fc2ブログ

「狂った家族」第11話 貸別荘

第11話 貸別荘

 翌日、義一は浮き浮きしているが、景子は娘の香織が破瓜するとあって、浮かない顔をしている。
「お母さん、心配ないわよ。義一は悪い人じゃないし」

 「それはわかっている。でも、香織が処女でなくなると思うと…」
「いずれは体験するんだから気にしないで!」あっさり言うと(私だって、セックスをさせられているのよ)叫びたいが堪えた。

 4人は散歩をしながら時を過ごして、夜を迎え全裸になっていく。
「お母さん。香織との大事な日だから、これで撮って!」ビデオを手渡す。
「義一、撮らないで。恥ずかしいからイヤよ」香織は嫌がっている。
「一回しかないんだよ。撮らないと。それに、ここも邪魔だし…」

 「性器の周りは、剃ってあるじゃないのよ!」
「全部だよ。パイパンオ○ンコでやるから!」義一は恥丘に残された絨毛も、剃るように言う。
「わかった、剃るわよ」渋々承知しハサミで絨毛を短くし、その後は泡を塗り込みカミソリで剃って無毛になった。

 「これでいいのね?」恥ずかしそうに義一に淫裂を見せた。
「そうだよ。それでいいよ。早速やろうね」2人は美佳と景子が見守る前で、横になっていく。

 「義一、ゆっくりやるのよ。乱暴にすると痛いだけだからね」
美佳が声を掛けると「香織、もっと足を開いて。大きく開くと痛みも少ないのよ」景子もアドバイスをしている。

 そのアドバイスを受けながら、小刻みに肉竿を動かしていくと、淫裂も受け入れるようになっていた。
「全部入れるよ」
「いいわよ。入れても…」義一は腰の振りを大きくし、一気に根本まで押し込んだ。

 「い、痛い~!」顔を歪め、悲鳴を上げると同時に、淫裂から鮮血が流れ出した。
「母さん、撮っているよね?」
「心配しないで。撮っているから」

 「それを聞いて安心したよ」腰の振りを早めていくと「義一、愛しているわ」香織は唇を求め「俺も愛しているよ」唇を重ねながら登り詰め、膣の中で爆発し2人は暫く抱き合ったまま動こうとはしないが、淫裂からは液体が流れている。

 「香織、洗って来いよ。それからまたやろうよ」
「今夜は無理よ。朝にしましょうよ」
「わかった、それでもいいよ。とにかく洗ってこないと…」
「そうよね。血がこんなに出るなんて」淫裂から流れた血が太股まで垂れている。

 「義一も洗わないとダメよ。ほら、汚れているし」
「ホントだ。僕も洗ってくるよ」2人は浴室に入って汚れを落としていく。
「痛かったか?」
「破けるのがわかって、余計に痛かった…」

 「これからは、そんな痛い思いをしなくていいよ」
「そう願いたいわ」2人は丁寧に汚れを落としてから戻ると、撮ったばかりのビデオを再生した。

 画面には香織の淫裂に肉竿が入っていくのが見え「恥ずかしいわ、義一のチンポがあんなにハッキリ映っているし…」顔を赤らめながら見ていると鮮血が流れ出た。
「香織、もう俺とは離れられないからな!」乳房を撫でながら唇を重ね「わかっている、私も離れたくないし」それを受け入れ、2人はまた抱き合った。

 そして、翌朝香織と景子は先に帰り、義一と美香が残された。
「お母さん。久しぶりにやらせて」美佳を押し倒して肉竿を押しつけていく。
「もう許して。親子はやってはいけない事なのよ」泣き顔で頼み込むが、淫裂にはカチカチに固まった肉竿が入ってくる。

 「親子だって、オ○ンコはやりたいよ!」肉竿がピストンを始めた。
「あ、あ、あ~!」熟れた淫裂は我が子でも反応し(許されないことよ。親子でのセックスだなんて…)乳房を揉まれながらのピストンに淫汁が流れていく。

 「出すよ。オ○ンコの中に!」
「やめて。義一の子を産んだら、生きていけなくなる!」
「でも、お母さんの中に出したい…」どうしても、美佳の胎内で噴射するつもりだ。
「やめて。お願い!」美佳は逃れようとしても押さえつけられ、淫裂の中に暖かい液体を噴射された。

 「そんな。また射精されただなんて…」情けなさに泣き出してしまった。
「泣かなくていいよ。産んでもいいんだから」液体の流れ出る淫裂を撫で出す。
「そんな事できない。どんな事があっても許されないわ!」美佳は立ち上がり浴室に向かうと「今は我慢するけど、いつかは産んで貰うからね」後ろ姿を見ながら呟いた。

 暫くしてから美佳が戻ると「お母さん。この際だから屋外ヌードを撮ろうよ」と言い出した。
「そんな、裸なんてもう撮らなくていいわよ」
「ダメだよ、一生に一度しかないんだから。早く準備してよ」義一はノースリーブのワンピースを渡す。

 「これを着たら、オッパイが見えるわ!」
「見えてもいいよ。直に着てね」渋々直に着込んだが、脇の隙間からは乳房の膨らみが覗いている。
「いいね。これなら人前でもできるし」後ろから脇の下に手を入れ乳房を揉みだす。

 「やめて。親子でこんな事いけないの!」
「そんな事言っても、やりたいよ」乳首を摘みながら揉んでいくと「うっ!」美佳も呻くような声を上げた。

 「気持ちいいでしょう、乳首を掴まれると」
「やめて。そんな事されると、変になっちゃうから」義一の手を押さえて言う。
「わかった、これくらいにするよ」以外にも素直に手を引き服を着込んでいく。

 そして、2人は別荘かを出て歩き出し、10分程すると白い建物が見えた。
「教会だよ。ここで撮ろうよ」見渡せば人気はない。
「恥ずかしいわ。いくら何でも、こんな場所で脱ぐなんて…」
「脱がないと今までの事、父さんに言っちゃうよ」

 「それはやめて、直ぐに脱ぐから…」息子とセックスしたのを、義喜や親戚に知られるのはイヤだから、義一の言うなりにしてワンピースを脱ぎ、全裸になった。
「手を退けて、オ○ンコも撮るから」渋々股間から手を退け淫裂も露わにすると「いいよ、そのポーズも」それを褒めながら撮っていく。

 義一は数枚撮ると教会の中に入り「誰もいないや、ここでも撮ろうよ」美佳を中に入れ十字架の前に立たせた。
「こんな、罰当たりな事していいのかしら?」キリストの像と同じく両手を広げている。

 「構わないさ、誰もいないし。それより、オ○ンコを広げてよ」美佳は指で淫裂を広げたが(いくら何でも、こんな所で性器の中まで撮るなんて…)ピンクの淫裂を晒しながら震えていた。

 義一はそんな美佳など気にすることなくスイッチを押して「指でやってよ。撮るから」オナニーを命じた。
「ここは教会よ。いくら何でもオナニーはできない!」首を振って拒む。

 「やるんだ。やらないと責任持たないからね」
「わかったわ。やるわよ」十字架を見つめながら、乳房を撫で淫裂に指を入れて行く。
「そうだ。それでいいよ」義一は笑顔で撮り続け「もっと本気でやって、まじめにやらないと、もっとやらせるからね!」と言う。

 それには「あ、あ、あ~!」指の動きを早めて声も出した。
(こんな、罰当たりなことをしたら、神様が許さないわ)そう思いながらも指を動かし続け、オナニーを始めてから5分が過ぎた。

 「もういいでしょう、こんな破廉恥な事は…淫裂から指を抜き、両手で覆う。
「そうだね。充分撮ったから服を着てもいいよ」美佳は急いで裾からくぐると、人の声が聞こえてくる。

 「やばい。早く出よう!」
「待って、まだ着てないのよ」裾が胸までだが、引き下げながら走って外に出た。
「ふ~。間に合ったみたいだわ」外に出ると乱れた裾を直してまた歩き出した。

 教会を出て歩いていくと、人も多くなっていく。
「義一、何だか見られているみたいよ」ノースリーブが気になっていた。
脇から見える乳房と乳首のラインに、通行人も振り返っている。
「見たいなら、見せてあげなよ」

 「そんな事言って。見られたら恥ずかしいわよ」下を向いて歩いてくと呼び込みが声を掛けてきた。
「ちょっと、遊んでいってよ。面白いからさ!」2人が顔を見合わせると「3千円でいいよ、とにかく面白いよ」強引に中に連れ込まれた。

 連れ込まれた部屋には、数組のアベックが座っている。
「何をするのかしら?」不安そうな美佳を後目に、大きな画面のモニターに映像が映し出された。

 「ビデオだわ。それもポルノよ!」
「そうみたいだね。とにかく見ようよ」2人は黙り込んで画面を見つめていると周りのアベックが抱き合いだす。

 それに釣られるかのように、義一も美佳を抱きしめ、脇の下から手を入れて乳房を揉みだした。
(ダメ、こんな所じゃイヤよ!)手を押さえるが、義一の手はワンピースの裾の中にも入っていく。

 (やめて。性器はイヤ!)下着を着けていないから、もろに淫裂を触られていく。
(やめて、声が出ちゃうわよ!)慌てるが動じる様子もなく、指は膣の中を動きだして『あ、あ、あ~!』ビデオの声にかき消されながら、美佳も呻くような声を上げ出す。
それは、周りのアベックも同じで、裾が巻き上げられ股間を触られている。

 義一がなおも指を動かしていくと、膣の中が濡れだし周りからは、あえぎ声が聞こえてくる。
『いいわ、そこよ。そこがいいの…』モニターからは上擦った声と共に、淫裂には肉竿は入り込んでいく。

 それには「いいだろう。我慢できないよ」アベックが呟くように話し出す。
「ここじゃいや。別な場所でして」
「わかった。これからすぐに行こうよ」話がまとまったのか、一組のアベックが立ち上がった。

 それを合図にして「僕たちもでようよ」アベックは次々と出ていき、義一たちだけが残された。
「誰もいないよ。やろうよ!」ワンピースを更に捲り上げて、下半身を剥き出しにしていく。

 「やめて。ここじゃいや。今夜してあげるから」
「それとこれとは別だよ」聞き入れずに、なおも捲り上げ美佳を裸にした。
「返して。人に見られたら困るわ!」
「見られたって平気さ。知っているやつがいる訳じゃないし」平然と乳房を吸いながら淫裂を撫でだした。

 美佳は義一には逆らえないから、されるがままにしている。
そこに「凄い、素っ裸になっている!」若い男性が声を上げた。
「見ないで。恥ずかしいから」美佳はあわてて隠そうとするが、脱がされた服が見つからない。

 「お金を払うから、オ○ンコを見せてよ」
「俺も見たいよ、本物のオ○ンコとオッパイが」客達はもう美佳の周りを取り囲んでしまった。
「見るだけならいいよ」義一は美佳の手をつかんで、上に上げた。

 「オ○ンコだ。これがオ○ンコか…」無毛の淫裂を食い入るように見つめている。
「やめて、お願い。こんな事いけない事よ!」
「いいじゃないか、見るだけなんだから」客も言いながら、淫裂を指で広げて覗き込んでくる。

 「見ろよ。ここにチンポが入るんだぞ!」ポッカリとした空洞をのぞき込む。
(そんな、息子にこんな仕打ちをされるなんてなんて…)美佳は顔を背けて淫裂を触られていく。

 「オ○ンコだけでなく、これも触らせてくれよ」淫裂で飽きたらず乳房も握りしめた。
「いや、痛いからやめて!」乳首も摘まれ首を振ると「我慢して。お金がもらえるんだから」義一は美佳をヒモ扱いしている。

 客は美佳の乳房と淫裂を飽きるほど触ると手をどけた。
「約束の金だよ」1万を義一に手渡し、モニターをおとなしく見だす。
「裸はこれくらいでいいよ」脱がした服を拾って手渡し、美佳はそれを黙って受け取って着込み、着終えると二人は外に出て行く。

 外に出ると美佳は「お願いだから、これ以上お母さんをいじめないで」義一に言う。
「虐めるなんて、してないよ。僕はお母さんが大好きだしね」
「だったら、人前でもう裸になるのは許して欲しいの」

 「それは無理だよ。前にも言ったけど、僕の子を産んでくれるなら別だけど…」
「そんなことできないわ、親子なのよ!」
「それなら、人前での裸も我慢して。それに、僕とのオ○ンコも」美佳は義一の言葉に(本気で、私に子供を産ませるつもりなんだ…)我が子の恐ろしさに、震えが停まらなかった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
346位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ 連載中
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
記事数メーター