赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「全裸のアタッカー」第6話 筋力測定  

  そして翌朝、5人は移籍してから初めての朝を迎えた。
「今日から練習開始よ。急いで練習着に着替えて」朝食を済ますと言われた通りに練習着に着替
え、寮から体育館に向かっていく。
「来たね、待っていたわよ。早速練習開始よ」そこにはキャニオン監督の河合淑子がいた。
「始めまして、大林です」歌子が挨拶するが「分かっているわよ、こっちは必死なんだからあん
た達も練習しなさいよ」素っ気なく言う。
「分かりました」淑子の言葉で練習が開始された。
「拾いなさい、これくらいなら拾えるわよ!」部員達は投げられたボールに体を投げてレシーブ
していく。
歌子と信子も必死にボールを拾っていくが「まだまだよ。それでへばるなら元全日本が泣くわ」
キャニオンの部員はグッタリしているが歌子達5人もへとへとしながら食らいついていた。
無理もなかった。
練習は休みなく行われ、もう2時間も経っている。
「もういいわ、休憩よ!」やっと許可がでるとその瞬間に歌子達はその場に崩れてしまった。
 
 「さすが、全日本は違うわね」
「そうね。オッパイが大きいだけじゃないわ」美雪を見つめながら言っている。
(やっとわかったわね、これくらいでないと全日本のメンバーには入れないのよ)自慢げに思っ
ている5人だ。
「休憩が終わったら体力測定よ。いいわよね」
「皆でするんですか?」
「今日は新人もいることだし、皆が測定対象です。準備をしておきなさい」淑子の言葉に雪江の
顔が曇っていく。
雪江ばかりではなく、他の部員の顔が曇っている。
(体力測定で、どうしてそんな顔になるのかしら?)何も知らない5人は平然としていた。
そして、休憩が終わり「いらっしゃい、こっちよ」歌子達も後に付いて歩いていく。
すると金属製の扉があり「ギー!」きしみ音を立てながら開いていく。
「ここは特別室なの。筋力や体力を計ったりするとき使うのよ」雪江が説明していく。
「来たね。早速始めるから脱ぐいよ」
(ぬ、脱ぐって、まさかヌードは無しよね)淑子の言葉に驚く歌子達だ。
「はい、脱ぎます」しかし、部員達は練習着を脱ぎだした。
「新人、あんた達も脱ぐのよ」
「わかりました」康子が先頭を切って脱ぎだした。
(私も脱がないと)他の4人も部員と同じく練習着を脱いで下着だけの姿になった。
 
 (これでいいのね。まさか下着を脱げとは言わないはずよ)だが、部員達は背中に両手を回し
て背中のホックを外していく。
「ぬ、ヌードですか!」思わず信子が叫んでしまった。
「そうよ、素っ裸になって筋力を計るのよ」
「そ、そんなのいやです、ヌードなんてイヤ!」
「イヤならやめなさい。キャニオン辞めてソープで働くのもいいかもよ」
(そうよ、ここを失ったら引退するしかない…。)廃部が相次ぎ、選手の活動の場が消えていく
のも事実だ。
恥ずかしげに康子達も背中に両手を回してホックを外していく。
(男だけは絶対に見せたくない)美雪と真理は両手で乳房の膨らみを押さえながらブラジャーを
脱いだ。
(これでいいのね…。)乳房を押さえながら5人は恥ずかしそうな顔になり、周りを見て驚いた。
「ま、丸出しだわ。ヘアとオッパイを!」部員達はパンティも脱いで全裸になっている。
しかも両手を後ろ手組み、股間と乳房を晒したまま立っている。
「そ、そんな…!」5人は体が小刻みに振るえだした。
「新人、急いで、残っているのはあなた達だけよ」
「ぬ、脱ぎますすぐに…!」慌ててパンティを下げていく5人だ。
(見られている、監督に!)恥ずかしさで目が真っ赤になっている。
康子達は急いで股間を押さえ、パンティから足を抜き、温もりの残ったパンティをしまい込んだ。
「全員素っ裸になりましたね。これから筋力を計ります」
 
 淑子の言葉で真っ先に雪江が小さなベッドに仰向けになった。
「計るわよ!」淑子はいきなり雪江のお腹に計測器を当てた。
「うー!」雪江はブリッジしてそれを持ち上げていく。
開ききった太股は淫裂が丸見えになっていたが気になどしてない。
「雪江の腹筋は150キロよ。次!」雪江がベッドから降りると、別な部員も仰向けになり計測
器を押し上げていく。
(筋力測定じゃないわ。監督は性器を見たいだけよ!)様子を見ていた歌子達新部員は体を震わ
せている。
計測は次々と進んで歌子の番になった。
(恥ずかしい、性器を見られるなんて!)太股を閉じたままブリッジした。
「まじめにやりなさい!」
「いやー!」嫌がる歌子の太股が淑子によって開かれ真っ黒な絨毛に包まれた淫裂が見えている。
(性器の中まで見られてしまった!)目を閉じ腹筋に力を入れ持ち上げた。
「ほう、さすがね。180キロよ、性器の締まりが良さそうね。キュッと締まってたし」淑子は
何気なく歌子の小振りな乳房を撫でていく。
(いや、触らないで、信子にしか触らせないんだから)黙ったまま股間を押さえベッドから降り
ていく。
 
 (次は私の番ね)顔を強張らせ信子が仰向けになっていく。
(どうせ見られるんだから…)開き直った信子は惜しげもなく淫裂を晒したまま力を入れていく。
(やっぱり性器を見ている!)恥ずかしさで目が真っ赤な信子だ。
「さすがね、元全日本は違うわ、パワーが段違いよ」淑子は信子の淫裂を見続けている。
(いやらしいわ。信子の性器ばかりみている)次の番の康子も顔を強張らせている。
信子はベットから降りるが(性器の中を見られてしまう…)康子は体が小刻みに振るえている。

 「こら、まじめにやりなさい。恥ずかしさが何ですか!」淑子は康子の淫裂を触った。
(さ、触っている、性器を触っている!)泣き出しそうな顔になり太股を開いて力を入れていく。
「うー!」歯を食いしばり力を入れた。
「す、すごい。あなたほんとに女なの?」目盛りを見て信じられないと言った顔の淑子だ。
(性器を見て知ってるくせに…)黙って股間を手で覆いベッドから降りていく康子だ。
「次よ!」「や、やりますから性器だけは見ないで下さい」泣きそうな顔の美雪だ。
「分かったわよ、見ないからやって!」美雪は両手で股間を隠したまま仰向けになっていく。
「見ないでよ、性器だけは見られたくないのよ」振るえながら足を開き、力を入れていく。
しかし、淑子はしっかり淫裂を見ている。
「いや、見ないと言ったのに」泣き出す美雪に「見なかったら計れないわよ。ヘアが少ないから
と言って恥じることはないわよ」
「言わないで、ヘアのことは言わないでよ!」泣き出す美雪だ。
最後に真理も仰向けになり太股を開いた。
「見ないで、性器を見ないで!」真理は目を閉じてお腹を持ち上げていく。
「いいわよ、キュンと膣が締まっているわ、感度も良さそうね」
「言わないで、そんないやらしいこと…」力を入れている真理だ。
「もう終わりね。午後からは協会幹部の体力測定だからそのままよ」
「そ、そんな、ヌードだなんて!」叫ぶ部員達だった。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/50-ea90e499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top