赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「全裸のアタッカー」第10話 オープニング  

 

 練習試合が終わるとバレーボール協会では早速会議が行われた。
「好評だったな。これで何とかいけそうだ」
「でも、何か足りないな。負けたチームに対するバツが」
「そうですよね、素っ裸まではいいんですがその後が足りないんですよね」
「そうなんだ、素っ裸になった後が足りないんだ」しばらく沈黙が続いた。
「女子プロレスでは坊主マッチと言うのがあって、負けた方が坊主になるにがあったがな」
「それです、坊主になるのがいいですよ」
「バカ言うな。坊主なんて無理だよ」
「違うんです。負けたチームの1人がヘアを会場で剃るのはどうでしょう」
「面白いな、ヘアを剃るのを見れるなら観客も喜ぶぞ」
「それから、オープニングは全員の素っ裸ではいかがでしょう」
「いいな、セレモニーの時は監督も素っ裸で行進だ」
「でも、カメラやビデオは規制しないとまずいですよ、それに警察もあるし」
「ストリップなら許されるよな。だったら、特設会場でやればいいじゃないか。入場料は高くな
るが」
「そうですね、各地でやれば収入も増えますからね」こうして、負けたチームへのバツと、オー
プニングのセレモニーの内容が各チームに通達された。
 
 それはキャニオンにも知らされ「いやよ、セレモニーの時に全裸の行進なんて」泣き出す選手
もいる。
「でも、決定よ、いやなら契約金を返上してやめろって…」
「もうないわよ、とっくに使ってしまったし」悲鳴に近い声だ。
「やるしかないわ、我慢すればボーナスもあるし」
「ボーナス?そんなのあるのかしら?」
「ほら、全日程終了後に利益を順位に応じて配分するって」
「どれくらいかしら?」
「さあ、優勝すれば1千万は堅いわよね」
「1千万!そんなに貰えるならヘアヌードも我慢するしかないわ、カメラやテレビも無しだし」
「そうね、年俸とあわせて2千万ならヘアを晒してもいいかも」ボーナスと書かれた部分を読ん
でその気になる選手達だ。
「で、オープニングはいつなの?」
「4月29日だって。それから8チームの総当たりをするんだって」
「頑張らないと、ヘアを見せるんだからその分稼がないと」態度が変わるキャニオンチームだ。
 
 数日後、遂にバレーボール協会主催の新リーグが始まった。
「ほら、脱がないと」協会の役員は各チームの選手に全裸になるようせかしていく。
「脱ぎます。ヘアヌードになりますから、もう少し時間を下さい」やはり、大観衆を前にしての
ヘアヌードには勇気がいる。
(恥ずかしいわ、こんな大勢の前にオッパイと性器を晒すなんて…。)ブラジャーは脱いだがパ
ンティはなかなか脱げない。
(痛い、恥ずかしさで乳首が膨らんで痛いわ)選手の皆が乳首が大きく膨らんでいる。
「やるしかないわ、ヘアを丸出しのヌードに」美雪は叫ぶと一気にパンティを脱いだ。
「少ないけど、笑わないでよ」顔が真っ赤になっている。
「笑わないわよ。私もヘアを出さないと」康子も目を真っ赤にしながらパンティを脱いで絨毛に
覆われた股間を晒していく。
キャニオンは美雪と康子に誘われたか皆がパンティを脱いで全裸になった。
勿論監督の淑子も全裸になって出番を待っていると「選手入場です」控え室に声が掛けられた。
「い、いくわよ」淑子の声が震えており「わ、わかってるわよ」皆が体を揺らせながら会場に向
かって歩きだした。
「あれはレイカーズに移籍した小百合と、知加子だわ」雪江の声に皆が顔を上げてレイカーズの
選手を見ると「歌子、それに雪江さん!」2人も小さな乳房を揺らせ、股間の絨毛を晒して歩い
ていた。
「手抜きはしないからね」「こっちも手抜きはしないわよ」お互いに乳房と絨毛を晒しながら会
場に向かって歩く。
会場の入り口で進行係が「チーム名を呼ばれたら1人ずつ入って下さい、名前が呼ばれますから」
「1人づつなの?」さらに羞恥心が高まっていく。
「ええ、選手を覚えて貰うためですから」

 進行係が説明している間に「クイーンズ、入場です」放送が流れ、その放送に会場は歓声と奇
声が響いている。
「い、いくわよ」真っ先に監督が入ると「オ○ンコ丸出しだ!」大きな歓声が選手達にも聞こえ
ている。
その後、選手の名が呼ばれて次々と会場に入った。
「次はキャニオンの番です」進行係が説明しているが「わ、わかってるわよ」最初に入る淑子は
体が震えている。
「キャニオン入場です」(いよいよだわ)緊張が高まった。
真っ先に淑子が乳房と股間を晒して会場に入った。
「大林歌子!」スピーカーから歌子の名が呼ばれ「い、いくわよ」歌子は会場に入った。
「そ、そんな…!」会場に入るなり歌子の全裸にライトが照らされ乳房と股間の絨毛が
まぶしい。
(お、オッパイだけならまだしもヘアを見られてしまった…)体が振るえている。
「元全日本の大林の素っ裸だ。見ろよ」「見てるよ、オッパイが小さいな、ヘアは多いけど」会
場の観客は歓声を上げていた。
「三谷信子!」信子の名が呼ばれた。
(行くしかない!)緊張した顔で信子も入っていくと全裸がライトが照らされ、乳房と股間の絨
毛が浮き上がっている。
(見られている。フルヌードを…)歓声が響く中を信子は淑子と歌子のいる列に向かっていく。
「福田康子!」康子の名が呼ばれて会場に入った。
(こんな大勢にフルヌードを見られるなんて!)体を震わせながら歩いている。
その後も次々とキャニオンの選手の名前が呼ばれ会場に入ると(恥ずかしい、ヌードを見せるな
んて)今にも泣き出しそうな顔で乳房と股間を観客に晒していた。
 
 こうして、全チームが会場に入った。
「いいぞー!」「オッパイだけでなくオ○ンコも頼んだぞ!」屈辱的な歓声も上がっている。
新リーグの選手80人は泣きたい気持を堪え全裸姿で並んでいると「会場の皆さん、満足ですか」
協会の会長が挨拶を始めた。
「この新リーグがバレーボール協会直轄のリーグです。ヌードで行うのでヌード・リーグ、略し
てNリーグとします」
(ヌードが目的だったのね、バレーじゃなくて!)全裸で並ぶ選手達は唇を噛んだがもう遅く乳
房と股間を恥ずかしそうに晒すしかなかったのだ。
そして、セレモニーも進ファイナルを迎え「選手退場です」88人の監督と選手達は場内を1周
しなければならない。
「いいぞ、大林!」観客は揺れ動く元全日本の乳房と股間を見ながら興奮している。
(見ないで、ヘアだけは見ないで…!)体を震わせながら会場を1回りして退場し「いや、もう
イヤよ」控え室に戻った選手達は堪えきれず泣き出した。
「ヌードが目的じゃないのよ。私はバレーの選手なのに!」泣き叫んでいた。
「バレーでは食べていけないから裸で稼ぐしかないんだよ」協会の役員がいつの間にか入ってき
た。
「これからは俺がキャニオンの世話を見ることになった山田だ、覚えておけ」
「騙したわね、ヌードが目的だったのね」山田に詰め寄る選手達に「ああ、騙したよ。こうでも
しないと人が集まらないからな。それに、落ちこぼれの救済だ」
(落ちこぼれ…。Vリーグから落ちると落ちこぼれになるの?)黙って唇を噛む選手達だ。
「わかったようだな。生活は協会で面倒見るから裸で頼むよ」それには泣き声が一斉にあがった。
「これくらいで泣いてどうするんだ、こうされるよりいいだろう」
「い、イヤー!」全裸姿を良いことに股間や乳房を触りまくっていく山田だ。
 
アダルトブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/54-2e89e93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top