fc2ブログ

「狂った家族」第12話 人前での陵辱

第12話 人前での陵辱

 義一と美佳が別荘から戻ると、義喜は待ちかねたのか、美佳を求めた。
夜になると寝室に連れ込み「美佳、愛しているよ」乳房を揉みながら肉竿のピストンを始める。
「私も愛しているわ」美佳は義一との出来事を秘密にし、義喜の肉竿を迎え入れている。

 そんな二人の抱き合うのを義一が覗き見しており(母さんとオ○ンコしているぞ。もっと違う体位でやればいいのに…)雑誌の写真を思い出しながら見ていると、義喜は美佳を抱え上げ、駅弁での結合を始めて「あ、あ、あ!」膣深く入る肉竿に美佳はたまらず声を上げ出す。

 「美佳、気持ちいいのか。俺のチンポが…」
「奥まで入って、気持ちいい…」両手で義喜の首を押さえ、乳首を口元に押しつけ「吸って。噛んでもいいわよ」その言葉に義喜は軽く乳首に歯を立てた。

 すると「い~!」美佳は声を上げ体を反らせる。
(凄いや。オッパイがゴムのように伸びている…)円錐形に伸びきった乳房に、義一の肉竿が膨らんでいく。

 (僕も、お母さんとあんな風にやりたい…)二人の行為を見ながらチャックを引き下げ肉竿を擦り出すと、美佳と目が合った。
(母さん。僕もやりたい!)膨らみきった肉竿を見せると(お願いだから覗かないで。義一との事が知られたら、大変なことになるのよ)首を振りながら「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げていく。

 「美佳、凄くいいよ。久しぶりに出そうなんだ!」
「ダメ、お腹には出さないで。まだ産めるのよ」
「そんな事言っても、出したいよ。美佳のオ○ンコの中に…」言い終わらないうちに義喜は身震いを始めた。

 「暖かいわ。出さないでと言ったのに…」
「そんな事言ったって、体が効かないんだ」肉竿からは残らず噴射され、白い液体が結合部からポタポタと落ちていく。

 「降ろして。急いで洗わないと」義喜から降ろされると、淫裂を手で押さえたまま小走りに浴室へと向かうと、義一も後を追っていく。
(義一も来るなんて…。セックスをする気だわ)戻るわけにも行かないから、美佳は浴室に入り、淫裂を洗い出す。

 「母さん。僕もやりたいよ!」後を追いかけた義一が、背中から乳房を掴んで揉みながら言う。
「もう、私とはダメよ。香織さんとした方がいいわ」
「香織ともやるよ。お母さんともね」

 「そんな、母さんを困らせないで。親子でやってはいけないことなのは判っているでしょう?」
「そんなこと関係ないよ。やりたいんだから」膨らんだ肉竿を淫裂に押し当てる。

 「やめて、お父さんがいるのよ。知られたら私は生きていけなくなるのよ!」
「それなら、明日の朝にやろうよ」
「判ったわ。明日にね」その場から逃れるために仕方なく承知した。

 美佳が承知すると、義一は素直に浴室から自分の部屋へと戻り、邪魔されることなく淫裂を洗っていく。
「私、どうしたらいいのかしら。息子とセックスしたなんて相談できないし…」悩みながらも丁寧に洗い終えると、義喜の元へと戻って行く。

 「美佳。もう一回したいよ」義喜は濡れた体に抱きつき、乳房を吸い出す。
「もうダメよ。代わりにお口でしてあげる!」
「口でか。オ○ンコでしたいのに…」
「我慢してよ。またできるから」いやがる義喜にシックスナインで覆い被さり、肉竿を掴み口に入れた。

 「気持ちいい。美佳のオ○ンコにもしてあげる」義喜の指がクリトリスを撫でだす。
「ダメ。そんな事されたら声が出ちゃう…」
「声なら出してもいいよ」指の動きが早まり「あ、あ、あ~!」美佳は喘ぎ声を上げながら手で肉竿を擦っていく。
「気持ちいい。また出すからな」二人はお互いの性器を撫であいながら眠りについた。

 翌日、義一は美佳と一緒に香織を訪ねたが、部活で留守している。
「せっかくおいでいただいたのに申し訳ありません」景子は詫びを入れるが「この際だから、おばさんのヌードを見せてよ」
「そんな、仕事前なのに裸になるなんて…」

 「母さんも脱ぐからいいでしょう?」義一は美佳にも裸を命じて自分も脱ぎだす。
「ほら、急いでよ。時間がもったいないから!」義一はいやがる景子の服を脱がせようとする。
「わかった、脱ぐわよ!」景子が脱ぎ出すと美佳も脱ぎだし、3人は生まれたままの姿を見せ合う。

 「おばさんやりたいよ。こういう風に…」昨夜の義喜のように、景子を抱き上げようとすると「来ちゃったの、セックスは無理よ」と生理を告げた。
「何だ、オ○ンコができないのか。仕方ないからお母さんとするか!」今度は美佳に抱きつく。

 それには「やめて、親子よ。親子ではいけないのよ!」と拒んだ。
「おばさんが相手できないんだから、我慢して!」
「ダメよ、許されないわ。いくら何でも親子よ!」義一から逃れようとしている。
「仕方ないや。おばさん、押さえるのを手伝ってよ」景子も渋々美佳を押さえた。

 「放して。親子でセックスするのよ!」
「我慢して。私が生理なんだから…」
「そうだよ、我慢だよ」昨夜、義喜がしたように、美佳の太股を抱え上げて駅弁で結合していく。

 「入れないで。お願い入れないで!」首を振るが淫裂には肉竿が入り込み「あ、あ、あ~!」すかさず声を上げた。
「見ないで。お願いだから、見ないでください…」美佳は泣きながら景子に頼み込む。

 「おばさん、しっかり見てよ。親子でのオ○ンコなんて滅多に見られないから」肉竿を根本まで押し込むと、ゆっくりと腰を動かし出すが「やめて、親子でこんな事いけないのよ!」景子に見られているのがイヤだ。

 「おばさん。お母さんとの事は誰にも言わないよね?」義一が先に釘を刺し「誰にも言いませんよ。射精しなければ普通と同じよ…」そう言うが、親子での相姦に顔が曇っている。

 「聞いたでしょう。だから安心してやるからね」太股を激しく揺すり、腰の振りも早まって「ピシャ、ピシャ!」肉のぶつかる音が部屋に響き渡っている。
(義一とのセックスを知られてしまった…。これから、どうしたらいいのかしら…)美佳はそれだけしか頭になかい。

 「母さん、気持ちいいよ。もうすぐ出るからね」
「イヤ、お腹はイヤ。外に出してよ!」
「仕方ないな。おばさん、口に出させて」未消化のまま、美佳を降ろして景子に処理させる。

 景子は「ウグ、ウグ!」汚れた肉竿を口で処理し、乳房を揉まれていく。
「限界だ。出すからね」景子の口の中に不快な液体が漂いだした。
「おばさんのおかげで、すっきりしたよ。次はお母さんのオ○ンコに出すからね」
「やめて、親子よ。いけない事なのよ!」

 「そんな事言ったって、オ○ンコした仲じゃないか。これからは3人とやるからね」
「義一さん。お願いだからセックスは沙織だけにして。私と美佳さんは許して欲しいの」景子は口を拭きながら頼み込むが「それは無理だよ。我慢できないから」服を着ながら取り合おうとはしない。

 (無駄だわ。いくら頼んだって、無理みたい)二人も黙って服を着ていくが、美佳は帰り際に「景子さん、今日の事は誰にも言わないで。仕方なかったの…」うなだれて頼み込む。
「わかっているわ。仕方がない事よ」景子も負い目があるのか聞き入れ「ありがとうございます」美佳は礼を言って、義一と一緒に家を出た。

 それから数週間が過ぎて、夏休みも終わり近くなった頃、白石から電話があった。
「わかった。明日の10時でいいんだな」義一は笑顔で話していた。
電話が切れると「お母さん、明日友達が来るんだ。素っ裸で出迎えてね」と頼み込む。
「もう裸は許して。これ以上辱めないで欲しいの」
「そうはいかないよ。相手だって、裸を見たいそうだから」義一は聞き入れない。

 そして、翌日には「母さん、素っ裸だよ。早く脱いで!」命令している。
「お願い。これ以上母さんを苦しませないで」
「苦しませはしないよ。気持ちいい事するだけだから」美佳のボタンをはずし出す。
「やめて、声を上げるわよ」

 「出したいならそれでもいいよ。その代わり、今までの事が表沙汰になるからね」義一に言われれば何も言えない。
「わかったなら、早く素っ裸になってよ」
「わかったわ。脱ぐわよ」諦めて自分から脱ぎだす。

 美佳は服を次々と脱いで、乳房と股間も露わになっていくが、淫裂の周りには黒い絨毛が点々としている。
「母さん、今日はお客の前で手入れするからね」
「やめて、今からするから、人前ではやらないで!」

 「そうはいかないよ。これが楽しみなんだから」義一は淫裂を触っていく。
「お願い。もう、お母さんを虐めないで」美佳はその手を押さえるが「好きなお母さんを虐めるなんてしないよ」そう言いながらも乳首を吸い出すと「ダメ、今はダメ…」今度は義一の頭を押さえ、淫裂が無防備になっている。

 「入れないで。指はイヤ…」狭い膣の中に指が押し込まれ、動き回っていく。
「やめて、そんな事されたら声が出ちゃう…」美佳は乳房と淫裂を愛撫され声が上擦っていた。
(こんな事されたら、本当に声が出ちゃう)声を出すまいと、堪えている。

 その時、「ピン・ポーン!」チャイムが鳴った。
「誰か来たわ。お願いだから退いて!」
「いいところだったのにな…」義一は素直に退いてドアに向かう。

 「どちら様ですか?」
「岩下、俺だよ。白石だよ」
「白石か、待っていたよ」急いでドアを開けて中に入れ「母さん、お客さんだよ!」義一は美佳を呼ぶと全裸の美佳が現れた。

 それを見た白石は「いいね。相変わらずきれいだよ。それならこっちも素っ裸にならないとな」一緒に訪ねてきた雪子を向く。
「わかっています。私もヌードになります…」泣き声で言うと服に手をかけ脱ぎだす。

 「母さん、お客さんも裸になるんだって。きっと、ここも見せてくれるよ」義一は美佳の淫裂を触り出す。
「お客様の前よ。それにここは玄関だし…」
「そうだよね。ここではまずいよね。とにかく上がって!」雪子が全裸になるのを待ってから応接室に案内した。

 部屋に入ると美佳も安心したのか「粗茶ですが…」いつものように振る舞い出す。
そんな美佳に「岩下、久しぶりに見てもらいたくて来たんだ!」白石は雪子の乳房を揉みながら言う。

 「見て欲しいって、何を?」
「決まっているだろう。好きなあれだよ。母さん、早く準備して!」
「わかっています…」雪子は泣き顔で白石の服を脱がし出す。

 「白石、そんな事までさせるのか?」
「そうさ。母さんは僕の恋人なんだからね」得意そうに言いながら服を脱がされていく。
「正文さん、私にご奉仕させてください…」服を脱がせると二人の見ている前で膝を付き肉竿を口に入れていく。

 「そんな事まで、やってくれるのか?」
「そうだよ、これが得意なんだ」満足そうな顔の白石だ。
それを見て「それなら、こっちも見てもらおうかな」義一は一旦出てから戻ってきた。

 「母さん。オ○ンコの手入れをするからね」言うなり、美佳の股間にスプレーを吹きかける。
「やめて。今じゃなくて、後でしてよ」
「ダメだよ。僕達だって見せないと」白い泡を、まんべんなく伸ばしていく。

 「岩下、オ○ンコを剃るのかよ。俺にも手伝わせてくれ!」
「いいよ。その代わり、白石の母さんも剃らせてもらうよ」泡を伸ばすとカミソリを持ち、股間に当てた。
「ジョリ、ジョリ!」生えたばかりの絨毛が消され、ツルツルの淫裂になっていく。

 「岩下、交代だ。俺にもやらせてくれ!」カミソリを受け取った白石も美佳の股間を剃りだした。
「白石。おまえの母さんを剃るよ!」義一は白石が美佳の絨毛を剃っている間に、雪子の股間に泡を塗っていく。

 「お願い。ヘアは剃らないで下さい」泡を伸ばされると、小さな声で言う。
「白石が、剃ってもいいと言ったよ」聞き入れようとはせずに、泡を伸ばし続けた。
こうして、二人のこ間はまた綺麗に剃り上げられた。

 「これでよしと。今度はオ○ンコを見てもらうよ」白石は雪子を四つんばいにさせ、後ろから挿入していく。
「それなら、こっちも後ろからだ」義一も、美佳を雪子と向き合うように四つんばいにさせて、後ろから肉竿を挿入していく。

 「見ないで。お願いです!」実の息子からの陵辱を他人には見られたくなかったが、雪子はじっと見ている。
「おばさん安心して。こっちだって母親とのオ○ンコなんだから!」白石は腰を振りながら言い「あ、あ、あ~!」雪子は首を振りながら、声を上げだした。

 それには「それなら、こっちも負けないぞ!」義一も負けずと腰を振っていき「あ、あ、あ~!」美佳も声を上げだした。
「気持ちいい。オ○ンコを見せながらやるなんて」
「本当だよ。興奮してきた」二つの肉竿は淫裂を突きまくり、膣の中で噴射した。

 射精された二人は、浴室に入って淫裂を洗うが黙ったままだ。
二人は、実と義理との違いはあれ、息子からの射精に負い目を感じている。
「お願いです。この事は誰にも言わないで!」沈黙を破って美佳が言った。
「わかっています。私の事も言わないで下さいね」二人は秘密を近いながら、丁寧に淫裂を洗い白石は夕方に帰った。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター