赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「全裸のアタッカー」第13話 スポンサー  

 こうして試合が次々と行われて第2ステージが終わると皆が股間の絨毛を剃られてしまい、短い絨毛に包まれている。
「いやよ、ヘアを剃られるのは!」泣きながら雪江の短いヘアが再び剃られ、淫裂を観客に晒し
ている。
「み、見ないで、性器の中はお願いだから見ないで!」叫ぶが観客はピンクの淫裂を見ながら肉
竿を擦っていた。
「オナニーしないで。性器を見ながらオナニーなんて不潔よ!」淫裂を観客に晒しながら一回り
して戻ってきた。
「負けたか、雪江!」山田は肉竿を掴みズボンから取りだした。
「わかっているわよ」それを口に含んでいく雪江だった。
 
 第2ステージが終わるとしばらく試合がないので各チームは合宿を行うことにしていた。
キャニオンはとある海岸の豪華別荘を借りての合宿だ。
「そーれ!」砂浜で練習をしているが「熱いわね、これを脱ごうかしら?」「そうね、素っ裸で
やろうか、ここはプライベートビーチだからヌードも安心だし」淑子は水着を脱いで全裸だ。
「私もフルヌードがいいわ」選手達は次々と服を脱いで全裸になっていくと股間の短い絨毛から
淫裂が覗いていた。
皆が脱ぎ終えると再び練習が行われた。
練習は炎天下の下で2時間行われ「泳ごうか!」淑子は海水に飛び込み、その後を追って選手達
が飛び込みはしゃいでいた。
練習が済んで合宿所に戻ると「今日、大事なお客様がお見えだ。粗相がないようにな。それから
素っ裸で出迎えだぞ」その言葉に「いや、裸なんていやです…」泣き出す選手達だ。
「お前達のスポンサーだ。うまく行けばお前達の収入が4千万を越えるんだぞ」
「で、でもヌードなんて…」項垂れる選手達に「素っ裸で稼ぐんだ、若いうちにな」山田の言葉
に(ヌードモデルじゃないわよ、バレーの選手よ)唇を噛む選手達だ。
 
 そのころ、この合宿所に向かい高級車が数台連なって走っていて、夕方に合宿所に着いた。
「お待ちしてました」車から降りる男性を山田が出迎えにでた。
「ここか、楽しみだな」まだ若い男性達が山田の案内で合宿所に入って来ると「ようこそ、お出
で下さいました。歓迎します」それを淑子達キャニオンの選手が迎え入れる。
淑子を始め選手の皆が素っ裸だ。
(恥ずかしい、オッパイとあそこを見られている!)真っ赤な顔になって体を小刻みに奮わせて
いる。
「せっかくですから歓迎会をさせて下さい。こちらですから」
「すまないね」10人の男性が大広間に入ると「ほー、豪華だね、ここは」「ええ、東西鉄道オ
ーナーの別荘ですから」大広間には豪華な料理が並べられていた。
「早速ですが乾杯をお願いします」代表して乾杯が行われてた。
 
 乾杯が行われると招待客は好みの選手を求めて話し込んでいく。
「大林歌子さんですね」
「は、はい。歌子です」
「可愛いオッパイですね、触らせて下さい」いきなり両乳房が触られていく。
「そ、そんな…!」突然の事で言葉を上げられない歌子だが、それは歌子だけでなかった。
「いやー!」「やめて!」一斉に選手達は乳房を掴まれ揉まれていた。
「そ、そこだけはいやです!」康子はやっと生えた絨毛が触られている。
「僕がスポンサーになって上げるから我慢しなさい」
「スポンサーにですか?」
「そうだ、2千万は出すよ、それ以上欲しかったら我慢しなさい」
(3千万は貰うわ、オッパイと性器をを触られたんだから)康子はされるがままだった。
同じように、歌子や信子達ももおとなしく乳房と淫裂を触られていた。

 宴会が始まり、1時間半ほど過ぎた。
「酔いが効いたようですね。お風呂で汗でも流したらいかがですか」
「風呂があるのか、一緒に入るぞ」
「そ、そんな!」慌てる選手達だが「いいじゃないか、背中を流して上げなさい」渋々スポンサ
ーになった相手と一緒に浴室に入っていく。
浴室は大きな風呂で「歌子さん、手伝って!」「は、はい!」歌子は恥ずかしそうにスポンサー
に決まった男性の服を脱がせていく。
(オチンチンが膨らんでいる!)恥ずかしそうにパンツも脱がせ全裸にさせた。
そして、浴槽に浸ってから体を洗っていく。
「前も頼むよ」「は、はい!」丁寧に勃起した肉竿も掴んで洗うが(ソープじゃないのよ…)不
満を持ちながら洗っていき、勿論、皆がスポンサーの体を丁寧に洗った。
「今度は僕が洗うから」
「じ、自分でします」
「遠慮するなよ」選手達はスポンサーに体を洗われていく。
勿論、背中ばかりで収まらず、乳房や淫裂も丁寧に洗う。
(だめ、そこは感じるからいやです!)クリトリスを触られている康子の体がブルブル振るえて
いる。
歌子や信子達も同様に振るえていた。
 
 体を洗い終えると皆が生まれたままの姿になって体を拭いている。
「選手達の部屋をご覧下さい。そこでしばらくお休みになってはいかがですか、きっと満足いた
だきますから」
(素っ裸で2人きりになるなんていやよ!)顔が真っ青になる選手達だ。
「そうだな、行くか!」腕を掴まれ逃げれない。
「わ、わかりました。こちらです」歌子はスポンサーに腕を掴まれて自分の部屋に入った。
「ここが歌子の部屋か!」入るなり歌子に抱きついた。
「いや、いや。レイプはいや~!」叫ぶ歌子に「レイプじゃないよ。スポンサーの代償だ。いく
ら欲しいんだ?」ベッドに押し倒されて乳房を揉まれている。
(オチンチンが膣に入ってくる!)勃起した肉竿が淫裂に押し当てられた。
「いや、いやー!」泣き叫ぶが容赦なく肉竿は奥を目指す。
「やめて~!」歌子が悲鳴をあげたが容赦なく肉竿は乙女の封印を突き破った。
「ヒー!」一瞬、体が痙攣をし、それと同時に淫裂から鮮血が流れてシーツを汚していく。
悲鳴はあちこちから上がっていた。
「いやー!」「痛い!」悲鳴をあげる選手達だったがやがて、おとなしくなって、皆が淫裂から
鮮血を流して泣いている。
「う、う、うー!」それでも肉竿が動き回っていく。
「いい体つきだ。オ○ンコの締まりが違うな」スポンサーは腰の動きを早めていく。
(痛い、膣が裂ける…!)顔を歪め無理矢理動く肉竿に耐えていた。
「いく、いくー!」歌子は膣の中が暖かくなるのを感じた。
(暖かい、もしかして射精?)「いやー!」叫ぶ歌子は泣き出した。
「できたら僕の嫁になるんだからな。贅沢できるよ、大和不動産の社長子息だから」
(何よ、レイプしておきながら…)泣き続ける歌子だ。
 
 「体を洗おう、チンポも血で汚れたし」歌子はスポンサーに連れられ浴室に向かった。
「う、歌子もなの?」信子も淫裂から血と精液を流していた。
「信子もなのね」歌子と信子達は浴室に入った。
すると、康子や美雪、真理までもが入ってきたが、皆が股間から血を流していた。
「もう、戻れないからね」浴室に入るとスポンサーに丁寧に淫裂を洗われていく。
「じ、自分でします。こんなの見ないで下さい」淫裂から精液を流している姿は見られたくなか
った。
「自分でするならそれでもいいよ」諦めたのか血で汚れた肉竿を洗っていると、雪江達残りの選
手達も入ってきた。
「同じなんだ、皆がレイプ同然でバージンを奪われたのね」再び泣き出す選手達だった。
「泣くなよ、これからはも一緒なんだから」スポンサー達は自分の膝に選手を抱きかかえていく。
「いや、見られている。ここじゃいやです」綺麗になった淫裂に再び肉竿が入っている。
「そうか、ここじゃイヤか」太股を抱きかかえて立ち上がった。
「だめ、下ろして、だめよ」「いや、こんなのいやよ…」選手の皆が淫裂に肉竿を入れられれ
抱きかかえられている。
「部屋ならいいんだね?」
「う、動かないで、お願いよー!」スポンサー達は選手を抱きかかえたまま部屋に向かうが「あ、
あ、あー!」「ひー!」歩く度に肉竿が淫裂の中まで突き刺している。
(お、オチンチンが膣の奥まで刺さってくる!)悲鳴をあげながら落ちまいと両手で首に抱きつ
いている。
「気持いいよ、こんなオ○ンコができるなんて」
「いや、オ○ンコなんて言わないで…」
「卑猥でいいよ、オ○ンコが一番だよ」腰を動かしながら部屋まで戻ってきた。
 
 「今度はお前が上だよ、わかってるね」
「いや、できない。そんな事はできない!」
「だったらこれだ!」ベッドに放り投げられ四つん這いにされた。
「いや~。オチンチンが膣の奥まで突き刺す~!」体を震わせ悲鳴をあげている。
「ほら、あそこも始まったぞ。お前もバックだ」悲鳴が呼び水になり次々と四つん這いにされ再
び淫裂を肉竿で突かれていく。
「だめ、お願いです、もうだめです!」体をくねらせ乳房を揺らせているが「我慢しろ。妊娠し
たら妻にしてやるから安心して相手をしろ」
「いやよ、こんな乱暴をする人は嫌いです!」叫ぶが腰の動きが速まって「ピシャ、ピシャ!」
肉同士のぶつかる音が響いている。
そして「いやー!」再び悲鳴をあげ、淫裂から精液を垂らしていた。
それは選手の皆がそうだった。
スポンサーになった若者は朝まで幾度も決められた選手の淫裂を肉竿で突き捲っていた。
合宿は2週間ほどだったが、その間にも再びスポンサーが訪れ、選手達の体を求めて淫裂に精液
を噴射していった。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/57-d3880a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top