fc2ブログ

「淫らな病院」第15話 寮祭

第15話 寮祭

 未姫は、仕事の合間をぬって、全裸ダンスの練習をしていた。
「先生、いよいよ明日よ。これが最後の練習だからね」
「わかってる。でも、ヌードは恥ずかしい…」

 「そんな気持ちじゃダメよ。それに、ここも手入れしないと!」典子は5ミリ程度に伸びた絨毛を撫でる。
「典子さん、ヘアは剃りたくないの。このままにしたいの…」

 「そう言われても、皆がやってることだし…。そうだ。周りだけ剃ればいいのよ。あそこが見えるように」淫裂を撫でる。
「それじゃ、今までと同じよ、丸見えだし!」

 「そうよ。でも、ここに、少しだけ残すの。試しにやってみようよ」典子は準備を始め、絨毛に泡を塗り「ジョリ、ジョリ!」カミソリで剃り出した。
そもそも、短い絨毛だからあっけなく、消え去って、恥丘に狭い帯状に残された。
それには(変な感じだけど、全部剃られるよりはましだし…)無毛の淫裂をな眺めた。

 「先生。ついでに、これ付けて!」右の太股に白いガーターを着させる。
「いい感じね。踊ってみて!」言われるままに踊ると、白い布地が淫裂を引き立たせていた。
「いいわよ、凄くいい。何だか、欲しくなってきた…」典子は未姫に抱きつき、淫裂に指を入れた。

 「やめて。その気になれないの…」
「その気がなくても、やりたいの。先生もやって!」
(レズなんていやよ。だけど…)仕方なしに、典子の淫裂を撫でだすと「指も入れていいのよ、それに、オッパイにも」典子は乳房を吸う。

 (仕方ない。やるしかないか…)未姫も淫裂に指を入れ、動かしていくと呻くような声を上げながら、膣が濡れてきた。
典子も指を動かしていくと、未姫の淫裂も濡れていく。
(指ではイヤ。どうせなら、本物で優しくされたい…)淫裂を肉竿で突かれる姿を思い浮かべながら指を動かし続けた。

 そして、寮祭の当日を迎え、20畳程の部屋には、寮に住むほとんどが集まった。
「まずは、乾杯よ!」淳子の音頭で乾杯が行われ、雑談が始まり、暫く雑談すると「先生、準備よ」典子が未姫を連れ出す。

 「ここで脱ぐの。全部よ!」典子は平然と脱ぐが(フルヌードを見せるなんて…)緊張しているのか、指先が震えている。
それでも、どうにか脱いで全裸になると「これもよ!」典子から白いガーターが渡され、右の太股に付けるが、典子は黒い太股までのストッキングを履いた。

 「先生。卑猥に見えるでしょう?」
「そうね、看護婦にはふさわしくない衣装よ」
「それがいいの。今回は受けるわよ。覚悟はいいよね?」
「はい、出来てます…」
「それなら、行くわよ!」2人は、会場に戻った。

 2人が現れると「待ってました。朝倉先生!」歓声と拍手が上がり、その拍手の中を乳房を揺らせ、淫裂を晒しながら歩いて中央に進み出る。
「先生。行くわよ!」典子の声に合わせ、音楽が流れ出した。

 (ここまで来たら、恥ずかしいけど、やらないと…)皆に全裸を見られ、足を震わせながら、音楽に合わせて体を動かし出した。
体を動かすと、乳房が円を描くように揺れ、音楽に合わせて足を高く上げると「綺麗なピンクだ!」露わになった淫裂に声が上がった。

 それには(性器を見られてしまった…)震えが増し、顔も強ばるが教わった通りに踊り続けていくと、全身から汗が流れ出す。
(もうすぐだわ。もうすぐ終わる!)動きを速め、淫裂を惜しげもなく晒していくと、終盤になっている。

 そして、やっと音楽が終わり2人は起立し、礼をして全裸のままで自分の席に座った。
当然、皆が服を着ている中で、2人だけが全裸だから目立っている。
未姫は寮の仲間から「先生。良かったわよ、ここも綺麗だし!」乳房や淫裂が触られていく。
(やめて。そこは触らなくていいの。あなたも同じ物を持ってるじゃないのよ!)手を払い除けたいが、なすがままにしている。

 そんな中で「未姫。これをやらせて!」淳子がワイン瓶を持ってきた。
「やらせるって、何をですか?」
「仰向けになるの。そうすればわかるから!」不思議に思いながらも、仰向けになると淳子はワイン瓶を、淫裂に押し込んだ。

 それには「やめて。何するのよ!」淫裂に異物を入れられて、払い除けようとする。
「新入りは皆やるの。未姫も例外じゃないからね!」半分程流し込むと、ワイン瓶を抜いて淫裂に口を押し当てた。

 「やめて。汚いからいやよ!」腰を動かすと、膣の中に溜まったワインが、淳子の口に流れていく。
「ふ~。おいしかった。もう少しやらせて!」
「やめて。性器はそんな事するところじゃないわ!」
「だったら、何するところなの。もしかして、男を楽しませる物だったりして!」また、ワイン瓶が押し込まれた。

 「淳子さん。やめて、お願いです!」いくら頼んでも聞き入れられず、また口を押し当てられて、吸われていく。
「ダメ。そこはダメ…」腰が動いていくが、淳子の口は離れず、全てを飲んでからやっと口を離した。

 「淳子さん、交代して。私も先生のでやりたいの」
「いいわよ」相手が変わり、また淫裂にワインが入れられ、口で吸われていく。
それを見ていた同僚も「私にもさせて!」「私にもよ!」次々と名乗りを上げて、順番待ちになった。

 「仕方ないわね。それまでは、ここでさせて!」乳房が揉まれ吸われていく。
「だったら、私もよ!」もう片方の乳房も吸われだす。
「あら、私は何もできないんだ。だったら、先生にして貰わないと」酔ったのか、服を脱いで全裸になり「先生、私の番まで、先生がするの」未姫の口元に乳房を押し付けた。

 「未姫、やるのよ。やらなかったら、乳首が噛まれるわよ!」淳子が言うからには、やるしかなく乳首を吸う。
「いいわ…。凄くいい…。軽く噛んで…」言われるまま、軽く噛むと「あ、あ、あ~!」声を上げている。

 「交代よ。私のも噛んで!」次々と服を脱ぎ、乳房を未姫の口に押し当てていく。
(いやよ。こんな事したくない…)そう思いながらも、乳首を吸ってから軽く噛んだ。
「いいわ、凄くいい。ここにもして…」向きを変え、淫裂を押し当てようとしたが「まだダメ。それは、皆が終わってからよ!」淳子が釘を刺す。

 「仕方ないわ。指で我慢する!」
「そうして。後で楽しめるから…」機嫌を取るかのように、淳子が乳房を吸い出しすと「淳子先生、気持ちいいです…」声を上げ抱きついた。

 「しょうがない子ね。いいわ、してあげる!」淳子は股間に顔を埋めて、指で膣の中を掻き回し、舌でクリトリスをなめだすと「いいわ…。凄くいい…」声を上げ淫汁を流し出した。
それに刺激されたか、カップルが次々とできあがり「あ、あ、あ~!」声が響き渡った。

 その間も、未姫は淫裂にワインを注がれ、口で吸われていたが「先生、私達もしましょうよ」腰に、ペニスバンドを取り付けて、抱きついてきた。
「ダメ。そんなのダメ~!」声を上げても、淫裂に樹脂のペニスが押し込まれていく。
「抜いて。こんなのイヤ~!」
「先生でも、やらないとダメなの」なおも押し込み、ピストンを始める。

 始めは嫌がっていた未姫だが、ゆっくりと動く樹脂ペニスに反応して膣が濡れだす。
(気持ちいい。玩具でも感じるなんて…)自らペニスに合わせて、腰を動かし出した。
「先生、気持ちいいんでしょう。正直に言った方がいいわよ」
「そうなの…。凄く気持ちいいの…」目は虚ろになり、背中も浮きだした。

 (このままされたら、行ってしまうかも…)「あ、あ、あ~!」声も出し、漏れ出る淫汁の量も多くなっている。
「先生、行きたいでしょう。行ってもいいわよ。恥ずかしいことじゃないし…」腰の動きが速まった。
「ダメ…。行く~!」そう叫ぶと、反った背中が戻り、荒い呼吸をしたまま動かない。

 「交代よ。今度は先生が付けるの」ペニスバンドを外して、未姫の腰に取り付けた。
「先生はそのままでいいわよ」未姫を跨ぎ、ペニスに淫裂を押し当て「あ、あ、あ~!」声を上げながら腰を沈めていくと、淫裂に吸い込まれるのがわかる。

 「入った…。一杯入った…」喘ぎながらも、腰を動かしていくと淫汁が流れていく。
「先生。ここにして欲しいの」腰を振りながら未姫の手を乳房に導き、それに応えて揉み出した。
「そうよ。それでいいの。私も行くからね」腰の動きが速まり、樹脂ペニスが濡れていく。

 (気持ちいいんだ。あんなに漏らしてる…)結合部を見ながら、乳房を揉んでいると「行く、行く~!」叫んでパタリと倒れた。
(行ったのね。こんな玩具でも感じるんだ…)未姫は払い除けようともせずそのままにしていると「先生、私にやらせて!」交代して未姫を跨いだ。

 こうして、寮の皆が樹脂ペニスで淫裂を突きあっていたが「私にもやらせて。未姫が四つん這いでだけど…」淳子は、未姫からペニスバンドを外して自分の腰に付けた。
「淳子さん。後からは、したくないです…」

 「あら、私とはしたくないんだ。それなら考え直すわよ」
「そう言うわけでは、ありませんが…」
「だったら準備して。ほら!」半ば脅迫に近い言葉に、渋々四つん這いになった。

 「行くわよ!」腰を押さえて、樹脂ペニスを突きだした。
それには「あ、あ、あ~!」(深い…。奥まで入ってくる…)声を上げ、体をくねらせていく。

 「気持ちいいでしょう。奥まで入るから…」淳子は腰を動かし出した。
(抜いて…。それ以上、入れないで…)乳房を揺らせ、髪の毛を振り乱していくと「先生、手伝うわね」揺れ動く乳房を脇から掴まれた。
(やめて。膣だけで充分よ…)息を弾ませながら、乳房が揉まれていく。

 「未姫。オッパイ手伝って貰えて良かったね。私も頑張るからね」淳子は腰の動きを速め「あ、あ、あ~!」声が大きくなり、淫汁がまた流れ出した。
それでも、淳子は動きを停めようとはしない。

 (我慢できない…。もう限界よ…)堪えていたが「行く、行く~!」叫ぶと、パタリと崩れた。
「先生が行ったわよ」
「そうみたいね」寮の皆が「ハア、ハア!」荒い息使いをしている、未姫の淫裂を見つめ、その後は、全裸のままで、また飲み出した。

 その翌日、未姫がいつものように、病院で着替えをしていると「先生、私も見たかったわ」同僚の医師から言われた。
「見たかったって、何がですか?」

 「ダンスよ。ヌードで踊ったんですってね。評判良かったそうじゃないの!」それを聞いて「誰が、そんな事を言ったんですか?」顔色を変えて問いただした。
「宮下先生よ。私にも見せて欲しいな…」

 (淳子さんったら、どうして余計な事をするのよ。人に気も知らないんだから…)項垂れて黙り込んだ。
「何も、今でなくていいの。そのうちでいいからお願いね」肩を叩いて出て行く。

 「寮だけのはずだったのに…」元気なく着替えを始め、着替えを済ますと内科診察室に向かうが「朝倉、俺も見たかったな」内藤も意味ありげに言う。
「何をですか?」
「ダンスだよ。素っ裸で、踊ったそうじゃないか!」

 「それは…」言いかけたが、言葉が続かない。
「ま、いいか。そのうち見せて貰うからな。それより準備だ!」
「わかりました」診察準備を始めたが、看護婦達も「先生、今度やる時は声を掛けて下さい」と意味ありげなことを言う。
(もう、知れ渡ってしまったんだ。寮だけのはずなのに…)黙り込む未姫だ。

 そんな事を繰り返しながら、数日が過ぎて、また夜勤になった。
「先生、今夜も一緒ね。また、頼もうと思って!」直子が、しんみりした顔で話しかけてくる。

 「何をですか?」
「弟よ。また、弟とセックスして欲しいの」
「そんな、セックスしろだなんて…」
「悪いようにはしません。それに、この写真の出所を教えますから」

 (犯された時の写真だ。どうやって、手に入れたのかしら。調べないと…)決意したのか「わかったわ。でも、今回限りよ。それに、コンドームを付けて欲しいの」
「わかってます。用意しておきました。準備が出来たら呼びに来ます」直子は出て行くが「出所がわかるなら、我慢するしかないわ。それに、人助けで、ただのセックスじゃないし…」この前の快感を思い出しながらも、自分を正当化しようとしている。 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター