fc2ブログ

「狂った家族」第18話 香織との同居 

第18話 香織との同居 

 離婚が成立すると、義喜は景子の元へと越し、変わって香織が越してきた。
「義一、やっと一緒に暮らせるね」
「そう言う羽目になっちゃったしね。とにかく、母さんとは仲良くやろうな!」

 「もちろんよ。私にとってもお母さんだし…」
「おいおい、もう嫁気分かよ」義一は笑い顔になっていたが、美佳は浮かない顔だ。
(これでいいのかしら。いくら何でも、息子の子供だし…)世間をうまく欺いたとはいえ、道義的に悩んでいるが、同じように景子も悩んでいる。

 「香織に知られたら、私は生きていけないし」何としてでも、義喜の子だと言い切るしかなかった。
悩む2人だが、その間にも日にちがどんどん過ぎて、腹も膨らんでいる。
「母さん、もうすぐだね。どんな子が生まれるのかな?」何も知らない香織は一人ではしゃいでいた。

 そして、もうすぐ春を迎えようとしている頃に、美佳が出産した。
それから、まもなくして景子も無事に出産した。
幸いにも、2人は高齢出産にもかかわらず、母子とも健康に異常は認められず、一安心だったが、産んだことで「これから、どうなるのだろう…」苦悩している。

 そんな2人の悩みなど知るよしもなく「香織。脱げよ、裸を撮りたいんだ!」義一ははいつものように振る舞っている。
「イヤよ。恥ずかしいし…」
「俺も脱ぐよ。それに母さんも!」

 「でも、写真は恥ずかしい…」
「誰にも見せないよ。ほら、脱いで!」急かされながら全裸になった。
「母さんも脱いでよ。2人一緒に撮るから」義一は美佳も全裸になると、香織と並ばせて撮り出す。

 「ピカ!」閃光が瞬く中、2人の裸体が浮き上がった。
「恥ずかしいわ。いくら何でも、ヌードだなんて!」
「平気だよ。誰も見ていないし」義一はなおも撮り続けてから、香織に抱きついた。

 「お母さんが見ているわよ!」乳房を吸われ、慌てる香織だが「母さんだから平気だよ。ここでやるからね」太股を抱え上げ、駅弁スタイルで始める。
「ダメ。きついからダメ。まだ準備が…」両手で義一の首を押さえながら淫裂をピストンされていく。

 「母さん、見て。香織とやっているからね」美佳に見えるようにした。
「凄いわ。義一の太いのが、香織さんの膣を広げていく…」ジッと見ているが「見ないで、入っているのは見ないで!」首を振るだけしかできない香織だ。

 「母さんもやりたいでしょう。僕たちのを見ながら指でやってもいいよ」暗にオナニーを命じると「やらせて、私も変な気分になってしまったし」義一に合わせて乳房や淫裂を触わりだす。

 「香織、母さんが僕たちのオ○ンコでオナニー始めたよ。3人でやろうか?」
「3人でって、どうやるの?」
「香織が母さんと抱き合い、僕が後ろからやるやつだよ!」

 「わかった。義一が言うならやってみる!」香織は降ろされると、言われた通りに美佳に抱きつき乳房を撫でだす。
「いいわ、気持ちいい。暫くやってないし…」
「私でよかったら、いつでも言ってね」

 「そうだよ。香織に頼めばいいから」義一は香織の背中から挿入を始めた。
「あ、あ、あ~!」すかさず声を上げ体を反らして「気持ちいいわ、義一にされるのが一番気持ちいい…」声を上げながら声を上げている。
それから3人は一緒に抱き合うようになったが「何か足りないな。母さんとおばさんともやらないと満足できないみたいだ…」香織一人では満足できなくなっていた。

 義一は香織がいなくなる機会を待っていたが、香織が大学の研修で出かけることに決まった。
それを待っていた義一は、授業を休み景子を呼びつけた。

 「おばさん、久しぶりだよね、やらせてよ!」
「もう年です。それに子供もいますから…」
「気にしなくていいよ。母さんだってこの通りなんだから」美佳のボタンをはずすと白い乳房が露わになっている。

 「わかったでしょう。だから、おばさんもこうなるんだよ」無理矢理服を剥ぎ取りだした。
(おとなしくやらせろ。俺の子を産んだのが知られてもいいのか?)威圧的な姿勢に何も出来ず景子は全裸にされた。

 「おばさん、ヘアが濃いね。僕はパイパンが好きなんだ」
「剃らないで。剃ったら夫に変に思われます!」
「大丈夫だよ。自分で剃ったと言えば」絨毛を撫でていく。
「お願いだから剃らないで。セックスなら、お相手しますから」

