fc2ブログ

「淫らな病院」第33話 敵の敵は味方

第33話 敵の敵は味方

 未姫達が診療所に出向してから半年も過ぎた頃、病院では理事の選挙が行われ、予想を覆して改革派が勝利し、遠藤達理事は降板する羽目となった。
また、事務長の松岡も退任を迫られ辞任し「これからどうなるのかしら?」不安が募る未姫達だ。

 新しく事務長になった江藤は、真っ先に栗林との関係を見直した。
今まで、ただ同然で未姫達女医を派遣していたが、それを取りやめ、病院の勤務だけに専念させた。

 そのことで、栗林の病院では医師不足となって、経営にも支障が出ている。
「何とかして、医師を集めないと…」栗林と真希子は大学の伝を頼りに、医師を集めたが思うようにはいかず、必要な半分しか集まらない。

 「困ったな。後2人は必要なんだが…」
「そうね。最低でも2人はいるわね」
「いっそのこと、あの姉妹を引き抜けないかしら?」
「そんな事したら大変だ。こっちが潰されちゃう。とりあえず、これで行くしかないよ」診察日を減らす事にした。

 一方、未姫や朋美など栗林の病院での、恥ずかしい思いをしていた女医達は喜んでいたが、淳子だけは不満があった。
「真希子さんと縁を切るなんて…」事務長を恨み、未姫や朋美などに八つ当たりしている。

 それは、看護婦の間でも話題になっており、内藤の耳にも入り、院長室に未姫を呼び事情を聞いた。
「宮下君に、意地悪されているそうだね」
「はい、何かにつけて、私に当たってきます…」

 「困ったもんだ。僕は君たちの味方だから安心してくれ」
「そうして貰えば、助かります」
「その代わりと言っては何だが、またヌードを見せてくれないかな」思わぬ言葉に「私のヌードなんて、見る価値ないし…」柔らかく拒んだ。

 「昔は綺麗だったぞ。今でも変わらないはずだが」白衣の上から胸を撫でだした。
(どうしよう。折角、味方してくれるんだから我慢しないと…)暫く考えて「ここじゃなく、別な場所でなら、お見せしてもいいです…」承知した。
「それは楽しみだな。今度の休みに家に来てくれ。誰もいないんから、安心だぞ」
「わかりました。お伺いします」未姫が承知して診察室に戻ると「何話してきたの?」淳子が質すと「別に。たいしたことじゃないし…」あっさり交わして診察を始めた。

 数日後の日曜日、未姫は内藤の家を訪ねたが、言葉通りに内藤しか居ない。
「上がってくれ!」言われるまま、中にはいると「見せてくれ!」抱きついて服を脱がせだした。
「待って。自分でします!」未姫は自分から脱いで、下着姿になった。

 「これは、俺にやらせてくれ!」内藤が正面に膝を付けて座り、パンティを引き下げると、うっすらと絨毛が見える。
(性器を、まともに見られている…)恥ずかしさに太股を震わせるが「足を上げて!」言われた通りにして、下半身を剥き出しにした。

 内藤は「綺麗だよ。まだピンクだし…」目の前にある淫裂を指で開き、クリトリスを舌でなめだす。
「ダメ、汚いからダメ…。そこより、オッパイに…」目を閉じて、背中のホックを外して乳房も露わにすると「そうだよな。こっちも綺麗だし」乳房が撫でられ、乳首も吸われた。

 「気持ちいい…」快感に声を上げると「やらせてくれ。溜まっているんだ!」押し倒してズボンを引き下げた。
「やさしくよ。乱暴はイヤです」
「わかっているよ」下半身を剥き出しにすると、淫裂に肉竿が入り込んだ。

 (痛くない…)クリトリスへの愛撫で、膣が濡れているから痛みは感じなく「あ~!」喘ぐ声を上げた。
その声に、肉竿が動き出し「ピシャ、ピシャ!」淫裂から音が出ていく。

 (膣が濡れていく…)その通りで、淫裂から淫汁が流れ出した。
「気持ちいい。久しぶりのオ○ンコなんだ…」
「私もいいわ。凄く感じる…」足を開いて深い結合を求めた。

 内藤は暫くピストンしてから「やってくれないか」未姫を抱き起こして、騎乗位の体位を取る。
「やってみる…」なれない事だが、肉竿を淫裂に迎え入れ、腰を振りだすと「気持ちいい、オ○ンコに出させてくれ!」両手で腰を押さえられた。

 「ダメ。危ない日だからダメ!」拒んでも、内藤は腰を動かし、登り詰めようとしている。
(このままでは、射精されちゃう…)危険日だから逃れようとするが、両手で腰を押されられて逃れられず「いや~!」悲鳴を上げた。
「我慢できなくて…」未姫を降ろすと、淫裂から白い液体が流れ出た。

 「危ない日なのよ。出来たら困る…」漏れ出る液体を拭きながら言うと「確か、鈴木がいるはずだが…」電話を掛けてから「病院で鈴木が待ってるぞ。送ってやるから服を着ろ!」ズボンを直していく。

 未姫も淫裂を拭き終えるとを着て、元通りになり内藤の車で病院まで送られ、真っ先に里奈の待つ診察室へと向かった。
診察室に入ると「内藤さんから聞いたわ。脱いで!」言われるまま、スカート、パンティと脱いで下半身を露わにすると「全部よ」全裸になるようにと言う。

 「性器だけで済むはずですが…」
「私が全部と言ったら、全部なのよ」
「わかりました…」渋々シャツを脱ぎ、ブラジャーも脱いで全裸になって、両手で乳房と股間を押さえた。

 「やり方、わかっているでしょう。そこに寝て足を開くの」小さな診察ベッドに仰向けになり、足を広げて垂らした。
里奈は足下から淫裂を覗き込み「やったばかりね。気持ちよかった?」と尋ねるが「そんな事、言えません…」答えなかった。

 「言えないと言う事は、気持ちよかったんだ」淫裂に洗浄液を送り込みながら言う。
「う!」膣の中が冷たくなり、一瞬だけ声を上げたが「…」黙ったままだ。
「言いたくないなら、それでもいいけど、借りは返して貰うわよ」なおも洗浄液で淫裂を洗い「もう大丈夫よ。借りはわかってるはずよね?」器具を置くと乳房を揉み出す。

 「わかっていますが、ここでは無理です…」未姫も里奈の胸を撫でながら言う。
「確かに、ここでは無理だわ。今夜は泊まるわよね?」
「里奈さんが言うなら、そうします」
「決まりよ。今はオッパイだけにする!」乳首を吸いながら乳房を揉み出した。

 (レズなんてしたくないのに…)未姫も嫌々ながら里奈の胸のボタンを外して、乳房を撫で出す。
「そうよ、それでいいの。ここにもするね」今度は淫裂を舌でなめだし「あ~!」溜息のような声を上げている。

 里奈は未姫に30分程相手をさせると「着てもいいわよ」自分の外されたボタンを直していく。
未姫も脱いだ服を着込んでいくと「これ飲んでおくのよ」避妊薬を渡した。
「ありがとうございます。助かりました」礼を言い、服を着込み終えると診察室から出て、寮に向かった。

 寮で 時間を潰し、夕方近くになると、再び里奈の診察室を訪ね「丁度よかった、これから帰るとこなの」里奈が出てきて、2人は里奈のマンションへと向かう。
部屋に入ると「脱がせてあげる!」里奈は未姫の服を脱がしながら「昼間にオ○ンコした相手は誰なの?」尋ねた。

 「言えない。里奈さんでも…」
「そう、私にも言えない程、大事な人なんだ」ブラジャーを脱がせて乳房を揉み出す。
「大事な人じゃないけど、言えない…」
「わかった。これ以上聞かないわ」今度はパンティを引き下げて、淫裂を撫でながら、舌でなめだした。

 「ダメ、そこは汚い…」敏感な部分を愛撫され、立ったままの未姫は後ろに反り返ってやっと立っている。
「里奈さん、ここじゃなくてベッドで…」
「そうね、ここでは無理ね」立ち上がると服を脱いで、全裸になるとペニスバンドを取りだし「未姫が先に奉仕するのよ」未姫の腰の巻き付けた。

それが済むと「これをオ○ンコに塗ってね」ゼリーを渡すと両手を着けて、四つん這いになる。
「わかった。塗ってから入れる!」指に塗ると、里奈の淫裂の中に入れて塗りだす。
指が、膣の皮膚をもれなく撫でていくと「あ~!」声を上げた。
(気持ちよさそう。もう濡れている…)ネバネバした液が、溢れていくのがわかる。

 「大丈夫みたいよ。入れるわね」ペニスを掴み、里奈の淫裂に押し込むと、すんなり入り「あ、あ、あ~!」声を上げだした。
未姫はなも押し込み、ピストンを始めると更に淫汁が流れだし、里奈も絶頂を迎えたのか「行く、行く~!」声を上げて崩れた。

 (玩具でも、気持ちよかったんだ…)ペニスを抜き、里奈に寄り添うように寝ると乳房も撫でていく。
「いいわ。どうせなら、好きな男にやられたい…」譫言のようにいいながら、未姫の頭を抱いていくが、なおも愛撫を続けた。

 抱き合っていた2人だが、冷静さが戻ると「未姫さんが綺麗で、羨ましいわ」と言い出す。
「そんな事ないわ。里奈さんだって綺麗よ」
「お世辞はいいの。この年だから、男も声を掛けてくれないし、掛けてもオ○ンコだけが目当てだし…」暫く間をおいて「だから、未姫とやっているのよ。本当は好きな男にチンポで射精されたいの」呟くように言う。

 「好きな人いるの?」
「いるけど無視されている…。私も未姫みたく、膣に射精されたい…」里奈はなおも続けるが(里奈さん、寂しいんだ…)黙って聞いている。

 「だから今夜は奉仕してね。本当は男にされたいけど」
「わかった、里奈さんのためだし」仰向けに寝た里奈の上に覆い被さり、唇を重ね、淫裂にゆっくり樹脂のペニスを押し入れる。
「いいわ、気持ちいい…。射精していいのよ…」里奈は男を妄想しながら未姫を抱き、未姫も里奈の求めに応じて腰の動きを速めた。

 「あ、あ、あ~!」弓のように体を反らせて、喘ぐ里奈は未姫を抱きしめたままだ。
(私だって、好きな男に抱かれたい。でも…)そう思いながら腰を振っていくと「行く、行く~!」里奈が絶頂を登り切り、2人はそのままベッドで抱きいながら夜を明かした。

 翌朝、未姫と里奈が一緒に病院に入ると「あら、仲がいいのね」淳子が意地悪そうに声を掛けてくる。
「そうよ。同じ医師だから、仲良くしないとね」里奈が言うと「態度が大きくなったわね」淳子も言い返して、険悪な雰囲気になってきた。

 そこへ「2人ともいい加減にしろ。ここは病院だ!」内藤が怒鳴った。
それには2人とも従い、それぞれの診察室へと向かうが「あいつを懲らしめてやる!」淳子は治まらない様子だ。

 淳子は診察の合間を縫って、誰かと連絡を取り「そう、今夜当番なの。だからお願いしたいの…」頼み込んでいる。
「いつものようにしていいわよ。縛ってもいいわよ」笑顔で話していた。

 そして、診察時間が終わると、夜勤当番の里奈が夜間診察室室に入り、診察を始めた。
だが、時間の経過と共に患者がいなくなり、暇を弄んでいると看護婦から「先生、特別病室の患者から、先生に渡してくれと頼まれました」封筒を渡した。

 「一体何かしら?」封筒を開けると写真が入っており「!」声を上げる寸前で、顔色が青ざめていく。
看護婦も気付いたのか「先生、どうしたんですか?」心配顔だ。
「何でもないわ。疲れたから休んでくる!」里奈は仮眠室へと向かう振りをしながら特別病室へと向かった。

 静まりかえった廊下を歩き、病室のドアを開けると見覚えのある男が「久しぶりだね、元気そうじゃないか」声を掛けてきた。
「榊原さんが、どうしてここに…」
「ドックだよ。悪いところを速めに直したくてな。それより、気に入って貰えたかな」

 「何が目的なの。私の体ですか?」
「それもある。あの写真を表にだしたくなければ、言う事を聞け。まずは素っ裸になってもらおう!」
「そんな事出来ません。ここは病院です!」顔を強ばらせて言うと「イヤならそれでいい。写真は知らないぞ!」

 「卑怯です。そんな手段を使うなんて!」
「何と言われようともかまわん。素っ裸になるんだ!」里奈は顔を強ばらせながら、白衣のボタンに手を掛けた。
「そうだ。それでいい」榊原は、里奈の脱いでいく姿を食い入るように見ている。

 (脱ぎたくないけど、あの写真が…)負い目があるから、白衣を脱ぐとシャツ、スカート脱いで下着だけになった。
「まずは、オ○ンコを見せて貰おう!」言われるまま両手でパンティのゴムを掴んで、引き下げると2センチ程度の長さに揃った絨毛が見えた。

 「大部生えたね。また剃った方がいいな」それには黙ったまま、パンティを脱ぐと両手で股間を押さえた。
「オッパイも出せ!」背中のホックを外すと両手を下げて全裸になった。
「手を退けて見せろ!」里奈は両手を下げ、乳房と絨毛を榊原に晒し(恥ずかしい…。これだけで済むならいいけど…)太股が震え、絨毛も揺れている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター