「悲劇の女子アナ」第2話 罠

 ルミが辞意を、服部に伝えてから数日が経った。
「白石君、今夜は空いているかい?」
「はい。何か、ようでも?」不安な顔のルミだ。
「社長が話したいそうだ。ぜひ、合って欲しいそうだ」

 「わかりました。でも、決心は変わりませんよ」
「それは、君の勝手だからどうでもいい!」機嫌悪そうな服部は(後で泣くなよ。お前を素っ裸にし
てやるからな!)ルミのヌード姿を頭に描きながら、怒りを堪えてい
る。
そんな事とは知らないルミは、部屋から出ていく。

 その夜、ルミは服部に言われたホテルのレストランで、社長の後藤と食事をしていた。
「どうしても、辞めるんだね?」
「はい。長い間お世話になりました…」

 「君が、そう言うなら止めないが、内にも出演して欲しいな」
「それは当然です。義理もありますから!」ルミはグラスに注がれたワインを飲み込んだ。
(飲んだな。それには薬が入っているんだぞ)後藤はニヤリと笑っていた。

 話はその後、世間話になったが、睡魔がルミを襲っていく。
「す、すみません。酔ってしまいました…」
「酔ったんじゃ、しかたないな」2人は立ち上がるが、ルミはフラフラだ。

 そこに、待ってましたと、服部も現れ、しっかりとルミを抱き止めている。
「仕方ないな。部屋に運ぶのを手伝ってくれ」2人は用意した、ホテルの部屋に運んでいくが、誰も
が酔っているように、見ている。
(うまく、いきましたね)
(こんなに、簡単にいくとは思わなかったよ)ルミを部屋に入れると、ベッドに寝かせる。

 「服部君、カメラを持ってないじゃないか!」
「任せて下さい」服部は一旦部屋から出て、向かいの部屋をノックした。
「長いな。こんなに待たせて!」
「文句をいうなら、来なくてもいいよ」
「いくよ。ルミのヌードを見ないと収まらないし」中山と小谷はカメラと機材をもってルミの部屋に
入っ来た。

 「全員そろったな。脱がせるからばっちり撮れよ!」
「わかってます」
後藤と服部は、ベッドでいびきをかいて、寝ているルミの衣服を脱がせていく。
ツーピースのボタンを外して脱がせ、そんな様子を小谷がカメラで、中山がビデオで撮っていた。

 服部と後藤はスカートを脱がしていく。
「黒のスリップか。だったらパンツも黒だぞ」上着も脱がし、ニットシャツも脱がせていく。
ルミは黒いスリップ姿で仰向けになっている。
「思った通りに、オッパイが大きいぞ!」スリップの紐がずらされ下げられていく。

 服部が体を持ち上げ、後藤が脱がしていくと「やっぱり黒だ。しかも、スケスケだぞ」ルミは黒い
レースのパンティとブラジャーをしていた。 
ブラジャーはルミの乳房を透かせ、乳首や乳輪までもが見えている。
パンティも役目をせずに、股間の絨毛が透けて見えている。

 「たまらん!」服部はブラジャーの上から乳房を揉みだす。
「ヌードが先だ、ヌードが!」
「申し訳ありませんでした」後藤の一喝で、ブラジャーを剥ぎ取っていく。
Cサイズはある、豊満な乳房が露になって「ゴクン!」小谷と中山は生唾を飲んだ。

 しかも、ピンクの乳首で「パンツも脱がせろ!」「わかっているよ」服部の手がルミの腰に掛かか
り、ゴムを掴むとゆっくりと下げていく。
ルミの股間が露になると、股間を短い絨毛が覆っている。
「これが、ルミのオ○ンコか!」興奮しながら小谷と中山が撮っている。

 「これだと、ヘアが邪魔でオ○ンコが隠れて見えないな…」
「剃ってしまえ、服部君!」
「わかりました」服部は浴室へ行って、石鹸を泡立てている。
そして、戻るとルミの絨毛に塗って、 立っていた絨毛が肌に密着していく。

「どこまで、剃りましょうか?」
「全部剃った方がおもしろいよ。目が覚めたらどんな顔になるか楽しみだ!」後藤がニヤニヤしなが
ら言う。
「わかりました。全部剃ります」服部が、ルミの恥丘にカミソリが当てて動かすと、絨毛は少しずつ
消えていく。

 変わって、褐色の地肌が見えてきた。
カミソリは「ジョリ、ジョリ!」と音を立ててルミの絨毛を消していく。
「これがルミのオ○ンコか!」
「思ったよりピンクだ。あまりセックスしてないな」絨毛が消されてルミの淫裂が4人の目の前に露
になっている。

 ルミは足も開かされた。
パックリと割れた淫裂から、肉襞が飛び出している。
「しっかり撮れよ!」
「わかっています」小谷と中山が淫裂と乳房を晒しているルミを撮っていく。

 服部は指で淫裂を広げ「そうだ。それがいい、オ○ンコの中まで撮ってやれ。顔も入れろよ」
「任せて下さい」ルミの淫裂が広げられ、膣の中まで撮られている。
「オ○ンコしたくなったよ」服部の肉竿が膨らんでいる。
「それはだめだ。後で本人の了解を得てからオ○ンコするんだ」
「わかりました」しっかりとルミの股間を見ている。

 「俺は、オッパイを戴くか!」後藤は乳房を揉みだす。
(ちぇ、俺だってルミのオッパイを揉みたいのに!)小谷と中山は不満だったが、辱められているル
ミを撮っている。
後藤はたっぷり楽しんだのか「たっぷりと撮ったろうから、ルミのオッパイとオ○ンコで楽しんでも
いいぞ!」

 「はい、楽しみます!」後藤と服部に変わって、小谷と中山がルミの乳房と淫裂を辱めていく。
「これがルミのオッパイか!」「オ○ンコも綺麗だぞ!」
薬を飲まされたルミは何も知らず、ぐっすりと眠っていた。

 ルミが部屋に連れ込まれてから、かなりの時間が経ち、時計は1時を指していた。
「もう良いだろう。片づけだ」
「わかりました」4人は剥ぎ取った服を丁寧にクローゼットにしまい込んでいく。
「目が覚めたら、オ○ンコのを見ておどろくだろうな」
「当然さ。今まであったヘアが消えて、ツルツルマンコに、驚かないのがおかしいよ」部屋の中を片
づけながら話していた。
「社長、終わりました」
「ご苦労だった」4人は、ぐっすり寝ているルミを残してホテルから出た。

 それから、どれくらい時間が経ったろうか。
うっすらと、空が白みを帯び、ルミの顔を弱い日差しが照らしていく。
「う、うー!」薬の効果も消え、目覚めていく。
「ここはどこかしら?」ルミは目を覚ましている。

 「あら、5時だわ。確か夕食をごちそうになったはずだけど…」ルミは自分が全裸なのに気が付い
た。
「素っ裸だわ。どうして?」ルミはいつも下着を着けて寝ていた。
「とにかく、シャワーを浴びないと!」フラフラしながら浴室に入っていく。

 バルブを開き、お湯の温度を調節していく。
「これくらいがいいわ」お湯を浴びながら石鹸で体を洗いだすと「きゃー!」悲鳴を上げた。
「ヘアが、ヘアが生えてない!」股間の絨毛が綺麗に剃られて、割れ目から肉襞が飛び出ていた。

 「どうしてなの?」顔色が見る間に青くなっていく。
鏡に写る股間にも絨毛がなく、ピンクの割れ目から肉襞が飛び出ているのが、写っている。
「そんな、ばかな!」信じられないといった顔になっていた。
「とにかく、知られないようにしないと!」体を洗うと濡れた体を拭き、急いで下着を着込んだ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。ネットでは官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索