FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「淫欲の街」第24話 復讐の応酬

第24話 復讐の応酬

 男達は、4人を犯し終えると倉庫から出て行き「う、う、う!」咲代と智恵は泣きながら脱がされた服を着ていく。
「悔しい。散々オ○ンコしたあげく、膣の中に出しやがって!」

 「あいつら、訴えてやる!」2人の言葉に、妙子と美香は戸惑った。
(やめてよ。そんな事したら、私の事が知られてしまう…)黙って脱がされた下着とスカートを履いていく。

 服を着終えると、妙子と美香は咲代と智恵に「お願いだから、この事は黙っていて欲しいの」と願い出た。
「散々、ただでオ○ンコやられたのよ。訴えないでと言うなら、仕返ししないと収まらないわ」

 「どんな仕返しを?」
「そうね、素っ裸にして写真を撮るの。ヘアを剃った写真よ」
「そんな事、出来るの?」
「出来るわ。訴えないから2人にも手伝って貰うからね」咲代は強引に話を進め、弱みを握られている以上は、従うしかなく、渋々、協力を誓った。

 それから数日後、妙子と美香が咲代の家に呼ばれた。
「今日からやるの。写真はお父さんが撮るけど、2人はセクシーに振る舞って貰うからね」
「どうやって、呼び出すの?」
「この前、気持ちよかったから、またやってとせがむのよ!」

 「うまく行くかしら?」
「大丈夫よ。もう、引っかかっているの。これから待ち合わせなのよ」咲代は自信ありげだ。
「とにかく、時間だから行こう」輝男に言われ、4人は待ち合わせ場所へ向かと1人の男がいた。

 「待った。今夜も4人としてね!」咲代に言われ、何も知らない男は笑顔になっている。
そして、この前の倉庫に入ると「最初は私よ。じっくり脱ぐのを見てて」妙子は見ている前で服を脱いでいく。

 わざと色目を使い、体をくねらせながら脱いで「あら、あなたも脱がないと」妙子は男のシャツのボタンを外しに掛かった。
それを合図に、咲代達3人が男の手を押さえ、縛っていく。
「な、何をするんだ!」慌てて抵抗するが、両手が縛られてどうする事もできない。

 「言ったでしょう。気持ちいい事をするんだって!」両手を縛り終えるとズボン、パンツを脱がせて、あっけなく下半身が剥き出しにされた。
「この前のお礼よ。ヘアを剃ってあげる!」咲代と智恵は、肉竿の周りに生えた絨毛にフォームを吹き掛け塗り込んでいく。

 「バカ。やめろ。やめるんだ!」抵抗するが、肉竿の周りの絨毛が綺麗に剃り上げられた。
「イヤだ。ヘアがないチンポだなんて、変だわ!」
「そうよね。みっともないわよね」わざと言葉で辱めていく。

 「それよりも、撮らないと…」輝男は男の肉竿を写真に収めた。
「これで、終わりじゃないの。痛い思いをして貰うからね」肉竿を掴み、輪ゴムを幾重にも巻き付けていく。

 「これでいいわ。いい気持ちにしてあげるわよ。4人の素っ裸を見せてあげるからね」4人が一斉に男の目の前で服を脱ぎ出すと、肉竿が膨らみ、輪ゴムが食い込んでいく。
「痛い。外して、外してくれ~!」激痛に悲鳴を上げている。

 「最後まで見ないとダメよ。ほら、これがオ○ンコよ」パンティを脱ぎ、4人は淫裂を指で広げていく。
「ギャー。謝ります、ですから許して下さい。チンポがちぎれそうなんです…」肉竿が鬱血し、本当に痛そうだ。

 「あら、オ○ンコしたくないの。ここに、入れていいのよ!」
「ヒー。許して下さい!」泣きながら叫んでいる。
「仕方ないわね。オ○ンコしてくれないなら10万払うのよ」
「は、払います。ですから、早く外して下さい…」

 「約束よ。約束を破ったら、写真をばらまくからね」
「守ります、約束します…」
「わかった。外してあげる」輪ゴムが外されると、鬱血した肉竿が元に戻っていく。

 「せっかくだから、抜かせてあげるわ。陣内さんに速水さんやって!」
妙子と美香は男の前で、淫裂に指を入れて、オナニーを始めた。
「いいわ、凄く気持ちいい!」わざとオーバーに言う。
「あら、チンポが堅くなって。この際だから、手伝うわね」智恵が肉竿を掴み、擦っていく。

 「ダメ、でちゃう。出ちゃうから、やめてくれ!」
「遠慮しなくていいの。出しなさいよ!」手の動きを早め、妙子と美香も手の動きを早め、声を上げていく。
「ダメだ、でる!」肉竿の先端から白い液体が噴き出し、それを輝男が写真に収めると「う、う、う!」恥ずかしさに泣き出す男だ。

 「わかったでしょう。私も、あなたにこうされたんだからね」妙子は両手を解いていき、汚れた肉竿も拭いた。
男は自由になると、パンツとズボンを履き、走って出ていった。
このようにして、次々と男に復讐した。

 しかし、男達も黙っていなかった。
咲代と智恵の学校帰りを狙い、人がいないのを確かめると、車に押し込んで、連れ去った。
2人を乗せた車は、例の倉庫に向かっている。

 「この前はやってくれたな。金はオ○ンコ代だからいいが、あの写真を返して貰わないとな」
「返さないわ。また、犯すつもりでしょう?」
「お前とは、オ○ンコしないよ。だから返せ!」

 「イヤよ、絶対イヤ!」
「イヤか、仕方ない。お前もオ○ンコ丸出しの写真を撮るからな」男達は一斉に咲代と智恵の服を、脱がせに掛かった。

 「イヤ。返すからやめて~!」
「今更遅いよ。お前は信用出来ないから、オ○ンコ丸出しの写真をとるからな」下着も剥ぎ取られ、2人は全裸にされてしまった。

 「イヤ。剃らないで!」
「剃らないと、オ○ンコが見えないんだよ」両手を押さえられ、足が開かされた。
そして、絨毛にフォームが吹き掛けられ、剃られていくと、ピンクの割れ目が丸見えになってきた。
mange027005_20181001182033a16.jpg


 「いいね。パイパンオ○ンコだぞ!」ニヤニヤしながら剃られていく淫裂を見ている。
「やめて、それだけにして!」
「ダメだ、全部剃る!」その言葉通りに、2人の股間の絨毛が全て剃り上げられ、ピンクの割れ目が露わになって、その淫裂がカメラに撮られた。

 「これで、返すよな?」露わになった淫裂や乳房を触っていく。
「わかったわよ。その代わり、そっちも必ず返してよ」
「そのつもりだ。その内、機会があったら、またオ○ンコしような」
「イヤよ。あんた達は下手だから、痛いだけで、全然気持ちよくないし…」

 「そうよ。オ○ンコしたかったら、もっと、腕を上げてからにして!」
「言ってくれるね。その内に、俺のチンポが一番だと言わせてやるぞ」
「笑わせないで。冗談は顔だけにしてよ」
「そこまで言うなら、こうしてやる!」チャックを引き下げ、肉竿を咲代の口に押し込んだ。

 同じように智恵の口にも押し込まれ「ウグ、ウグ!」息苦しさだけしか、感じられない。
「思い知っただろう?」ゆっくり腰を動かし、クライマックスを迎えた。
「ウ~!」首を振って拒むが、咽の奥に噴射された。

 「交代だ!」2人は新たに肉竿を押し込まれていく。
「さてと、あのお巡りは、どうしたらいいかな?」
「そうだな。オ○ンコしただけじゃ、つまんないしな…」
男達は、妙子と美香への仕返しを考えているが、2人は何も知らずに仕事をしている。

 そして、勤務を終え、アパートに戻ろうとすると「待ったよ、お巡りさん」声が掛けられた。
その顔に見覚えがあり「何の用なのよ?」怯えた声になっている。
「ちょっと、付き合って欲しくてね」

 「忙しいのよ。そんな暇ないわよ」
「だったら、署長と話していいのかな。あんた達と、オ○ンコした事を!」
「やめて、付き合えばいいでしょう?」
「そう来なくちゃ」2人男の後を(何をさせる気なのよ…)怯えながら2人は歩いていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/499-346a69c8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

最近の記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん