fc2ブログ

「淫らな病院」第1話 赴任

登場人物

     朝倉未姫:内科女医       松岡健二:事務長
     〃 朋美:未姫の妹、研修医   栗林裕太:院長
     飯田直子:看護婦長       〃真紀子:栗林の妻  
     宮下淳子:内科女医       鈴木里奈:婦人科女医
     内藤拓也:内科長        松下典子:看護婦
                     桜井昌美: 〃
     佐藤俊平:診療所の医師     遠藤達夫:理事
     榊原泰三:資産家        〃 崇子:遠藤の妻
     〃 緒里:泰三の妻  

第1話 赴任

 田舎の町には似つかない、大きな病院の受付に、若い女性が現れた。
「お忙しい所、申し訳ありませんが、事務長の松岡さんにお会いしたいのですが…」事務長に会いたいという言葉に「申し訳ありませんが、どちら様で?」事務員も怪訝な顔をした。

 「朝倉未姫と申します。片岡教授の紹介で伺いました」
その言葉で、事務員も「少しお待ち下さい。直ぐ連絡を取ります」態度も変わり、言葉使いも丁寧になっている。

 未姫は言われるまま、ソファーに腰を降ろし、待っていると「お待たせしました。私が松岡です!」男性が現れた。
「朝倉未姫と申します。片岡教授から、ここを紹介されまして…」

 「存じてます。ここでは何ですから…」松岡は未姫を連れて事務長室へと向かった。
ドアを開けて、中に入るとソファーが向き合うように置かれている。
未姫は松岡に言われて座ったが、スカートの裾が気になった。

 (ズボンにすればよかった。これじゃ、見えてしまうかも…)ミニスカートだから、裾がまくれ上がり、パンティが見えそうで、両手で股間をしっかりと押さえた。
そんな未姫に「おいで頂き、助かりました。何せ、医師不足でしてね」コーヒーを入れて、置くと向き合うように座った。

 「頂きます」股間から手を退けてコーヒーを掴むと、松岡の目には未姫の股間を覆う、白い布が見えた。
(白か。もっと色気があればいいのに…)食い入るように眺めている。

 (パンティを見られている…)松岡の視線に気づき、カップを置くとまた手で股間を覆うと(何だ、気づいたのか。もっと見たかったのに…)残念に思いながらも、色々と尋ねた。

 松岡は未姫に、一通り質問してから「前金で3ヶ月欲しいとそうですね?」尋ねた。
「はい。妹の授業料支払い期限が迫ってまして…」
「妹さんがいるんですか?」
「はい、私と同じ大学に通ってます…」

 「そうでしたか。妹さんは医者の卵ですか。それでしたら、ぜひ内で働いて、貰いたいですね」
「それでしたら、この件は…」
「勿論、承知しましょう。但し、院長の許可が必要ですが…」

 「院長さんの許可ですか?」
「はい。これから院長に会いに行きましょう!」松岡に言われるまま、一緒に院長室に向かった。

 「院長。この前お話しした、女医さんですよ」
「朝倉未姫と申します」未姫は頭を下げた。
「何も、そんなに堅くならなくていいよ。私は院長の栗林だ…」栗林は自己紹介をしながら話していく。

 それを聞いていたが「院長、それよりも、この件ですが…」松岡は未姫からの要望書を見せた。
「何か、事情があるみたいだね」
「妹さんの授業料です。同じ大学だそうでして…」
「そうか、医者の卵か。それならいいだろう」栗林は未姫の頼みを受け入れた。

 「助かりました。かなりの高額でして…」
「そう言われると嬉しいな。仕事は、明日からでも大丈夫だろう?」
「構いませんが、まだ、住む所も決まってませんし…」
「それだったら、心配ないよ。独身者用の寮もあるから」

 「そこに、住んでもいいんですか?」
「構わないよ。希望すればの話しだが…」
「そこに住まわせて下さい。できるだけ、節約したいんです」

 「今時、寮がいいなんて珍しいね。それなら、後で私が案内します。それよりも病院の中を知って貰わないと。内藤君を紹介しよう!」今度は、栗林によって病院内を案内され、説明を聞きながら内科長の内藤に紹介された。

 「内藤拓也です」そう名乗り、未姫も同じように「朝倉未姫です」と名乗る。
「内藤君、明日から一緒に頼むよ」
「わかりました。明日からは当面の間、助手をして貰うよ」
「よろしく、お願いします」未姫は内藤に頭を深々と下げた。

 病院内を一回りすると、松岡が「住まいの方ですが、事務の伊藤に案内させます」女性を呼び「伊藤君、新しい先生だ。寮まで頼むよ」女性に頼んだ。
「わかりました。案内します」伊藤と言われた女性は、未姫と一緒に病院から出た。

 「そう言えば、先生の名前を、お聞きしてませんよね?」
「ご免なさい。朝倉未姫といいます」
「朝倉未姫か、言い名前ね。私は伊藤香奈よ。よろしくね」
「こちらこそ、よろしくお願いします。所で、ここから遠いですか?」

 「もうすぐよ。ほら、あの白い建物がそうなの」
「何だ。そんなに離れてないのね」
「そうです。ですから、急患の時は招集が掛けられます。覚悟して下さいね」香奈は話しながら、建物の中に入った。

 「この寮は、看護婦さんと一緒なの」確かに、建物の中には女性特有の雰囲気が漂っている。
「先生は2階です。ここから行きます」
「エレベーターもあるんだ!」
「あるわよ。5階まであるのよ」笑顔で話す香奈だ。

 そして、2階でエレベーターを降り、歩いて行くと「ここです。ここがそうなの」鍵を外してドアを開けた。
「少し、湿っぽいわね。後は先生がして下さいね」窓を開けて空気を入れ換えて「一応、最低限はあるけど、残りは自分で整えて下さい」
未姫は「これだけあれば、充分よ」部屋の中を調べながら言う。

 「それじゃ、戻りましょうか。後はお願いしますね」香奈は鍵を未姫に渡し、2人が部屋から出ると「あら、香奈さんじゃないのよ!」声が掛けられた。
「典子さん、これからなの?」
「そうなの、今夜は夜勤よ。それより、そちらは、どなた?」

 「新しい先生よ。朝倉未姫さんというの」香奈が言うと「朝倉未姫です。これからは、よろしくお願いします」未姫も挨拶する。
「未姫さんか…。私は松下典子と言うの。よろしくね!」挨拶を済ませると、未姫と香奈は病院へと戻っていく。

 途中で「未姫さん。あの人は、変な趣味があるから注意してね」香奈が言う。
「変な趣味って、どんな風に?」
「あの人、女趣味なの…」
「それって、レズじゃないの?」
「そうなの。部屋に連れ込んで、裸にしちゃうのよ」
「そんな、裸にだなんて…」

 「本当よ。私も、イヤだったけど、逆らえないから…」泣き出しそうな声で話し出す。
「どんな事されたの?」
「あそこを、なめるのよ。それに、オッパイも…」
「それだけなの?」
「もっとよ。一晩、恥ずかしい事されたの。でも、指でするだけだから、そんなに痛くはなかった…」

 「膣に、指を入れられたの?」
「そうなの。思い出しただけでも、恥ずかしい」香奈はそれだけ言うと黙り込む。
(噂には聞いていたけど、本当に、レズがいるんだ…)未姫も黙り込んだまま、歩いて行く。

 病院に戻ると「朝倉先生、これに、記入して下さい」用紙が渡され、それを見てから名前を記入していく。
「朝倉先生。例の件ですが、振り込みましたよ。ATMで確認して下さい」
「お世話掛けまして、申し訳ありません!」頭を下げて、ロビーにあるATMを操作していく。

 (間違いなく、振り込まれている。これで授業料も払える…)未姫はメモを片手に振り込んでいく。
「これで、ホッとした!」未姫が安心すると「今日は、ここまででいいです。明日は、8時までに来てくださいよ。ロッカーも用意しておきましたし」
「申し訳ありません。お言葉に甘えまして…」頭を下げて病院から出た。

 病院を出ると、真っ直ぐ商店街に入り、必要な物を買い込み、寮へと戻った。
戻ると、バックを開けて、クローゼットに仕舞い込む。
「これも、仕舞わないと」買い込んだ下着も一緒に仕舞い込み、夕食の準備を始めた。

 そして、夜になり、ベッドで横になると、女性の泣き声らしいのが聞こえてくる。
「何かしら?」耳をすますと「そこ…。もっと指で…。行くわ、行きそう…」喘ぎ声が聞こえてきた。

 「もしかして、香奈さんが言っていたレズでは…」興味が沸くと、もっと聞こえるように、壁に耳を押し付けた。
「指でするけど、いいわよね?」そう言うと「あ、あ、あ~!」声が上がり(間違いないわ。性器に指を入れている…)未姫の股間が、急に熱くなっていく。

 そんな事などお構いなしに「いいわ…。凄く気持ちいい…。オチンチンより感じる…」
声を上げ続けた。
(こんなのを聞かされたら、私だって、おかしくなっちゃう…)未姫の手がパンティに入り込み、割れ目に沿って指が動きだす。
(気持ちいい。久しぶりのオナニーだし…)指の動き出すと、空いた手がブラジャーを捲り上げ、乳房を揉み出した。

 「噛んで…オッパイ噛んで…。いいわ、凄くいい…」前にも増して声が大きくなっている。
(噛まれて、痛くないのかしら?)未姫も乳首を摘んで潰した。
(気持ちいい。これくらいなら、気持ちいい…)初めて乳首を潰し、快感を知った。

 (私も気持ちいい…。膣がヌルヌルになっている…)未姫の指が濡れている。
(行きたい、このまま行きたい…)快感に酔った未姫はベッドへ横になると、パンティ、ブラジャーも脱いで乳首と淫裂を触りだした。

未姫が壁から聞こえる声に合わせて、指を動かし続けると、淫裂から液体が漏れ出ていく。
(お汁が漏れていく…)まだ、男を知らない未姫でも、指に淫裂が反応している。

 それでも、指を動かし続けると「行く、行く~!」悲鳴に近い声が聞こえた。
(行ったんだ。私も行かないと…)動きを速めて(行くわ、行く~!)バッタリ動きを停めた。
暫く休んでから、淫裂を拭き取るが「隣は誰かしら。それに相手は…」気になった。

 翌朝、未姫は松岡から言われた通りに、8時前に出勤して着替えを済ませ、内藤の元へと向かうが、内藤はまだ来てない。
それでも「おはようございます」居合わせた看護婦に挨拶すると「新人ね。年はいくつなの?」尋ねられる。

 「26になったばかりでして…」
「美しさと、スタイル良さが羨ましいわ」白衣の上から触られる。
「そんな、美しいだなんて…」逃げようとしても、触った手は離れない。
(やめて。私には、そんな趣味はないのよ!)振り払う事もできずにいると「新人が入ったんですってね!」女性の声が聞こえた。

 その声に、手が退けられ、同時に声の主が現れて「あら、以外に綺麗じゃないの。名前は?」未姫を見つめる。
「朝倉未姫と申します…」
「未姫さんか。私は宮下淳子と言うの。よろしくね。で、住まいは?」
「近くの寮に住んでますが…」

 「何だ。一緒なんだ。どの辺なの?」
「2階です。エレベーターを出て3部屋目です…」
「驚いたわ。私の隣じゃないのよ。4部屋目が私なのよ」
「そうでしたか。これからもよろしくお願いします」頭を下げ、挨拶するが(昨日の声は淳子さんだったんだ。相手は誰かしら?)急に思い出し、思案していく。

 そこに「来たか。これから紹介するから行こう!」内藤は、現れるなり未姫を連れて歩き出すと、ナースステーションが目に入った。
(ここでも挨拶するんだ…)緊張しながら、中に入ると看護婦達が並んでいる。

 「婦長、新人を紹介するよ!」内藤に言われ「朝倉未姫です。何もわかりませんが…」挨拶していくとヒソヒソ話されていく。
それが済むと「婦長の飯田直子です。よろしくね」こうして、挨拶が済むと、内藤の指示で診察を始めた。

 診察は5時で終わり、患者もいなくなって、静かになっている。
「初めての感想はどうだ?」
「神経が疲れました…」
「無理もない。俺だってそうだったし…」内藤と話していると「新人さん、一緒に帰らない?」淳子が声を掛けてくる。

 「そうですね。同じ所ですからね」
「そうよ、今夜は歓迎会もしないと」腕を掴んで、診察室から出ていくと直子とすれ違った。
「いいな、お帰りですか?」

 「そうよ、直子さんは夜勤なの?」
「そうなの。来週なら、夜勤がないからいいけど…」
「その時は、改めて!」「期待してるわ」淳子と直子は、意味不明な事をいいながら話していた。

 それが済むと「行こう」また腕を掴まれてロッカー室に入った。
未姫は白衣を脱いでいくが、淳子は横目で見ながら脱いでいく。
(イヤだわ。脱ぐのを見るなんて…)視線を感じながらも、下着姿になった。

 「あら、大人しいのね。もっと、いいのを着てるのかと思ったのに…」残念そうな顔をして、未姫のブラジャーの上から、乳房を撫で出す。
それには「こんなのしか、持ち合わせが無くて…」淳子の手を押さえて言う。

 「それだったら、今度の休みに行きましょう。いい店知ってるから」別な手がパンティの中に入り込み「そ、そこはだめ!」慌てて、その手も押さえた。
「そうね、今はダメよね。いずれ、そのうちに…」素直に手を引いた。

 (よかった。見られたら、噂になるし…)急いで私服を着だすと、淳子は下着姿になった。
(オッパイが見えそうだ。それに、お尻や性器も…)淳子の下着は、乳房が今にも飛びだしそうで、パンティも大事な部分を、やっと隠す代物だ。

 (淳子さん、ヘアはどうしてるのかしら。あれだったら、見えるはずだけど…)下着姿を見つめているが、平然と私服になっていく。
「終わったわ、行こうか!」着替えを済ますと、2人は寮へと向かった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター