赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「悲劇の女子アナ」第3話 契約書  


  ルミは下着を着込むとクローゼットを開けた。

「わからない。なぜなの?」昨日の記憶は夕食を一緒に食べたまでしかない。

その後はいっさい記憶が消えていた。

「とにかく、急がないと!」着替えを終えるとホテルを出て自分のマンションに向かっていく。

ルミのマンションはTVCの近くにあり、まだ早朝なので人通りが少ない。

急いでマンションにはいるとしっかりと鍵を掛け、衣服を脱いでいく。

「きっと、夢よ、これは夢よ!」無毛の股間を鏡に写して確認した。

「そ、そんな」明らかにルミの絨毛が消えている。

「どうしよう。他人に知られないようにしないと」再び下着を着込んでくがお揃いのブルーだ。

ルミはスケスケが好みで乳房が透けている。

「性器まで見えている」淡いブルーのパンティからはピンクの淫裂が透けている。

「まだ、時間があるわ」ルミはベッドで横になっているが眠れない。

ウトウトしながら8時になった。

「時間だわ。着替えないと!」ベッドから起きあがりスリップを着込むとツーピースを着てTV

Cへと歩いて行った。

 

 「おはようございます」挨拶をしながらスタジオに入ると「白石君、決心は変わらないかね」

「はい、変わりません」服部はそれを聞くとスタジオから出ていった。

それと入れ替わって小谷が入り。「やめるんだってね」「はい、フリーになって働きたいんです」

「それも自由だからな」あっさりと答えた。

しかし(そうはいかないぞ。俺と一生オ○ンコをするんだ)ニヤニヤしながら出て行く。

そして、収録が始まり、収録が終わったのはは5時近くだった。

 

 収録が終わるのを待っていたかのように服部が現れ「役員会が話したいそうだ。つき合って貰

えるね」

「は、はい。でも決心は変わりません」

(そんなのはどうでもいいんだ。お前のヌードを見たいだけだ)2人は連れ添ってエレベーター

に乗った。

服部はカードを差し込み14を押す。

ルミは14階に入るのは初めで「そうやって禁断の14階に入るんですか?」

「ルミ君は初めてかね」

「はい、長年勤務しましたが足を踏み入れるのは今日が初めてです」

「よく、覚えていた方がいいよ、やり方を!」

「はあ?」(私はもうすぐ辞めるから必要ないのに!)ルミは怪訝な顔をしている。

エレベーターは14のところで止まってドアが開いた。

2人は誰もいない廊下を歩いていくと「コツ、コツ!」2人の靴音が響いている。

服部は「社長室」と書かれた部屋で足を止めドアをノックし、ドアを開いて中に入った。

「失礼します」一礼してから中に入ると、中には後藤、小谷、中山の3人がいる。

「決心は変わらないかね?」

「はい。変わりません」

「仕方ないな。これに記入してくれ!」後藤は紙袋をルミに渡した。

それを受け取るとルミは開いて中身を取り出し「これで自由になるのね」中から取った書類には

写真がはさまっていた。

「!」それを見たルミの顔が一瞬にして青ざめた。

 

 「どうかしたかね?」後藤が声を掛けた。

(自分のヌード写真に驚いているな)小谷や中山も顔にこそ出さないが微笑んでいる。

「ど、どうしてこれが?」ルミには信じられなかった。

写真はルミの絨毛の剃られたヌード写真だった。

「あ、それは関係ないよ。先ほど売り込みがあったんだ」

「だ、誰ですか?」震えながらルミが尋ねた。

「たぶん、裏に通じたやつだ。とにかくおもしろいんで買ったんだ。君のそっくりさんだよ」

(違うわ、これは私だわ。でもどうして?)乳房と淫裂を晒している写真を眺めているルミだ。

写真は1枚だけではなく、淫裂を晒した写真もある。

それを見たルミはガチガチと奥歯が鳴っていた。

 

 「もしかして、それは白石君のヌード写真かね?」

「い、いいえ、違います」それだけ答えると目からは涙が流れていく。

「やっぱりな。これは白石君だね」泣きながら頷くルミだった。

「そうか。やっぱり白石君か」後藤はニヤリと笑い「どうかね、これを秘密にして置くからここ

で引き続き働いてくれんかね」

「一応、白石君の言い分を聞いて退社して自立を認めよう。その代わり、優先的にここで働いて

欲しい」服部が付け加えた。

「わかりました。感謝します」泣きながら答えるルミだ。

「早速だが契約書にサインして欲しい!」「わかりました」ルミは契約書を読みだした。

 

 暫くして「そ、そんなのできません!」ルミは声を上げて拒んだ。

「契約しなくてもいいよ。でも、この写真は雑誌社に売り込ませて貰うよ」後藤が言う。

「白石君、オ○ンコ丸出しの写真を流されたら終わりだよ」そんな事はルミにもわかっている。

「でも、ヌードでテレビには出たくないです!」再び泣き出すルミだ。

「ヘアヌードじゃないんだ。オッパイだけのスケスケでいいんだ。それがイヤなら契約しないよ」

「わ、わかりました。契約します…」そう言うしか道はない。

「それから、収録が終わったらここに来て欲しい。ここで素っ裸になるんだ」

顔が引き吊って「そんな!」それだけ言うとルミの声がでない。

「この階は役員だけしか入れないんだ。僕たちの処理をしてほしい」ガチガチと奥歯が鳴ってい

るルミだ。

「その代わりに給料は、はずむよ。独立のプロダクションならいくらでも払えるからな」人事の

服部が付け加えた。

だが、ルミはただ泣くだけだ。

負い目を持ったルミは契約書にサインをするしか道がなく、泣きながら契約書にサインをするル

ミだった。

 

 「早速、今日からここで素っ裸になってくれ!」後藤は勝ち誇ったようにルミに命令をする。

ルミは両手で顔を押さえながら泣くだけだった。

「脱がないなら契約なしと考えていいんだね」中山も口出しする。

「脱ぎます。ヌードになります…」泣きながらルミは着ていたツーピースのボタンを外していく。

(そうだ、それでいい。早く素っ裸になるんだ!)4人の役員は衣服を脱いでいくルミを黙って

見ている。

ルミは上着を脱ぎ終えるとニットシャツを脱ぐと、上半身はブルーのスリップ姿になっている。

(どうしてこんな事に…)震える両手でスカートを脱いでいく。

(早く、オ○ンコとオッパイを出すんだ!)衣服を脱いでいくルミの様子を黙って見ている4人

だった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/61-dbd5615f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top