fc2ブログ

「淫らな病院」第8話 罠の夜勤

第8話 罠の夜勤

 「準備は済んだようね。典子さん、早速だけど未姫さんのここを撫でるの」真紀子は未姫の乳房を撫でだした。
指が膨らみきった乳首を撫でてると(痛い。乳首が痛いわよ!)顔が歪むが「ここにも、するのよ」手は股間にも伸びて、淫裂を撫でだす。

 真希子は、ゆっくり撫で回ながら、指先が割れ目に沿って膣を捜している。
(イヤ。入れないで。指はイヤです!)首を振っても、指先が入り動き出す。
「こうしながら、ここにもよ!」真紀子は指を動かしながら乳首を吸い「ん、ん、ん!」未姫の鼻から、息が漏れ出ていく。

 それを見て「わかりました。やります!」典子は真紀子に代わって、指を膣の中に入れて動かし出した。
(やめて。変になっちゃう…)典子の慣れた指先に、膣の中も潤いだし濡れていく。

 「気持ちいいでしょう。もっとしてあげるわよ」未姫の濡れ具合に満足したのか、乳首も吸い出し、それには一溜まりもなく「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげると、真紀子は笑顔でスイッチを押した。
(撮らないで…。こんなの、嫌いです…)目を閉じ、典子を拒んでも、体は正直で淫裂の中が濡れていく。

 「朝倉、オ○ンコが気持ちよさそうだな。俺が初めての男になってもいいぞ!」栗林がスイッチを押しながら言うと「あら、まだ男を知らないんだ。忙しいから無理もないかもね。でも、裕太さんは絶対ダメよ。別な男とやってね」真紀子が言い返す。
(バカにしないで。私はそんな淫乱じゃないわよ!)堪える未姫だ。

 未姫は、その後も典子と抱き合わされ30分ほどして「もういいわよ。次はヘアが生えてからよ」真紀子はカメラを置いた。
「そんな~。また撮るなんて、イヤです。今回限りにしてください!」
「そうは行かないのよ。ヘアがないと、展覧会にも出せないし…」

 「展覧会って、まさか、私のヌードを出す気ですか?」
「それは、あなた次第よ。とにかく、協力するなら考えるけど…」自信ありげな真紀子だが(イヤよ。もう、ヌードなんてイヤです…)黙り込む未姫だ。

 そんな未姫に「どうするの。協力するわよね?」真紀子の手が乳房を握りしめた。
「うっ!」痛みに顔を歪めても、乳房が変形する程力が入り「わかりました…。協力します…」呻くような声で承知した。

 「助かるわ。それなら、展覧会も考え直すわ。もう、服を着てもいいわよ」真紀子は機嫌が良く言うが(また、ヌードを撮られるんだ…)と落胆顔の未姫だ。
それでも、顔には出さずに服を着終えると「もういいわよ。後は、典子さんとやるから」真紀子から言われ、特別室から出て内科診察室に戻った。

 戻ると、内藤から「朝倉、もう帰ってもいいぞ!」と言われる。
「わかりました。そうさせていただきます…」挨拶をして更衣室に向かう。
更衣室のドアを開けると、時間が遅いせいか誰もいない。
「まいったわ。またヌードを撮らせろだなんて…」独り言を言いながら私服に着替えると寮へと戻った。

 一方、特別室では「典子さん、今度は私とする番よ!」真紀子が典子をベッドに寝かせて、乳房を吸い出すと「わかっています…」典子は目を閉じたまま、真紀子の頭を撫でていく。

 そんな2人を、栗林はおとなしく見ていたが「あ、あ、あ~!」声を上げ出すと我慢できないのか「真紀子。いいだろう、触るだけなら!」真紀子の服を脱がそうとする。
「わかった、胸だけよ。あそこは、典子さんがするから」
「何だ、オ○ンコはダメか。仕方ないな…」あきらめの声を上げながらも、ボタンを外し、胸を広げて乳房を露わにした。

 「真紀子。乳首が堅くなってるぞ、気持ちいいのか?」膨らみきった乳首が摘まれた。
「そうなの。興奮が収まらなくて…」
「それでしたら、私がします」体が入れ替わり、真紀子の下半身が剥き出しにされていく。

 「奥様。相変わらず綺麗ですよ」下半身を剥き出しにすると、淫裂に顔を埋めて指と舌で撫で出した。
「いいわよ、凄くいい。チンポもいいけど、典子さんもいいわ…」息を弾ませながら腰を動かしていく。

 「それなら、俺も!」栗林は真紀子の乳房を揉み、典子と2人で攻め立てると「あ、あ、あ~!」と声をあげ、淫裂を濡らしていく。
「奥様、入れます!」典子の指が膣の中に入り込み「いいわ…。感じる…」悶える真紀子だ。

 翌日、未姫がいつものように着替えをして内科診察室に入ると「今日は内藤先生がお休みなんだって!」淳子から言われた。
「そうですか。忙しくなるわね…」
「そうよ。何時迄も甘えてばかりいちゃダメだからね。わからない事があったら、隣だから声掛けて」


 「わかりました。やってみます!」未姫が緊張した顔で診察の準備を始めると「今日は朝倉先生と一緒よ。慣れた私が良さそうだし…」直美が入ってきた。
「直美さんが一緒なら心強いわ。お願いするわね」未姫も婦長の直美がいてくれるから気が軽くなった。
「朝倉先生。準備が出来たようですから、患者さんを入れますよ!」こうして診察が始まった。

 未姫は患者の様子を見ながら診察し、無難にこなしていると「今日は大変だね」栗林が現れた。
「院長、これも仕事ですから。いずれは、朝倉先生も独り立ちしないと」直美が言う。
「そうだな。何時までも甘えられていたら困るし。それから、今夜は夜勤を頼むよ」

 「夜勤ですか?」夜勤と聞いて驚く未姫だ。
「そうだ。外科もいるから、そんなに負担はないよ」
「わかりました。やってみます」未姫は初めて夜勤を命じられ、緊張顔になっている。
「先生、気楽にならないと。そんな顔では、患者さんが怖がりますよ」
「そうね、直美さんの言う通りだわ。笑顔で行かないとね」未姫は笑顔で診察を続けた。

 そして、夕方になると病院の中に患者はいなくなって、静かになっている。
「先生。私は夜勤じゃないから、お先に失礼します」
「ご苦労様でした。私も準備しないと…」
「そうですよ。夜間病棟で待機しないと」未姫と直美は診察室から出た。

 未姫は病棟に入り、仮眠室で横になると「あら、今夜は朝倉先生なんだ!」典子の声がする。
「そうなの。内藤先生が、急用で休みだし…」
「確か、初めてでしたよね?」

 「そうなの。何だか、どきどきするわ」
「そんな大げさな。とにかく、私に任せて。それまでは、ゆっくり休まないと」
「そうね。少し休ませて貰う」未姫はベッドに横になった。

 横になって、ウトウトしていると「先生、急患です!」典子が体を揺する。
「患者の具合はどうなの?」
「熱があります」
「わかった。今行く!」ベッドから起きあがると、診察室に入った。

 診察室には、子供を抱えた母親がいて、不安げな顔をしているが、未姫は聴診器を胸に当てて診察を行う。
「レントゲンを撮った方が良いわね。典子さん、お願いね!」
「わかりました。これから撮ってきます」典子が患者と一緒にレントゲンを撮りに行くと、緊張感も和らいだ。

 それから15分ほどして、典子と患者が戻ってきた。
未姫は渡された写真を食い入るよう見て「肺炎だわ。でも、早かったから薬で大丈夫よ」カルテに何やら書いていく。

 「肺炎でしたか…」母親は気の抜けた声だ。
「そうよ。あまり無理させないでね。注射も打ちます。典子さん、これでやって!」カルテを渡すと「行きましょう!」患者と一緒に診察室から出て行った。

 すると「急患だそうね!」栗林と真紀子が現れた。
「はい。軽い肺炎でした…」
「そうか、肺炎か。後は看護婦に任せた方が良いな。とにかく、これを飲んで、元気を付けないとな!」ドリンク剤のキャップを外して手渡す。
「恐れ入ります!」それを一気に飲み干すと、栗林の目が輝き「とにかく、今夜は頼んだからね」そう言うと出ていき、真紀子と2人きりになった。

 「未姫さん。今夜、モデルできるかしら?」真紀子はなれなれしく、肩に手を掛ける。
「そんなの無理です。今夜は仕事中ですから…」
「残念ね、もっと撮りたかったのに。ヘアが生えたら又、ヌードになる約束だから我慢すしかないか…」手が未姫の乳房を撫で出す。

 (やめて。私はレズじゃないのよ!)逃れようとしても、手が離れない。
「未姫さん。何も、そんなに逃げなくてもいいわよ」真紀子は唇を押し付けたが、未姫は体が次第に重くなっていくのを感じた。
(眠いわ。急に眠くなってきた…)眠気が襲い、意識も遠のいていく。

 「未姫さん。どうかしたの、休まないとダメよ!」真希子は未姫を抱きかかえるようにして、ベッドに寝かせた。
「困ったわ。どうすればいいのよ…」真紀子がオロオロしていると「どうしたんだ、そんなに慌てて!」栗林と典子が入ってきた。

 「あなた。未姫さんが急に倒れたの」
「わかった。俺が診察するから、後は内藤君に頼んでくれ!」
「内藤さんは、確か休みのはずですが…」典子は怪訝な顔をして言う。
「休みだけど、もう戻っているはずだ!」

 「わかりました。捜してきます!」典子が出ていくと「真紀子も手伝え。まずは素っ裸だぞ!」それには「わかっています。まずはヌードからね…」2人で未姫の白衣を脱がせだした。

 白衣を脱がすと、未姫は白い下着姿にされる。
「いいわね。ヌードもいいけど、白い下着姿もいいわね…」真紀子が感心して眺めていると「脱がせる方が先だぞ!」栗林はパンティを掴んで引き下げていく。

 「相変わらず、綺麗なオ○ンコだな。今夜はタップリ楽しめそうだ!」
「あなた、バージンは私よ。あなたは、次にして!」真紀子もブラジャーを脱がして、未姫を全裸にした。

 「そんなの無いよ。せっかくのバージンだぞ。玩具よりもチンポでやらないと。それに、撮っておかないとダメだし…」
「そう言われればそうね。あなたが最初でいいわ」
「ありがとう。感謝するよ」

 「その変わり、私が理事長になるという約束は守ってよ!」
「わかっている。何時までも、雇われ院長はしたくないしな…」栗林はズボンを脱ぎだしたが「オマ○コするのはちょっと待って。カメラを持ってくるから」真紀子が出ていくと「仕方ないな。これで我慢するか」眠り込んだ未姫の淫裂を広げて覗き込んだ。

 始めは、ただ眺めるだけだったが、手が伸びて淫裂を両手で広げている。
「これが、処女のオ○ンコか…。俺のチンポで汚すんだ…」興奮気味に、膣も広げて指で触ると、その瞬間「うっ!」未姫が呻き声を上げて体を動かした。
「薬が効いているはずだが…」医師だけに、効果は知っていたから、疑問を感じたのも不思議ではない。

 栗林は確かめるために「朝倉!」耳元で言うが反応はない。
「気のせいかな。とにかくここに、俺のチンポが入るんだ…」淫裂を触っていると「遅くなってごめんね。直ぐに準備する!」真紀子が戻ってきた。

 「真紀子。その前に、口でやってくれないか?」
「イヤよ。フェラなんて汚いし…」
「いきなり入れるよりは、濡らして置いた方が入りやすいんだ」
「仕方ないわね。今回だけよ!」真希子は正面で正座し、肉竿を口で擦りだした。

 「ウグ、ウグ!」口を動かしだすと、肉竿は膨らみ、堅さが増していく。
「もういいぞ。これくらいでいい!」真紀子は立ち上がり、カメラを構えた。
「入れるぞ!」グッスリ眠った未姫の両足を広げ、肉竿を掴むと狭い膣腔に押し当てて、ゆっくりと押し込が、真紀子は瞬間を逃すまいと撮り続けた。

 栗林は腰を動かし、なおも肉竿を押し込むと、先端が未姫の体内に入った。
すると、意識のない未姫だが、膣が裂かれ、痛みを感じているのか、顔が歪んでいる。
「痛いのがわかるんだな。我慢しろよ!」なおも、腰を押し付けて根本まで押し込むと、真っ赤な鮮血が流れ出した。

 「やったぞ。処女を頂いたぞ!」栗林は興奮気味に腰を動かし出した。
「そんなに驚かなくていいわよ。今まで、何回もやっているでしょう?」スイッチを押しながら平然と言う真紀子だ。

 「それはそうだが、今回は特別なんだ。こんな上玉の処女を頂くんだからな…」血で汚れたままの肉竿で、ピストンを繰り返していく。
「全く、あなたには呆れたわ。セックスとなると、目がないんだから」
「当然だ。でも、俺だって、相手次第だからな」

 「あら、選ぶ事もあるんだ。女だったら、誰でもいいんじゃないんだ!」
「勿論さ。チンポも立たない時もあるんだぞ」
「初めて聞いた。私とはどうなの?」
「カチカチだよ。真紀子が上になって、やってくれたら最高だがな…」

 「そのうちにね!」真紀子が素っ気なく言って、スイッチを押し続けると「もうすぐだ…。もうすぐ出るぞ…」栗林が登り詰めようとしている。
「中に出して。バージンの射精を撮るのは初めてだし」真希子も興奮している。

 「わかった。オマンコに出すからな!」登りきったのか、動きを停めて身震いしていく。
やがて「出したぞ!」肉竿を抜くと、血の混じった液体が淫裂から流れ出てきた。
「これは、滅多に撮れなるもんじゃないわ!」真紀子は意識のない未姫を撮り続けた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター