fc2ブログ

「淫らな病院」第31話 同僚からの陵辱

第31話 同僚からの陵辱

 噴射を済ませると肉竿が抜かれ、2人の淫裂からは白い液体が流れ出ていく。
内藤と、松岡はズボンを上げて何もなかったようにしている。
「朝倉。オ○ンコの手入れをしないと」内藤は淫裂を手で押さえている、未姫の腕を掴んで廊下に出ようとした。

 「いや、ヌードです。服を着てからにして下さい!」
「面倒だ。裸のままでいい!」強引に廊下に連れ出し「あんたも、手入れしないとダメだな」朋美も全裸のまま、松岡に腕を掴まれ、部屋から連れ出された。

 内藤は、2人を里奈の診察へ連れて行こうとするが「ヌードです…。見られたら困ります…」泣き顔で歩かされる。
当然、看護婦とすれ違い「先生がヌードで…」「射精よ、セックスしたんだ…」2人の全裸に驚きの声を上げていく。

 (こんな姿は見られたくないのに…)項垂れ下を向いたまま歩いてどうにか、里奈のいる診察室まで来た。
里奈も、全裸で現れた2人に驚き顔だが(可哀想に。無理矢理、セックスさせられたんだ…)状況が飲み込め「そこに寝て!」診察を始める。

 里奈は朋美に足を開かせ、淫裂を覗くなり「酷いわ、当分無理ね。とにかく、洗浄だけはしないと…」昨日散々、犯されたのを知っているから、丁寧に淫裂の中を洗浄し、その後に薬を塗り「次は未姫よ」未姫の淫裂も洗浄してから薬を塗った。

 「これで治療は終わったけど…」内藤と松岡がいないのを確認すると「未姫、目をつけられたわよ。妹さんも…」話しかけた。
「目をつけられたって、どういう事なの?」
「相手よ。セックス相手に選ばれたみたいよ」

 「セックス相手って、あの2人がですか?」
「そう、それだけで済むならいいけど…」里奈の話しに、黙り込む2人だ。
「とにかく裸よ。服を着ないとね。これ着ていいわよ」患者用のガウンを着させ、脱いだ院長室に戻ると誰もおらず、服がおかれてある。
「よかった。誰もいなくて」ガウンを脱いで、下着を着けだした。

 それから数日間、平穏だったが、未姫は夜勤を命じられ、いつものように待機していると「ちょっと、診て貰えませんか?」2人の技師が診察室に入ってきた。
「構わないわよ。どこが悪いの?」
「これが、いう事を利かなくて…」技師は未姫の前でズボンを下げた。

 「冗談はやめて。私はそんな暇無いのよ」危険を感じて、逃れようとしたが腕を掴まれ、診察用のベッドに押し倒された。
「やめて。やめないと、大声を出すからね!」
「出してもいいけど、これを見てからの方がいいよ」写真を見せたが「そ、そんな~!」顔が真っ青になり、声も出せなくなっている。

 「先生の中出し写真だよ。オ○ンコにたっぷり出されたみたいだね」そう言いながら白衣を脱がしに掛かる。
「やめて。そんな乱暴はしないで!」
「乱暴はしないよ。先生が大人しく、やらせてくれるならだけど…」白衣を脱がすとズボンも引き下げた。

 「許して。セックスはしたくないのよ!」
「そうはいかないよ。こんなに、ビンビンだし…」下半身を剥き出しにすると覆い被さり、淫裂に肉竿を押し当てた。
「入れないで。お願いだから入れないで!」抵抗したが「写真がどうなってもいいんですか?」

 その言葉に力が抜けて、肉竿が胎内に入り込んだ。
「う~!」乱暴に入り込む肉竿に、痛みしか感じず、顔も歪んで呻き声も上がり、別の技師がブラジャーを捲り上げて乳房を揉み出す。

 「先生、オ○ンコやりたいんだろう。言うんだ!」未姫には意味がわかり「私とオ○ンコして下さい…」痛い思いを、これ以上したくは無い。
「やっぱりそうか。先生はオ○ンコ大好きなんだな。それでは遠慮無く…」肉竿の動きが早まり、技師も登り詰めようと、している。

 (このままだと、膣に射精される…)「お口に出して。お願いだから、オ○ンコには出さないで!」
「わかりました。それなら…」爆発寸前に肉竿が抜かれると、未姫の口に入れられた。

「ウグ、ウグ!」唇で肉竿を擦りだすと、直ぐに噴射が行われ「先生、僕は後ろからがいいな」四つん這いにさせられて、後ろから肉竿で突かれた。
それは朋美も同様で、写真を見せられてから、全裸にされ犯された。

 2人は夜勤の度に技師達に犯されているが、男ばかりではなく看護婦の相手もさせられている。
「早く脱ぐのよ!」脅しとも取れる言葉で、服を脱ぎ全裸になった。
「生えてきたわね。あなたには、これは要らないないのよ」短い絨毛が撫でられムースを塗り込まれた。

 「お願い、このままにさせて!」
「ヘアは邪魔なの。無い方が綺麗だし」聞き入れず、カミソリでそり落とされ、ツルツルの恥丘にされると、看護婦が抱きついてくる。
(いやよ。レズなんていや!)拒むに拒めず、乳房や淫裂を触られ、その後は「やって、あなたがやるのよ」看護婦の股間に顔を埋めて、淫裂をなめさせられた。

 そんな事が繰り返されたが、ある日の夜勤に、診察室に向かおうとすると、何人の声が聞こえた。
(何かしら?)声のする方に向かうと、処置室から声がしている。
悪いと思いながら忍び足で近寄ると「最近、あの子が出しゃばって困るのよ」「あいつか。俺にも約束守れって、きかなくてな…」

 「でしょう。看護婦の分際で生意気よ。でも、私はあなたの側にいるだけでいいの」
「わかっている。この際だから、消えてもらうしかないか…」それを聞いていた未姫は(なによ、これ。聞かなかったことにした方が、いいかも)危険を感じて、そっと診察室に向かった。

 それから数日過ぎたある日、典子が勤務中に突然倒れた。
治療には淳子が担当したが、徐々に意識もなくなり、この世を去った。
当然、病院関係者が出席しての葬儀が行われたが、その夜、病院の一室では「これで、邪魔なやつが消えたな」「そのようよ。これでやりやすくなったし」2人が会話していた。

 「だいたい、生意気なんだよな。看護婦ごときが、俺に楯突くなんて!」
「そうよ。大人しくしていればよかったのにね。その点、私は違うわ」女が男のズボンを脱がそうとする。
「オ○ンコ、やりたいのか?」

 「欲しいの。出してもいい日だから、一杯出して」
「それなら、安心してだせるな」やがて「あ、あ、あ~!」と喘ぎ声も上がっていく。
「気持ちいいか。俺のチンポが入っても?」
「いいわ。レズは隠れ蓑よ。あなたのオチンチンでされるのが一番いい!」喘ぎながら女が答えている。

 やがて「出すぞ、出すからな!」男が登り切ったのか、淫裂から白い液体が流れ出す。
「凄くよかった。また出してね」
「勿論さ。それより、女医の卵はどうする?」
「真希子さんが欲しがっているのよ。1人くらい、あげてもいいと思うけど…」

 「そうだな。未姫もいるしな」
「そうよ。私と未姫で、あなたのチンポを処理してあげる!」
「里奈とも、いいだろう?」
「あんな、叔母さんとも、やりたいの?」

 「ああ、縛ってのオ○ンコが、最高だったし…」
「それなら、私を縛ってもいいわよ」
「何だ。焼き餅焼いてんのか!」
「そうよ。私のオ○ンコが一番いいのに…」股間に顔を埋めて、肉竿を唇で擦りだした。
「わかっている。お前のオ○ンコが最高だよ」満足そうに、頭を撫で続けた。

 そして、1年が過ぎた頃、朋美は医師の資格を取り、正式な医師となった。
それを知ってか「朋美さん。仕事を手伝って欲しいのよ」真希子が現れ、応援を頼み込んできた。
「私、成り立てですから…」
「そんな事、関係ないわ。非番の時でいいのよ」

 「でも…」躊躇していると「これ上げるわ」写真を渡した。
それを見るなり「ど、どうしてあなたが…」後に続く声が出てこない。
「うまく撮れているでしょう。あなたの本番写真よ。何なら、もっとあげようか?」
「お願いですから、この写真は誰にも見せないで下さい」朋美の目からは、涙が筋となって流れている。

 「いいわよ。その代わり、私の頼みを聞いてくれたらだけど…」
「お手伝いします。ですから…」後は声にならないが、真希子はしてやったりの顔になっている。

 それから数日が過ぎて、朋美は栗林が経営する病院に向かった。
「待っていたわ。早速だけどお願いね」真希子が出迎え、院長室へと案内した。
院長室では栗林が「期待しているからね」と声を掛ける。
「まだ、役に立つかわかりませんが、やってみます…」

 「そうして。あなたなら出来るわ。早速だけど着替えて」真希子は白衣を差し出した。
「すみません。私、更衣室がわからないんです…」
「今日はここで着替えて。それから、下着は着けないのよ」
「ここで、着替えるんですか?」
「そう。下着も無しで!」

 「そんな~。ヌードを見られてしまいます」
「そうよ。それでいいの。秘密を守りたいんでしょう?」あの写真をテーブルに並べた。
「未姫は素っ裸を見せてくれた上、オ○ンコやらせてくれたぞ。お前もやらせろよ」
(姉さんが、裸を見せただなんて。しかもセックスも…)顔色が青ざめていく。

 「ほら、急いで脱いで。私だって。この通りなんだから」真希子も事務服を脱ぎだしたが、下着を着けないので、直ぐに全裸になってしまった。
(いやだけど、脱ぐしかない…)朋美も真希子に倣い、次々と着ている服を脱いで、全裸になってしまった。

 「あら、手入れしてるのね。手間が省けたわ」真希子は朋美に抱きつき、淫裂を撫でだす。
「やめて下さい。見られています!」
「俺か。俺も脱ぐから、気にするな!」栗林も脱ぎだし(本気でセックスする気だわ)怯えて両手で淫裂を押さえた。

 「あら、そんな事しなくてもいいのよ」真希子はテーブルに仰向けになり、朋美をシックスナインにさせて、淫裂を舌と指で愛撫させる。
「気持ちいい。久しぶりに感じる…」真希子も快感を覚え、朋美の淫裂をなめだした。
(やめて。レズなんて、いやよ!)そう思うが、執拗に舌と指が動き、膣の中も潤いだした。

 その頃合いを見ていた栗林も「俺も、仲間に入れてくれ!」朋美の腰を持ち上げ、後ろから淫裂に肉竿を押し込んだ。
すかさず「う~!」呻き声が上がったが、なおも押し込み、ピストンを始めると「中に出したかったら、出してもいいわよ。その代わり、あなたが洗浄するのよ」結合部を見ながら真希子が言う。

 「そうだな、たまには中だしするか!」ピストンを早めたが(膣の奥までオチンチンが入ってくる…)裂かれる痛みで、顔がゆがんだままだ。 
栗林は肉竿の動きを早めて登り切り「う~!」唸り声をあげて動きを停めたが「イヤ、お腹はイヤです!」

 膣での射精を逃れようとするが「お腹じゃないわよ。オ○ンコでしょう?」真希子も朋美の腰を押さえて逃さない。
「お願い。外でして下さい。お願いです…」射精を逃れたいが、膣奥に暖かいのを感じて「射精だなんて…」全身から力が抜けていく。

 「だいぶ溜まっていたのね。こんなに出てくるし…」真希子は平然と肉竿の抜かれた淫裂をティッシュで拭くが、朋美はがグッタリして動こうとはしない。
「そんなに素っ裸がいいなら、これはいらないな」栗林は白衣を着込むと、朋美の着る白衣を片付けようとする。

 「着ます。裸はもうイヤです…」フラフラしながら起きあがり、白衣を着込んでいくが、淫裂からは筋となって、乳白色の液体が漏れている。
「どれ、オ○ンコの治療と行くか!」栗林はボタンの掛け終わらない朋美の腕を引いて廊下に出たが「まだ、まだです!」乳房が飛び出たままだ。

 それでも、朋美を処置室に連れ込むと「そこに寝ろ!」小さなベッドを指さし、準備を始めた。
(男にされるなんて…)異性に性器を洗浄されるのはイヤだが、言われるまま横になって足を開くと「裾を上げろ。それじゃできないぞ!」怒鳴られた。

 朋美は渋々腰を持ち上げて、白衣の裾を捲り上げ、下半身を剥き出しにし「捲りました…」小さな声で言う。
「オ○ンコ出したか。始めるぞ!」栗林はパレットを淫裂に押し当て、膣に洗浄液を送り込む。

(冷たい…。これが洗浄なんだ…)朋美は初めての体験で、栗林は丁寧に何回も膣の中を洗浄している。
そこに「もう、終わったかしら?」真希子が看護婦と一緒に入ってきた。

 看護婦は朋美の淫裂を見るなり「先生、そんなことなら私が…」栗林に変わろうとするが「ふふふ、美佐さん。この子はだめよ。私達夫婦の物なの」笑顔でいう。
「何だ、もう決まっていたんだ。楽しみにしていたのに…」落胆する看護婦に「近いうちに新人が来るでしょう。まだピチピチだから楽しめるでしょう」話しかけると「そうでしたね。もうすぐでしたね」笑顔に変わる。

 「よし、これでいいぞ!」パレットが退けられると、淫裂を真希子が丁寧に拭いていく。
「じ、自分でできます…」慌てる朋美だが「そうはいかないの。これは私たちの物なんだからね」ニヤリと笑い目を輝かせているが、朋美は(これからもやる気なんだ…)その目に恐怖を感じた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター