fc2ブログ

「狂った家族」第10話 別れの凌辱

第10話 別れの凌辱

 期末試験がようやく終わって、夏休みに入った。
「これで、香織とやっとできるぞ!」カレンダーを見ながら笑顔でいると、白石から電話がなった。

 「どうしたんだ、急に…」電話を聞いていると顔が曇っていく。
「仕方ない、転勤だったら。もう一度。おばさんとやりたかったのに残念だよ」そう言うと白石から何やら言われ笑顔になっていく。

 「そうか。それだったら、面白い事でやろうよ」笑顔で話し、電話を切るとバックを抱えて家を出た。
家を出るとまっすぐに白石の家に向かい「待っていたよ。上がれ!」家の中に案内される。

 「岩下、準備はいいのか?」
「勿論だ。後は本人が現れるだけさ」バックを広げて中を見せる。
「それならいいよ。今呼ぶから」声を上げて雪子を呼んだ。

 「何か、用事なの?」
「勿論さ。おばさんと、お別れがしたくなって!」
「別れって、まさか…」顔が強ばったが「その、まさかだよ」真っ先に口枷をはめ「ウグ、ウグ!」首を振り声を上げようとしても声にはならない。

 「これで、おばさんは何もできなくなるよ」口を封じると、2人掛かりで雪子の服を剥ぎ取りだした。
雪子は「ウ~!」首を振って意思表示するが、次々と剥ぎ取られ、乳房と淫裂が露わになる。

 「おばさん、素っ裸になったからこれを付けようね」両手を縛り、首からベルトを通して体に取り付けていく。
勿論、両乳房も縛って、手首と足首を繋ぎ「いい眺めだ。オ○ンコが丸出しになっているし」白石は満足そうに雪子の全裸を撮っていく。

 「俺、やりたいよ。いいだろう?」
「やりたかったら、やってもいいぞ。その変わり、俺にもやらせてくれよ」
「わかっているよ」義一は承知して脱ぎだすと、それを見て雪子は逃れようとするが何もできず「ウ~!」首を振るだけだ。

 そして、服を脱ぎ終えると「おばさん、このままやるよ」仰向けにMの字開脚した雪子に覆い被さった。
(イヤ、入れないで~!)叫んでも、淫裂に硬く膨らんだ肉竿が入り込み、ピストンを始めて「ピシャ、ピシャ!」股間同士のぶつかる音が響いていく。
「これもいいよ。レ○プされているみたいで…」白石は相変わらず雪子を撮っている。

 そして、義一は淫裂の中で絶頂を迎えて爆発した。
「いいね、これも」白い液体が流れ出た淫裂を撮っていく。
「撮ってばかりいないで、お前もやったら?」

 「俺はもっと別な場所でやるよ。これから行かないか?」
「いいけど、当てがあるのかよ」
「あるさ。だから言っているんだ」
「わかった、行くよ」義一は急いで服を着だし、雪子も解かれ淫裂を洗いに行く。

 「さてと、お袋にはこれを着て貰うか」季節外れのレインコートを手に持った。
「岩下、今度はお前が撮れよ!」
「わかっているよ。オ○ンコさせて貰ったんだからな」笑顔で話し合っていると雪子が股間を押さえて戻ってきた。

 「これを着て貰うよ」黒いストッキングとガーターベルトを放る。
雪子は逆らうことなく拾い上げて足を通し、腰に巻き付けストッキングを留めた。
「後はこれを着てよ」レインコートを手渡すと「まさか、直に着ろと言うの?」驚き顔になっている。

 「その通りだよ。その方が脱ぎやすいし」
「イヤよ。人前では裸になりたくない!」
「もうすぐ、こことはお別れなんだ。何やったって、気にする必要ないよ」白石が聞き入れようとはしないから、雪子は諦めてコートを着て行く。

 その後、3人は家を出て町に向かった。
人通りは少ないが、季節外れのコートを着た雪子にどうしても目がいく。
「恥ずかしいわ。こんなの着て…」
「もうすぐだよ。あそこで撮るから」指さす先には広場がある。

 「あそこで。裸になれと言うの?」
「そうだよ。あそこでオ○ンコもやるんだ!」
「そんな事できない。絶対にやらないわ!」顔色が青ざめ体が震えている。
「やらないなら、今まで撮った写真がどうなってもいいんだね?」

