赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「全裸のアタッカー」第14話 引退と新人  

  合宿が終わると第3ステージが始まった。
両チームとも乳房を揺らせボールを追っている。
「そーれ!」キャニオンのエース歌子がスパイクを決めた。
「ピー!」主審の笛で3セット目が終わると「とったわ、オッパイだけですんだ」対戦相手はク
イーンズだった。
クイーンズの選手達は恥ずかしそうにユニホームを脱ぎ、短い絨毛に覆われた股間を露にしてい
る。
それを見ながら「一気に行くわよ、真理と美雪は時間差の囮よ、歌子と康子がスパイクよ、わか
ったわね」淑子の声に頷く選手達だ。
「相手も必死よ、性器を丸だしにしてるから気を引き締めていくのよ」淑子も乳房を揺らせなが
ら指示を出した。
 
 「ピー!」4セットが始まった。
淑子が予想したとおり開き直ったクイーンズは手強かった。
「性器は見せたくないのよ」必死でブロックし、通り抜けたボールをレシーブしていくキャニオ
ンだ。
信子は淑子の指示通りの時間差をうまく使った。
美雪のジャンプに合わせてトスするがそれは歌子に狙いが定まっている。
「しまった!」美雪に吊られてジャンプしたブロック陣を尻目に歌子の強烈なスパイクがクイー
ンズのコートに決まった。
「やったわね、もっと決めないと!」淑子が叫んだ。
クイーンズは時間差を警戒しおり「そーれ!」サーブをクイーンズがレシーブした。
「来るわよ」トスに合わせてブロックした。
だが、その手を通り抜けていく。
「美雪、ナイス!」落ちようとするボールを美雪が拾ったのだ。
「行くわよ」信子がうまくセットした。
「な、なに?」歌子と康子が同時にジャンプし、面食らうブロック陣だ。
それを尻目にレシーブした美雪のバックからのジャンプスパイクが強烈にクイーンズのコートを
叩いた。
「ビシー!」一歩も動けないクイーンズだった。
4セット目もキャニオンが取り試合に勝った。
「よかったわ、初戦を勝ったわ」乳房を揺らせながら喜ぶキャニオンだ。
それを尻目にクイーンズの代表は足を広げ、絨毛を剃られていく。
そして、ピンクに割れた淫裂を観客に晒している。
「いやだわ、あんな姿になるなんて」
「そうよ、性器の中まで見せるなんていやよ」それを眺めているキャニオン選手だ。
 
 そして、第3ステージも終わりに近づいてきた。
それと同時に歌子と康子は体に異常を感じている。
(来ないわ、生理が来ない!)不安な顔で山田に相談する2人に「検査薬を買ってきてやるから
待っていろ」相談に乗った山田は直ぐに妊娠検査薬を買って戻ってきた。
「これにおシッコをかければいいのね」説明書を読む2人だ。
「ここでできるか?」「いやよ、トイレでするわよ」康子と歌子はトイレに入り尿を吹き付けた。
「妊娠だわ、間違いない!」泣き出す2人だが、山田にも聞こえている。
「できたか、仕方がないか、2人の後を捜さないと」思案する山田だ。
妊娠はスポンサーの2人にも告げられ「そうか、妊娠したか。約束通りに嫁にするぞ」2人は早
速康子と歌子と話し合っている。
「わかりました。お嫁になります」妊娠した以上、これしか手がない。
歌子と康子はほぼ同時にキャニオンから選手登録を抹消され、それと同時にVリーグから撤退
し、廃部になった行き場のない元全日本の2人が新たに加わった。
2人は初めての試合でヌードに震えていたが徐々に雰囲気に慣れてきた。
だが「せ、性器も見せるの?」淫裂を晒す対戦相手には驚いた。
「負けたらもっとひどいわよ」その言葉に体を震わす新人だ。
 
 そして、キャニオンも全裸にならなければならなかった。
「フルヌードね、わかっているけど恥ずかしい…」
「みっともないまねは無しよ。堂々と脱ぐのよ」ユニフォームを脱いで全裸になっていくキャニ
オンの選手だ。
会場は騒然とし「み、見られている、性器を見られている!」体が真っ赤になっている新人だ。
「恥ずかしがってどうするのよ、性器を見られたくらいで」淑子が叱責する。
その淑子も黒い絨毛に覆われた股間を晒していた。
(そうだわ、皆が性器をだしているんだ。お金を稼がないといけないんだし、性器を見られても
我慢よ)開き直った新人は歌子に負けじと乳房を揺らせ、絨毛をたなびかせながら強烈なスパイ
クを放っていく。
「凄いぞ、あいつのスパイクは!」「そうだよな、オ○ンコも見せてくれたし!」スパイクする
度に足が開き淫裂が観客にも見えていた。
(性器を見たいなら見なさいよ、オナニーしたいんでしょう?)2人には肉竿を擦る観客の姿が
目に入っている。
試合はどうにか勝って性器の中まで晒す事態は回避できた。
 
 だが、試合中に歌子と康子が寮から去って、キャニオンの選手達が寮に戻ると寂しさがこみ上
げている。
「どうした、そんな事で。来週から合宿だというのに!」
「スポンサーも来ますか?」
「勿論だ。可愛がって貰えよ」
「それなら山田さん、買ってきて貰えませんか、避妊薬を…」
「何だ、妊娠したくないのか。康子や歌子みたく嫁に行った方がいいと思うけどな」
「いやよ、まだお嫁なんていやよ。もっと楽しんでからよ。それに、お金も貯めないと」美雪と
真理は若いせいか現実的だ。
「私はどうしようかな。お嫁になりたいし、自由にも暮らしたいし…」迷う信子や雪江だ。
 
 そして、合宿が始まり初日の夜にスポンサーが訪れた。
新たに2人が加わり10人で訪ねてきた。
「可愛い子だ、これならいいよ」
「は、恥ずかしいです。オッパイを触られるなんて」新人の2人は両乳房を揉まれている。
「恥ずかしがることなんかないよ。見てご覧!」周りを見ると全裸の選手達はスポンサーに太股
を抱えられ肉竿を胎内に迎えて「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げている。
「そ、そんな!」
「いいだろう、やらせてくれよ」
「ヒー!」新人の2人は淫裂に肉竿の先端を入れられ「バージンです…。痛いから優しく…」
「わかってるよ」ゆっくり肉竿が封印を破った。
「ヒ~!」悲鳴と同時に鮮血を流す新人の2人だ。

 それを尻目に「出してもいいわよ、ピル飲んでいるから」若い美雪と真理が言うと「何だ、嫁
になる気はないのか?」
「しばらく考えさせて。引退する年になったら産ませてもらうから。それから浮気は無しよ」
「わかったよ、その変わり…」真理と美雪は抱きかかえられたまま自分の部屋に入って悶え声を
響かせている。
「行こう、僕たちも」次々と部屋に戻って「あん、あん、あん!」悶え声を上げていた。
一方「産みたいの、いいでしょう?」年が年の雪江は康子と歌子が羨ましかったので妊娠を決意
した。
「わかった。何回も出すからね、この前よりも」
「頂戴、エキスをいっぱい!」雪江は馬乗りになって乳房を揉まれながら腰を振っていく。
それから数ヶ月後、雪江もキャニオンから選手登録を抹消され、やはり廃部され行き場を失った
選手が新人として登録された。
「これでやっと100人を救済か。半分しか救済できないな」
「チームを増やしても採算は取れないしな」
「それにしても企業を頼ったのは失敗だったな。景気が悪くなると直ぐに廃部するんだから」
「そうですよ。プロ化を進めた方がいいですよ。Nリーグみたく」
「そうだよな。Nリーグで稼いだ金でプロ化を計画するか」バレーボール協会の幹部達は話し合
っていた。
そんな事とは知らず全裸になった選手達がコートでボールを追って走っている。
                                                    ~完~

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/58-eac7b062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top