fc2ブログ

「淫らな病院」第12話 診療所

第12話 診療所

 未姫は淳子や直子達の相手をしながら半年が過ぎ、仕事も慣れて余裕もでてきた。
そんな未姫に「大部慣れたな。診療所もやって貰うか!」栗林が声を掛けた。
「診療所もあるんですか?」
「あるよ。田舎では医師がいなくて、自治体と契約しているんだ。案内するよ」未姫は栗林と一緒に。車に乗って出かけた。

 車を走らせて、30分程過ぎると家は点々として寂しさが漂っている。
田舎では道路が空いているから、30分も走ると30キロは等に越えていた。
「もうすぐだ。あの建物がそうだ!」正面に白い建物が見える。

 車はその建物に向かって走り、玄関先で停まった。
「ここが診療所だ!」車から降りて、中に入ると見慣れない看護婦と医師がいる。
「院長、珍しいですね!」白い頭の老人が声を掛けた。

 「紹介しよう。内科の朝倉君だ!」
「朝倉未姫です」
「朝倉未姫さんですか。私は佐藤俊平と言いまして、ここの所長をしてます。所長と言っても、看護婦と私だけですがね」笑いながら話す佐藤だ。

 3人が暫く話していると「先生。せっかっくだから、お風呂に案内したら!」看護婦が言い出す。
「そうだった。ここは温泉付きの診療所だからね」
「それじゃ、遠慮無く入るか。行こう」栗林の後をって歩いて行くと、風呂と書かれた看板が目に付いた。

 2人がドアを開けて、入ると広い浴槽がある。
「院長、もしかしたら、混浴ですか?」
「そうだよ。ここは、あの2人のために作られたんだからな」栗林は平然と服を脱ぐが「私、遠慮していいですか?」躊躇う未姫だ。

 「バカ言うな。人の好意は受けないとダメだ!」
「でも、混浴ですから…」
「何だ、そんな事か。直ぐにわかるから脱ぐんだ!」栗林促され、未姫が渋々脱ぎだすと佐藤と看護婦も入ってきた。

 「あら、まだ入ってないんだ。遠慮は要らないのよ」看護婦は人目を気にもせずに白衣を脱ぎだした。
(人前で脱ぐのに、平気だなんて…)未姫は躊躇いながらも、やっと下着姿になったが、看護婦はパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になっている。

 「相変わらず綺麗だな。背中を流してやるよ」佐藤は看護婦を座らせ、石鹸を擦りつけていくが(男に触られても、平気だなんて…)驚きながら、未姫もブラジャーから脱ぎだした。

 未姫は背中に手を回してホックを外し、肩紐をずらすと乳房が露わになっていく。
(見られるなんて、恥ずかしい…)顔を赤く染めながら、手首に絡まったブラジャーを脱ぐとパンティを掴む。

 (どうしよう。ヘアのない性器を見られてしまうし…)ゴムを掴んだまま思案したが一気に引き下げると「あら、ヘアを手入れしてるんだ!」看護婦が声を掛けた。
「はい。この方が好きですから…」

 「あなたみたいな人が多いのよね。ヘアのない方が邪魔にならないし…」意味ありげな言葉に(レズやっているのを知っているわ)顔を強ばらせながら、脱いだパンティを服の下に隠すと、お湯で体を洗い、浴槽に浸かった。

 未姫が、お湯に浸かっている間に、佐藤は看護婦を洗い終えている。
「先生。洗っていただいたお礼に、私がします!」看護婦は佐藤の太股を跨いで、腰を沈めていく。

 (まさか、ここでセックスをする気では?)驚くが、周りなど気にする様子は見せずに「先生、膣に入りました…」なおも腰を沈めていく。
「俺ので、気持ちいいか?」
「はい。先生のなら、喜んで入れます」根本まで入ったのか、腰を動かし出した。

 「人前で、セックスするなんて…」未姫が叫ぶと「気にしなくていいよ。こっちはこっちだから!」佐藤は乳房を吸いだし、看護婦も「先生、いいわ。凄くいい!」
体を反らせ、腰の動きを速めた。

 「嘘よ。こんなの嘘よ…」信じられないと言った顔で、見つめていると乳房を握られているのに気づいた。
「イヤです。やめて下さい!」手を振り払おうとするが、後から抱きつかれて、逃れられない。

 「俺達も、楽しまないとな!」
「イヤ。セックスは、イヤです!」未姫は逃れようと立ち上がったが、栗林に抱きつかれ、足も開かせれて、淫裂に肉竿が当たっている。
「入れないで。お願いです!」腕も抑えられているから、声を上げるだけしかできない。

 それには「そうか。やらせる気がないんだ。それなら、素っ裸写真を病院に展示するぞ!」完全な脅迫にでた。
「それだけは、やめて下さい…」
「だったら、おとなしく、やらせろ!」股間を尻に押し付けた。

 (オチンチンが膣に入った!)「う~!」裂かれる痛みに、呻き声を上げた。
「始めは痛いけど、直ぐに気持ちよくなる!」栗林は乳房を掴んだまま、ピストンを始める。
(犯された…。これは犯罪よ…)膣の痛みと、犯された悔しさに涙が流れていくが、肉竿はピストンを続けている。

 その傍らでは「先生、出して…。私のお腹に出して下さい…」喘ぎながら、看護婦が腰を動かしている。
「俺も出したいけど、危ない日だから…」
「あれ、飲んでます。ですから一杯下さい…」
「そうか。それなら安心だな。もうすぐ出すからな!」その言葉通りに「暖かい…。膣が暖かい…」声を上げた。

 「出したよ。これでいいんだね?」佐藤は乳房を掴んで吸い出す。
「はい。これでいいです…」看護婦も佐藤の頭を掴み、乳房を吸わせている。
「朝倉、向こうは行ったぞ。こっちも行くぞ!」栗林はピストンを速めたが「出さないで…。お腹に出さないで…」膣への噴射を嫌がっている。

 だが「イヤ~。お腹はイヤです~!」悲鳴と共に、結合部から白い液体が漏れだした。
「一杯出したからな!」全てを出し切って肉竿を抜くと、白い液体がドット流れ出て太股まで流れていく。
「イヤよ。妊娠なんて、イヤです!」泣き声を上げ、急いで淫裂を洗いだした。

 「なにも、泣くこと無いわよ、洗えばすむことだし…」看護婦は言うが(勝手なこと言わないで。妊娠したら、どうする気よ)黙ったままだ。
「女同士でやってるよりも、男に抱かれた方が楽しいはずよ」
「そんな、女同士でやるなんて…」慌てる未姫だが「知ってるわよ。お口でやるから、ヘアを剃っているのよね?」それには黙ったままだ。

 「もう、女同士をやめて、男とした方がいいと思うけどな…」
(大きなお世話よ。セックスなんか、したくないのに…)うんざりと言った顔で淫裂を洗った。

 温泉に浸かった2人は、病院へと戻るが「院長、あの2人は夫婦ですか?」尋ねた。
「言いにくいことなんだが、禁じられた関係だよ」
「禁じられた関係ですか?」
「そうだ。叔父と姪の関係なんだ」

 「それじゃ、セックスなんか、しちゃダメなはずよ!」
「だから、こんな田舎にいるんだ。勿論、親戚とは縁を切ってあるそうだ」しんみりと話す栗林に未姫も黙り込んでしまった。

 そして、病院に戻った未姫は、夜間診察を命じられ、当直に備えていると「先生、今夜は私が当番です」典子が声を掛けた。
「今夜は、典子さんなんだ。よろしくね」
「こっちこそ、よろしくね。それより、どこに出かけていたの?」

 「診療所よ。院長が知っておいた方がいいだろうって、言うから」
「あそこの、温泉に入ったの?」
「入ったわよ。気持ちよかったわ」

 「そうなんだ。温泉に入ったんだ。それじゃ、院長とセックスしたわよね?」
「な、何言っているのよ。そんな事してないわよ!」
「嘘言ってもダメよ。あそこに連れて行かれると、必ず、セックスさせられるんだから」

 「典子さん。どうして、あなたが知っているの?」
「私も、連れて行かれたからよ。乱暴にやられたから暫く痛かった。それより、院長とやったから、罰を受けて貰うわ」
勝手に言うが(そんな、罰なんてイヤよ。私だって、嫌々やられたんだから…)下を向いて黙ったままだ。

「とにかく、今夜は忙しくなるわね…」典子は出ていくが「罰って、どんな事されるのかしら?」不安になっている。
それでも、気を取り直し、時間になると、夜間診察室に向かった。

 夜間診察室に入ると、典子の他に直子もいた。
「先生、今夜は私も一緒です」未姫を見るなり、直子も言い出す。
「直子さんも、一緒ですか?」

 「そう。今夜は特別ですから」意味ありげに言うと(特別って何かしら。もしかして、典子さんが言っていた、罰と関係あるのでは?)不安が蘇っている。
「先生、そんな怖い顔しなくていいわよ。それよりも、診察の準備をお願いします」
「わかってます!」診察の準備を始めた。

 診察を始めたが、9時を過ぎた頃から患者はいなくなり、暇を弄ぶようになっている。
「先生。診療所に行かれたそうですね?」直子が尋ねた。
「はい、院長に誘われまして…」

 「そうなんだ。それで、セックスは楽しかったですか?」
「何言うの。セックスが楽しかったかだなんて!」さすがに、未姫も狼狽している。
「質問しているのよ。正直に答えてください」
(そんな事、言えないわよ。無理矢理にやられたんだから)下を向いたまま黙っていると「仕方ないわね。こんな事したくないけど…」ポケットから写真を取りだし手渡した。

 それを見るなり「そんな~!」悲鳴に近い声を上げ、体を震わせていく。
「驚いたでしょう。先生がセックスしている写真よ。しかも、処女を失った時の写真よ」
得意気に直子はいうが(どうしてよ。どうして、直子さんがこんな写真を持っているのよ。もしかして、直子さんも犯したのでは?)写真を持った手がブルブル震えている。

 「気に入ってもらえたでしょう。これがある限り、先生は言うがままに動かないとダメなの」
「私に、何をさせる気なのよ…」
「そうね。まずは、フルヌードになって貰うわ」

 「まさか、ここでヌードになれとでも?」
「ここではまずいから、病棟でやって貰うわ」
「それは無理よ。患者が来たらどうする気よ」
「大丈夫、典子が残るから。何かあったら、これで連絡よ!」ポケットベルをちらつかせる。

 (どうしても、ヌードにさせる気だわ。何とかならないかしら?)思案しても考えなど浮かばない。
「先生。行きましょう!」腕を掴まれ、直子に外に連れ出された。

 2人は、薄暗い廊下を歩いて真紀子が使った特別室に入った。
「ここで見せて貰うわ。セックスしたオ○ンコをね」
(ここで、ヌードになれと言うんだ。イヤだけど、あの写真があるし…)泣き顔をしながら白衣を脱ぎだした。

「そうよ、それでいいの。全部脱ぐのよ」笑みを浮かべて脱ぐのを見ているが(どうしてこんな事になったのよ…)自分に問いかけながら、ズボンも脱いで下着姿になる。
「これで、許してもらえないでしょうか?」
「言ったでしょう。オ○ンコを見たいって!」

 (言っても無理だわ。脱ぐしかない…)諦めて、ブラジャーを脱いだ。
「相変わらず綺麗だわ。ヌードモデルでも食べていけるわよ」
(バカ言わないで。ヌードモデルなんかには、ならないわよ…)唇を噛みしめ、乳房を揺らせながらパンティを引き下げた。

 「あら、また剃ったんだ。手間が省けたわね」無毛の淫裂に声を上げる。
(手間が省けたって、ヘアを剃る気だったんだ…)未姫の顔が強ばっていく。
「先生、そんな怖い顔しないで笑顔よ。ほら手を退けて全部見せないと」言われるまま、手を退けて、乳房と無毛の淫裂を露わにした。

 「ここに、入れられたんでしょう?」直子の指が淫裂に入った。
「そ、そうです。そこに…」太股がぶるぐる震えている。
そんな未姫を弄ぶかのように「ここに、何を入れられたか、言わないと 」指を動かし出した。

 「オチンチンです。オチンチンを入れられました…」
「それで、気持ちよかったの?」
「良くありません。無理に入れられましたから…」

 「そう、良くなかったんだ。それなら、私が気持ちよくしないとダメだわね」淫裂から指を抜くと、服を脱ぎだす。
(まさか、ここでレズをやれとでも…)それを眺めているが、直子は下着も脱いで未姫と同じく全裸になった。

 「これで、気持ちよくしてあげるわ」未姫に唇を押し付けて乳房を撫でだす。
(やめて、その気はないのよ!)叫びたいのを堪え、されるがままにしていると、乳房に顔を埋めて乳首を吸い出した。
未姫は「あ、あ、あ~!」敏感な部分を吸われ、背中が浮き上がっていく。

 それでも直子はやめようとはせず、吸い続けているとドアが開いて「婦長!」声がした。
声の主は、当直の看護婦達で5人程いた。

 「待っていたわよ。これからやるから見てて!」
「期待してます」直子は体を変えて、シックスナインになっていく。
(やめて。見られているのよ。こんな事やめて!)逃れたくても、弱みを握られ、目の前にある、淫裂を指と舌で撫でだした。

 同じように直子も未姫の淫裂を、舌と指で撫でていく。
5人の看護婦達は「凄いわ、何だか興奮してきた…」息を乱しながら、2人の行為を見つめている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター