「悲劇の女子アナ」第5話 引継

 4人が放出を終えるとルミはやっと自由にされた。
「これからはコンドームなしでやらせてもらうよ」
「許して、セックスはしたくないです…」
「そうはいかない。お前は俺達の相手をするんだ。その代わり、金と仕事は面倒見てやるぞ!」グッ
タリしているルミの乳房を足で踏み「ヒー!」痛みで体を反らせた。

 「ここもだ!」淫裂も踏まれ「ギャ~!」悲鳴を上げるルミだ。
「わかったな。拒んだら写真を公開するからな」その言葉にどうすることもできず、泣きながら頷く
しかない。
「そうだ、いい子だ」足が退けられルミも立ち上がった。

 「明日から収録がすんだら14階に来るんだ。これを渡しておく」IDカードを差し出し、それを
受け取ると、皆で社長室に戻ってきた。
「服を着させて下さい…」恥ずかしそうに両手を、後ろで組んで言うルミだ。

 「そうだな。今日はこれくらいにしておくか」名残惜しそうに、中山が乳房を揉むと「乳首が痛い
です。もう、許して下さい…」顔を歪めながらルミが言う。
「わかった。服を着ろ。それから、今から下着は不要だ。直に着るんだ!」

 「そんな!」唖然とするルミに「いやなら、素っ裸でテレビに出させるぞ!」
「着ません、下着を着ません!」慌ててスカートを履いていく。
(そうだ。ノーパンが一番に合うよ、お前はな!)服を着込んでいるルミを見守っている4人だ。

 その後、ルミは自分のマンションに戻ってきた。
「お風呂で洗わないと…」山芋の痒みは消えていたが、コンドーム越しに犯されたのがいやだった。
「あれは、レイプと同じよ…」独り言を言いながらシャワーのバルブを開き、体を洗っていく。
「ここは丁寧にしないと」汚された淫裂を丁寧に洗っていく。

 心地よく淫裂の中にお湯が飛び込んで「暖かい、気持ちいい…」指でさらに広げ、クリトリスにシ
ャワーを当てると、勢いよくお湯が叩いて「あん、あん、あん!」悶え声をあげるだす。
また、ルミの手もクリトリスを撫でて、オナニーを始めた。
「いいわ、もっとして!」妄想をしながらクリトリスを刺激している。

 翌朝、いつものようにルミが出社して、収録を行っていると服部が声を掛けてきた。
「ご苦労さんだったね。5時から引継をやるから社長室に来てくれ」
「わかりました」顔をこわばらせながら返事をするルミだ。
(また、レイプをする気ね…)そんな不安が脳裏を走っている。

 「それから、今後は君に変わって菊池マコが担当することになった…」服部が言う
と、山も割り込んできて「白石君は新番組のレギュラーを用意してあるから」説明しだす。
ルミは不安になりながらも収録を行い、収録が終わったのは5時前だ。

 「あら、もう5時だ!」ルミはエレベーターにIDカードを差し込んで14を押した。

 エレベーターは14階で止まりドアが開いていく。
誰もいない廊下を歩いて社長室に向かっていく。
(ここからはヌードなんだ!)社長室のドアをノックして入り「失礼します」礼をして顔を上げると
「!」唖然とした。

 「社長!」社長の後藤はアナウンサーの菊池マコの乳房を揉んでいる。
「あら、ルミさん!」マコは上半身裸になっていて、悪びれる様子もなく乳房を後藤に揉まれていた。
「噛んで、乳首を!」後藤は乳首を吸いながら軽く歯を立てた。
「あん。いいわ、いいわ!」悶え声をあげるマコだ。

 そこに服部と小谷、中山と入ってきて「白石君、約束を忘れたのか?」
「で、でも菊池さんが…」同僚に全裸を見られたくなかった。
しかも股間のヘアがないから、なおさらだ。
「イヤなら、契約違反と見なすぞ」
「ぬ、脱ぎます」震えながらルミはスーツを脱いでいく。

 淡いピンクのシャツは乳房で盛り上がり(上から脱ぐわ…)恥ずかしそうにシャツの裾を持ち上げ
脱いでいく。
「あら、ルミさんはノーブラなの?」乳房が覗いているが、顔を赤らめながらシャツを首から脱いだ。
上半身を隠す物は何もなく、乳房が揺れている。

 (どうしよう。スカートを脱いだらアソコをマコに見られてしまう…)震えながら腰のホックを外
していく。
「あら、スッポンポンになるの?」からかうようにマコが声を掛ける。
(言わないで。そんなこと!)今にも泣きそうな顔でファスナーを下げた。

 スカートが足もとに落ちて、ルミは生まれたままの姿になってしまった。
「あら、ヘアがないわ!」わざとマコがからかっている。
「言わないで!」遂にルミが泣き出した。

 「菊池君も、スッポンポンになって欲しいな」
「わかりました。レギュラーを戴いたから当然よね」マコもスカートを脱ぐと黒いパンティを履いて
いる。
それも一気に脱いで全裸になると、股間はルミと違って真っ黒な絨毛がビッシリと生えている。

 「よし、座ってくれ。引継をおこなう」後藤の指示で引き継ぎ事項が報告され、そして、来週から
深夜の新番組をルミが司会をするのも報告された。
「来週からは頼むからね、生放送だから手抜きはできないからな」後藤の言葉に頷くルミだ。
「菊池君も後を頼むよ。あの番組は当局の目玉だから、ぜひ頑張ってくれよ」引継は1時間ほどで終
わった。

 「菊池君、白石君と楽しむ気はないか?」
「レズですか?」
「そうだ。やってくれないかね。本番もさせて欲しい」
「白石さんがよろしければ…」

 「白石君なら喜んで菊池君に抱かれるそうだよ」
(言ってないわ。そんなことは一言も!)乳房と淫裂を晒したルミは、顔色が青ざめていく。
「わかりました。社長さんの頼みだったらレズも、本番もお受けします…」
「よし、行こう。特別室が用意されている」6人はルミのために作らせた部屋に向かう。

 初めて入ったマコは「あら、SMみたいだわ」人事みたいに言う。
「みたいじゃいよ。SMだよ」
「いやー!」それと同時にマコの両手首が縛られて、ルミも同様に縛られ2人は向かい合って天井か
ら吊されていしまった。

 「本番もいいと、言っていたよね?」
「いや、こんなのいや。普通でやってよ!」拒むマコだが、足が開かされていく。
「ヘアも剃っておけ!」後藤は服を脱いで全裸になっていた。
「いや、ルミさん見ないで!」マコは乳房を揉まれながら肉竿を押し込まれていく。
(セックスしているところを、見られてしまった!)恥ずかしさに顔が真っ赤になっている。

 「俺はルミだ!」「いやー!」ルミも乱暴に乳房を掴まれ肉竿を挿入されていく。
「いや、抜いて!」2人の悲鳴が部屋に響いている。
(ルミの膣におチンチンが入って行く!)マコにはルミの様子がよく見えている。
肉竿の動きも速まって「あ、あっ、あー!」喘ぎ声に変わっている。
こうしてルミとマコは、4人に代わる代わる犯されてしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。ネットでは官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索