fc2ブログ

「淫らな病院」第4話 内藤の脅し

第4話 内藤の脅し

 2人で診察室の中を捜していると「君達、どうかしたのか?」内藤が顔を出した。
「はい。ちょと、捜し物がありまして…」
「捜し物か。一体何を捜しているんだ?」
「カメラです。これくらいの大きさで!」淳子が手で示しながら喋ると「もしかして、これかい?」カメラを取りだした。

 「そうです、それです。ありがとうございました!」手を伸ばして受け取ろうとすると「ただじゃイヤだな。凄いのが写っているし」内藤は取られまいとする。
それには「お願いです。この通りですから、お返し下さい!」未姫が泣きそうな顔で頼み込む。

 「そんな顔されてもイヤだな。俺にも、素っ裸を撮らせるなら別だが…」
「そんな、ヌードを撮らせろだなんて…」未姫は泣き声に変わった。
「それくらい当然だろう。院長に知られたら、困るだろうし」
そう言われれば、しかないのか「わかりました。ヌードになります」小さな声で言う。

 「そうか、やってくれるか。それなら、宮下君も頼んだぞ!」
「どうして、私がヌードなのよ。写っているのは、私じゃないのに…」
「たぶん、撮ったのは君だろう。だったら、責任持たないと。それとも、朝倉君の写真が、どうなってもいいのかい?」内藤の巧みな話術に「わかりました。私も裸になります…」淳子も承知した。

 「それじゃ、早速だが、撮るから脱いでくれ!」内藤は別なカメラを構え、その前で2人は服を脱ぎだした。
すると、内藤はスイッチを押し続け、脱いでいく様子をカメラに収めていると、2人はパンティとブラジャーだけになった。

 「まずは、パンツだな。太股まで下げてくれ!」言われるままに、両手で腰のパンティを掴んで引き下げた。
「ほう、パイパンか。これはいい!」割れ目の上に、わずかに絨毛があるだけで、淫裂が剥き出しになっており、その淫裂に、興奮しながらスイッチを押し始めた。

 (性器を男に見られているんだ…)一番恥ずかしい部分を、男に見られている未姫は太股が震え、顔を上げられない。
「朝倉君、顔を上げて!」(顔は撮らなくていいわよ…)そう思いつつ、顔を上げてカメラを見つめると「ピン!」スイッチが押される。

 「次は、ブラを上にずらして、オッパイを出すんだ!」言われた通りにブラジャーを上げて乳房を露わにした。
「いいね。素っ裸よりもエロくていいよ!」また、スイッチが押される。

 それが済むと、全部脱ぐように言われて、2人の身体を隠す布は無くなった。
「手を退けないと。イヤなら覚悟して貰うぞ!」そう言われれば逆らえず、両手を下げて、乳房と無毛の淫裂を内藤に晒しカメラに、収まった。

 しかし、それだけでは済むはずが無く「次は、外で撮ろう!」と診察室から出ようと言い出した。
それには「外はイヤ。中だけにしてください!」未姫は首を振って拒んだ。

 「そうは行かないな。撮らせないなら、これを、返すわけには行かないな!」カメラを見せつけると「外以外でなら、何でもします。ですから…」涙を流して拒んむ。
「本当に、何でもするのか?」
「はい、何でもします…」

 「それなら、抜かせて貰うか…」ベルトを外し、ズボンを脱ぎだした。
その行為に「許して。セックスは、許してください!」両手でしっかり股間を押さえて叫ぶと「勘違いするな。オ○ンコでやるんじゃない。口でやるんだ!」そう言いながら、パンツも脱いで下半身を剥き出しにした。

 露わになった股間には、そそり立った肉竿があり、未姫は(オチンチンだわ。あれが入ったら、痛いだろうな…)怯えた顔になっている。

 そんな未姫に「朝倉、やってくれ。宮下は撮るんだぞ!」カメラを淳子に渡す。
(仕方ないわ。外で撮られるよりは、ましだし…)覚悟を決めた未姫は、内藤の正面で膝を付け、肉竿を手で掴んだ。
「暖かい。オチンチンが暖かい…」膨らみきった肉竿が、更に膨らんで限界になっている。

 「やれ、口でやれ!」内藤に言われた通りに、目を閉じて唇を肉竿に押し付けた。
「そうだ。中まで入れろ!」頭を押さえ、腰も押し付ける。
(待って。そんな急に入れないで…)息苦しさに首を振るが、肉竿はなおも喉奥を目指して、入り込んだ。

 「宮下。見てるだけじゃダメだ、撮るんだ!」
「わかってます!」淳子はスイッチを押したが(撮らないで。こんな姿はイヤなのよ)首を振る未姫だ。

 内藤は手で未姫の頭を押さえていたが、背中を曲げて乳房を揉み出す。
「柔らかい。これ朝倉のオッパイか…」ゆっくり揉み出し、乳首も摘んで転がしていくと(ダメ。そこをされたら…)敏感な乳首を掴まれ、息も荒くなってきた。

 同じように「気持ちいい。オ○ンコがダメなら…」内藤は肉竿を抜くと、未姫の背中に回り、四つん這いにした。
「イヤ、セックスはイヤです!」膣には入れられまいと、抵抗すると「安心しろ、オ○ンコには入れないから!」肉竿を掴んで肛門に押し当てた。

 「ダメ。お尻はイヤ!」逃れようとしたが、腰を押さえられて、逃れる事はできない。
「入れないで。お尻はイヤです!」
「オ○ンコだったら、入れてもいいのか。それがイヤなら、我慢しろ!」肉竿が肛門から押し込まれた。

 初めての体験に(苦しい、息が詰まる…)「う~!」と未姫は呻き声を上げだした。
「苦しいか。直ぐに終わるから我慢しろ!」なおも押し込み、根本まで入る、と肉竿を動かし始め「動かさないで…。このままにして…」途切れ途切れに、やっと言えた。
それを見ている淳子は、顔を歪めて、撮っていく。

 内藤は、暫く腰を振ってから肉竿を抜くが、未姫は俯せに崩れた。
「宮下、チンポを綺麗にしろ。次は、お前が相手だからな!」汚れた肉竿を差し出すと、慣れた手つきで淳子は汚れを拭き取り、消毒していくと乳房が揉まれ出す。

 未姫の肛門を目の前にしては「お尻はイヤです。やるなら、普通でして下さい! 」消毒を済ませると、肉竿を手で擦り出す。
「オ○ンコで、いいのか。出すかも知れないぞ?」
「構いません。お尻よりは、ましですから…」

 「そうか。それなら、上になってだ!」内藤はベッドに仰向けにり、淳子はそれを跨いで馬乗りになり、腰を沈めながら肉竿を掴み、淫裂へと導いていく。
狭い膣腔だが、膨らみきった肉竿は、ゆっくりと吸い込まれ、全部が入り込んだ。

 「入ったぞ。やってくれ!」乳房を揉んで催促すると「わかっています…」内藤の肩を押さえて、腰を動かし出した。
「ヌチャ、ヌチャ!」動く度に淫裂から音がでていき、その音に(淳子さんがセックスしている…)未姫が気づいて、見つめている。

 「朝倉、今度はお前が撮るんだ。うまく撮らなかったら、返さないぞ!」そう言われて、カメラを構えるが「撮らないで。これはイヤです!」首を振って拒む淳子だ。
「我慢しろ。撮らせないなら、カメラは返さないぞ。もっとも、困るのは朝倉だが…」

 (そうよ。こうなったのも、淳子さんのせいだし…)未姫は嫌がる淳子を無視して、スイッチを押しだした。
「イヤ、撮らないで!」顔を背けて撮られまいとするが、乳首を潰され「カメラを見るんだ!」命令され、仕方なく顔を上げて、カメラに納まっていく。

 淳子が、なおも腰を動かし続けると、淫裂も馴染んだのか、溢れた液体で肉竿も濡れだした。
その様子はカメラを構えた未姫にもわかり(膣があんなに濡れている。気持ちいいんだわ…)撮っている未姫も、膣の中が濡れていく。

 やがて、内藤は登り詰めたのか「出すぞ!」淳子の腰を両手で押さえた。
危険を感じ、淳子は逃れようとしたが「そんな~!」落胆の声をあげ、淫裂からは白い液体が漏れていく。
(淳子さんの膣に射精した…)それは未姫にもわかり、驚きながらもスイッチを押しだした。

 「宮下、直ぐに洗え。自分で、できるだろう?」
「わかってます。これくらいなら、自分でできます…」内藤の腹から降りると、淫裂を拭いて服を着だし「この事は、誰にも言わないで下さい」小さな声で言う。
「わかっている。これは返すぞ!」内藤は淳子にカメラを返した。

 「内藤さん。撮った写真はどうするの?」未姫が服を着ながら尋ねると「単身赴任だから、これを見ながら、抜こうと思ってね」
「抜くって、まさか、オナニーをするのでは?」
「そうだ。2人の素っ裸を見ながら、抜こうと思ってな」
(私のヌードでオナニーするなんて、不潔よ。そんな事しないで…)叫びたいのを堪えて、黙ったまま2人は服を着終えた。

 服を着終えた2人は寮に一旦戻り、家事を済ませ、午後になると2人は買い物に街へと向かった。
街といっても、地方の都市だからそんなに人通りはなく、閑散としている。
「未姫、モデルのお礼にいいのを上げる」淳子は行き交う人を気にしながら、怪しげな店に未姫を連れ込んだ。

 店に入ると「いらっしゃいませ!」中年の女性が声を掛けてきた。
「下着が欲しいの。しかも、過激な下着が…」淳子が言うと「それでしたら、これは、いかがでしょうか?」カタログを広げて見せる。
「未姫、あんたも選ぶのよ!」未姫もカタログを見たが(丸見えじゃないのよ。これだったら、着なくてもいいのに…)顔をしかめた。

 カタログに載っていた下着は、隠す役目はせずに乳房と、絨毛が丸見えのばかりだ。
それでも淳子は「どう、これが、いいんじゃないかしら?」食い入るように見ているが(私には必要ないわよ…)うんざりと言った顔の未姫だ。

 そして「これがいいわ。これにする。未姫も選んで!」淳子が指さす先には、黒っぽい色の下着を着た写真があり、着ているモデルの乳房と絨毛が丸見えになっていた。
さらに「これもいいわね!」黒いストッキングとガーターベルトを着ている。
「これは、流行なんです。旦那を誘惑するのには最高でして。サイズのほうは?」店員はサイズを聞くと、ケースを開けて取り出す。

 「未姫。あなたもこれにしなさいよ!」
「恥ずかしいわ。丸見えだし…」
「何言っているのよ。今さら、それはないわよ」
「わかりました、私もこれにします。でも、色は白です…」未姫がサイズを告げると、手際よく店員が袋に詰めて、料金を払うと店を出た。

 「未姫。これを早く着て見ようよ!」淳子は機嫌がいいが(そんなの、着なくてもいいわよ)黙ったままの未姫だ。
それでも、2人は寮に戻ると服を脱ぎだし、下着も脱いで全裸になると、買い込んだばかりの下着を着ていくが、スケスケだから乳房と淫裂が丸見えだ。

 それに、太股までのストッキングと、ガーターベルトが卑猥さを際だたせている。
「イヤらしいわね。男に見られたら、間違いなく犯されちゃうわね」
淳子は、はしゃいで言うが(だったら、着なければいいじゃないのよ!)鏡に映る姿に未姫は情けなさを感じている。

 「ねえ、明日はこれで勤務よ。勿論、私も今夜はこれで行くけど…」未姫の透けたブラジャーに手を入れてきた。
「恥ずかしいわ。こんなの着ていたら、変に思われちゃうし…」そう言いながら、淳子の手を押さえる。

 「人の事など、気にしなくていいわよ。もし、着てなかったら、責任持たないからね」手が乳房を掴んで揉み出した。
「着ます、ですから…」目を閉じ、淳子のされるがままにしていると、背中のホックが外され、乳首を吸われる。

 「ダメ、そんなのダメ…」上擦った声で言うが、淳子の手は淫裂にも伸びていく。
「わかっているわよね。今さら逃げたりしないで!」パンティも引き下げた。
(レズなんてイヤよ。でもやらないと…)嫌々ながらも、淳子のパンティを引き下げて淫裂を舌と指で撫でていく。
「そうよ、それでいいの。指も入れて…」未姫の頭を撫でながら「あ、あ、あ~!」と声もあげだした。

 その夜、病院の一室では男女が向かい合っていた。
「ほう、ガーターベルトか。これもいいもんだな!」スケスケの下着に満足し、上から乳房と淫裂を撫でだした。

 「それより、ご褒美を下さい。うまくやりましたし…」女は男のズボンを引き下げ、肉竿を掴んで引き出す。
「出してもいいか。溜まっているし…」
「平気です。あれ飲んでいますから」そう言うと、役目のしないパンティを脱いで、下半身が剥き出しになった。

 「パイパンオ○ンコは、何時見てもいいもんだな。一生、生えないようにしろよ」
「それは許して。演技している間だけにしたいの。それより、早く入れて下さい!」催促するかのように、男の前で膝を付け、肉竿を口に含んだ。

 「フグ、フグ!」勢いよく口で擦り出すと、次第に膨らみ、堅くなっていく。
「わかった。入れてやる。まずは、立ったまま後からだ!」そう言うと、女を立たせたまま、肉竿を掴んで淫裂に押し込んだ。

 「いいわ。凄くいい~!」乱暴に押し込まれたにもかかわらず、喘ぎ声をあげだす。
「気持ちいいか。俺も気持ちいいぞ!」男は腰の動きを速め、肉竿も激しく動き出す。
「いいわ、気持ちいい。一杯出して…」女は喘ぎながら、やっと立っていた。

 その頃、未姫はベッドの中で指を動かしている。
(淳子さんの膣に、あんなの太いのが入った…)病院での出来事を思い出しながら、指がクリトリスと、膣の中を撫でていく。
(私の膣にも、入れて欲しい…)乳房も揉みながら指を動かし続けた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター