赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「悲劇の女子アナ」第7話 番組対抗水泳大会  

 ルミが独立してから1ヶ月が過ぎた頃に、TVCではお遊びで番組対抗の水泳大会を計画した。
「なんとかルミのオッパイを丸だしにさせるんだ。それからマコもな」それは、後藤を中心とし
た役員会の決定で、番組対抗の水泳大会はルミやマコにも知らされていた。
「私、泳ぎが下手だからゲーム専門にして欲しい」ルミは泳げなかった。
「そうだよな。泳げないんだから競泳はADでいくか!」プロデューサーを中心に作戦が練られ
ていく。
この大会の優勝チームには賞金が出されるので給料の安いスタッフ達は真剣に計画を練っている。
それと同時にルミとマコをヌードにする計画も役員会を中心に練られていた。
 
 そして、水泳大会の日が来た。
場所は屋内の温水プールを貸し切って行われ、水着はテレビ局が用意してある。
「白石君、これを着てくれ!」プロデューサーは用意した水着を渡した。
「これですか?」それは肩紐のない水着で、セパレートだから下手をすると乳房が飛び出してし
まう恐れがあるタイプだ。
「オッパイがポロリと出ませんか?」ルミは不安げな顔になっている。
「君なら似合うよ、早く着てくれ!」プロデューサーに言われては断れない。
仕方なくルミは脱衣室に入ると。「あら、ルミさん」マコが声を掛けた。
「す、凄い、オッパイが飛び出しそう!」マコもルミと同じく肩紐のないタイプの水着だ。
マコの乳房の上半分が飛び出し、激しく動けば乳房が丸だしになってしまう。
(私もああなるのね)ルミは黙ったまま衣服を脱いでく。
真っ先にスカートを脱ぐと、パンティを履いてないから股間が露になった。
短い絨毛が恥丘をビッシリと覆っている。
その後シャツの裾を掴んで捲り上げていくと、やはり、ブラジャーもしてない。
乳房が上下に揺れている。
ルミは一糸まとわぬ全裸になると、下から水着を付けていく。
両手で水着を開き、足を通し、両足を入れるとゴムの部分を引き上げた。
「ハイレグだ。ヘアが見えないかしら?」鏡で確かめると、ギリギリだがヘアは見えてない。
「よかったわ」安心して乳房に水着を押しつけてくと「オッパイが見える!」マコと同じく乳房
の上半分が見える。
動けばマコと同じく乳房全部が飛び出す恐れがある。
「オッパイが飛び出さないかしら?」不安に思いながら脱衣室からプールサイドへと歩いていく
と「おお、凄い!」取材の記者がルミとマコを取り囲み写真を撮っていく。
(これだと、オッパイが飛ぶ出るから撮らないと…)そんな思いで2人の水着姿を撮っていく記
者だった。
 
 そして、競技が開始され、競泳から始まった。
泳ぐのはアシスタントやプロデューサー達で、それは、アナウンサーの皆が泳げないからだ。 競
泳が終わると、今度は女子アナウンサーによるゲームが行われた。
最初はイス取りゲームで、ルミとマコも出ている。
音楽が止まると同時にイスを取るが水上に浮かべられた上ではなかなか動けない。
転倒が相次いで「あっ!」マコも転倒した。
「ポロリだ!」マコの水着から乳房が飛び出している。
そんなシーンを記者やテレビカメラが見逃す訳がなく「いや、撮らないで!」叫ぶが遅い。
両乳房を晒すマコが撮られてしまった。
それには「気を付けないと!」ルミも慎重になっていた。
音楽に合わせてイスの周りを回り、音楽が止まった。
「あっ!」ルミは足を引っかけられ、弾みで転倒した。
「いや~!」ルミも乳房を晒してしまった。
「でかい!」一斉にシャッターが押され「撮らないで!」叫ぶルミだが乳房丸出しの姿が撮られ
てしまった。
起きあがると、急いで乳房を隠すが、そんな様子もしっかりと撮られてしまった。
 
 競技はそれだけではなかった。
浮島を走る競争が始まり、号砲が鳴るとルミとマコも走っていく。
2人の水着は肩紐がないので自然と乳房が飛び出してしまう。
「ほら、しっかり撮れよ!」「わかってますよ」乳房を揺らせながら走る2人の姿がカメラとビ
デオに撮られていく。
乳房が飛び出しているとは知らず、マコとルミは走っていたが、ゴールしてから気が付いた。
「いやー!」「見ないで!」慌てて胸を隠す2人だった。
辱めはそればかりではなく、最後に騎馬戦が待っていた。
(これ以上、オッパイを見せたくない…)そんな決意で臨んだが、それは考えが甘く「いやー!」
後藤達の計画したとおりにルミが真っ先に狙われた。
「いやー!」悲鳴を上げるが大勢にはかなわず、ルミは両手を押さえられてしまった。
そして、乳房を隠している水着のホックが外された。
「やめて、そんなことやめて!」叫ぶがルミの上半身を隠すのは何もない。
さらに両手も後ろ手に押さえられてしまった。
「いや、いや。やめて!」叫ぶがどうすることもできず、乳房を揺らせながらカメラとビデオの
餌食になってしまった。
ルミがトップレスにされると今度はマコが狙われた。
「い、いやー!」マコも乳房を隠す水着が剥ぎ取れてしまい、両手を後ろに抑えられている。
そして、ルミとマコの騎馬が動いていき並んで、乳房を晒す2人をカメラとビデオが撮り捲って
いく。
「ヌードの競演だ!」「道理で見せたいわけだ」両手を後ろ手で押さえられ、胸を隠すことがで
きない2人だ。
「やめて!お願いです。オッパイを撮らないで下さい!」
「撮らないで下さい!」叫ぶが容赦なく撮られて、もう、ゲームなどどうでもよくなっている。
2人の乳房を晒したヌードに記者達は喜び、後藤達役員も喜んでいた。
 
 翌日のスポーツ紙はトップでルミとマコのヌード写真を掲載している。
騎馬戦で両手を後ろにして乳房を晒した写真もある。
これだと、ルミとマコが自分から乳房を出しているように見え、このヌード写真を見た読者も2
人がわざと水着を脱いで乳房を出したと思いこんでいた。
「綺麗なオッパイだね。こじゃ、見せたい訳だ」写真を見ながら読者は思いこんでいた。
しかし、実際は違っていて、誰かがマコとルミの水着を脱がせ、手を押さえられて隠せないよう
にしていた。
「もう、人前を歩けない!」ルミは悔しさで泣いていた。
この事件をきっかけにルミへの他局からの出演依頼が消え、どの局からも依頼がなかった。
  
 2人はいつまでも泣いているわけには行かず、いつものように出社したが、テレビ局の雰囲気
がいつもと違っている。
「オッパイを出して、注目を集めようとしたんだって!」そんな噂が飛び交い白い目で見ている。
「今夜からトップレスで司会をしたほうがいいんでは?」ルミに声が掛けられた。
それを無視し、唇を噛んで通り過ぎるルミだった。
マコも同様に「オッパイをだして出演した方がいいわよ」同僚の女子アナウンサーからも声が掛
けられていた。
マコは堪えて録画撮りに収録スタジオに入ったが「待ってたよ。今日からはお色気で頑張って貰
うからね」プロデューサーが衣装を差し出す。
「そ、そんな!」顔が引き吊っていると「いやなら降りてもらうよ」
「わかりました。着替えてきます」マコが着替えていくと、それはルミが最初に着たドレスだ。
「オッパイが見えている!」乳首こそ隠れているが乳房の膨らみが丸見えになっている。
 
 一方、ルミの方はもっと大胆な衣装だ。
「今夜からはこの衣装だよ」
「き、着れません。こんなのいや!」泣き出している。
「いやなら、契約違反と判断するよ」その言葉には逆らえず「着替えてきます」ルミも着替えて
いく。
全裸になって衣装を着込んでいくと「これじゃあ、ヘアが見えてしまう…」顔色が変わっていく。
衣装はうっすらと白みを帯びているがスケスケで、乳房が丸見えだ。
さらに、乳首や乳輪までもが見え、そればかりでなく、股間を覆っている黒い絨毛もハッキリと
見えている。
「これじゃ、風俗嬢と同じよ」泣きながら着替え室から出ていくルミだ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/65-268e5524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top