FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「淫らな病院」第7話 約束のヌード

第7話 約束のヌード

 翌日、未姫がいつものように更衣室に入ると「先生。昨日、ヌードになったんですってね!」看護婦から声が掛けられた。
「仕方ないわよ。健康診断だし…」

 「それはそうだけど、凄くスタイルがよかったって評判よ。私にも、ヌードを見せて欲しいな」
「バカ言わないで。必要があったからヌードになっただけで、見せるもんじゃないわよ」機嫌悪く着替えを始めた。

 「そんなに怒らないで。先生は、まだセックスしてないそうね。早く使わないと、膣に蜘蛛の巣が張るわよ」
それには(大きなお世話よ。処女は大事な人に上げるのよ!)黙ったまま服を脱いでいく。

 「先生、今日はあれ着ないんだ。ガッカリしたわ」スケスケの下着を着てない未姫に落胆の顔だ。
(ふん。そんなに気になるなら、あなたが着なさいよ!)未姫は黙ったまま、白いパンティとブラジャー姿になり、ズボンを履き、上着を着込むと更衣室から出て、内科の病棟へと向かった。

 診察室の前に来ると「先生。昨日はヌードで検診を受けたそうですってね?」看護婦達が話しかけてくるが(これには、訳があって仕方がなかったのよ…)下を向いたまま黙っている。

 「なにも、そんな顔をしなくていいですよ。私だって、ヌードでやりましたから…」
それには「あなたもヌードでやったの?」驚きの顔になっている。
「はい。新入りは、皆やってますよ。それが決まりみたいで…」

 「それって、本当なの?」
「本当です。あまり大きな声では言えませんが、院長の悪い趣味みたいでして…」
「そうなんだ。ヌードになるのは、それだけなの?」

 「これは噂ですが、気に入ったら、ヌードの写真も撮るそうですよ」
「そんな、裸の写真を撮るなんて…」
「あくまでも、趣味だそうです。決して、他人には見せないそうですよ」

 「そうなんだ。気に入ったらヌードか…。セックスはないの?」
「やだ。先生ったらエッチなんだから。院長はインポだって噂ですよ」看護婦が笑顔で話した。
(そんな事ないわ。私のお尻に入れたし…)昨日の痛みが、まだ消えてない。

 「先生、機会があったら、私にもヌードを見せて下さいよ。凄く綺麗だって噂になってますし…」
「そんな、綺麗じゃないわよ。貧弱なんだから」未姫が話を遮り、診察室に入ると「朝倉君、今日は残業だよ。特別な患者が来るんだ!」内藤から指示される。

 「特別な患者ですか?」
「そうだ。5時に来るから残ってくれ!」
「わかりました。そうします」未姫は承知して、診察の準備を始めた。

 やがて、診察時間となり、手際よく診察を済ませて、昼休みになった。
「大部慣れたわね。ちょっといいかしら?」淳子が話しかけてくる。
「構いませんが…」
「だったら、ここじゃない所で」淳子は未姫と一緒に手術室に入った。

 「未姫。昨日は婦長に抱かれたそうね」
「仕方なかったんです。研修医の前では、裸になりたくありませんでしたから…」
「それはわかっている。でも、未姫は私の物なのよ」そう言うと、未姫の顔を押さえて唇を押し付けた。
(やめて。女同士でやるなんて、嫌いです!)拒むわけにも行かず、されるがままだ。

 「未姫。ここにもさせて…」淳子は未姫のズボンに手を掛けて、引き下げだした。
「恥ずかしい…。見られたら困ります…」嫌がるが、なおも引き下げ、パンティも引き下げた。

 「相変わらず綺麗よ。絶対、男にやらちゃだめよ」ピンクの割れ目を指でなぞると、両手で広げ、クリトリスを撫でだした。
すかさず「ん、ん、ん~!」鼻から息を抜き出すが「気持ちいいでしょう。帰ったらいいわよね」なおも撫でていく。

 「ダメです…。今夜は仕事があります…」
「仕事って、夜勤はないはずよ」
「内藤さんから、特別な患者が来るから残れといわれました…」喘ぎながらやっと言えた。

 「そう、特別な患者ね。それじゃ、仕方ないわ。その変わり、休みにはタップリ付き合って貰うからね」素直に手を退け、パンティを引き上げていく。
(よかった、これ以上されたら声が出ちゃうし…)顔を赤らめながら、淳子にズボンも持ち上げれ、2人は外に出た。

 外に出ると「淳子さん。特別な患者って、誰だかわかりますか?」歩きながら尋ねた。
「さあ、誰かしら。私にはわからないわ」淳子は素っ気なく言うと去っていく。
「淳子さんも知らないなんて、一体誰かしら?」未姫は考え巡らしたが、思いつくわけがない。

 そして、診察時間が終わると、騒々しかった病院の中も患者がいなくなって、静まりかえっている。
「朝倉、ちょっと来てくれ!」内藤から声が掛けられた。
「わかりました」未姫は返事をして、後ろを歩いていく。

 (特別の患者って誰かしら?)思案しながら歩いて行くと、入院患者の病棟へと向かう。
「内藤さん。そっちは、入院患者のはずですが…」
「そうだ。特別室で待機している!」
(特別室を使うなんて、ただ者じゃないわ。1泊3万もするし、お金持ちに間違いないわ)未姫にも、わかりかけてきた。

 2人は静まりかえった廊下を歩いて、特別室の前に来た。
「失礼します!」声を掛けてドアを開けると「遠慮は要らないわ。早く入って!」女性の声がする。

 「失礼します!」断ってドアを開け、中に入ると40才台と思われる女性がおり、栗林もいた。
「院長。これで、私は失礼します」
「そうだね、後は朝倉君に頼むよ。ご苦労だった」内藤は未姫を残して出ていく。

 「紹介しよう、僕の家内なんだ。暫くお世話になるからね」
「院長、奥さんはどこが悪いんですか?」
「別に悪くはないよ。ドックを兼ねて、来たんだ」

 「ドックを兼ねてですか?」
「そうよ。こう見えても、写真の腕はプロ並みなのよ」写真と聞いて(まさか、ここでヌードを撮るつもりでは…)未姫の顔が強ばっていく。

 「そんな、怖い顔しないで。ただ写真を撮るだけだから」そう言うと、女性は未姫の全身を見ている。
「朝倉君、約束したよね。あれを話したら、妻も撮りたいと聞かなくてな。悪いが2人で撮るからな」

 (そんなのいやよ。ヌードなんて、なりたくない!)首を振ると「こんな写真じゃダメよ。もっと色気を撮らないと!」女性は写真を見せた。
「どうして、これをあなたが…」写真を見るなり、奥歯がガチガチ鳴りだした。

 「俺が見せたんだ。これよりも綺麗に撮るから安心しろ」
「そうよ、色気をタップリ入れて撮るわ」女性は笑顔になって、バックを開けていく。
「ところで、家内を紹介してなかったな。真紀子と言うんだ、これからも付き合ってくれ!」
(ヌードを撮る人と何か、付き合いたくないわよ)それを堪え「こちらこそ、よろしくお願いします」頭を下げた。

 「未姫さん。挨拶はこれくらいにして、早速本題に入りたいの。いいわよね?」
(入らなくても、いいわよ。ヌードはイヤなの…)未姫が黙ったいると「朝倉、約束したよな。準備を始めろ!」低い声で栗林が言う。

 「院長、ここでのヌーはイヤなんです。せめて、誰も来られない場所でないと…」
「誰も来やしない。俺が言っておいたから!」
「そうよ。だから安心してヌードになってね」真紀子はカメラを構えている。
(脱ぐしかないわ。ヌードはイヤだけど、あれが表沙汰になったら困るし…)未姫は上着のボタンを外しだした。

 「そうよ、それでいいの。普段通りでいいのよ」真紀子は逃すまいとスイッチを押しだした。
(恥ずかしい。脱ぐのまで撮られるなんて…)カメラと視線が合わないようにしながら、上着を脱ぎ、シャツも脱ぐと白いブラジャーが現れた。

 「以外に大きいわね。女医さんは勿体ないわ。私の専属のデルにしたいくらい」真紀子は笑顔でスイッチを押している。
(モデルなんてイヤよ。私は女医なのよ!)叫びたいのを堪えてズボンに手を掛けた。

 未姫がベルトを外して引き下げていくと、同じく白いパンティが下腹部を包んでいる。
「白もいいわね、清潔感があるし。次は下から脱いで」真紀子は相変わらず撮っていく。
(下から脱げだなんて。脱いだら、ヘアの無いのを知られてしまう…)困った顔をしながらも、言われるまま、ズボンを脱ぐと両手で腰のパンティを掴んだ。

nugi_138-005_20190215140853c39.jpg


 「こっちを向いて、ゆっくり下げて!」
「顔は撮らないで下さい…」
「それはダメ。笑顔でゆっくり脱ぐのよ 」真紀子が言うからには従うしかなく、カメラを見つめたまま、パンティを引き下げた。

 「あら、パイパンなんだ。コラかと思っていたのに、本物だったとは驚きだわ!」真紀子は珍しさに、無毛の淫裂を撮りだした。
それには(性器はイヤ。もう、撮らなくていいのよ…)太股を震わせながら、なおも引き下げ、足を上げてパンティを脱いだ。

 その後、背中に両手を回してホックを外すと、白い布地から乳房が飛び出て、揺れていく。
「いいわよ。凄くいい。ブラも脱いで!」その声に、肩から紐を外し、両手を下げるとブラジャーは足下に落ちて、未姫を隠す布地が全て消えた。

 全裸になった未姫は、恥ずかしさに目が充血し、乳首も膨らんでいる。
「あら、興奮してるんだ。何も、膨らませなくていいわよ」真紀子は気づいたのか膨らんだ乳首をアップで撮り出すと、今までおとなしく見ていた栗林も「真紀子のようには行かないが、俺も撮るからな!」カメラを構えて撮りだした。

 (やめてよ。性器が目当てなんでしょう!)カメラのアングルから、淫裂を撮ろうとしているのがわかる。
「あなたったら、イヤらしいとこばかり撮って。ヌードは芸術よ。未姫さん、気にしないでいいからね」真紀子は未姫に注文を付けて、ポーズを作らせていく。

 (こんな事、したくないけど…)両手を頭にやり、髪の毛を持ち上げた。
「いいわね。次は、胸を持ち上げるの」言われるまま、両乳房を下から持ち上げた。
(何も、こんな事させなくていいのに…)顔を背けると「こっち向いて!」注意され、カメラを見つめると「変ね、何か物足りないわ…」暫く考え込んでから「そうよ、あなたが後から持ち上げるのよ!」と言い出した。

 「真紀子のためなら喜んで手伝うよ」栗林は背中に回り、手を伸ばして両乳房を持ち上げた。
(やめて。そんな恥ずかしい事しないで!)恥ずかしさが増し、乳首も限界まで膨らみきっている。
「それいいわよ。未姫さん、両手を後にやって、裕太さんの頭を押さえて!」言われるまま、栗林の頭を押さえると、スイッチが押され、同時にドアがノックされた。

 「入っていいわよ!」それには(入らないで。今はヌードなのよ。見られたら困るのよ!)目を閉じたが、ドアは開いて「ヌードですか…」聞き覚えのある女性の声がした。
「そうなの。無理矢理、お願いしてヌードを撮ってるの」
「そうでしたか。先生がヌードモデルになるとは、驚きだわ」

 「そんなに驚く事はない。ところで、何の用だ。あれほど入るなと言って置いたはずだぞ!」
「明日の事です。検査のことを、お知らせしようと思いまして…」
「それだったら、明日でもいいはずだ。何を考えているんだ!」栗林の機嫌が悪くなっている。

 「あなた。何もそんな言い方しないで。この際だから、松下さんにもモデルになって貰えばいい事だし」真紀子の言葉に「わ、私もヌードですか?」典子は驚き顔になった。
「それは面白いや。今すぐ撮るから準備しろ!」

 「そんな、私のヌードなんて、絵にもなりませんし…」
「そうかしら。未姫さんと抱き合うのが撮れたら、最高だと思うけど」
「私が、先生と抱き合うんですか?」

 「そうよ。だから、今すぐ脱いで欲しいの」典子は暫く間を置いて「本気じゃないですからね。これは演技ですから」
「そんな事、わかっているわよ。だから、うまくやるのよ!」

 「わかりました、やってみます」典子は未姫と抱き合えると知ると、体面を気にしながらも、白衣を脱ぎだした。
それを未姫は(イヤよ。こんな所で、女同士が抱きあうのはイヤよ!)乳房と淫裂を手で隠しながら脱いでいく典子を見ている。

 しかし、当の典子は平然と白衣を脱ぎ終えて下着姿になった。
縞模様の揃いのブラジャーとパンティを着けており、背中のホックを外しブラジャーから脱ぎだした。

 ホックが外されると、白い乳房が飛び出て、揺れ動いている。
典子は未姫を見つめながら、肩から紐を外し、腕から外してパンティを両手で掴み、引き下げた。

 (やめて、その気はないの。脱がなくていいわよ!)両手で乳房と股間を押さえながら見つめていると(剃っているわ。レズしやすいようにヘアを剃るんだ…)縦に割れた淫裂が露わになっていく。

 なおも引き下げ、足首から抜くと、未姫と同じく生まれたままの姿になってしまった。
「これで、いいでしょうか?」典子は乳房と淫裂を惜しげもなく、真紀子と栗林に晒している。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/577-2dc2f6b8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん