FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「恥辱の農村人妻」第6話 暴漢

第6話 暴漢

 二つの影は、布袋を被っていた。
目と鼻がくり抜かれて、袋が顔からずれないように固定してあり、二つの影は、一気に育子に襲いかかった。

 「いや。いやー!」悲鳴を上げる育子だが、2人によって、隣の麦畑に運ばれてしまった。
「やめて。いや、いやー!」抵抗するが無駄だった。
「暴れるな。おとなしくしろ!」

 「何をする気なのよ!」育子の声が震えている。
「素っ裸だよ。お前を素っ裸にして、やるんだよ!」
「冗談はやめて下さい!」育子の顔が真っ青になり、震えている。
「冗談じゃなくて、本気だよ。奥さんはここで素っ裸になるんだよ」

 「いや。そんなのいや!」育子は逃げようと、暴れるが無駄で、羽交い締めにされて動けない。
「無駄ですよ。ほら、早く脱がないと」
「いやー!」抵抗もできずに、叫ぶことしかできない。

 「まずは、シャツを脱ぎますか」
「やめて。お願い、やめてー!」叫び声を上げるが、誰にも聞こえるはずがない。
育子は、真っ先に野良着の上を剥ぎ取られ、水色のポロシャツが現れた。
「やめて。冗談はやめて下さい!」泣き叫ぶが、どうすることもできない。

 上着、ポロシャツと剥ぎ取られて、紫色のブラジャー姿にされてしまった。
「これを脱いだら、オッパイが丸出しだ。それにしても、都会の女は乳がでかいな」背中のホックが外された。

 「いや、いやー!」(オッパイを、夫以外に見られている、!)呆然とする育子は、ブラジャーを剥ぎ取られて、乳房が揺れている。
「やめて、お願いやめて!」泣き叫ぶが、上半身を裸にされると、両手を後ろ手にされて、ロープで縛られてしまった。

 「どうせなら、記念ビデオを撮って置いた方が良いよな」
「そうだよ。都会の女の素っ裸を、ビデオに撮っておかないとな。滅多に見れないし」
「やめて。お願いやめて!」上半身裸にされた育子に、ビデオカメラが向けられた。

 「ほら、オッパイの丸出しだ!」白く揺れ動く育子の乳房が、ビデオに撮られていく。
(いやよ。ビデオに撮られているなんて、いや!)顔を背けるが、戻され乳房を晒し、泣いている育子の姿が撮られている。

 「奥さんは、オ○ンコが好きなんだってね。毎日『オ○ンコして!』って旦那にねだってるんだってね」ビデオを撮っている男が言う。
「違うわ。そんな事、一度も言った覚えないわ!」首を左右に振っていく。
「嘘か本当かは、体で確かめさせて貰うよ」今度はズボンが剥ぎ取られ、ブラジャーと同じ紫色のパンティが股間を包んでいる。

 「どれ、オ○ンコのお披露目だ!」その、パンティが引き下げられた。
「いや、いやです。撮らないで!」顔を背けるが、パンティが引き下げられて、脱がされた。
(見られてしまった…。ヘアを剃ったばかりの性器を見られてしまった…)背けた顔が戻され、カメラに全裸姿を晒している育子が、収められてしまった。

 「言うんだよ。亭主にいつも言うように、オ○ンコして下さいって!」
「いや、絶対に言わないわ。そんな事は言わない!」
「それだったら仕方ないな。よし、足を広げさせるか!」足首が丸太に縛られていく。
しかも、1メートル程足を開いた格好でだ。

 「いや。やめて、こんなのいやー!」足を閉じようにも閉じる事ができず、開脚したままだ。
「ほう、オ○ンコの中も撮って貰いたいのか!」カメラは足下から、淫裂の中まで撮りだし「やめて。性器を撮るのは、やめて下さい!」泣き叫ぶ育子だ。

 「この前、流し台の前で、オ○ンコしてくれって、旦那にねだっていたよな?」
「言ってないわ。そんな事言ってないわよ!」
「嘘付いてもダメだよ。オッパイが弱いはずだよね?」布袋をかぶった1人が、育子の両乳房を掴んで揉んでいく。

 「やめて。オッパイを触らないで!」育子は、叫び声を上げ続けているが「ほら、これではどうかな?」両乳首が摘まれ指で転がされていく。
「あ、だめ。だめ…」悲鳴が、途切れてしまった。

 「ここも、弱いはずだよな?」ビデオを撮っていた男も加わり、淫裂を触わりだした。
「だめ。そこはだめ、やめて!」無意識に、呼吸が荒くなっていく。
「オ○ンコがしたいんだろう。早く言えよ!」指が淫裂からはみ出した肉襞を掴み、擦っていき、その後、膣の中に指が入ると「あ、あ、あー!」悲鳴から喘ぎ声に変わって
いる。

 (言わないわ。オ○ンコして何て、絶対に言わない!)しかし、乳首や乳房、淫裂を愛撫されては、ひとたまりもなく、淫裂からは淫汁が流れ出ている。
「ほら、オ○ンコからお汁が流れ出たぞ。言うんだ。オ○ンコしてと!」
「言わない。絶対に言わない!」

 「言わないなら、こうだ!」乳房を揉んでいた男は、両手で鷲づかみして、爪を乳房に食い込ませた。
(痛い、オッパイが痛い。もう我慢できない!)「して…下さい。オ…マンコを…」小さな声でやっと言った。

 「何だって。もっと大きな声で言うんだよ!」今度は乳首が潰された。
「ヒー。して下さい。オ○ンコをして下さい!」遂に言ってしまった。
「そうか、オ○ンコがしたいのか。だったらやってやるぞ!」勝ち誇ったように乳房を鷲づかみした男は、ズボンを引き下げて、下半身を丸出しにしていく。

 パンツも脱いで、下半身が丸出しになると「入れてやるぞ!」肉竿がゆっくりと、淫裂に入り込んでいく。
「言うんだよ。いつも旦那とオ○ンコをしているように!」肉竿が根本まで入り込んでしまった。

yagai_20190118124815551.jpg

 (あなた、許してください。これは仕方なかったんです!)詫びながら「して下さい、オ○ンコをオチンチンで、グジュグジュにして下さい…」目を閉じているが、目尻から涙が流れている。

 「そうか、グジュグジュにか。やってやるぞ、俺のチンポで!」肉竿のピストンが始まった。
指での前戯で、淫裂はすんなりと肉竿を迎え入れ「あ、あ、あー!」初めて、夫以外の肉竿が淫裂に入り込んで、ピストンしている。

 (あなた、許して下さい。どうしようもなかったのよ…)詫びるが、どうしようもなかった。
もう1人の男は、犯されている育子をビデオに撮っている。
(許して。あなた許して!)閉じた目からは、筋となって涙が流れている。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/560-656a8a0d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん