FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「青春の思い出」第9話 夫の帰国

第9話 夫の帰国

 しかし、優香と秀樹の関係はすぐに終わりを迎えた。
「秀樹君。これが最後よ」診療を終えた優香は、白衣を脱ぎだし、スリップを脱ぐと、あのエッチな下着が見えてくる。

 「どうして、ですか?」秀樹はブラジャーを下げ、飛び出た乳房を揉みながら尋ねた。
「夫が帰ってくるの。秀樹君なら、どういうことか分かるわね?」両手で背中のホックをはずすと、乳房が飛び出している。

 「分かりました。今回が最後ですね?」その乳房を揉みながら、乳首を噛んだ。
「そうよ、これが最後よ、秀樹君!」秀樹の頭を、乳房に押しつける優香だ。
抱かれた秀樹は、両手を乳房からパンティに移して、下げて行くと「ひ、秀樹君!」喘ぐような声を上げる優香の股間は、だいぶ絨毛が伸びていた。

 その絨毛をかき分けて、淫裂に指が入っていく。
「いいわ。欲しい、最後に一杯欲しい!!」優香はベッドに倒れ「僕も欲しい!」秀樹も衣服を脱いで、生まれたままの姿になった。
「来て、秀樹君!」
「行くよ、優香さん!」秀樹の勃起した肉竿が優香の淫裂に入っていく。

 「もっと、奥まで突いて。もっとよ!」
「はい、優香さん!」優香は密着させるために開脚している。
(がんばらないと。それに、最後のオ○ンコだ!)秀樹が深く腰を押しつけると「あん、あん!」背中を浮かせ、頭で支え、それに乳首が堅く尖っている。

 (行くぞ!)秀樹は肉竿のピストンを始め「あん、あん、あん!」悶え声が部屋の中に響いている。
その後、優香は四つん這いになって、後ろからピストンされていく。
「そうよ、もっと、奥まで突くのよ!」淫裂からは、淫汁がどんどん溢れて、シーツを濡らし「クシュ、クシュ!」ピストンの度に音をあげていく。

 当然「優香さん。でる、出そうだ!」秀樹も絶頂になろうとしている。
「いいわよ、一杯出しても…」秀樹は、股間を優香の尻に密着させた。

20170417-2-top_20190630094918f5e.jpg

「熱いわ、子宮の中が熱い。出したのね?」
「はい。一杯出しました!」二人はベッドに崩れていくが、淫裂からは白い精液が流れ出て、シーツを汚している。

 「今夜は、泊まって欲しいの…」
「いいよ。母さんに電話するから!」秀樹が携帯で沙羅と連絡を取っていると「お風呂に入ってくるから、待ってて!」寝室には秀樹が一人残された。

 秀樹はベッドから起きて周りを見ていくと「これが、優香さんの旦那か…」写真を見つけた。
白衣を着た二人が並んで収まっており「二人とも医師なのかな?」写真を見て驚く秀樹だ。
さらに、仲良く笑顔の二人が写った写真を見つけた。

 その時「だめ、それは見ないで!」優香が戻ってきた。
「どうして、だめなの?」
「恥ずかしいからだめ。後で紹介するから待ってて!」優香は自分の乳房を掴み、秀樹の口に押しつける。

 「今度は優香さんがして…」
「いいわよ」優香は萎縮した秀樹の肉竿を掴み、口に含んだ。
「フグ、フグ!」唇で擦っていくと、先ほど放出したばかりなのに、一気に膨張している。
(秀樹君は若いから凄いわ。沙羅さんがうらやましい…)優香は勃起した肉竿を擦りながら、秀樹を跨いだ。

 「行くわよ」肉竿を自分の淫裂に押し当て、体を沈めてきた。
「ズ、ズー!」肉竿が淫裂に吸い込まれ「気持ちいい。優香さん」秀樹は揺れる乳房を揉んでいく。
「私もよ、秀樹君!」優香は腰を激しく上下に振って「あ、あん、あん!」悶え声をあげている。
こうして、優香と秀樹は夜遅くまで別れを惜しんで、悶え声をあげた。

 そして、数日後に優香が夫を伴って中村家を訪れた。
「夫の達夫です」
「妻がお世話になったそうで!」
「いいえ、こちらこそ。秀樹なんか、試験前に熱を出してお世話になったのよ」お互いの家族を紹介しながら話が弾んでいた。

 「ところで、旦那さんの職業はなんですか?」秀樹が尋ねると「医師です。資格は内科と婦人科なんですがね」バツが悪そうに、達夫が応える。
「海外では、何をなさってたんですか?」沙羅も尋ねた。

 「不妊の治療です。アメリカでは高度な治療をしてました。私はそれを拾得したかったんです…」
「奥さんのためですね?」沙羅がなおも言うと「はい、勿論です。妻には寂しい思いをさせましたから。これからは側にいますよ」

 達夫の言葉に「あーあ。聞いていられないや。法子、2階で遊ぼう!」「うん。兄ちゃん!」法子と秀樹は居間から2階にあがった。
「優しい、お子さんのようですね」達夫に言われて「見た目はね」沙羅が応え、遅くまで笑い声が居間に響いていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/657-642adb03

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん