fc2ブログ

「淫らな病院」第16話 真犯人

第16話 真犯人

 未姫が夜間診察室で、直子が呼びに来るのを待っていると「先生、暇そうね。こっちもいいわよ!」直子が現れた。
「この事は、秘密にして下さい…」
「わかっています。とにかく、急いでくださいよ」仮眠室に連れ込むと、この前の男がいる。

 (また、セックスするんだ…)顔を強ばらせながら、白衣を脱ぎだすが「先生。全部でなくていいよ。後からしたいんだ。それに、なめて欲しい…」ズボンを引き下げて肉竿を露わにした。

 「わかった。お口でするのね」男の正面に膝を付き、肉竿を掴んで口に入れ「ウグ、ウグ!」と唇で擦り出す。
「気持ちいい。こんな、事ならもっとして欲しい…」未姫の頭を撫でだした。
(そんな事したって、これっきりよ。写真の出所さえわかればいいんだし…)なおも唇を動かしていくと、カチカチになってしまった。

 「先生。もういいよ、始めよう!」
「待って。その前に、これを付けないと」直子はコンドームを肉竿に付けていく。
「姉さんにして貰えるなんて、信じられないや」
「今回限りよ。ほら、付いたわよ。先生、後からよ!」

 「わかってます…」未姫は、下半身を剥き出しにして、ベッドに両手を付いた。
「行くよ!」肉竿が淫裂を突きだすと「う、う~!」呻き声を上げながら、堪えているが、膣の中が潤って、濡れていく。

 (もう痛くない。返って、気持ちいいくらい…)目を閉じて、淫裂を突かれていくと、ピストンが速まった。
(気持ちいい…。病院でなかったら、声を出せるのに…)淫汁を流しながら、声を出すまいと堪えていた。

 「姉さん、出すよ。出すからね!」動きが停まり、身震いが始まった。
(良かった。声を出さずに済んで…)未姫も絶頂寸前だったから、この方が良かった。
「先生、楽しかった。姉さん、これどうするの?」
「私が捨てる。でも、一杯溜まってるわね」
「仕方ないさ。あれ以来してないんだから」肉竿からコンドームを外すと直子に渡した。

 「そうだ。姉さんにも、やって貰いたいな」
「ダメよ。姉弟でやったら、獣と同じよ」
「口でならイイよね。汚れも取れるし…」

 「仕方ないわね。今回限りよ」直子は、弟の肉竿を口でなめだした。
(そんな、姉弟で…)未姫は眉間に皺を寄せたが(もう、長くないから直子さん、してるんだ…)事情を思い出し、パンティを履き、元通りになっていく。
直子も一通りなめると「お終い!」口を離して「ありがとう、スッキリした」男は直子と一緒に、入院病棟に戻り、未姫も診察室で待機した。

 それから暫く過ぎて「先生。先程は、ありがとうございました!」礼を言って直子が入ってくる。
「直子さん。写真のことだけど、教えて欲しいの」
「ああ、あの写真ね。どうも、出所は、院長らしいのよ」

 「それじゃ、院長が撮ったの?」
「それはわからないわ。ただ、院長から出たのは確かなのよ。思い当たる事はない?」
「そう言えば、初めての夜勤の時、奥さんもいたわ…」

 「その時よ。真紀子さんもいたわよね。それで、何かされなかった?」
「飲み物を貰って、飲んだ、ら急に眠くなり…」
「間違いないわ。眠り薬を入れたのよ。その後、セックスしたのよ!」
「酷いわ。私を傷物にした上、写真に撮るなんて…」思い出したのか涙を流しだした。

 「先生。何も泣かなくていいわよ。先生だけじゃないんだから」
「私だけじゃないって、直子さんも?」
「そうよ、眠り薬を飲まされて、犯されたわ。それも、院長だけじゃなくて、事務長にもよ。しかも、真紀子さんも写真に撮ったの」

 「そんな酷い事されて、黙っているの?」
「黙るしかないわよ。夫に今さらいえないし…」直子も涙を流しだした。
「直子さん、私は悔しいの。何とかして謝らせないと、収まらないわ」

 「それはやめた方がいい。相手が悪すぎる。もっと酷い目に遭わされるから、大人しくしていた方が身の為よ。現に騒いだ人がいたけど、追い込まれて自殺したの」
「そうなんだ…」

 「そうよ。ところで、何回やられたの?」
「夜勤の時と、診療所の2回です」
「2回なら我慢しないと。私なんか、薬を使われ、数え切れないくらい犯されたのよ」
「それで、平気なんだ!」
「仕方ないわ。騒いで首になったら生きていけないし。それに、夫の体面もあるしね」

 「でも、仕返ししたいわ…」
「そんな考え、持たない方がいいわ。それより、近々理事会の選挙があるからそっちに期待した方がいいわよ」

 「選挙ですか?」
「そうなの。理事長が替われば、院長は交代になるし…」
「そうか、選挙か。その手があったのね」

 「そうよ、だから我慢しないと。それより、私も、ヌードダンス見たかったわ」
「そう言わないで。思い出しただけでも、恥ずかしくなっちゃう!」未姫の顔が赤く染まっていく。
「あら、顔が赤くなって。全く初なんだから」
「直子さん、からかわないでよ!」2人の話し声が響いていた。

 それから数日が過ぎると、直子が言った理事会の選挙が話題になり、未姫のヌードダンスは話題から消えた。
それをいいことに、理事会の選挙に関心を寄せた未姫は、理事達について調べ始めた。

 だが、それを不審に思う者がいる。
「あいつが何かをしそうだな。今動かれたら困るから、口封じした方がいいな」
「それだったら、いい方法がある。例の写真を使うのはどうだろう?」
「そのままでは無理だ。それより、いい方法があるぞ!」ヒソヒソと話が続けられた。

 それから数日後、未姫の元に、真紀子からの招待状が届いた。
個展は3日間行われるが、関係者には、事前に公開すると書かれてある。
「個展を開くって、私のヌードを…」顔から血の気が引いていく。

 「誰にも見せないって言うから、モデルをやったのに…」招待状を見つめ、涙が落ちていく。
それでも、気を取り直して「確かめた方がいいかも…」招待を受けることにして、返事を送った。

 そして、個展の前日、未姫は個展会場へと向かった。
会場はそんなに広くなく、写真が50枚程度飾られており、どれもが未姫の全裸写真で、乳房や無毛の股間が丸出しになっている。
それを見て(胸はいいとして、割れ目まで飾るなんて…)まともに、見る気はしないが(性器は写ってないと思うけど…)割れ目の部分を確かめだした。

 未姫が順番に見ていくと「あら、来ていたんだ!」真紀子が声を掛けた。
「はい。気になりまして…」
「ああ、性器が心配なんだ。安心して、割れ目だけしか飾ってないから。それより、久しぶりだし、楽しもう!」未姫の腕を掴んで、会場から事務所に連れ込み、服に手を掛けた。

「待って。今はしたくないです…」
「そうは行かないの。久しぶりだし、また見せて貰わないと。それにまた撮りたいし」
強引に脱がそうとするが、未姫も脱がされまいと堪えている。

 それには「そう。脱がないなら、これを飾るけど…」それは、未姫の淫裂に肉竿が入っている写真で、顔や結合部がハッキリと写っている。
「これを、どこで手に入れましたか。もしかして、犯したのは?」

 「あら、わかってしまったみたいね。そうよ、未姫さんをやったわよ。ほら、喪失の瞬間よ」赤い血が流れる写真も見せる。
「酷いわ。どうしてこんな事をするのよ。そんなに私が憎いの?」

 「憎くはないわ。どうしても、あなたの喪失写真が欲しかったの」
「どうしてよ。どうして、こんな酷いことをしたのよ!」
「私の人形になって貰う為によ。これで、あなたは言うがままに、動くしかないの」
「そんな、人形だなんて…」

 「イヤなら、この写真がばらまかれるだけよ。そうしたら、あなたは大恥を掻くけど」
「でも、真紀子さんだって、刑務所送りよ」
「そうかしら、証拠はあるの。あなたが、間違いなくおかされたって言う証拠が。あなたが承知の上で撮ったと言えば、それまでよ!」

 (その通りだわ。証拠がないから、下手に動けない…)未姫は黙り込んでしまった。
「やっとわかったようね。人形の分際で、私に楯突いたから、お仕置きしないと。どんなお仕置きにしようかな?」不敵な笑いを浮かべ、未姫を見つめるが(お仕置きって、まさか、ここでヌードにされるのでは…)顔が青ざめ、唇が震えている。

 「あら、意味がわかったようね。そうなの。ここで、未姫は素っ裸になってお客の相手をするの」
「イヤ。もう、ヌードはイヤです…」
「イヤでもやるのよ。やらないなら、これを飾るからね!」
「それだけはやめて下さい。この通りです」正座して頭を下げた。

 「そんな事したって、許さないわよ。ほら、早く素っ裸になるのよ!」
(本気だわ。本気でやる気だ…)真紀子の顔を見ると、形相がいつもと違って強ばっている。
(やるしかない…。恥ずかしいけどヌードになるしかない…)黙ったまま立ち上がり、服に手を掛けた。

 「やっと、わかったようね。急ぐのよ!」真紀子は急かすが、思ったように指が動かず、なかなかボタンが外れない。
「焦れったいわね。私がやる!」真紀子はみておれず、スカートを脱がせ、パンティも引き下げると「あら。またパイパンにしたんだ…」無毛の淫裂が現れ、見つめている。

 「相変わらず綺麗ね。あれから、何回やったの?」指で撫でるが、黙ったままだ。
「返事はどうしたの?」真紀子の指が、敏感なクリトリスを掴んだ。
「ヒ~。4回です…」呻くように言う。
「あまり、やってないんだ。だから綺麗なんだ…」淫裂を撫でると、乳房も露わにしていく。

 「これで素っ裸よ。もう、逃げられないからね」それには、未姫も項垂れたままだ。
「わかったようね。次はお仕置きね。来て!」
「来てって、まさか、あそこで…」
「そうよ。個展会場で撮るの。逆らったから、償って貰うの!」

 「それだけは、許して下さい。お願いします!」泣きながら頭を下げた。
「そんな事したってダメ。イヤだというなら、この写真も飾るだけよ」
「わかりました。行きます…」
「わかったら、もう泣かないの。ほら笑顔よ!」真紀子はそう言うが、全裸を大勢に晒すのだから、無理な注文だ。

 「行くわよ!」未姫は腕を掴まれ、全裸のままで、個展会場に戻った。
当然「素っ裸だ!」「ヘアがない!」全裸の上、絨毛がなく剥き出しの淫裂に、驚きの声が上がるが、真紀子は未姫にポーズを取らせる。

 「そうよ。足を引いて!」カメラを構えて未姫を撮っていくと、招待客がジッと見つめている。
(性器ばかり見ている…)股間が膨らみ、目線でわかった。
そんな未姫に「両手を上げて!」真希子は注文を付け、カメラに収めていった。

 未姫は人垣ができている中で、30分程全裸を晒してから事務室に戻ったが「う、う、う!」と声を上げて泣き出した。
「泣いたってダメよ。これも、次の個展で使うからね」
「それは、やめて下さい。この通りです!」また土下座した。

 「そこまで言うなら、考え直してもいいわ。頼みを聞いてくれる条件で…」
「どんな、頼みですか?」
「男と、セックスして欲しいの」
「そんな~。セックスだなんて…」

 「4回もやったんでしょう。1回ぐらい平気でしょう」
「でも、知らない人とは、したくないです…」
「知ってるわよ。呼んでくるから待って!」真紀子は一旦出てから、男を連れてきたが「朝倉が素っ裸に!」全裸の未姫に声を上げた。

 (どうして事務長がここにいるのよ…)未姫も男の顔を見るなり、乳房と股間を押さえてうずくまった。
「松岡さん、この通りよ。やりたくて疼いているの。だから、やってあげて!」
「真紀子さんからそう言われれば、やるしかないな!」松岡はニヤニヤしながら、ズボンを脱ぎだした。

 (脱がなくていい。セックスなんて、したくない!)そう思っても「それじゃ、やってあげますよ」下半身を剥き出しにすると、うずくまった未姫に抱きつき、四つん這いにした。
(入れないで。もう、セックスなんかしたくない…)そう思っても、淫裂には燃えたぎった肉竿が入り込んでいく。

 「うっ!」呻き声を上げても、なおも入り込み、ピストンが始まった。
「動かさないで。痛いから、動かさないで!」
「直ぐに、気持ちよくなるよ」松岡は肛門にも指を入れて、ピストンを続ける。

 「お尻はイヤ…。せめて膣だけで…」
「あら、お尻も気持ちいいのよ」
「イヤです…。お尻は絶対イヤです…」首を振って拒むと「俺もオマンコでやった方がいいな。ケツは汚れるからな」

 「残念ね。せっかくの機会だったのに。次はお尻でやるのよ」
(勝手なこと言わないで。そんなにお尻がいいなら、あなたがやりなさいよ!)叫びたいのを堪えて淫裂を突かれていく。

 やがて、松岡が登りきり、暖かい液体を膣の中で感じた。
「イヤ、射精はイヤ~!」叫んでも、ドンドン増えていき、結合部から漏れていく。
「いやよ。妊娠しちゃう…」悲鳴に近い声を上げる未姫だ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター