FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「淫らな病院」第11話 夜間診察室

第11話 夜間診察室

 未姫は初めての夜勤をしているが、思った程仕事に負担はなく、むしろ拍子抜けと言った感じさえしていた。
そんな、気持ちを察したのか「朝倉先生、暇だったら面白いのを見ませんか?」典子が言う。
「面白いのって、何かしら?」
「これですよ、これは面白いわよ」ファイルを広げると、写真が貼られてある。

 それを見るなり「そんな。どうしてあなたがこれを…」顔が青ざめ、口がブルブル震えている。
「何も、自分のヌードに、そんな驚かなくていいわよ」笑顔で話すが、未姫は食い入るように写真を見つめている。

 「これ、先生のヌードよ。しかも、性器まで写っているわよ」確かに、絨毛がないから、割れ目はおろか、膣が覗いていた。
「一体、これをどこで手に入れたのよ!」未姫の声が上擦っている。

 「それは言えないわ。これは私の宝だし。それより、私にも楽しませてね」
「楽しむって、一体何を?」
「先生のあそこを直に見たいのよ」

 「あそこって、まさか性器では?」
「そうなの。見せてくれますよね?」
「イヤよ。どうして、性器を見せないと、いけないのよ!」
「そんな事言うなら、これを、皆に見せちゃうわよ」

 「そんな事しないで。そんな事されたら、ここから出ていくしかないし…」
「出ていくだけならいいけど、生きていけないわよね」
(そうよ、その通りだわ。性器丸出しの写真を見られたら、医師はやっていけない…)黙り込む未姫だ。

 「先生、見てくれますよね?」目をギラギラ輝かせる典子に「わかったわ、見せればいいのね?」
「そうです。そうしたら、この秘密は守ります」
「約束よ。約束だからね」泣き顔をしながら、白衣を脱ぎだした。

 白衣を脱ぐと、ズボンも脱いでいく。
「先生。そんなパンティ、子供じみてますよ。もっと派手なのを履かないとだめです」
(私が何を履こうが、勝手でしょう!)反論を抑えて、パンティを引き下げていくと、生えかけた絨毛が現れた。

 「あら、まだ剃ってないんだ。それなら私が剃ってあげる!」勝手に、剃毛の準備を始める。
「剃らないで。やっと、ここまで生えたのよ!」
「ダメ。先生はパイパンが一番似合うから、ヘアは必要ないの!」

 (言っても無駄だわ。やっと生えたのに…)黙ったままパンティを脱ぎ、下半身を剥き出しにした。
「思った通りに綺麗だわ。あまり使ってないのね。これは楽しめるわ」淫裂を見てから絨毛に石鹸液を塗っていく。

 「本当に剃るの?」
「そうです。パイパンが一番に合いますよ」手で塗り込むと、カミソリで剃りだした。
「ジョリ、ジョリ!」慣れた手つきで絨毛を剃っていくと、あっけなく淫裂が剥き出しにされた。

 「先生。終わったわよ!」カミソリで剃られた淫裂はピンクの膣が覗き、突起も露わになっている。
(こんなにされるなんて…)無惨になった淫裂に涙ぐむが「先生、横になって楽しみましょうよ!」診察台に寝かされると、股間に顔を埋められる。

 典子は真っ先に、突起を指でめくり、3ミリ程の半球を舌でなめだした。
(ダメ、そこはダメ!)敏感な突起をなめられ、未姫の腰が浮き動き出した。
それでも、典子の舌は離れようとせず、指が膣の中に入り込む。

 それには「あ、あ、あ~!」呻くような声を上げ、それと同時に膣の中が濡れだした。
「先生、気持ちいいでしょう。私の指は黄金の指なの」自慢げに指を動かし出すと、更に濡れて、淫汁が漏れ出てくる。

 「出てきたわよ。こんなに漏らしてる。オッパイにもして欲しいでしょう。自分で出すのよ」
(そんな事、したくないけど…)催眠に掛かったかのように「あ、あ、あ~!」声を上げながらシャツを捲り、背中のホックも外して乳房を露わにした。

 「綺麗よ。オッパイも綺麗…」突起をなめていた舌が、今度は乳首をなめ出す。
(吸って、そこを吸って!)典子の頭を押さえて催促すると、それに答えて乳首を吸い出した。
「いいわ。凄くいい…」快感に浸りながら淫裂を指で掻き回されている。

 典子は未姫への愛撫を続けていたが「先生。私もされたいの…」甘えるかのように、白衣を脱ぎ、下半身を剥き出しにしていく。
(無いわ、典子さんもヘアがない!)露わになった股間には、絨毛が生えておらず、割れ目が剥き出しになっていた。

レズ7

 「驚かないで。この方が清潔だし…」顔を赤めながら、シックスナインの体位になって、淫裂を未姫に押し付けてくる。
(ここをやればいいのね…)典子がしたように、指で突起の包皮を捲り、舌でなめだすと「いいわ、凄くいい!」声を上げて体を反らせていく。
それでも、突起をなめながら、指を膣の中に入れて動かし出した。

 2人が、お互いの淫裂を指と舌で愛撫しあっていると「朝倉、俺にもやらせろ!」内藤の声が聞こえた。
その声に驚く2人だが「退け、俺のチンポでやってやる!」内藤は典子を払い除けて、未姫に覆い被さった。

 「やめて下さい。やめないなら、声を出します!」
「出してもいいけど、恥を掻くのは朝倉と松下だ。それでもいのか?」脅迫と思われる言葉に(そうよ。こんな事を知られたら、医師はやっていけない…)黙り込んでしまう。

 「わかっただろう、俺にもやらせろ!」ズボンを引き下げ、淫裂に肉竿が入り込んだ。
「お願いです…。それ以上入れないで…」泣き声で言うが、濡れた淫裂は肉竿をすんなり迎え入れている。

 「朝倉、気持ちいいか。これがオ○ンコだ!」根本まで押し込むとピストンが始まり「クチャ、クチャ!」淫裂から音が鳴り、肉竿もヌルヌルになっていくが、未姫はされるがままにしている。

 (これは犯罪よ…)目を閉じ、堪えていると乳房も掴まれ揉まれた。
「乳首はイヤ…。痛いからイヤ…」指で摘まれ痛みを感じているが「これくらい我慢しろ!」内藤はやめようとはせず、腰を振り続けて「朝倉、出させろ!」噴射間近を知らせた。

 「お腹はイヤ、せめて外でして…」膣内射精は避けたいが、内藤は肉竿を抜こうとはしない。
(このままでは、間違いなく射精される…)逃れようと腰を動かすと、暖かい異物を膣奥に感じた。
「まさか、射精だなんて…」薬が効いているから妊娠の恐れはないが、呆然とし、流れ出る液体を拭こうともしない。

 「朝倉、気持ちよかったぞ。松本、これを綺麗にしろ!」内藤はうずくまっている典子の顔に肉竿を押し付けたが、戸惑っている。
「やれ、やるんだ!」頭を押さえて、口に肉竿を押し付けた。

 「乱暴にしないで下さい、やりますから…」典子は肉竿を掴み、口を押し付けていく。
「そうだ、それでいい。堅くなったら、お前ともやるぞ!」その言葉に恐れを抱きながらも、唇で擦っていくと肉竿は膨らみ、使用可能になった。

 「もういい。お前とは、これでやる!」典子を四つん這いにして腰を押さえた。
「いくぞ!」肉竿が淫裂に入り込み「ダメ…。ダメ…」首を振り、呻いている。
「指よりも、これが気持ちいいぞ!」自慢げに肉竿のピストンを始めるたが「あっ、あっ!」呻き声を上げ、乳房を前後に揺らせる典子だ。

 典子の淫裂も、濡れているから音が鳴り、淫汁も出ていく。
「濡れているな。俺のチンポがいいみたいだな」内藤は肉竿のピストンを速めたが「許して…。チンポじゃなく指でして…」首を振りながら言い出す。

 「いずれ、こうするんだから慣れろ!」内藤は聞き入れようとはぜず、ピストンを続けて「限界だ。もう無理だ…」さすがに、連続の噴射はないが、典子は太股まで淫汁を流している。

 「どうだ、男も良かったろう。また特訓してやるからな!」グッタリする典子の乳房を揉みながら言うが「ハア、ハア!」息を弾ませる典子だ。
内藤は満足し、ズボンを履き「いつまで裸でいるんだ。患者が来たらどうする気だ!」怒鳴り飛ばした。

 その声に、未姫と典子は起きあがり、脱いだ服を着ていく。
「いいか。この事は誰にも言わないでおく。お前達も黙っていろよ!」そう言い残して診察室から出ていくが「先生、これは犯罪ですよね…」典子は泣き声になっている。

 「そうよ、犯罪よ。私は膣に射精されたのよ」泣き声の未姫だ。
「先生。妊娠は大丈夫ですか?」
「安心日なの。だから安心よ」とっさに嘘を並べたが(悔しいわ。チンポで無理矢理膣を汚されるなんて…)射精されたのが許せなかった。

 「警察に行くの?」
それには首を振って「行けない…。そんな事したらみんなに知られてしまう…」この事ばかりでなく、ヌード写真の存在を知られるのがいやっだ。

 「そうよね、私も我慢する。でも、許せないわ。気持ちよかったのは確かだけど…」典子はまだ余韻に浸っているが「この事は忘れて仕事よ」未姫は割り切って患者が訪れるのを待った。

 そして、翌朝になって、夜間診察室から内科診察室に向かうと「初めての夜勤はどうでした?」淳子や直子から声が掛けられた。
「以外に、スムーズでした…」内藤に犯され射精されたことは言わない。
「それは良かったわ。これで戦力も増えたし…」

 「それより、体がベトベトして、気持ち悪くて…」
「お風呂、あるわよ、看護婦用のを使えばいいわ」直子は気を効かせて、未姫を浴室に案内する。

 「あら、誰かいるわね」覗き込むと「典子さん、悪いけど朝倉先生と一緒にさせて」断りを入れてから「下着はないでしょう。用意して置くわ」
「そんな、下着まで用意だなんて…」
「気にしなくていいの。とにかく体を洗わないと」直子に言われ、未姫は服を脱ぎだした。

 そして、下着姿になると「大人しいわね。もっとセクシーのにしないと」直子は食い入るように見つめている。
「セクシーにと言われても、こんな体ですから」恥ずかしそうにブラジャーを脱ぎ、乳房を露わにしていく。

 「いい体だよ。羨ましいわ。私もこんな体だったらいいのにな…」そう言いながら揺れる乳房を撫で出す。
「直子さん。まだ勤務中です…」

 「そうだったわ。朝倉先生の体が綺麗だから、つい手が出て…」言い訳がましく言いながらパンティを見つめた。
(直子さんが見てる。ヘアのない性器を見られてしまうなんて…)パンティに手を掛けたが、直子が気になっている。

 そこに「お待ちどうさま!」濡れた体のまま、典子が現れた。
「典子さん。相変わらず手入れしてるのね」無毛の淫裂に目を細めている。
「この方が清潔ですから。先生もそうでしたよね?」

 「朝倉先生も、ヘアを剃っているんですか?」
「はい、私も典子さんに倣いまして…」顔を赤らめながらパンティを引き下げていくと、ピンクの割れ目が現れた。

 「驚きだわ。朝倉先生までヘアを手入れしてるなんて!」腰を屈めて未姫の淫裂を覗き込む。
「そんなに見ないで。そんなに見られると、恥ずかしくなっちゃう…」慌てて手で股間を隠した。

 「何も隠さなくていいわよ、女は皆がオ○ンコを持ってるし…」典子が言うと「典子さん、はしたないわよ。オ○ンコなんて言わないの。看護婦でしょう?」
「婦長、すみませんでした」

「わかればよろしい。それにしても先生の性器は綺麗だわ、ヒラヒラもピンクだし」褒める直子に「それよりも風呂に…」恥ずかしそうに、ドアを開け、中に入って体を洗いだした。

 未姫は、体を丁寧に洗い、淫裂も丁寧に洗っていく。
「内藤さんに、やられてしまった…」射精された名残を消そうとするが、消えるはずなどない。

 それでも、丁寧に洗い、浴槽に浸って体を温めていると「先生、持ってきました!」直子の声がする。
未姫は急いで浴槽から上がり、ドアを開けると「そんなに急がなくてもいいのに…」全裸の未姫に目を細めて見つめるが、未姫は濡れた体を拭いていく。

 「朝倉先生は、これが似合うと思って!」両手でパンティを広げると、総レースで向こうが透けている。
「それを、私が着るのですか?」
「そうですよ、ほら、足を入れて!」広げたまま、未姫の前に差しだした。

 (こんなの、着たくもないけど…)婦長の行為を無視するわけには行かず、足を上げてパンティに通していく。
「やっぱり、似合うわよ」パンティを引き上げると、レースの隙間から割れ目が覗いている。

 その後、ブラジャーも着たが、乳首や乳輪が丸見えになっていた。
(これじゃ、下着にならないわ…)そう思いながらも服を着ていくと「先生、今度の夜勤は私と一緒ですよ」パンティの中に手を入れて、淫裂を触り出す。

 「直子さん、勤務中です…」慌てて、手を押さえると「典子とやったでしょう。私ともやってもらえますよね?」睨むように言う。
(どうしよう、イヤだけど婦長に逆らったら大変だし…)「わかってます。今度しましょう」そう言うと素直に手を引いて唇を押し付ける。
(また、レズの相手だなんだ…)それを仕方なく受け入れた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/581-10647735

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん