fc2ブログ

「淫らな病院」第20話 新たな人物

第20話 新たな人物

 里奈の手が解かれると「あなたも、言うこと聞くわよね?」未姫の淫裂も撫で出す。
「はい…。ですから早く…」
「約束したからね」未姫も手が解かれて、里奈と一緒に浴室に向かった。

 「これで、2人は何とかなったけど、もっと必要だし…」真紀子は隅に蹲る淳子に近寄った。
それには、淳子も不自由な体のまま、後ずさりを始める。

 「何も、怖がらなくても良いわよ。いつものように、やるだけだから」
「痛いのは、イヤ~!」
「あら、そんな口答えなら仕方ないわね。ここは覚悟して!」典子に手伝わせて、淳子を立たせた。

 「イヤ。痛いから、あれはイヤ!」叫ぶ淳子だが「わかっているなら、手間が省けるわね」乳房にロープを巻き付けだした。
「聞きます。何でも聞きますから、オッパイは縛らないで下さい!」
「残念だけど、もう遅いの。縛ってから考えさせて」典子は淳子の乳房を絞り込むように縛った。

 「解いて下さい…。千切れそう…」食い込むロープに、淳子の顔が歪んでいる。
「少し我慢して。いい気持ちにしてあげるから」典子はディルドーを持ち、淳子の淫裂に押し入れようとする。
それには「イヤ。そんなのイヤ。入れないで~!」叫んでしまった。

 その悲鳴を聞きつけたのか、見知らぬ夫婦が現れた。
「これは、榊原さん。お待ちしておりました」現れた夫婦に、栗林の言葉使いが丁寧になっている。

 「遅くなって、済まないな。楽しみにしているよ」榊原は連れの女性を前に出したが、女性は俯いたまま顔を上げようとはしない。
「紹介しよう、妻の緒里だ。ちょっと変わった趣味があってな」榊原の言葉に、緒里と呼ばれた女性の顔が赤らんだ。

 「奥様の趣味って、どんなことですの?」真紀子が怪訝な顔で言うと「緒里、早く見せなさい」榊原が言うと「わかりました。恥ずかしいけどお見せします…」緒里は皆が見ている前で、服を脱ぎだした。

 それを、見守る真紀子や典子だが「そんな~!」服を脱ぎ終えた緒里に、驚きの声を上げた。
「そんなに驚かないで。恥ずかしくなっちゃう…」上擦った声の緒里は、胸と腰に鎖を巻き付けている。

 「素敵だわ。こんな手もあったのね」見守っていた真紀子の手が、鎖に巻き付いた乳房を撫でだす。
「恥ずかしい。私だけこんな姿なんて…」緒里の股間には、絨毛がビッシリ生えており、恥ずかしさに両手で押さえている。

 「何も、恥ずかしいことではありません。剃れば済む事ですから」栗林の手が緒里の手を退かす。
「剃ればいいって、私もですか?」
「そうです。ここを綺麗にしましょう」栗林の手が絨毛を撫で出す。

 「そんなの、恥ずかしいです…」
「緒里。言う通りにしなさい。そうでないと、楽しませて貰えないぞ」
「あなたが言うなら、そうします」
「それなら、私がお手入れをしますよ」栗林がハサミを持った。

 「それでは、お願いします」緒里は覚悟を決めたか、両足を開いて目を閉じ「これは邪魔ですね。外しますよ」腰に巻き付いた鎖を外し、下半身が剥き出しになると栗林の手が絨毛を掴み、ハサミを動かしだす。

 「チョキ、チョキ!」ハサミの音と同時に、絨毛が足下に落ちて、うっすらと割れ目が見えてきた。
それでもハサミが動き回り、絨毛の全てが数ミリの長さにされた。

 「後は、私にさせて!」真紀子がムースを絨毛に練り込み、カミソリを当てる。
「恥ずかしい。ヘアが無くなるなんて…」絨毛のない性器を思い浮かべ、恥ずかしさに顔を手で覆う。

 「あら、そんなに恥ずかしいことではないわよ。私だってこの通りよ。それに、先生もよ」典子は淫裂を見せながら、ディルドーを動かし続け「そんな~。性器に、あんなのを入れるなんて…」驚いている。

 「何も驚かなくてもいいですよ。女だったら、ここにされるなが本能ですから」指を膣の中に入れた。
「うっ。本能だなんて…」目を閉じ、太股を震わせながら言う。

 「だって、本当よ。見て、あんなになってきたでしょう」確かにディルドーが動き出すと淳子の淫裂から淫汁が流れ出し「クチャ、クチャ!」と音が鳴っている。
「でも、あんなのでされるなんて…」潤んだ目で、淳子の淫裂を見つめている。

 「緒里、お前にもやってやるぞ。その前に、パイパンにならないと」
「そんな、私にもされるだなんて…」
「遠慮するな。散々やって貰え。その変わりに、俺だって楽しまないとな」榊原も服を脱ぎだした。

 「その通りですわ。奥様も楽しまないとね。もうすぐ仕上がりますよ」真紀子の持ったカミソリの動きが速まり、絨毛の全てが消え去り、ピンクの割れ目が露わになっている。
「恥ずかしい、子供みたいで…」初めて絨毛を剃られ、恥ずかしさに割れ目から飛び出た肉襞が揺れていた。

 「榊原さん、終わりました」真紀子が絨毛を剃り終えると「緒里、お願いしろ!」榊原が命令した。
「お願いです。私もあのように縛って下さい…」言い終えると、恥ずかしさに下を向いたままだ。

 「奥様。今、何と仰有いました?」
「私も、あのように縛って下さい…」言い直すが、顔が真っ赤になっていく。
「そうですか。縛って欲しいのですか。それなら、これも外さないと」胸に巻き付けられた鎖を栗林が外し、緒里は生まれたままの姿にされた。

 「栗林さん。どうせなら、あそこで縛って下さい」榊原は顎で、先程吊されたフックを指す。
「そうですか。奥さんはあれが好きなんですか。それならやり甲斐がありますね」笑顔になり、両手首を縛ると、ロープを引いて爪先がやっと立てる程にすると「これだけではイヤ。オッパイにも…」緒里は蚊の鳴るような声で言う。

 「わかっていますよ。その変わり、楽しませて貰いますからね」栗林は言われるままに、乳房にもロープを巻き付けて絞り上げる。
「いい眺めだな。どれ、俺も楽しまないと」榊原は、服を脱ぎ終えると典子に辱められている淳子に抱きついた。

 「イヤ。これ以上イヤ~!」
「嫌がるな。玩具より本物が良いんだぞ」ディルドーを抜くと覆い被さり「イヤ、イヤ~!」必死に逃れようとすると「大人しくするのよ。まだわかってないのね」典子が髪の毛を掴んで引くと「ヒ~!」すかさず、悲鳴が上がった。

 「痛い思いをしたくないなら、おとなしくオ○ンコさせるのよ」
「許して。もうセックスはしたくない…。イヤ~!」言い終わらない内に、榊原の肉竿が淳子の淫裂を突き刺している。
「入れないで…。お願い…。お腹に出さないで…」途切れ途切れに言うが、燃えたぎる肉竿が激しく動いていく。

 それは、縛られた緒里にも見え(あなた、凄いわ。私も同じようにされたい…)潤んだ目で眺めていると「奥さん、欲しいでしょう。言いなさいよ!」真紀子がムチで乳房を刺した。

 「ヒ~。欲しいです…」
「何が欲しいのよ。ハッキリ言うのよ!」ムチ先が乳首を捉えた。
「オ○ンコです。私もオ○ンコされたいです…」
「イヤだわ。オ○マンコだなんて。恥ずかしくないの?」今度は淫裂に指が入れられ「恥ずかしいです。でも…」緒里は下を向いたまま、黙り込んだ。

 「仕方ないな。それだったら、僕達がやってやるか!」今まで黙っていた遠藤と後藤が立ち上がり、緒里の乳房を交互に揉みだす。
「お願い。やるなら、もっと乱暴にして下さい…」
「そこまでおっしゃるなら、やりますからね」2人が乳首を摘んで潰すと「ギャ~!」緒里の悲鳴が部屋中に響き渡った。

 そこに、淫裂を洗い終えた未姫と里奈が戻ってきた。
(誰かしら。見た事ない人だけど…)乳房と淫裂を手で押さえながら見ていると「あら、戻ったのね。それだったら、仕切直さないと」未姫に真紀子が抱きつく。

 「許して。膣はもう無理です!」
「無理でもやるのよ。やらないなら、どうなっても知らないからね!」そう言われれば「やります、痛くても我慢します…」未姫は用意された、Vの字のディルドーを淫裂に入れてベルトで留めた。

 それを見て「先生、私達もするからね」典子も同じようにディルドーを淫裂に入れてベルトを留めた。
「お願い。2回されたから無理なの。お願いだから許して!」
「そうは行かないわ。ほら、四つん這いよ!」里奈は覚悟を決めたのか、四つん這いになった。

 「先生。わかっているわね」典子はディルドーを掴んで、里奈の淫裂に押し込み「ヒ~。乱暴にしないで。壊れちゃいます…」悲鳴を上げる。
「そんな事ないわ。オ○ンコは壊れるような事ないの。先生は専門だから、知ってるでしょう!」先端が入り込むと、一気に腰を押し付けた。

 「ヒ~。それ以上、入れないで~!」首を振り髪の毛を震わせ出した。
「そんなはず無いわ。気持ちいいはずよ」腰を動かし出すが(良くない。こんなの良くない…)格下の典子からの言葉に、体を震わせながら堪えていると「ヒ~!」未姫も悲鳴を上げだした。

 「我慢しなさいよ。それとも、私が嫌いなの。どっちよ!」腰を振りながら乳房握りしめる真紀子だ。
「痛いでけです…。決して嫌いじゃないです…」呟くように言うと「そうなんだ。だったら我慢して。直ぐに気持ちよくなるから」唇を重ねてきた。
(イヤだけど…)未姫が拒ますに吸い返すと「そうよ、それでいいの」真紀子は満足そうに腰を振っていく。

 それに刺激されたか「奥さん。年甲斐もなく、また立ってしまいましてね」正面に立った栗林は緒里の太股を持ち上げて開いた。
「イヤ。セックスはイヤ~!」両手首を縛られているから、首を振るしかない。

 「そんな事言っても、もう入ってしまいましたよ」腰を密着させて肉竿を押し込んだ。
「やめて。あなた助けて~。犯されてます~!」悲鳴を上げるが、淫裂の中は濡れており「クチャ、クチャ!」と音が鳴っている。

 それは栗林にも聞こえており「言えよ。オ○ンコされたいって!」「言えない…。そんな事、言えない…」目を潤しながら首を振る。
「言うんだ。オ○ンコしたいって!」遠藤も加わって乳房を揉みだすと「して…。オ○ンコして…」唇を震わせながら言った。

 「そうか、奥さんはオ○ンコが好きなんだ。しかも、縛られてのオ○マンコが!」
「言わないで…。恥ずかしいから言わないで…」恥ずかしいのか首を振って否定する。
「言わないと、オ○ンコしないよ!」勝ち誇ったように栗林は肉竿を抜いた。

 「入れて…。言いますから、オチンチンでして…」肉竿を求めて、腰を動かしたが、淫裂で触るだけしかできない。
「先に言え。それからだ!」
「言います…緒里は縛られたまま…オ○ンコされるのが…大好きです…」途切れ途切れに言う。

 「そうか、オ○ンコだ大好きか。それなら、遠慮無くやるぞ!」また肉竿が淫裂に入り動き出した。
「気持ちいい…。オ○ンコが感じます…」その言葉通りに、淫裂から流れ出た淫汁が尻も濡らしている。

 「奥さん。オ○ンコだけでなく、ここにもチンポが欲しいでしょう?」背中にいる遠藤の指が、肛門から入り込んだ。
「イヤ。お尻はイヤ!」
「言えよ。ケツにも欲しいって!」乳房を握りしめ、乳首を潰すと「ヒ~。お尻にもチンポを入れて下さい…」顔を歪めて言った。

 「それでしたら、遠慮無く!」肉竿を肛門から押しむと「ギャ~!」悲鳴を上げ、体を震わせている。
「奥さん。どうなんですか、オ○ンコとケツに、望み通りにチンポが入ってますよ」2つの肉竿が動き出した。

 「ダメ…。これ以上されたら…」
「これ以上されたら、どうなんですか?」
「行きそう…。行きそうです…」息を弾ませて言うと「緒里行ってもいいぞ。俺も行くから」榊原も仕上げに掛かったのか、腰の動きを速めた。

 (膣に出す気だ…)放出間近と悟った淳子は「出さないで。お腹はイヤ~!」榊原から逃れようとするが、逃れる術が無く、されるがままだ。
そんな淳子の意思を無視して「う~!」唸り声と共に、股間を密着させたまま、動きを停めた。

 すかさず「イヤ~!」悲鳴と同時に、淫裂と肉竿の隙間から白い液体が漏れだし「う、う、う!」淳子は膣深く噴射され、呻き声を上げ続けたが「洗いたいか。お前も言う事を聞くなら、オ○ンコを洗っても良いぞ」肉竿をピストンしながら、栗林が言うと「聞きます。何でも聞きますから、洗浄させてください」泣き声で言った。

 「そうか。そこまで言うなら、洗ってもいい。言う事を聞かなかったら、思い知るからな!」
「必ず聞きます。ですから、早く解いて下さい」泣き声に、放出を終えた榊原が縛ってある両手を解くと、自由になった淳子は、淫裂から漏れ出るの手で防ぎながら、浴室へと向かった。

 「さて。こっちも仕上げないとな…」栗林と遠藤も仕上げに掛かり、動きを速めると「行く、行く~!」緒里は叫ぶなりグッタリし、それと同時に「う~!」栗林と遠藤がほぼ同時に動きを留めて放出を始めた。

 「出したけど、どうかな?」3度目だから、肉竿を抜いても液体は漏れでない。
「やはり出ないか。3度は無理か…」遠藤は肉竿を抜くと、淳子の後を追うように浴室に向かった。 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター