fc2ブログ

「淫らな病院」第19話 院長の独立

第19話 院長の独立

 それから数週間が過ぎ、未姫が診察準備をしていると「聞いたか、院長が独立するそうだ!」内科長の内藤が入ってきた。
「院長が独立ですか。それじゃ、ここはどうなるんですか?」

 「俺にはわからないな。とにかく、仕事だけは手を抜かないでやらないと。それに、引き抜きがあるかも知れないから注意しろよ!」俺には関係ないと言った顔で、準備を始める。

 だが「先生。院長から声を掛けられたらどうするの?」直子が心配そうに問いかけた。
「私は、まだ新米だから、声は掛からないわよ」
「そうよね。新人だから、声は掛からないとは思うけど…」直子も納得顔で仕事に取りかかっていく。

 そんな2人だが「ちょっと、いいかな?」栗林が現れた。
「今なら、構いませんが…」
「今じゃなくて、仕事が終わってからだ。付き合って貰うよ!」
(イヤです。どうせ、ろくな事じゃないし!)そう思うが「わかりました!」と言うしかない。

 それを聞くと、笑顔で診察室から出ていくが、不安顔の未姫に「先生、きっと、引き抜きよ」直子が言う。
「そんなはず、無いと思う。だって、経験不足だし…」
「それもそうよね。何が目当てなのかしら?」思案顔の直子に(体だわ。セックスが目当てかも…)未姫も不安になっていく。

 そして、診察時間が過ぎ、患者もいなくなると「朝倉君、待たせたな!」栗林が現れ2人は病院を出た。
未姫は栗林の運転する車に乗っているが(どこへ行くのかしら。もしかして?)不安がつきまとっている。

 その不安を的中させるかのように、車は見覚えのある屋敷の前まで来た。
「院長。ここはイヤです。帰してください!」キッパリ断ると「イヤなら仕方ないな。この写真とビデオが、病院の中に蒔かれるだけだぞ」例によって淫裂に肉竿が入った写真で脅す。

 「卑怯です。こんな手段を使うなんて…」涙が流れていくが「何と言われようと付き合って貰わないと困るんだ」腕を掴まれ車から降ろされた。
「ここは、許して下さい!」泣きながら言うが「ダメだ。来るんだ!」栗林に引きずられるようにして、屋敷に連れ込まれる。

 屋敷に入ると「待っていたわ。楽しみにしていたのよ。これで揃ったわみたいね」崇子が出迎えに出た。
「なんだ、もう来てるのか。それなら急がないと」

 「そうよ。ここで準備させましょう。未姫さん、全部脱ぐのよ!」崇子は未姫に全裸になるよう言うが「お願いです。ヌードになるのは許して下さい」頭を下げた。
「そうは行かないわ。今日はお客さんがいるの。やらないなら、どうなるかわかっているわよね?」崇子も聞き入れようとはしないから、未姫は諦めて服に手を掛け脱ぎす。

 シャツやスカートも脱いで、下着姿になったが、恥ずかしいのか「ここまでにしていただけないでしょうか?」と頼み込む。
「言ったはずよ。全部脱げと」
「わかりました…」未姫は項垂れて、背中のホックを外し、ブラジャーから脱ぎだした。

 ホックを外し、肩紐をずらすと、膨らみきった乳首の乳房が飛びだして揺れている。
「相変わらず、いいオッパイしてるわね」崇子は感心しながら言うが未姫は黙ったまま、腕に絡まった布を外して、上半身を剥き出しにした。

 ブラジャーを脱ぎ終え、パンティに手を掛け引き下げると、点々と生えている絨毛が現れ、ピンクの割れ目も見えて「いいね。相変わらず、綺麗なオ○ンコだな」栗林の股間が膨らんでいるが未姫は(隠したって仕方ないし…。見たいなら見なさいよ)開き直って、なおも引き下げ、背中を丸めて足を上げていく。

 (性器の中まで、見たいんでしょう?)開き直っているから、臆することなくパンティから足を抜いて全裸になって「これで、よろしいでしょうか?」未姫は両手を後ろで組み、乳房と股間を2人に晒す。

 「わかっているじゃない。それでいいけど、ヘアが少し生えてきたわね…」確かに股間の絨毛が数ミリ程度で、点々と生い茂っている。
「このままにさせて下さい。もう、剃りたくありません…」力無く言うが「それは相手次第よ。とにかく、付いて来て!」未姫は崇子の後を乳房と淫裂を晒して歩いた。

 未姫が崇子の後ろを歩いて行くと、記憶に残る部屋の前に来た。
「崇子さん。まさか、ここで…」顔を強ばらせながら言うと「勿論よ。前よりも過激にやって貰うからね」薄笑いを浮かべて中に入り、未姫も後に続くが「そんな…」声は驚きの声を上げてしまった。

 未姫が驚き顔になったのは、里奈が全裸にされ、両手を縛られていたからだ。
そればかりでなく、淳子も全裸になって、両手を縛られている。
「待っていたぞ。やっと真打ちの登場だな!」遠藤は現れた未姫に笑顔になっている。

 「それより、準備しないと。もうすぐ時間よ」
「奥さん。そんなに急がなくても良いですよ。時間はタップリありますから。それより手入れをしないと…」栗林は、うっすら生えている未姫の絨毛を撫でた。

 それには「剃らないで。お願いですから、このままにさせて下さい!」頼み込んでも「そうは行かないわ。この2人を見てよ」里奈と淳子の無毛になった淫裂を撫で出す。
(言っても無理だわ。やっと生えたのに…)項垂れる未姫に、崇子は準備を始め、絨毛に泡を吹き掛けていく。

 「これで、同じくなるのよ!」手で泡を撫でると、絨毛が地肌に密着していく。
「奥さん。後は私がやりますよ」栗林がカミソリを持とうとすると「栗林君、待ちなさい。君がやるよりも、あの娘にさせた方が良いぞ!」遠藤が声を掛けた。
「そうですよね。その方が良いかも」
「それでしたら、呼んできます」気を効かせて、崇子は部屋を出た。

 暫くして戻ってきたが「あら、先生ったらヌードになって!」典子が現れた。
典子は黒いストッキングとガータベルトだけを身に着け、乳房と淫裂が剥き出しになっている。

 未姫は典子を見るなり「どうしてあなたが、ここにいるの?」と尋ねると「呼ばれたから仕方ないのよ。それより先生のヘアを剃るなんて嬉しいわ」典子は濡れた未姫の絨毛を撫で出す。

 「お願い、剃らないで。このままにしたいの」
「そうは行かないわ。頼まれたからにはやらないと…」カミソリを持ち、絨毛に押し当てた。
(やっと生えたのに…)恨めしそうに見ている未姫だが、典子は笑顔でカミソリを動かし出す。

 「ジョリ、ジョリ!」数往復すると、絨毛は消え失せて、またピンクの淫裂に戻った。
「相変わらず綺麗ね。ここはあまり使ってない証拠よ」空いた手が淫裂の中に入り「止めて。そこは玩具じゃないのよ!」その手を振り払った。

 「あら、そんな事していいのかしら。今日は私が上なのよ!」カミソリを置くと平手で未姫の頬を叩く。
「ヒ~!」すかさず悲鳴を上げる未姫に「これで、わかったでしょう。逆らったらもっと痛い思いをして貰うからね」手が乳房を撫で出す。

 (やめて。私はそんな気分に成れないのよ!)その手を振り払いたいが、もう痛い思いをしたくないから、典子のさせるがままにしていると、乳首を指先で転がすようにしていく。

 それには、無意識のうちにも膨らみだして、固くなってしまった。
「先生。乳首が固くなってきたわよ。オ○ンコしたいんでしょう?」空いた手が淫裂も撫で出した。

 「バカ言わないで。セックスなんか、したくないわよ!」
「そうかしら。オ○ンコの中も、濡れているみたいだし…」典子の指が、狭い膣を押し広げながら入り込んだ。
(やめて。そこは玩具じゃないのよ!)未姫は太股を震わせながら、典子の指で、膣の中を掻き回され出した。

 典子が人目を憚ることなく、指を動かしていると「それくらいにして。後はこっちでするから」崇子が声を掛ける。
「わかりました。後はお任せします」

 「そうして。変わりと言っては変だけど、相手しててもいいわよ」崇子が縛られた淳子と里奈を指さすと「それでは、お言葉に甘えまして。里奈先生、悪く思わないで」言い終わらない内に、両乳房を握りしめて指を食い込ませた。

 すかさず「ヒ~。痛いからやめて~!」悲鳴が上がるが「わかってないようね。誰に物を言っているのよ!」更に指を食い込ませ「お、お願いです…。オッパイが痛いですから…許して下さい…」顔を歪めて、やっと言った。

 「少しはわかったようね。痛いのがイヤなら、言うことを聞くわよね?」
「はい。言われた通りにします…」
「それだったら、あそこを舌でして。疼いているのよ」

 「あそこって、性器ですか?」
「そうよ。オ○ンコとも言うわ」
「そんな、性器をなめろだなんて…」

 「あら、言うことが聞けないんだ。それならこうよ!」典子は里奈の髪の毛を掴んで引き回しだし「やります…。舌でやります…」悔しいのか、泣き声になっている。

 「本当にやるわよね?」
「はい。やります」
「それなら早くして。疼いて困るのよ」典子は椅子に座り足を広げた。

 すると、里奈は典子の正面に正座して顔を淫裂に押し付け「そうよ。そうやるのよ…」典子は気持ちよさそうに目を閉じているが、里奈は涙を流しながら、淫裂を舌でなめだす。

 それを、食い入るように未姫は眺めていたが「あなたも、ああやるのよ。まずはこうやってからだけど…」崇子に両手を押さえられる。
「イヤです。縛られるのは、イヤです!」
「イヤでもやるの。やらないと言うなら、痛い思いをすることになるわよ」そう言われれば自然と力が抜けて、両腕を後ろ手に縛られてしまった。

 「これで、あなたも言うがままにやるのよ。わかったわね?」
「イヤよ。私は、あんな事イヤです!」
「イヤでもやるんだ。やらないと言うならここに入れるぞ!」栗林の指が未姫の淫裂に入った。

 「イヤ…。お願いだから指を抜いて…」首を振り、腰を動かしても、一旦入った指はなかなか外れない。
「そうか。そんなに俺の指がイヤなんだ。それなら、これでやるけど」空いた手で樹脂のディルドーを持った。

 「それもイヤです。性器は玩具じゃありません!」首を振っても指に変わって、ディルドーが膣に入り込んで「抜いて…。お願いですから抜いて…」途切れ途切れに言うが、抜かれることはない。

 (こうなったら、私もやるしかない…)未姫は覚悟を決めたのか、膣の中にディルドーを押し込まれたまま、腰を降ろして崇子の股間に顔を埋めた。
「やっとわかったようね。始めからやれば良かったのよ」息を荒立てながら、今度は未姫の乳房を撫でだすが(やめて。こんな事、大嫌いなのよ!)堪えて唇を動かし続けた。

 それを見て「奥さん。私も仲間になって良いでしょう?」栗林はズボンを脱ぎだす。
「良いわよ。このままの姿勢でして!」
「わかっています。3人でやりましょう」下半身を露わにすると、ディルドーに取って代わり、肉竿を未姫の淫裂に押し当てた。

 「イヤ、入れないで。イヤ~。ヒ~!」まだ準備の出来てない淫裂に燃えたぎった肉竿が入り込み、悲鳴を上げた。
「我慢しろ。直ぐに気持ち良くなるから!」栗林はなおも押し込み、根本まで入るとピストンを始める。

 それには「あ、あ、あ~!」と喘ぎ声を上げだしたが「続けるのよ。やらないとこうだからね」崇子に乳首を潰され「ギャ~!」悲鳴を上げても、乳首の力が抜けない。

 「やります…。ですから…」膣と乳首の痛みを堪えて、未姫は唇を動かし出した。
「そうよ、それでいいの。乱暴はしたくないし…」気持ちよさそうな顔をしながら、今度は乳房を揉み出す。

 それに刺激されたのか、遠藤が「どれ、俺も楽しまないとな」典子の淫裂に顔を埋めている里奈の腰を押さえた。
「やめて。あんな思いは、もういやです!」首を振って逃れようとすると「処女じゃないでしょう。やらせてあげなさいよ」典子に髪の毛を掴まれ、股間に顔を押し当てられた。

 それでも「イヤ、イヤ!」首を振り拒んでいたが「ヒ~!」悲鳴を上げると同時に、肉竿が里奈の胎内を突き刺し「抜いて…。痛いから抜いて…」首を振ったが「続けるのよ。今度止めたら、痛い思いだからね!」典子に、また髪の毛を掴まれて、淫裂をなめさせられた。

 里奈が痛みを堪えていると、遠藤の肉竿がなおも入り込んで、動き出す。
「気持ちいい。こんなオ○ンコも良いな…」手を伸ばし、乳房も揉みだした。
(お願い、これ以上虐めないで下さい…)拒みたいが、それは出来ないから「ピシャ、ピシャ!」と尻と股間のぶつかる音が響いていく。

 やがて、未姫と里奈の淫裂も馴染んできたのか「クチャ、クチャ!」と湿った音に変わった。
それと同時に「イヤ~。お腹はイヤ~!」「そんな~!」2人の悲鳴と同時に肉竿と淫裂の隙間から白い液体が流れ出す。

 「気持ちよかった。オ○ンコは中出しに限るな!」満足そうに、栗林と遠藤が肉竿を抜くと、粘っこい白い液体が流れてきた。
(このままでは、妊娠しちゃう…)2人はそう思うが、何も出来ない。

 それを察したように「ここ洗いたいでしょう。妊娠はイヤだよね?」真紀子が里奈の淫裂を撫でだした。
「はい。早く洗いたいです…」
「洗っても良いけど、頼みがあるの。聞いてくれるなら手も解くわよ」

 その言葉に(また、変なことをさせられる…。でも、妊娠はしたくないし…)里奈は迷ったが「聞きます。ですから早く…」頼みを承知してしまい「そう、聞いてくれるんだ。約束したからね」笑顔になる真紀子だ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター