FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「狂った家族」第19話(最終話) 香織の代理

第19話 香織の代理

 放出を済ませた肉竿が、香織によって綺麗にされると「香織、おまえも裸になれよ」香織に襲いかかった。
「ダメよ。赤ちゃんがいるから!」

 「オ○ンコはやらないよ。裸になって縛るだけだ」
「イヤよ。痛いからイヤよ」拒むが服を脱がされていく。
「やめて。もう満足したでしょう?」
「まだだよ。まだ物足りなくて…」義一は次々と剥ぎ取り生まれたままの姿にした。

 その後、美佳と同じく両手を後ろ手に縛り「これで良しと。香織の腹も大きいな」膨らんだ腹を撫でた。
「やめてよ。セックスは、お願いだからやめてよ!」
「わかっている。俺の子供なんだから大事にしないとな」香織の腰を持ち上げた。

 「やめて。恥ずかしいからやめて!」ぱっくり割れた淫裂が丸見えになっている。
「少し、黒ずんだな。ここはどうなのかな?」皺の中に指を入れていく。
「イヤ。お尻はイヤ!」不自由な姿勢で逃れようとするが「ここはオ○ンコじゃないよな。入れてもいいんだろう?」膨らみきった肉竿を掴んで肛門に押してる。

 「イヤよ。お尻なんてイヤ。産んだらいくらでもしてあげるから、それまではお母さんとで我慢して…。ヒ~!」悲鳴と同時に肉竿が肛門から押し込まれ「抜いて、お願い、抜いて…」頼み込んだが、肉竿はなおも入って行く。
「気持ちいい。ケツもいいもんだな」義一は満足そうにピストンしていくが「ヒ~!」悲鳴を上げ続ける香織だ。

 香織の直腸に噴射した義一は、2人の手を解いていくが香織は不満で「今度お尻にしたら絶交だからね!」機嫌悪そうに浴室に向かう。
「仕方ないんだ。もっとやりたいんだから…」その後を追って行く。

 浴室に入ると、香織と義一は汚れた部分を丁寧に洗っていくが2人は黙ったままだ。
そして、洗い終えると香織はスタスタと出ていき、義一がまた後を追う。
「機嫌直してよ!」いくら言っても香織は黙ったままだ。

 翌朝も、義一が話しかけても香織は一言も喋らず、美佳は心配顔になっている。
「何とか仲直りさせないと…」義一が出かけると話しかけた。
「香織さん。義一は悪気があってしたんじゃないの。香織さんが好きだからお尻にしたのよ」

 「それはわかっている。でも、もうあんな事されたくないから、口を利かないの」
「そう、それなら安心した。それよりも、義一はあっちが強いから、何とかしないと浮気するわよ」
「それはイヤよ。浮気なんてイヤ!」

 「それなら、今夜から仲直りするわよね?」
「するわ。それよりも、義一の精力を何とかしたいけど、いい方法ないかしら?」
「そうね、人一倍だからね…」思案する2人だ。

 その夜、2人は打ち合わせた通りのことを始めた。
「お母さん。イヤでも相手してね。私は無理だから」香織は服を脱いでいく。
「わかっています、でも、こんな事が世間にしれたら大騒ぎになるわね…」美佳も脱ぎながら言う。

 「大丈夫よ。義一さんは口が堅いし」
「そうよね。誰にも言わないわよね」自分に言い聞かせながら、罪悪感を払拭していき、服を脱ぎ終えると2人はストッキングとガーターベルト、それに、首輪だけを身につけ義一の元へと向かった。

 義一は「香織、それに母さん…」全裸で現れた2人に声も出ない。
「ご主人様。今夜から私達が満足いくまでお相手をいたします」香織が言うと2人は義一の服を脱がせ出す。

 「どうしたんだ。2人ともおかしいぞ!」義一は次々と脱がされ全裸にされると「お口でご奉仕します」交代しながら、肉竿を口に迎え入れる。
「気持ちいいよ。これなら毎日やって欲しいな」膨らみきると美佳に抱きついた。

 「ご主人様、今夜はエキスをたっぷり下さい」美佳は肉竿を淫裂に導いていく。
「出しても、いいのか?」
「はい、私の監視の元でならかまいません」
「そうか。悪いな、香織。産んだらおまえと毎日だからな!」
「はい、期待しております」満足顔の香織だ。

 同じように、美佳と義一も満足顔になっていた。
(堂々と、母さんとオ○ンコやれるなんて、夢みたいだな!)
(気持ちいいわ。義一のチンポが一番いい…)美佳の淫裂から淫汁が溢れており「まだです。抱っこしたまま、出して下さい」

 「何だ、駅弁がいいのか。それなら、やってやるぞ!」美佳を抱き上げて肉竿をピストンしていく。
「いいわ。これが一番いい!」喘ぎながら子宮深く噴射された。

 「ご主人様。私のお口にも下さい」美佳が降ろされると、香織が肉竿を口で処理していく。
「いいよ、凄くいい。オッパイもいいだろう?」黒ずんだ乳首も触っていき(うまくいったみたいだわ。これで仲直りが出来たし。それに義一とエッチが出来るし…)してやったりの顔になっている。

 この日から、美佳は香織の監視の元で義一と抱き合っていくが、若い体力を吸い取ることは出来なかった。
「もうダメ。限界です…」

 「もう一回やるから、我慢してよ!」嫌々四つん這いにされて、後ろから挿入されていく。
「あ、あ、あ~!」喘ぐが、肉竿は動きを止めない。

 (もうダメだわ、膣が痛いし…。もう一人いないと体が持たない…)思案していると「母さん、縛ってやろうよ。あれが好きなんだから」義一は美佳の両手を縛って鴨居に吊した。

kinbaku_201905281711313a7.jpg


「ダメ、こんなのイヤ。普通でして。これじゃレ○プよ!」

「そうだよ、母さんをレ○プするんだ。前からやりたかったし」

 「イヤ。イヤです!」自由が利かない美佳は肉竿で突かれていく。
(凄い、オチンチンが波打っている…)激しく突き刺す肉竿に淫裂も馴染んでいく。
「お母さん、濡れているわよ。息子にレ○プされても気持ちいいのね」
「よくない。こんな事よくない…」そう言いながらも、淫裂からは淫汁が流れている。

 「よかったよ。またやりたいな」噴射を済ますと美佳を解いていくと「義一。私だけでは無理よ。体が持たないわ」息を弾ませながら言う。
「そうか。それそれなら、香織のケツしかないな」
「お尻はイヤよ。相手なら、私の母さんもいるわよ!」香織から思わぬ名前が出た。

 「そうよ。景子さんにも付き合ってもらいましょう。毎日じゃなくてもいいから」
「それって、良いアイデアだよ。僕も賛成だ。でもどうやって相手を?」
「私に任せて。レ○プみたいにしたいんでしょう?」
「そうだよ。縛ってオ○ンコすると、チンポが疼くんだ!」

 「他の人とは絶対にダメだよ。約束してね」
「香織、言われなくてもわかっているよ」こうして話がまとまり、何も知らない景子が呼び出された。

 「母さん。私のお腹には義一の赤ちゃんがいるから、代わってセックス相手をして欲しいの」合うなり香織は頼み込んだ。
「何言っているの。そんなこと出来ないでしょう!」慌てる景子だが「イヤでもやってもらうわ。ほら始めて!」香織の合図で、美佳と義一は景子に襲いかかった。

 「イヤ、イヤです!」抵抗しても、男の力にはかなわず押さえられた。
すると、美佳も加わって服を剥ぎ取り「やめて、奥さん正気になって!」声を上げる。
「母さん、おとなしく裸になって相手してね」香織は母親の脱がされていく様子を撮りだした。

 「やめて、撮らないで!」
「そうはいかないわ。これからもお願いしたいし」聞き入れず、スイッチを押して行き、美佳はシャツ、スカートと脱がし下着だけにした。

 「景子さん。これはいらないわね」パンティを掴んで引き下げた。
「イヤ。それはイヤ!」パンティが脱がされると、股間には絨毛が生い茂っている。
「あら、毛深いわね。これは邪魔よ」パンティを足首から抜くと絨毛を撫でた。

 「まさか、ヘアを剃るとでも?」美佳の言葉に顔が青ざめた。
「そうよ。ヘアはない方がいいの」
「やめて。夫が見たら変に思われます!」抵抗しても義一に押さえられて動けない。

 「おとなしくして、危ないから」美佳は絨毛にスプレーを吹きかけ手で伸ばしていく。
「香織、やめさせて。お願いよ!」
「母さん、義一もヘアがない方がいいの知っているでしょう。おとなしくパイパンになって!」

 「香織、お願い助けて!」叫んでも香織はスイッチを押し続け、美佳はカミソリで絨毛を剃っていく。
「ほら、綺麗になってきたわよ」絨毛の大半か消え失せ、赤黒い淫裂が現れてきた。

 「母さん、まだ若いわね。これなら、産み終わるまでは大丈夫ね」
「馬鹿言わないで。こんな事許されないのよ!」
「だって、仕方ないでしょう。浮気はイヤだから母さんに頼むしかないし」相変わらず撮っている。

 やがて、景子も淫裂も美佳と同じく剥き出しにされた。
「もういいだろう。やっても?」
「いいわよ。始めて!」香織が返事すると義一も脱ぎだす。
「やめて、いけない事なのよ!」景子は体を震わせ、両手で淫裂を押さえている。

 しかし、義一は気にすることなく脱いで全裸になった。
「凄いわ。カチカチよ」膨らみきった肉竿に、香織はコンドームを着けていくが「生でしたいよ。出さないからいいだろう?」と不満を言う。
「ダメよ。そんな事いうなら、やらせてあげないからね!」

 「わかった。我慢するよ」着け終わると、淫裂めがけて押し込んだ。
すると「あ、あ、あ~!」波打つ肉竿に、景子の淫裂は反応して声を上げだす。
「気持ちいいでしょう。僕のチンポでされると…」乳房を揉みながら、ゆっくりピストンしていく。

 「よくない…。こんなやり方よくない…」喘ぎなら言うが「僕は気持ちいいよ。おばさんとのオ○ンコは…」義一は満足げにピストンを速めて登り詰めた。
「母さん、義一も満足みたい。また相手して!」ぐったりしている景子にタオルを掛けていくが(久しぶりに感じたわ。若い男ともっとやりたい…)息を弾ませながら思いにふけっている。

 それから数年後、義一は商社へ就職して家から通っていたが、そんな義一に訃報が届いた。
「親父が事故死したのか!」父親の義喜が出張先で、事故に合い死亡したという知らせが入った。
「待てよ。これでおばさんとも一緒に暮らせるぞ!」内心、笑顔で弔問に行き香織と一緒に説得した。

 初めは断っていたが「おばさんの写真がばらまかれるのはイヤだよね?」景子の全裸写真をちらつかせて脅す。
「それだけはやめて下さい…」
「僕はおばさんと一緒に暮らしたいだけなんだ。それに、この子とも!」景子に産ませた我が子の頭を撫でる。

 「わかりました。一緒に暮らします。でも、この子の事は、絶対に香織には秘密ですからね!」
「当然だよ。これでまた楽しめるし」胸に手を入れ乳房を揉んでいく。

 「待って。せめて納骨が済むまでは…」拒むが息が荒くなっている。
「そんなこと言っても無理だよ。抑えが効かないし」義一は服を脱がして全裸にした。
「出さないで。せめて外に出して…」乳房を吸われながら言う。

 「わかっています。口なら出してもいいでしょう?」早速肉竿が押し込まれピストンが始まった。
「凄く気持ちいい。香織が羨ましい…」呟きながら義一を抱きしめた。

 そして、義喜の納骨を済ませると景子は一緒に暮らすため、子供を抱いて越してきた。
「あら、義一の子とそっくりだわ。それに、お母さんの子とも似ている!」
「そりゃあそうよ。同じ父親なんだから」美佳と景子は動揺を隠し、笑顔で話している。

 「香織。今夜からは、おばさんともいいよね?」
「仕方ないわね。でも、私としてからよ」
「わかっているよ、香織」唇を押しつけていく。

 そして、その夜は4人が全裸になって抱き合う。
「香織、気持ちいいよ。こんな事なら毎晩したいな…」
「ダメ、今日だけよ。それより、もっと奥まで突いて…。あ、あ、あ~!」肉竿のピストンに声を上げだした。

 その後、景子と美佳もコンドームを付けて相手をさせられたが、それでは済まなかった。
香織がいないと、美佳や景子を裸にして抱きついている。
「息子とのセックスは言わないで下さい…」喘ぎながら言い、同じように美佳も「香織には言わないで下さい…」子供を産まされた弱みで逆らえずされるがままだ。

 (早く香織さんが戻ればいいのに…)2人は抱かれながら香織の帰宅を待っている。

~完~
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/637-b73ee92e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん