自分で乳房を揉んでいる。
(こうすればいいのね)舌でクリトリスをなめていくと「そうよ、さすがに全日本ね。こっちも
上手よ」
(言わないで、そんなこと…)こうして5人は夜遅くまで部員達に乳房を揉まれたり、淫裂を辱
められ続けた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/49-5c389498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top