FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「恥辱の農村人妻」第11話 膣内射精

第11話 膣内射精

 和宏は腰の動きを早めた。
「千秋。お前もしたいんだろう、準備しておけよ」
「わかったわ。宏明さん、手伝って貰えます?」
「いいですよ、手伝います」和宏は、千秋の着ていた服を脱がしていく。

 「気持ちいいわ。脱がされると感じるの。犯されているみたいで、感じるわ」
「姉さん。犯してしてやろうか?」
「イヤ、そんなのイヤ。ただ、言ってみただけよ」
「なんだ、残念だな。犯したかったのに」パンティも引き下げて、千秋の股間を露わにした。

 「綺麗だ。姉さんのオ○ンコも綺麗だよ」
「イヤ、オ○ンコだなんて。もう言わないで、オ○ンコって!」
「千秋、オ○ンコはオ○ンコだよ。それ以外なんて言うんだ?」
「そ、それは…」千秋は、もう何も言えない。

 「割れ目とでも言おうか。ピンクの割れ目って!」
「イヤ。そんな言い方もいやです。オ○ンコでいいです…」千秋はブラジャーも脱がされて全裸にされた。

 「姉さん。いいだろう?」
「だめ、夫持ちよ。いけないわ」
「千秋、弟の相手してやれ。オ○ンコしてもいいぞ。俺もやっているんだから」
「ありがとう、あなた。宏明さん、私としてもいいそうよ」
「千秋さん!」「宏明さん!」2人は抱き合って、畳の上に倒れてた。

 「ダメ。まだ早いわ。オッパイからよ、オッパイにしてから!」宏明は乳房を揉みながら乳首を口に含むと「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げていく。
「ほら、こっちもやろうぜ。奥さん!」育子も畳に倒されて乳房が揉まれた。

 「あ、あ、あー!」乳首も吸われ、乳首も噛まれて、背中を浮かせて声を上げている。
(いいわ、いいの。凄くいいわ!)育子は夫以外の愛撫に、声こそ出さないが、体が反応していた。

 宏明は千秋の乳房に頭を埋め、肉竿をピストンしていくと「あん、あん、あん!」声を上げながら、両手で和明の頭を抱きしめた。
「いいわ、いいわ!」気持ちよさそうに声を上げながら、淫裂からは淫汁を流している。

 同様に育子も「ん、ん、ん!」声を上げまいと堪えながらも、乳房に顔を埋めた和宏の頭を両手で押さえていた。
(行きそうだわ。でも、これくらいでは行かないからね…)淫裂の中は淫汁が溢れ出てベトベトになっている。

holdsex_26.jpg


 「行きたいわ、行かせて。宏明さん!」
「ダメだよ、行くのはまだだよ。ほら、好きなバックでやらないと…」
「そうよね、あれで行かせて!」千秋は四つん這いになり「入れるよ!」和明は肉竿を淫裂に押し込んでいく。

 すかさず「あっ、あっ、あー!」体をくねらせながら、声を上げた。
「ここにも入れるよ」肉竿をピストンしながら、親指をお尻に押し込んでいくと「ダメ、お尻はまだダメ。準備していないから、イヤー!」首を左右に振って拒んだ。

 「何だ、してこなかったのか。終わったら、やらせろよ」
「あなたにして欲しいから、してきませんでした…」
「そうか、偉いな千秋は。和明、ご褒美に、オ○ンコの中に出してやれ!」
「ダメ、それはダメ。あなた、妊娠したら困ります、あなた許して!」

 「構わないさ。妊娠したら、産めばいいだろう?」
「そ、そんなー。あなたやめさせて。お願い、やめさせて!」
「そうはいかないよ。俺だって、オ○ンコの中に出すんだからな!」
「イヤ、膣の中にはださないで。いやー!」家の中には、育子と千秋の悲鳴が響いているが、隣家と離れているので、聞こえるはずなど無い。

 「イヤ、妊娠したくない。やめて、和明さん!」千秋は和明から逃れようとしていく。
「困ったな。これじゃ、オ○ンコもできないよ」
「こっちもだよ。借金の身代わりが、イヤがってな」

 「妊娠がイヤなんです。射精しないと約束するなら、セックスをします!」泣きながら育子も言った。
「私もイヤ。夫以外の子供は妊娠したくありません」千秋も泣きながら言う。

 「仕方ないな。宏明、あれを持ってこい!」
「わかった、あれだね」宏明は持ってきたバックを開けて、赤い紐を取り出した。
「まずは、姉さんからだ」「いや、やめて、いやー!」両手首が後ろで縛られた。
さらに、肩と腕の2カ所にも、赤い紐が巻き付けられて、千秋の乳房を赤い紐が上下に巻き付いていく。

 「イヤ、やめて。こんなのやらない約束よ。いやー!」千秋はもう手の自由が効かない。
「今度はこっちだ。奥さん覚悟してくれ!」
「いや、いや!」千秋同様に両手首を縛られた上に、乳房の上下に巻き付けた赤い紐が食い込んでいる。

 「脇も縛ると、オッパイに食い込んでいいよ」
「ひー!」両脇の紐が絞られ、乳房の上下の紐も乳房の膨らみを絞り込んでいく。
「解いて。あなた、お願い、解いて!」
「そうはいくか、我慢しろ。今度は、奥さんだからな」
「痛い、いやー!」育子も両脇が絞られて、乳房の膨らみが変形している。

 「これで、もう逃げられないからな。オ○ンコを覚悟しろよ」
「やめて。出すのはやめて!」育子と千秋は頭を畳に付けて、腰を押さえられた。
「ヒー!」足を開かされ、淫裂に肉竿が押し込まれ「あ、あ、あー!」顔を歪めながら耐えていた。

 「クシュ、クシュ!」二つの淫裂は汁を流しながら、卑猥な音を立てていき「やめて。お願いです、出すのをやめて下さい!」泣き叫ぶが、肉竿は動きを止めない。
むしろ、動きが早まって「あ、あ、あ!」乳房も畳と擦れている。

 「気持ちいいや。これは最高だな」
「そうですよ。前からやりたかった事ですから」気持ちよさそうに腰を振り続けていく。
「兄貴、俺は行きそうだ。行ってもいいかな?」
「いいぞ、もう行っても。俺も、もうすぐだし…」ピストンが早まっていく。

 そして、クライマックスを迎えて「いや、いやー!」「こんなのいやー!」泣きながら悲鳴を上げていく2人だ。
二つの淫裂からは、放出されたばかりの精液が、淫裂と肉竿の隙間から流れ出てきた。

 「イヤ、妊娠だなんてイヤ!」
「あなた、許して。仕方なかったのよ!」2人の女性は、淫裂から精液を垂らしながら泣いていた。

 「これくらいで、泣くなんて。千秋、夜は長いんだぞ!」
「お願い。せめて、膣だけを洗わせて、あなた以外の子を妊娠だなんて、許して!」
「我慢しろ、隣の奥さんだって、俺の子を産むんだからな」
「イヤです。許して下さい、膣を洗わせて下さい!」両手を縛られた2人の女性は、淫裂から精液を流しながら泣き続けた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/565-3f77473a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん