fc2ブログ

「淫らな病院」第5話 直子の策略

第5話 直子の策略

 翌朝、未姫は淳子から言われた通りに、スケスケの下着を着ていた。
「これだったら、着なくてもいいのに…」愚痴りながらも、ストッキングとガーターベルトも着けた。
「何だか、イヤらしいわね。医師が着るもんじゃないわね」自分の姿を確認すると、服を着込んで、寮から病院へと向かう。

 病院に着き、更衣室に入ると、同じ医師や看護婦達がいた。
(どうしよう。見られるのはイヤだし…)躊躇していると「朝倉先生、急がないと遅れますよ」婦長の直子が声を掛けてきた。

 「そうですよね、急がないとね…」未姫は直子に言われるまま、服を脱ぎだした。
シャツのボタンを外し、前を広げた瞬間「す、透けてる~!」声が上がった。
その声に、着替え中の皆が、未姫を見つめている。
「オッパイが見えてる…」直子も驚いたのか、それで言葉が停まった。

 (どうしよう。このままでは、変態に思われてしまうし…)
「あら、これじゃおかしいかしら。気に入っているんだけど」とっさに言った。
「でも、透けてますよ…」
「このままで診察する訳でもないし。それに、上にも着るのよ」恥ずかしさを堪えて、シャツを脱いだ。

 シャツを脱ぐと、スカートに手を掛けたが(脱ぐしかないわ。勘ぐられるのはイヤだし…)躊躇したが、ホックも外してファスナーも下げた。
支えを失ったスカートは、足下に落ちて未姫の下半身が同僚の前で露わになった。

 「ガーターベルトよ。あんなのを着けているなんて…」陰口が聞こえた。
(私だって、こんなの着たくもないわよ。これも仕方なく着ているのよ)その声を無視して、足下に落ちたスカートを拾って仕舞い込む。

 その様子を看護婦達はジッと見詰めていたが「性器が見えてる。それに、ヘアも生えてない!」無毛の淫裂を見られてしまった。
未姫は動揺したが「生えているわよ。手入れしているだけなの」声の主を見つめた。

 「手入れですか?」
その質問に、黙っていた直子が「そうよ、ヘアがあると邪魔なのよ」口を開く。
「邪魔って、何がですか?」
「鈍いわね。こうする時に邪魔なのよ」直子は未姫のパンティを引き下げて、淫裂を撫でだした。

 「やめて。恥ずかしいから、やめて!」直子の手を押さえると「こうしないと、わからない人がいるのよ!」直子はなおも淫裂を撫でて、指を膣の中に入れた。
それには「ダメ。そんな事ダメ…」口をパクパクさせ、やっと言えた。

 2人の行為に「その為でしたか…」質問した看護婦も納得したようだ。
「わかったら、人の事より、自分の事を心配するのよ」直子の言葉に着替えだし、勿論、未姫も白衣に着替えた。

 着替えを済ませ、診察室に入ると淳子がおり「あれ、着けているでしょうね?」未姫を見るなり言い出す。
「はい、着ています…」
「確かめさせて!」淳子は未姫の白いズボンを引き下げようとする。

 「やめて。着けてますから!」
「この目で見ないと、信用できないのよ!」強引にズボンを引き下げて「約束は守ったようね。確かに履いているし…」透けた布地からは、ごま塩のように点々と生えた絨毛が見える。

 「もういいでしょう、見たし…」未姫は急いでズボンを上げて股間を覆うと「下は確認したけど、上はどうなのよ」今度はシャツの裾を捲り上げだした。
「やめて下さい、約束は守ってますから」拒んでも首まで捲られ、ブラジャーが露わになっている。

 「確かに確認したわ。それにしても、いつ見てもいい形ね。女の私でさえ、ほれぼれしちゃう!」手がブラジャーの隙間から入って、乳房を揉みだした。
「やめて。これから診察ですから」そう言われれば「そうね、仕方ないわね」素直に手を引き、未姫は急いで乳房をカップに仕舞い込み、シャツも戻していくが、淳子は「未姫、後は頼んだわよ。私は帰るから!」診察室から出て行く。

 それと入れ替わるように、婦長の直子が現れ「未姫さん、凄いの着ているのね。今夜は、付き合って貰えないかしら?」声を掛けられた。
(レズだわ。間違いなく相手をされる…)そう感じたのか「今夜は用事があってだめなの…」
「用事って、宮下先生に抱かれる事なの?」薄笑いを浮かべて言う。