 「そこまで言うなら仕方ないな。わかっていると思うけど、母さんと抱き合うんだ」
景子は美佳に抱きつき、唇を重ねると美佳もそれを拒まず受け入れた。
「いいよ。凄くいい絵になるよ」義一はそれを撮っていく。 

 暫く撮ると「おばさん、我慢できないよ。やらせて!」背中から腰を押さえて肉竿を押し込む。
「ダメ、まだ早い…」声を上げるが肉竿はピストンを始めていく。

 「あ、あ、あ~!」景子は美佳の乳房を揉みながら声を上げ出すと、義一も徐々に上り詰めていく。
「出さないで…。まだ女なんですから…」
「出させて、我慢できないんだ!」聞き入れず、動きを速めていく。

 「出すよ、おばさん!」肉竿を全部押し込み、動きを止めた。
「イヤよ~!」悲鳴に近い声を上げ淫裂から白い液体を流している。
「出ちゃった。母さん始末して!」萎縮している肉竿を差し出すと、景子を気にしながらも肉竿を口に迎え入れた。

 「ウグ、ウグ!」汚れた肉竿は、口によって綺麗にされていくが、美佳は(イヤよ、人前ではイヤ。2人きりでしましょうよ!)景子の前での行為をイヤがっている。
しかし、肉竿は膨らみきってまた使用可能な状態だ。

 「おばさん、もう一回いいかな?」
「ダメ、もう許して。若くないから膣が痛いのよ」
「仕方ないな、それなら母さんとだね」景子が拒むとわかっていながら尋ね、美佳に抱きついた。

 「ダメ、親子よ。行けないことなのよ。景子さん、お願いだから相手してあげて…」喘ぎながら言っている。
「射精されなければ平気よ。私は無理だから相手してあげて」景子が淫裂を押さえて言うと「そんな、そんな…」美佳の声が途切れる。

 「そう言うこと。母さんともやるよ!」義一は美佳を押し倒して淫裂に肉竿を押し込んでいく。
「ダメ。行けないことなの。ダメ!」声を上げても入り込んだ肉竿はピストンを始め、それを見て景子は浴室へと向かい、2人だけになった。

 「母さん、また産んでよ!」
「もう許して。若くないから体が無理よ。だから、香織さんに頼んで」
「仕方ないな。その代わり相手してよ」
「それだけなら我慢する」美佳は義一を寝かせ、馬乗りになった。

 「気持ちいいよ。母さんにして貰えるなんて」乳房を揉みながら言う。
「義一、誰にも言わないでね。子供のことは…」
「わかっている。誰にも言わないよ。それより、もっと早く!」催促されて美佳は腰の振りを速め「クチャ、クチャ!」淫裂から汁が流れ湿った音がしていく。

 「気持ちいいの、母さん?」
「そう、凄くいいの。いけないことだけど、体が燃えてしまうの…」腰の振りも大きくなっていく。

 「オ○ンコの中に、出していいよね?」
「いいわよ。飲んでいるから…」その言葉に肉竿は放出を始めた。
「いいわ。膣が気持ちいい…」美佳は義一の胸に倒れ唇を重ね「母さん、好きだよ」義一もそれに答えた。

 それから義一は、香織の留守を狙って美佳を抱いていた。
「母さん。オッパイが欲しい…」乳房を揉みながら乳首を吸って「一杯吸ってもいいわ、義一ならいくらでもいい…」目を閉じされるがままにしている。

 「やりたい。母さんとしたい!」
「無理よ。もうすぐ香織さんが戻るから」
「仕方ないな、香織とオ○ンコするか」諦めると程なく香織が戻ってきた。

 「香織。脱ぐんだ、素っ裸になれ!」
「義一、セックスしたいの?」
「そうだ。ここでやるからな!」
「わかった、おばさんに見られながらするのね」慣れたのか、美佳の前で脱いでいく。

 「香織さん、少し生えたわね」
「暫く手入れしてないから。義一、今から剃る?」
「剃るのは後だよ。それより、オ○ンコが先だ!」香織の乳房を吸いながら淫裂を撫でだす。

 「待って、まだ準備が…」
「我慢できないんだ。行くよ!」無理に淫裂を押し広げながら肉竿が入って行くと「う、う~!」呻き声を上げ顔を歪めた。

 「香織、我慢できるか?」
「もちろんよ。これくらい平気よ」
「そうか、それなら行くぞ!」ゆっくりピストンを始めた。

 「痛くない。もう痛くない」
「それだったら、香織が上だよ」
「いいわよ。たまには私もやらないと」騎上位になって腰を振り出す。

 「気持ちいい。このまま出したい…」
「出したかったら、出しもいいわ」それを聞いた義一は腰を押さえて爆発する。
「とろけそう。子宮が暖かいし」香織の淫裂からは白い液体が流れ出ている。

 こんな事が繰り返され、義一が就職が決まり、もうすぐ卒業という頃に、香織が妊娠した。
「産ませて。私も産みたいの」
「わかった。式は挙げないけど、籍は入れるから」
「ありがとう。愛しているわ」束の間の幸せだが、義一にとっては物足りない。

 「いいだろう?」香織に抱きついても「ダメ、赤ちゃんがいるから。お口で我慢して」口だけでの処理に不満げだ。
そこで「香織、オ○ンコがダメなら、母さんといいだろう?」と切り出したが「親子よ、親子でセックスだなんて…」案の定、驚いている。

 「香織が相手してくれないなら、仕方ないだろう。それに、これ使ってやるから」コンドームを見せる。
「でも、私以外とセックスするなんて…」
「浮気じゃないよ。香織が相手できるまでだから我慢してよ」必死に説得し、香織も折れて、見ている前でならいいと承知した。

 香織が承知すると、義一はロープを持って美佳に襲いかかった。
「何するの。やめて、あなたの母親よ!」義一が何をするか知ってはいるが、香織の手前、抵抗していく。

 「オ○ンコがしたいんだ。香織が出来ないから、母さんとやるよ!」服を乱暴にも脱がしていく。
「親子よ。助けて、香織さん!」香織に助けを求めたが「お母さん、ごめんなさいね。私が産むまで相手して欲しいの。それに、誰にも言わないように、撮らせてもらうわ」脱がされていく様子も、カメラで撮っていく。

 「そんな~!」呆然としていたがパンティ、ブラジャーと脱がされ全裸にされた。
「母さん。暴れられると困るから縛るよ」両手を後ろ手にして縛った。
「解いて、こんなのイヤ!」首を振っても、なおも縛られた。

 「母さんも出来たら困るから、これ付けるよ」
「ダメよ、そんな事しても親子はダメよ」首を振ったが「義一の言うことを聞いてあげて。これは私が付けてあげるから」カメラを置いて、肉竿にコンドームを着けていく。

 「カチカチよ。産んだら私の相手してよね」先端から転がすように根本まで伸ばすと、肉竿がすっぽり覆われた。
「これでいいわ。頑張って!」またカメラを構える。

 「撮らないで。親子のセックスは撮らないで!」
「ダメよ。喋られたら困るから」
「そう言うこと。母さん、オッパイから行くよ」覆い被さると、乳房を掴みながら乳首を吸い出した。

 「ダメ。そんなダメ!」拒むが(気持ちいいわ。早くオチンチンを入れて欲しい…)肉竿を待っている。
そんな、美佳の気持ちを知った義一が肉竿を淫裂に押し込むと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げだす。

 「母さん。オ○ンコやっていないから、気持ちいいだろう?」
「よくない…。こんな事…よくない…」首を振って言うが、淫裂は濡れている。
「お母さん。膣が濡れだしたわ。正直に言った方がいいわよ」香織は淫裂から流れて淫汁に気づいた。

 「言わないで。お願い、言わないで!」恥ずかしさに首を振るが「濡れているのは確かよ。女だったら、濡らしても恥ではないわよ」カメラで撮った。
「イヤ、写真はイヤ!」顔を背けるが義一に押さえられ顔も撮られた。

 「母さん。もう諦めて楽しもうよ!」義一は不自由な美佳の尻を持ち上げて、後ろから挿入して「あ、あ、あ~!」声が大きくなっている。
「気持ちいいんだろう。言わないと、ここにも入れるよ」肛門を撫でた。
「気持ちいいです。義一にされているのに、感じてしまいました…」堪えられず言う。

 「もっと、オ○ンコしたいの?」
「したい…。もっとされたい…」
「それなら安心だわ。義一がしてあげるから、誰にも言わないでよ」カメラを置くと垂れ下がった美佳の乳房を揉み出す。

 「柔らかい。お母さんのオッパイって柔らかい…」
「そんなことより、もっと奥まで入れて欲しい…」
「わかった。これくらいかな?」腰の振りを速めると「いいわ。気持ちいい!」美佳は我を忘れて声を上げ続け、その声に答えて義一は爆発したが(香織も縛ってやりたい…)香織も縛ることを考えた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター