赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「悲劇の女子アナ」第4話 陵辱   

 

スリップ姿になったルミは肩紐をずらしていく。
支えを失ったスリップは音もなく足下に落ちて、ブルーのパンティとブラジャーが現れた。
「だめだ。背中を向けるな!」
「ゆ、許して下さい。脱ぎ終えたらヌードをお見せしますから」
「そうはいかない。脱いでいく姿がいいんだ」後藤は背中を向けるのを許さなかった。
ルミは4人と顔を合わせながら背中に手をやる。
(恥ずかしい、脱ぐところを見られる何て!)ルミの目が真っ赤になっている。
それでも恥ずかしさを堪えて震える指でホックを外した。
「プチン!」カップの押さえが緩み「ほう、大きなオッパイだね」豊満な乳房が窮屈なカップか
ら飛び出した。
「み、見ないで下さい、後で見て下さい…」顔を背けながら肩紐を手首までずらしていく。
上半身を隠すのは何もなく、ツンと上を向いた乳首が大きく勃起している。
 
 「パンツも脱いで!」
「わ、わかってます」ブラジャーを脱ぎ終えるとルミは両手を腰にやりパンティを掴んだ。
(見られてしまうわ、ヘアのない性器を!)体を震わせながらパンティを下げていくと恥丘が見
えてきた。
「白石君、ヘアを剃ったのかね?」服部はわざと尋ねると「う、うっうー!」泣き出すルミだ。
(俺がお前のオ○ンコを剃ったっんだ!)泣いているルミをニヤニヤしながら見ている服部だ。
それでもルミは膝までパンティを下げた。
股間には絨毛が生えてなく、ピンクの割れ目が丸見えになっている。
(見られている、私の性器を!)震えながら足をあげてパンティから抜いていく。
「ほう、ヒラヒラもピンクか、あまりセックスはしてないんだね」足をあげた時に淫裂の中まで
見えていた。
「い、言わないで!」恥ずかしさを堪えてもう片足もパンティから抜き、両手には小さく縮んだ
パンティが残されている。
「いいね、ツルツルのオ○ンコも」
「白石君のヌード姿はいいね」言葉でルミをいたぶる4人だがルミは俯いたままだ。
乳房と淫裂を晒して大粒の涙を流している。
「契約もすんだことだし、君の部屋へ案内するよ」
「こ、このままでいくんですか?」全裸のルミは引き吊った顔になっていた。
「当然だ。ここで素っ裸になって専用の部屋にいくんだ」
「み、見られます、ヌードを!」再び泣き出すルミだ。
「イヤなら、この写真で儲けさせて貰うよ」後藤が言うと「行きます、ヌード姿で!」ルミは
そう言うしかない。
 
 5人は社長室から廊下に出た。
(だ、誰にも見られませんように!)祈りながら歩くルミの乳房は左右に揺れ動き、淫裂も左右
に向きをかえている。
(たまらん。オ○ンコがやりたい!)後ろから揺れるルミの尻肉を見ている小谷の股間が膨らん
でいる。
それは小谷ばかりでなく服部や中山も大きく膨らんでいた。
(いや、恥ずかしいから見ないで!)乳房を揺らせながら俯いて歩くルミだ。
「ここが君専用の部屋だ」服部がドアを開けて中に入り(よかった、誰にも見られなかったわ!)
安堵して中に入ると、ルミは再び叫び声をあげた。
「いや、いやー!」首を左右に激しく振っていく。
「なあに、すぐに慣れるよ。君にピッタリの部屋を用意したんだから」
「そ、そんな!」ヘナヘナと床に崩れていくルミだった。
 
 「さっそく、使わせて貰おうか!」
「いや、いやー!」悲鳴を上げるルミだが、両手首を縛られクレーンのフックに掛けられた。
「ウィーン!」モーターが回って弛んだロープが張っていく。
「た、助けて!」悲鳴を上げるルミは万歳をする格好で吊されてしまった。
さらに両足首にも紐が巻き付けられて引かれていく。
「み、見ないで!」ルミは開脚させられ、パックリと割れた淫裂が露になってしまった。
「これがクリトリスか!」後藤はピンクの突起の包皮を捲っていく。
「さ、触らないで下さい!」敏感なクリトリスを触られたルミは全身を衝撃が走っている。
「今まで何回オ○ンコを楽しんだんだ?」服部も乳房を揉みながら尋ねた。
「そんなの言えません…」
「言わないらこうだ」背後から小谷が尻穴に指を押し込んでいく。
「ヒー!」体をくねらせていくルミだった。
「もう一度聞く、何回オ○ンコを楽しんだ?」
「5、5回ほどしかしてません!」声を震わせながら答えている。
「そうか、体験してるのか。だったら安心して楽しめるな」後藤は黒い樹脂製の棒をルミの淫裂
に押し込んでいく。
「入れないで!」ルミにもそれはわかっていて、後藤はスイッチを入れた。
「ブーン!」振動しながら樹脂棒が膣の奥へ、奥へと入って「あ、あん、あん!」心地よい振動
がルミの淫裂の中を駆けめぐり、 自然にルミの淫裂が湿って淫汁が溢れていく。
「そろそろ、いくか!」後藤は樹脂棒を抜いて代わりに白い山芋を押し込み、出したり、入れた
りを繰り返していく。
それに合わせて「あん、あん、あん!」ルミも腰を動かしている。
だが(痒い…。膣の中が痒い…)山芋の効果が直ぐに現れてきた。
後藤は淫裂から山芋を抜くと、ネバネバした液体がビッシリと付いている。
 
 やがて「か、痒い、膣の中が痒い!」猛烈なかゆみがルミを襲っていく。
「掻いて下さい、膣の中を!」あまりの痒みにルミが叫ぶが「それはかまわないが、チンポでや
らせてくれ」
「それはいや、指で掻いて下さい!」
「チンポでないと、やらないよ」押し問答の末、しばらく沈黙が続いた。
腰を振ってルミは耐えているが限界に達して「ち、チンポでもいいですから膣の中を掻いて下さ
い…」
「そうか、白石君はチンポが欲しいのか。よし、入れてやるぞ!」その言葉を待っていた後藤は
ズボンを脱いでいく。
さらに、下着も脱いで下半身が丸出しになった。
「危ないから付けるからな」大きく膨らんだ肉竿にコンドームを取り付け、背後から淫裂に押し
込んでいくと「あん、あん、あん!」気持ちよさそうな悶え声をあげるルミだ。
「いくよ」根本まで肉竿を押し込むとルミの腰を両手で押さえてピストンをしていく。
「き、気持ちいいわ。凄くいいわ!」痒みを肉竿で掻かれて悶え声をあげるルミだ。
「オッパイも揉んでやるよ」小谷も加わって乳房を揉んでいくと開脚したルミは淫裂から淫汁を
太股まで流している。
ピストンのピッチも速まって「出る、出る!」後藤は動きを止め、肉竿を抜いた。
コンドームの先端には白い液体が溜まっている。
「今度は僕が掻いてやるよ」後藤に変わって服部も肉竿にコンドームを取り付けてピストンして
いく。
「あん、あん!」自由の効かないルミは悶え声をあげ、やがて、服部も爆発した。
変わって小谷、中山と肉竿で突いていき、ルミは4人の役員とセックスさせられてしまった。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/62-a750443e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top