 「バカにしないで。どうして、私が淳子さんに抱かれるのよ!」未姫は冷静さを失っている。
「そんな向きなるなんて、図星だったみたいね。今夜は、宮下先生と楽しむのね?」
「そんなんじゃ、ないわ。れっきとした個人的な用事よ!」
「そうなんだ。個人的だったら、公的用事が上よね?」

 「そりゃ、そうだけど…」直子の言葉に未姫は不安顔になった。
「実は、朝倉先生の健康診断をまだやってませんので、今日やるようにと、言われてまして…」
「言われてたって、誰になの?」
「事務長の松岡さんです。院長が直接診察するそうです」

 それには「イヤよ、男に裸を見られるなんてイヤ!」首を振ったが「あら、患者さんはどうしたらいいの。内藤先生だって男よ。未姫さんも少しは患者さんの気持ちにならないと」それには返す言葉がない。

 「先生、5時ですからね。くれぐれも、忘れないで下さいね」直子は念を押すと診察室から出ていく。
(そんな、院長から診察されるだなんて…。こんな下着じゃ、丸見えになってしまう…)想像しただけで体が震えだした。

 そこに内藤が入ってきて顔を見るなり「朝倉君、どうしたんだ。顔色が悪いよ」と言い出す。
「ちょっと、寝不足でして…」

 「それならいいけどな。さっき、婦長から聞いたんだけど、健康診断を受けるんだってな。俺も内科医だから診てやるよ」
(イヤよ、内藤さんに何か、診られたくない!)顔色が更に悪くなったが、イヤだとは言えず、黙ったままだ。

 「朝倉、それより、準備はいいのか。もうすぐだぞ!」内藤に怒鳴られた未姫は「はい、準備します…」急いで診察の準備を始めた。

  未姫にとっては、長い時間だった。
(ヌードを見られてしまう…)看護婦や同僚に、スケスケ下着越しに乳房や淫裂を見られるのは耐えがたい事だ。
病院から逃げ出したいが、それは叶わぬ事で、憂鬱なまま患者の診察をしていく。

 そして、5時になると「朝倉先生、健康診断です」直子が迎えに来た。
「あら、朝倉先生の健康診断があるんだ…」直子の声に看護婦達も声をあげ「そうなのよ。ほら、急いで行きましょう!」

 「婦長。それだったら、私達も手伝わせて!」
「あなた達、勤務はどうするのよ。人手不足なのよ」
「交代で手伝うわ。それならいいでしょう?」
「仕方ないわね。でも、ちゃんと仕事はやるのよ」
「わかってます。まずは、私とあなたよ」2人の看護婦が選ばれた。

 「先生、急いで行きましょう」未姫は両脇を抱えられるようにして直子の後ろを歩かされた。
(イヤよ。こんなのイヤです!)逃れようにも、両腕を抱えられては何もできず、諦めるしかない。

 「先生。まずは、あそこで準備しましょう」処置室を直子が指さし、入ると、その後を追うように未姫も連れ込まれた。
「先生、検診では服は要らないの。わかっているでしょう?」直子が未姫のズボンに手を掛けた。

 「やめて、そんな事イヤです!」抵抗しても、2人に腕を抑えられているから何もできず、声だけあげている。
そんな未姫に「患者さんの気持ちも知らないとダメね。男の前でも性器を出しているのよ。先生も体験しないとダメね」両手がズボンを足首まで引き下げた。

 「いいわね、これは最高だわ。男が見たら喜ぶわよ!」スケスケのパンティに直子の呼吸が速まっている。
そんな直子に「やめて、それ以上しないで!」首を振りながら叫ぶと「患者さんの気持ちにならないとダメ。ここは勉強と思わないと…」理屈を並べてズボンを脱がした。

 「婦長、子宮ガンの検診もあるんでしょう?」
「勿論あるわよ」
「それだったら、今の内に、脱いで置いた方が良いと思いますが…」
「そうね。どうせ必要ないしね」ストッキングの留め具を外すと、パンティを引き下げていく。

 「やめて。それ以上、下げないで!」足をバタバタするが、膝まで下げられて淫裂が露わになった。
「可愛いわね。こんなに可愛いと、やり甲斐があるわ」なおもパンティを下げて、足首から抜くと、淫裂を触りだし「イヤ、そこは触らないで。イヤです!」腰が動き、直子から逃げて行く。

 「イヤなんだ。仕方ないわね」直子の手が裾を掴んで捲り上げていくと、乳房が透けて見えるブラジャーが現れた。
それでも、直子は首から服を脱がして、ブラジャーのホックも外すと「あら、大きいのね。こんなに揺れているわよ」カップからはみ出した乳房は勢いよく揺れている。

 「本当だわ。先生のFカップみたいよ」腕を掴んだ看護婦も目を細めて、乳房を見つめている。
「そうかもよ。とにかく、調べなと」直子はブラジャーも剥ぎ取り、未姫はストッキングとガーターベルトだけで、立たされた。
「これで、準備が出来たわね!」直子は未姫の全裸同然を見つめながら携帯を掛けた。

 それから暫くして「早速始めよう!」処置室に、内藤と院長の栗林が入ってきた。
「それでは、始めます!」婦長の言葉で看護婦は「行きましょう!」未姫を処置室から連れ出そうとするが「イヤよ。私は裸なのよ。見られたらどうすればいいのよ!」手で
乳房と股間を押さえて拒む。

 「今の時間なら、誰もいないぞ。それとも、俺の診断は受けたくないと言うのか?」栗林の鋭い眼光に「いえ、そう言うわけでは…」項垂れて返事した。
「だったら、行きましょう!」腕をまた抱えられ、処置室から外に連れ出された。

 外に出ると「見て。ヌードよ。朝倉先生が、フルヌードで!」帰宅帰りの看護婦達と顔を合わせてしまった。
「見ないで。お願いだから、見ないで!」腕を抑えられているから隠す事もできず、首を振るだけしかできない。

 「先生。そんなに恥ずかしがらなくて良いわよ。皆、同じ物を持っているのよ」直子は平然と言い、内科の診察室へ入り「まずは、体重からね」置かれてあるヘルスメーターに乗せられた。

(恥ずかしい。性器もオッパイも見られているなんて…)手で乳房と淫裂を押さえたまま震えていると「朝倉君、ちゃんと立ちなさい。手も下にして!」栗林から怒鳴られた。
「そうだ。患者になったつもりでやるんだ!」内藤も言い出す。

 そう言われると(違うわ、私の性器とオッパイを見たいだけよ!)震えたまま、両手を退けて、乳房と淫裂を露わにして起立した。
「そうよ、それで良いの。体重は52キロね」直子が読み上げると、看護婦が記録していく。

 その後、身長やバストも測られ「ここの長さは、いくらかしら?」直子は股間の割れ目にメジャーを当てた。
「やめて。そこは健康診断とは関係ないはずよ!」未姫は直子を突き飛ばした。

 それには「何するのよ。これも診断の1つよ!」直子が口を尖らせた。
「その通りだ。この病院では、測る事になっているんだ!」栗林も言う。
「そんな~。性器まで測るなんて、聞いた事ない…」呆然としていると「聞いたでしょう。後で、お返しさせて貰うからね」またメジャーが当てられた。

 「あら、14センチもあるわ。ここが、盛り上がっている分、長いのね」恥丘を撫で出す。
(どうして、そんな所まで測る必要があるのよ…)未姫の目尻から、涙が流れていく。

 それでも「子宮の検査をするから、横になってくれ!」栗林から催促された。
(子宮の検査なんて、聞いた事ないのに…)院長から言われれば、従うしかなく、診察用のベッドに仰向けに寝た。

 「足を開いて!」言われるまま、足を広げると覗き込む。
「ほう、綺麗な色だ。あまり使っていないようだな…」淫裂を指で広げ、顔を近づけると、栗林の鼻息が淫裂に掛かり(性器を見られている…)体が震えだした。

 「何も、恥ずかしがらなくて良いよ。患者だって、こうやっているんだし」栗林の指が開いている膣の中に入り込み「うっ!」顔を歪め呻き声を上げた。
「驚かなくて良いよ。それに、膜は破らないから…」指が動き出した。
(動かさないで。そんな事をされたら、変になっちゃう…)声を出すまいと堪えている。

 そんな未姫をからかうかのように「院長、私も手伝いますよ」内藤も加わり、指が一番敏感なクリトリスを撫でだした。
(やめて。そこはイヤ~!)腰が浮き上がり、指の動きに逢わせて動き出す。

 「朝倉君の膣は、敏感なんだね。もう濡れだしたよ」
「朝倉先生ったら、処女なのにエッチをしたいのね。それなら私も手伝おうかしら」直子は両乳房を握りしめ、揉み出だす。

 「やめて、そんな事しないで!」直子の手を払い除けようとすると、2人の看護婦が腕を抑えて、何もできない。
「先生、気持ちいいでしょう。女はここが敏感なのよ」指で乳首を挟み軽く潰した。
「ダメ、それ以上しないで!」上擦った声をあげたが、呼吸が乱れ、胸が波打っている。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター