fc2ブログ

「淫らな病院」第14話 初めての快楽 

第14話 初めての快楽 

 ヌードモデルを終えた2人は、アパートから繁華街へと戻っていく。
「先生。オチンチンどうだった?」歩きながら話す典子に「どうだったと言われても…」顔が赤く染まっていく。

 「あれを、膣に入れられたら、どんな感じかしらね?」
「そんな事聞かれれも、困るわ…」
「私、犯されたことあるけど、痛くて何も感じなかった。院長とした時はどうだったの?」

 「そんなの、言えない…」
「気持ちよくなかったの?」
「良くなかった。無理にやられた感じで、何も感じなかった…」

 「そうよね。男は自分だけ良ければいいと思ってセックスするけど、女は優しくしてくれるから好きだわ」
それには(私はどっちも嫌いよ。オチンチンも、指もイヤなのよ!)項垂れて黙り込む未姫だ。

 2人がなおも歩いて行くと、下着店が目に付く。
「そうだ。手伝って貰ったお礼にプレゼントしないと!」未姫の腕を掴んで、店内に連れ込んだ。

 「先生、これ着けて。お返しよ」典子は派手な下着を指さす。
「いいわよ。お礼なんて、要らないから!」
「そうは行かないの。これ下さい!」勝手に買い込んで未姫に渡す。
(こんなの着たくないのに…)渋々受け取り、寮に戻ると、またダンスの練習をさせられた。

 未姫は服を着たまま踊ろうとしたが「ダメ、全部脱ぐの!」全裸になるよう言われ、服を脱いでいく。
(何も、練習から脱がなくていいのに…)そう思っても、典子が言うからには従うしかなく、全裸になっていく。

 「それでいいのよ。まずは一緒にやろう!」典子も服を脱ぎ、全裸になると音楽を掛けて踊り出す。
(イヤらしい踊りだわ。まるで、セックスして欲しいと言ってる見たい…)腰の動きに嫌悪感を持ちながらも、同じように腰を動かしていく。

 「そうよ、それでいいの。足も上げて、見せてやるのよ」典子は足を上げて、淫裂の中まで未姫に見せる。
(そんなの、見たくもないわよ…)そう思いながらも、倣って足を上げて、典子に淫裂を見せていく。
それには、笑顔になって「上手よ、だいぶ上手になったわ!」褒めながら目を細めた。

 ダンスの練習を済ますと、未姫は夜間診察をするために病院へと向かい、着替えを済ませ、診察室に入るなり「あら、今夜は朝倉先生なんだ!」直子が声を掛けてくる。
「はい。そう言われまして…」

 「この前はごめんね。悪気でやったんじゃないの。今夜は真面目にやるからいいでしょう?」甘えるように言い、抱きついた。
(勝手なこと言わないで。フルヌードで病院の中を歩いた、私の身にもなってよ!)黙ったままで、返事をしない。

 「あら、冷たいわね。謝ったのに許さないなんて。いいわ、これを見せてやる!」写真をちらつかせた。
「許すわよ。あの事は許します…」

 「遅いわよ。そんな態度じゃ、こっちが許さない!」
「それなら、どうすればいいの?」
「脱ぐのよ。先生はヌードが一番似合うし…」
「私に、またヌードになれと言うんだ…」未姫の唇が震えている。

 「イヤなら、それでいいのよ。ただ、大恥掻くのは朝倉先生だけど」
「脱ぐわ。脱ぐから写真だけは…」項垂れた未姫の目からは、涙が流れていく。
「何も泣かなくていいわよ。だだ、ヌードになるだけなのに…」

 (馬鹿なこと言わないで。だったら、あなたもヌードになりなさいよ!)黙ったままいると「とにかく、やって貰うからね」直子は診察室から出て、未姫だけが残された。
「またヌードになるなんて…。でも、誰からあの写真を手に入れたのかしら?」考えても思い付かなかった。

 そして、深夜になると、訪れる急患もなく、手持ち無沙汰になっている。
それを見透かしたかのように「先生、来て!」直子が呼びに来た。
(行きたくないけど…)後が怖いから、素直に従って仮眠室に入った。

 そこには、若い男性がいて「綺麗だな。スタイルも抜群だ!」未姫を見て満足そうに言う。
「そうでしょう。あなたのために頼んだのよ。先生、早速だけど。脱いで!」

 「脱ぐって、男がいるのよ。そんな事出来ない…」
「あら、知らなかったんだ。私の弟で入院してるの」
「直子さんの弟でも、男は男よ…」項垂れて言うと「そんな事言うなら、知らないわ。いいのね?」かなり、機嫌が悪くなった。
「わかったわ。脱ぎます…」仕方なく、白衣を脱ぎ、シャツズボンと脱いで下着姿になった。

 それには驚いたのか「姉さん。本当に見せてくれるの?」直子に尋ねる。
「勿論よ、弟のためだもの。だから、あんな不潔なことはダメよ」
「わかってる。もうしないよ。今回だけにする」2人は未姫の脱いでいくのを見つめているが(見なくていいのに…)泣きそうな顔をして、パンティから脱ぎだした。

 すると「オ○ンコに生えてない!」無毛の淫裂に声を上げた。
「そんな驚かないで。ここの大半は剃ってるの」直子が説明する。
「姉さんも剃ってるの?」
「勿論よ。その方が衛生的だし…」

 「そうなんだ。知らなかった!」驚きの顔をしながら見ているが、未姫はブラジャーも脱いで全裸になった。
「これがオッパイか…」初めて身近で見る乳房に興奮したのか、股間が膨らんでいる。
「元気いいわね。その元気を先生に見せないと」
「わかってる。僕もヌードになるよ」男も脱ぎだした。

 それには「脱がなくていいわ。ヌードは私だけでいい!」両手で淫裂を隠す。
「そうは行かないの。先生には、弟を男にしてほしいの」
「男にしろって、セックスをしろとでも?」
「早い話がそうなの。やって貰えるわよね」

 「イヤ。そんなの出来ない!」
「だったら、いつまでも、そのままよ。これは返さないわ!」脱いだ服を取り上げた。
「酷いわ。どうして、そんな酷いことを私にさせるのよ…」涙が停まらない。

 「これには事情があるの。お願いだからやって。あれはなかったことにするから」そう言われればやるしかなく、黙ったまま頷く。
「良かった。まずは先生がここに寝るの」仮眠用ベッドに未姫は寝た。

 「まずはキスをして、その後オッパイにもするの」直子が言うと、男は未姫の唇を吸い乳房も吸い出す。
「次は、指で、性器を触って…」次々と直子が指示してそれに従っていく。

 「そうよ。オチンチンを、そこに入れるの!」遂に淫裂に肉竿が当たった。
(入れないで。お願いです!)そう願うが「ズル、ズル!!」膣を押し広げて、入り込んだ。
「ダメ、そんな乱暴にしちゃダメ。ゆっくりよ、優しく動かして…」直子の指示通りに肉竿が動いていくと、痛みは感じない。

 (痛くない…。返って、気持ちいいくらい…)ゆっくり動く肉竿に、膣も反応して濡れだした。
「濡れだしたわね。もう大丈夫よ、強くやってもいいわ!」言い終わらない内に、肉竿のピストンが早くなり、動きも大きくなっていく。

 (気持ちいい。これがセックスなんだ…)初めて味わう快楽に、淫裂から汁が流れてシーツを濡らしていく。
「オッパイにもしないと…」乳首が吸われ「あ、あ、あ~!」遂に未姫は声を上げた。

 「先生。気持ちいいの?」
「いいわ…。初めて…。こんなに、気持ちいい思い…」背中が浮き、弓のように反っている。

 男は、なおも肉竿をピストンしていたが、次第に絶頂が次第に近づいた。
「中に出しちゃダメよ、出そうになったら抜くの!」
「わかってる。もうすぐ限界みたい…」そう言うと「出る、出る!」肉竿を抜いた瞬間に先端から、白い液体が未姫の乳房に飛びかかった。

 「良かった。これがセックスなんだ…」息を弾ませて、乳房を撫でているが、未姫は(こんなに気持ちいいなんて、私は変態かしら…)淫裂から淫汁を流した間余韻に浸っている。

 仮眠室には、2人の荒い息づかいが響いているが「先生、ありがとう。これで弟も悔いがないわ」礼を言って、未姫の淫裂を拭いていく。
「そうだった。僕からもお礼を言わないと。男にしてくれて、ありがとうございます!」
(お礼なんて要らないわ。私だって、気持ちよかったし…)今までは、乱暴だったから、尚更そう思えた。

 「先生。服を着ていいわよ」直子はブラジャーを乳房に当て、着るのを手伝いだした。
(一体どうしたのかしら。あんな態度だったのに…)弟とセックスしたら、優しく未姫を扱っている。
「はい、パンティも履かないと」足首に掛けたが(恥ずかしいわ。赤ちゃんみたいで…)それでも直子の言う通りにしていき、元通りの白衣姿になると、診察室に戻った。

 それから暫くして「先生。先程はありがとうございました…」直子が現れて礼を言う。
「そんな、ありがとうだなんて…。でも、どうして、セックスさせたの?」
「弟は、もうすぐの命なんです。急性白血病で、持って3ヶ月と言われてるの。だから、せめて、セックスをさせたかったの…」しんみりという直子の言葉に未姫も項垂れるだ
けだ。

 「弟、喜んでいたわ。やっと男に成れてたって。これも先生のおかげよ。恩は忘れないからね」
(そんな、恩だなんて…。私こそ、初めて本当のセックスを知った…)下を向いたまま、黙り込んでいる。

 暫くして未姫は「ドナーは見つからないの?」尋ねた。
「当たったけど、いなかった。後3ヶ月の間に見つかればいいんだけど…」
「そう、だめだったんだ…」慰めの言葉も出ない。

 翌朝、夜勤を開けると「今日は午前だけでもいいからやって貰うよ」内藤から言われた。
「構いませんが、何かあるんですか?」
「理事会だよ。出たくないけど、出てくれと言われてね…」

 「そりゃあ、内藤さんは重職だから当然ですよ」
「重職か…。俺はそう思わないな。院長なら別だがな。とにかく頼んだよ」内藤はそう言うと出て行く。

 「全く、内藤さんったら、ここから抜け出したいみたい」淳子が漏らした。
「淳子さん。内藤さんがいなくなったら、どうなるの?」
「どうなるって、わからないわよ。私は役のない医師だし…」
「そうよね。誰か、来るのかしら?」
「そんな事より、仕事よ。準備して!」淳子の言葉に、未姫も診察の準備を始めた。

 未姫は結局、5時近くまで診察するはめになり、疲れが抜けないまま寮に戻った。
戻ると「しんどかった…」愚痴を言い、シャワーで体を洗い、ベッドに潜り込み、疲れが溜まってるのか、直ぐに眠気が襲いイビキを掻きだした。

 そして、どれだけ寝たかは知らないが「いいわ。凄くいい~!」女の喘ぐ声で目が覚めた。
「何よ、今の声。もしかして、淳子さん…」壁に耳を当てると「あ、あ、あ~!」また、喘ぐ声が聞こえる。

 (レズだわ。相手は誰かしら?)聞き耳を立てると「先生、指だけじゃイヤ。あれでして…」また聞こえる。
「しょうがないわね。典子は甘えん坊なんだから」
(典子さんが相手なんだ!)相手がやっとわかった。

 「これからも、私の言うことを聞くのよ。そうしないと、してあげないからね」
「聞きます。ですから、それを入れて下さい…。いいわ、凄くいい…。本物よりも感じる…」声が大きくなった。
(イヤらしい。きっと、玩具を使ってるわ。あんなのを膣に入れるなんて不潔よ)ベッドに戻って横になったが、相変わらず「あ、あ、あ~」と喘ぎ声が聞こえる。

 「レズなんて、変態のする事よ。私は嫌いよ。それより…」昨夜のことが思い出される。
「オッパイも、吸われたわ…」自然に手が動いて、パジャマのボタンを外し、ズボンも引き下げていく。

 「ここにも、された…」パンティも足首から抜かれ、指が淫裂を撫でだした。
「ここに、入れられたんだ…」指が膣の中に入り動き出す。
「して。もっと深く入れて!」妄想しながら指を動かしていると、膣も反応して濡れだした。

 「噛んで。乳首を噛んで!」ブラジャーの中に手を入れて乳首を潰した。
「強くよ。もっと強く噛んで!」膣に入った指も動きが速まり、乳首を摘む指先にも力が入った。

 「いいわ、凄くいい。出してもいいから、もっとして…」全身を反らせながらも、指を動かしている。
「もうすぐよ。もうすぐ行くから、膣に出して…」それだけ言うと、動きがピタリと停まって「ハア、ハア!」荒い息づかいになっている。

 それに、淫裂から溢れた汁がシーツを濡らしていた。
「気持ちよかった。オナニーでこんなに感じるなんて。きっと昨日のセックスが…」また思い出すと、指が動き出す。
「我慢しないと。今夜はここ迄…」足首に絡まったパンティを引き上げて、股間を覆うとズボンも履いて、深い眠りについた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター