赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「悲劇の女子アナ」第6話 衣装  

 それから数日経ち、いよいよルミが司会するバラエティ番組が始まる日を迎えた。
ルミは朝から忙しく動き回り、リハーサルを数回行い、放送開始までもう1時間しかない。
「白石君、衣装を着替えないと!」
「そうでした。着替えてきます」ルミは小谷に連れられ衣装室に入っていく。
「用意したのを着せてくれ!」小谷は衣装担当の女性に指示をした。
「あれですね」若い女性は黒いドレスを取り出した。
「これを着るんですか?」驚きの声を上げるルミだ。
「そうだ。急いで着替えるんだ。時間がない!」
(いや、こんなの着たくない!)顔を曇らせれ受け取って着替え室に入っていく。
ルミは言い付けを守っていたので下着を着けてないから、シャツ、ズボンと脱ぐと、全裸にな
ってしまう。
股間が今までと違って短い絨毛に覆われていた。
 
 ルミは受け取ったドレスに足を通し、肩紐を掛けたが背中が丸だしで尻の肉まで見えている。
また、ノースリーブだから胸の部分が大胆にVカットされている。
乳房ギリギリまでカットされているから、ルミの大きい乳房はドレスからはみ出して、膨らみが
半分見えている。
「こんなの姿を見られたくない…」鏡に写る自分の姿に顔を曇らせているが「終わったか?」外
からは小谷が声を掛けた。
「は、はい。終わりました」急いで着替え室から出るルミだった。
「大胆ですね。今までの白石さんと違ってエロチズムですね…」衣装担当も(大きいわ、白石さ
んは巨乳だったんだ!)脇から覗く乳房の膨らみを眺めている。
「急いで。スタジオに入ってくれ!」
「は、はい」ルミは小谷と一緒にスタジオに入った。
ルミの衣装に「すげえ、大胆だ!」プロデューサーやアシスタントが驚きの声をあげていく。
 それはスタッフばかりでなく、出演者も驚いていた。
「これがあの白石ルミか?」あまりの変身ぶりに驚いている。
そんな中で最終チェックが行われ、秒読みが始まった。
「はい、30秒前!」慌ただしさが漂い「10秒前」アシスタントが手を挙げていく。
「5、4、3、2、1、キュー!」生放送が始まった。
 
 モニターにルミの上半身が映し出された。
乳房の膨らみがドレスから飛び出している姿が放送されている。
(オッパイがはみだしている…。は、恥ずかしい…)緊張のためではなく、恥ずかしさで顔がこ
わばっている。
だが、ルミは逃げることができないから「皆さん、こんばんわ。司会の白石ルミです」慣れた口
調で話していく。
プロとしての意地で番組を進行させていくルミだった。
幸いにも、番組はトラブルもなくフィナーレに入り、出演者がルミの後ろに並んでいる。
「今晩はいかがでしたか?」ルミが話しているが、ドレスの腰の部分から手を入れられ尻を撫で
られていく。
(ダメ、触らないで!)生放送なのでどうすることもできず、やりたい放題だ。
指も肛門に入れられ(痛い。抜いて!)それでもリハーサル通りこなしていく。
「はい、終了!」それと同時に振り向くと手は抜かれて誰がだかは不明だ。
 
 翌日のスポーツ紙は一斉にルミの乳房のはみ出した写真を一面に掲載していた。
「こ、こんな姿で撮られるなんて!」泣きながら破り捨てるルミだ。
しかし「好評でしたよ。清純派の変身で今夜の視聴率が楽しみですよ」
「そうだよな。オッパイの膨らみだけをチラリと見せるところがいいんだよな」勝手なことを言
う役員達だ。
しかし、菊池が司会の番組はあまり、評判がよくはなかった。
「中山君、菊池君のとこはどうかね?」
「まだ始まったばかりですから何とも言えませんが…」
「そうだな、1ヶ月は様子を見るか」そんな会話が行われていた。
ルミは深夜番組なので昼からの出社に変わっている。
「白石君、社長がお呼びだ!」
「は、はい。わかりました」いつものように社長室に入ると「待ってたよ。さっそくやらせても
らうよ」2人はルミの部屋に向かう。
「今日は四つん這いでやらせてもらうよ」その言葉に全裸のルミはベッドの上で四つん這いにな
っていく。
「いくよ!」肉竿のピストンが始まった。
「あん、あん!」悶え声をあげるルミで、社長が終わると服部達の相手もしなければならない。
それが決まりだから、ルミは淫裂から淫汁を流しながら悶え声をあげていた。
 
 4人の相手を終わると今度はリハーサルが行われる。
「白石君、昨日のドレスがよかったよ。今夜も着るんだろう?」雑誌社の記者がスタジオに取材
に来ている。
「それはわかりません…」顔を赤らめて答えるルミだ。
「期待してますよ、ヌードを!」(勝手なこと言わないで!)怒りを堪えてリハーサルを始めて
いくルミだ。
リハーサルも順調に進み、1時間前で着替えとなった。
「白石君、今夜はもっと、大胆に行こう」衣装室で小谷はドレスを渡した。
「ゆ、許して下さい。これじゃあ、オッパイが丸見えです…」
「乳首が見えないから平気だ。それともあの写真が公開されてもいいのか?」泣き出すルミだ。
「いやだったら早く着替えるんだ」ルミは泣きながら着ていた服を脱ぎ、全裸になると衣装を着
ていく。
今日の衣装は数センチの布が帯状になっていて乳房を隠している。
かろうじて、乳首が隠れているが乳房の膨らみは丸見えになっている。
さらに、尻肉の全てが丸だしになっている。
「見えないかしら?」淫裂が見えないか鏡に背中を映して足を広げた。
「性器は見えない!」安心するが「時間だ。急いでくれ!」小谷がせかしていく。
「は、はい。終わりました」乳房を恥ずかしそうに隠しながら着替え室から出てきた。
「本番では絶対に隠すなよ。よけいにいやらしく見えるからな」小谷は注意いしていくがルミは
黙ったまま歩いていく。
 
 スタジオではスタッフがルミの衣装に驚いている。
乳首こそ隠しているが乳房の膨らみが丸だしになっているのに「すげえ!」取材に来た記者は一
斉にルミの乳房を晒す姿をカメラに撮っていく。
(いやよ、オッパイを出している姿なんか撮らないで!)真っ赤な顔に染まっていくルミだ。
「もうすぐ本番です、関係者以外はスタジオから出て下さい」その言葉に記者達はスタジオの外
に出た。
「本番2分前!」秒読みが始まり緊張するルミだ。
「5、4、3、2、1、キュー!」放送が始まった。
テレビには乳首こそ隠しているが、乳房を露にしているルミの姿が映し出されていた。
「社長、視聴率が上がっていきます」
「当然だろうな、白石のオッパイが見れるんだから!」平然とする後藤だ。
後藤の言う通りにルミのヌードで開局以来の視聴率を稼いでしまった。
翌朝もスポーツ紙はルミの大胆な姿を乗せている。
週刊誌も乳房を晒す写真を載せていた。
「私はヌードモデルじゃないわ!」泣きながら新聞を破るルミだ。
だが、どの新聞も視聴率が上がっていたのを報じているがルミの抜けた番組の視聴率が下がって
いたにを報じてはいない。
「ルミばかり目立って!」後を引き継いだマコは悔しかった。
視聴率が伸びないので焦っていて「絶対ルミにだけは負けたくないわ」マコは意地で奮い立って
いた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/64-835d3fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top