 「正文さん、そんな酷い事しないで…」雪子の目からは涙がこぼれていく。
「だったら、やろうよ。今なら誰もいないよ」確かに、平日の昼下がりと言う事で人はいない。

 「ほら脱いでよ。早くやったほうがいいよ」白石はもう、肉竿を露わにしている。
「わかったわ…」雪子は人目を気にしながらコートを脱ぎ、黒いストッキングだけの姿になった。
「いいよ、凄くいい!」義一は興奮しながら、カメラに撮っていく。

 「岩下、うまく撮れよ!」雪子に抱き付き乳房を揉みだした。
「早くして。痛くても我慢するから…」雪子は置かれてある銅像を掴んで足を広げる。
「わかった。入れるよ!」後ろから肉竿を掴んで淫裂に押し込むと「う~!」痛みに顔を歪めながらも堪えている。

 「入ったよ、チンポが全部入った!」ゆっくりとピストンを始め、それを義一が撮っている。
「出さないでね。お願いですから…」呟くように言うが白石には聞こえない。

 白石はピストンを速めていくが、雪子は周りが気になっている。
(来ないで。誰も来ないで!)祈りながら乳房を揺らせていたが「セックスしている!」女性の声が上がった。

 声を上げたのは学生の2人連れだ。
「凄いわ。こんな所でセックスだなんて…」
「恥ずかしくないのかしら?」2人は食い入るように結合部を見ている。
(こんな、恥ずかしい姿を見らるなんて…)顔を背けるが、白石はなおもピストンを速めていく。

 ピストンを続けていた白石だが、突然動きを停めた。
「出さないで。お腹はイヤ~!」声を上げたが、淫裂の中が暖かい液体で溢れていた。
「見て、射精よ!」「ホントだ、あれが射精なんだ!」淫裂から流れ出る白い液体に2人は声を上げた。

 「気持ちよかった。こんなオ○ンコもいいね」放出を済ませ肉竿を抜くと、流れ出る液体の量も多くなっている。
そんな雪子を義一は撮っていくが、恥ずかしいのか、顔を向けてカメラを見ようとはしない。

 「ダメだよ。ちゃんと見ないと…」
「そうだよ。でないと、何時までも終わらないよ」その言葉に渋々カメラを見つめて収まった。

 「オ○ンコも洗わないと。ここでやったら?」手荒い用の水道があったので、蛇口を上に向ける。
「ここでやるって、まさか性器に入れろと?」
「そうさ。跨いでオ○ンコに入れるんだ!」雪子はイヤだが、妊娠はしたくないから跨いで蛇口を淫裂に入れて水を流す。

 「やだ~。あんな破廉恥な事までして!」
「性器が痛くならないのかしらね」学生の2人は白い目で見ていたが、淫裂からは白い液体が水で洗われて、勿論、それも義一は撮った。

 始めは白い液体が流れていたが、やがて何もなくなってきた。
「もういいわ、綺麗になったし」水を止め、蛇口を抜くと淫裂を拭き、コートを着て次の場所へと向かう。

 3人が歩いて行くと地下鉄がある。
「そこで撮ろうよ!」3人は改札を通って地下へと向かう。
「脱いで。ここはでも撮るから」雪子はもう逆らえないと悟って、素直に脱いでると電車が入ってきた。

 「大勢に見られてしまう…」さすがに、顔が引き吊っていた。
「脱いでよ。素っ裸にならないと」
「わかっています…」ボタンを外し終え、コートを脱ぐと電車が停まりドアが開いた。

 「す、素っ裸だ!」降りようとした客が声を上げ、入れ違えるように3人が乗り込んでいく。
「素っ裸だ、オ○ンコも丸見えだ!」電車の中は3人の男性がいて、驚いた様子だ。

 雪子はうなだれたまま、隠そうともせずに座り「凄いや。オ○ンコまで剃っているなんて!」雪子を取り囲んで乳房と淫裂を見ている。
それを見て「もっと見たいですか?」白石が声を掛けた。

 「見たいよ。オ○ンコの中まで!」
「聞いたでしょう。オ○ンコの中も見たいんだって」太股を掴んで広げた。
(やめて。そんな事しないで!)太股が開くと淫裂が口を開く。

 「もっとだよ。手で広げてくれ!」
「聞いての通りだ。手で広げて」
(イヤよ、そんな事したくないわ)そう思うが、両手で淫裂を広げるとピンク色の膣や尿道が露わになっている。

 「見ろよ。オ○ンコやったばかりだぞ!」確かに、膣がポッカリと開いていた。
「ホントだ。俺もやりたいな」肉竿を擦りながら淫裂を見ていると「触りたかったら、触ってもいいよ」白石が言う。

 「オ○ンコも触っていいのか?」
「いいですよ。チンポを入れちゃダメだけど、指ならいいよ」
「わかった、触らせて貰うよ」3人はチャックを引き下げ、肉竿を擦りながら乳房や淫裂を触り出す。

 (イヤ、触らないで!)触る手を振り払いたいが、下を向いたまま触らせていく。
「いいね。こんな事ができるなんて!」乳房を揉みながら登り詰めていく。
「俺、もう限界だ。オ○ンコ触っていたら、もうダメだ!」爆発寸前の肉竿を雪子の口に押しつける。

 「飲むんだ。おいしいぞ!」白石が命令するからには、それを受け入れるしかない。
肉竿を迎え入れると同時に、咽奥への噴射が始まった。
(出さないで。精液なんてイヤ~!)目を閉じて咽奥への噴射を受け入れる。
「俺も限界だよ!」1人が終えると別な男も雪子の口へ肉竿を押し込み噴射し、結局、3人から口の中に放出され、それを飲んでからコートを着させられた。

 3人は暫く乗ってから電車を降りて、また地上に出ていく。
「ここは賑やかだね。ここで素っ裸になったら面白いだろうな」
笑顔の2人に「許して。こんな大勢の前ではイヤです…」泣き顔になっている。

「裸がイヤなら、俺の言う事を聞くか?」
「はい。聞きます」
「それなら、これからは俺の女になるんだ!」
「正文さんの女ですか?」雪子は間違いではと思って聞き直す。

 「そうだ。俺の女だ。これからは、毎日俺の相手をするんだ!」
「そんな。お父さんとは、どうすればいいのよ」
「親父ともやっていいよ。でも、いない時は、俺とやるんだからね」
「そんな、2人の相手をするなんて、できません!」

 「イヤなら、ここで素っ裸だよ。それでもいいんだね?」
そう脅されては答えが決まっていたから「わかりました。正文さんの女になります」泣きながら答えるしかない。

 「そうだよ、それでいいんだ。早速、もう一回やらせて貰うよ」ここで白石と雪子は岩下と別れた。
「そうか、あんな手があったな」1人歩く義一は美佳の全裸を思い出しながら歩いて自宅に戻った。

 それから数日が過ぎ、白石親子はこの町から去り、香織との約束の日が迫っている。
義一は美佳に頼み込んで、貸別荘を用意させていた。
勿論、美佳と景子も一緒で、誕生日の前日、4人は一緒に借りた別荘に向かったが、シーズンと言うことで混雑している。

 4人は義一を中心として、手際よく処理を済ませ夜を迎えた。
「今夜は久しぶりに、ヌードになろうよ!」義一はそう言いながら脱いでいく。
「脱ぐのはいいけど、あれは明日よ」
「わかっている。今夜は、おばさんにやって貰うよ」

 「そんな、私が相手だなんて…」名指しされた景子は狼狽えた。
「とにかく、脱いでよ。それから楽しまないとね」3人に指図すると、服を脱いで生まれたままの姿になっていく。

 「香織、綺麗だよ!」パンティが引き下げられ、淫裂が露わになっていく。
「待って。まだ脱いでないわ」慌てて脱ぐと、膨らんだ肉竿を擦り出す。
「気持ちいいよ、香織…」満足そうに乳首を吸いながら、淫裂を触り続けると香織の呼吸も乱れていく。

 「香織。我慢できないよ。いいだろう?」
「明日の約束よ。それまで待って!」
「おばさんとなら、いいかい?」
「お口でしてあげるから、お母さんとはしないで」
「でも、寂しそうだよ。相手をしてあげないと…」

 それを聞いた景子は「心配入らないわ。私は義一さんのお母さんとするから」慌てて美佳に抱き付いた。
「そうよ。私もこの方が楽しいし…」美佳も景子を受け入れ、唇を重ね合い乳房を撫で合っていく。

 「お母さん、気持ちいいの?」香織は肉竿を擦りながら尋ねると「いいわよ。こんな事、久しぶりだし…」上擦った声で言いながら、淫裂も触り合う。
「香織。僕達もやろうよ、破らないから」
「わかった。それなら我慢する」香織は四つん這いになりお尻を向けた。

 「行くよ!」肉竿がゆっくり押し込まれ「あ~!」と声を上げる。
「奥さん、私達も…」
「ええ、そうしましょう」2人はシックスナインの体位になり、淫裂を指と舌で触り合っていたが(いずれは、俺の女にしてやるぞ!)肉竿をピストンしながら2人の淫裂を見比べている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター